nDiki : フレッシュリーダー

2006年3月6日 (月)

DebianRSS リーダフレッシュリーダー」をインストール

2006年3月1日にリリースされた RSS リーダ フレッシュリーダー(Fresh Reader)を昨日 Debian GNU/Linux sid 環境へインストールして試用を開始してみた。

Debian GNU/Linux sidインストール

ノート PC 上で動いている Apache2 にインストールPHP が必要なので、libapache2-mod-suphp をインストールしておく。

 apt-get install libapache2-mod-suphp

他のプライベートな Web サイトと分離するために、バーチャルホストを1つ作ってそこへインストールすることにする。 libapache2-mod-suphp を使って、自分のユーザ権限で db に書き込むように設定。 また自分だけが使えるようにアクセス制限しておくことにする。

/etc/apache2/sites-available/freshreader を作成:

 <VirtualHost *>
   ServerAdmin naney@naney.org
   ServerName freshreader
   SuexecUserGroup naney naney

    DocumentRoot /var/www/freshreader
    <Directory />
      Options FollowSymLinks
      AllowOverride None
    </Directory>
    <Directory /var/www/freshreader>
      Options Indexes FollowSymLinks MultiViews ExecCGI
      AllowOverride All
      Order deny,allow
      Deny from all
      Allow from 127.0.0.0/255.0.0.0 ::1/128
    </Directory>

    ErrorLog /var/log/apache2/error.log
    LogLevel warn

    CustomLog /var/log/apache2/access.log combined
    ServerSignature On
 </VirtualHost>

で、次にバーチャルホストを有効にする。

 #mkdir /var/www/freshreader
 #chown naney.naney /var/www/freshreader
 #a2ensite freshreader
 #emacs /etc/hosts                # 127.0.0.1 に freshreader を追加
 #/etc/init.d/apache2 reload

続けてフレッシュリーダーインストール。 基本的にはアーカイブを展開するのみ。

 $cd /var/www/freshreader
 $tar zxvfp ~/sffr10lin.tar.gz
 $chmod 700 db

Web ブラウザから

 http://freshreader/freshreader/index.html

にアクセスする。これで基本的なインストール終了。

それから1時間に1回自動巡回するようにしておく。 今回は自分のユーザアカウント (naney) でインストールしてあるので、自分の crontab 設定に追加する。 自分の場合は、1時間に1回 run-parts されるディレクトリがあるので、そこに

 #!/bin/sh
 /usr/bin/php5 -f /var/www/freshreader/freshreader/crawler.php

というファイルを作成しておく。

あとはマニュアルの通りWeb ブラウザでユーザを作成したり、巡回先を登録したりしていく。

感想

現在のところ Web 巡回は

と用途ごとに分散してしまっている。

集約したかったのだが、なかなかこれというのが無かった。

フレッシュリーダーだと

  • MyRSS.jp のエンジンを使って、RSS フィードのないサイトも登録可能
  • ローカルで動かせるので、プライベットネットワーク上の RSS フィード、プライベートな RSS、ローカルホスト上の RSS を集約できる
  • Bloglines に同様の未読管理
  • Web ブラウザベース (記事中のリンクもそのまま Firefox 上で閲覧していける)

と望んでいる機能が入っている。

早速 Bloglines から登録一覧を OPML でエクスポートして、インポート。

動作も軽快だしいい感じだ。 「一度に表示する未読記事の数」が設定できるのが非常に気にいった。

未読記事を表示したらそのページ(タブ)を閉じる前に全部目を通さなければならない(でないと、読んでいないものも既読になってしまう)。 Bloglines だと前回見てからの未読が1度に全部表示されるので、間隔をあけてしまった時に辛い。 この点でフレッシュリーダーは便利。

現在「無制限」「約100件」「約1000件」が選べるが、ここは自由に数値で指定できるとなお嬉しい(50件づつぐらいにきざみたい)。

Web 巡回は、基本的にこれに集約しようかな。

ということでブロガーライセンス(自身でブログ/ホームページを運営されている方向けの優待ライセンス: 無料)を申請。

スポンサード リンク
[ 3月6日全て ]

2006年3月8日 (水)

DHCPIP アドレスを割り当てられているノート PCWindows BOX からいろいろな名前でアクセスする

Debian GNU/Linux ノート PC 上で動かしているフレッシュリーダーWindows BOX からアクセスできるようにしたい。

しかしそのノート PCDHCPIP アドレスを割り当てているので Windowshosts ファイルに書くのも毎回書き換えが必要で面倒。 DNS がどうのこうのという大袈裟なこともしたくない。

何かいい手はないかなと考えていたら、nmbd の事を思い出した。 もともと Windows だと NetBIOS 名で URL のホストを解決できているので、これを使う手がある。

今回は Apache の名前ベースのバーチャルホスト 'freshreader' に置いてあるフレッシュリーダーに、Windows BOX からアクセスしたいので、 Samba の 'netbios aliases' 設定を使用する。 smb.conf で 'netbios aliases' としてバーチャルホストと同じ名前の指定しておいてあげれば OK。

フレッシュリーダーブロガーライセンス取得

申請していたフレッシュリーダーのラインスが発行された。

3日前から使い始めているのだがなかなかいい調子。 なので、会社にいる時に昼休みなど Windows BOX 上の Firefox からもアクセスできるように Apache の設定を修正しておく(ローカルホストから以外の時には、Basic 認証を必要とするように設定)。 サーバ型なのでこういう使い方をするには便利。

[ 3月8日全て ]

2006年7月29日 (土)

Debian GNU/Linux sid 環境を新 HDD

朝から ThinkPad X31HDD 新しく入れ替えて Debian GNU/Linux sidインストールを開始。

Debian GNU/Linuxインストール

今日は sarge のネットワークインストール CD イメージからブートしてインストール。 今回はブートドライブにできる「ThinkPad USB ポータブルCD-ROMドライブ」があり、またこのイメージで起動して e1000 が認識できるので楽勝である。

(第1回目USB FDD + PC カード NIC でインストール第2回目HDD 上のインストーラから GRUB からの起動によるインストールだった)

最低限のものを入れたらすぐ sidアップグレード

HDD からのコピー

ヤバイ状態の旧 HDDUSB 外付け HDD ケースに詰めて

  • /home 全部
  • /usr/local で必要なもの
  • 参照用に /etc の複製
  • /var/www、/var/spool

を新しい HDD にコピー。

次に環境の復旧。 以下備忘録。

MADWIFI

以前作った Linux kernel 2.6.15 deb パッケージをインストールした後 module-assistant で madwifi をインストールするも、ビルドした GCC のバージョンが違ってロードできず。 kernel は GCC 4.0 の時にビルドしたもので、madwifi は現在のバージョンである GCC 4.1 によるビルドであることが問題。

まずは前にビルドした 2.6.15 のソースディレクトリでカーネルパッケージを GCC 4.1 で作りなおしてインストールし、あらためて module-assistant。

 module-assistant prepare
 module-assistant auto-install madwifi

で /etc/network/interfaces を書き戻す。

SMTP サーバを Postfix

ここずっと使っていた qmail をこの機会にやめることにした。 Postfix へ。

全体の設定はインストーラに従って設定。

個人設定は、

~/.qmail

 | preline /usr/bin/procmail

として procmail を使っていたので、~/.forward を作って同様に procmail に流すようにする。

 "|IFS='' && exec /usr/bin/procmail -f- || exit 75 #naney"

~/.procmailrc は以前のまま。ClamAVbsfilter でふるいにかけた後、Maildir へ。

bsfilter は deb のものに

以前入れた時は deb が古かったので /usr/local に自前でインストールした。 まずはこれを古い HDD から戻して動作確認後 deb のものに切り替え。

.mew.el の中も

 (load "/usr/share/doc/bsfilter/examples/mua/mew4/mew.el")

に変更。

Samba

/etc/samba/smb.conf を書き戻す。smbpasswd でパスワード再設定。

X

とりあえずインストール時の設定で xorg.conf を作る。

 Load "freetype"

をコメントアウトして、

 Load "xtt"

に変更。

KDE

sid は現在 3.5.3 と 3.5.4 混在状態になっているため、依存関係の問題で簡単にはインストールできずてこずった。 kdebase-data と kdelibs-data の 3.5.3 を http://snapshot.debian.net/ からとってきて hold して 3.5.3 系 KDE として各種パッケージをインストール

フレッシュリーダー

以前インスールした状態に復旧

  1. libapache2-mod-suphp php5-cli をインストール
  2. /var/www/freshreader、/etc/apache2/sites-available/freshreader を戻す
  3. a2ensite freshreader
  4. /etc/init.d/apache2 reload
  5. /etc/hosts に freshreader を追加

cpufreqd

  1. cpufreqdインストール
  2. /etc/cpufreqd.conf を戻す
  3. /etc/init.d/cpufreqd restart

Skype

skype-beta-1.3.0.30-1_i386.deb をインストール

cron

一般ユーザ naney の crontab ファイルを再登録。

Perl モジュール

足りないと気がついた時点で順次インストール

autofs + smbfs (2006年8月3日)

/etc/auto.master、/etc/auto.misc を書き戻して /etc/init.d/autofs restart。

mt-daapd (2006年8月22日)

deb パッケージを公式サイトからダウンロードし、/etc/mt-daapd.conf を書き戻して /etc/init.d/mt-daapd restart

[ 7月29日全て ]

2006年9月18日 (月)

RSS 巡回しすぎなのでフレッシュリーダーWeb ブラウザホームページ設定からはずす

家にいる時もついつい気がつけばコンピュータを使い放し。 だらだらと Web を見つ続けてしまって、貴重な時間を浪費してしまいがちだ。 これはいけない。

まずは RSS 巡回するコストを上げよう。

ということで Firefoxホームページ設定をフレッシュリーダーから、Google に変更。 パーソナライズドホームに、ニュースなどつけてしまうと無意味になってしまうので時計などを置いておいた。

家にいる時には、できるだけ RSS 巡回しないようにしよっと。

[ 9月18日全て ]

2006年9月19日 (火)

Firefox 時間帯別ホームページ切り換え

昨日、ホームページからフレッシュリーダーを外した。 といはいえ、アンテナを張っておくという意味でそれなりに巡回しておく必要あり。

ビジネスアワーの中のちょっとした隙間時間でチェックしていくようにしたいので、平日の昼間は Web ブラウザホームページフレッシュリーダーにしておきたい。

曜日・時間でホームページを自動切り換えするような Firefox 拡張機能がないか探したけれど残念ながらみつからない。

ということで、曜日・時間をみてリダイレクト先を切り換えてリダイレクトさせるだけの簡単な CGI プログラムを作成してローカルホストの Web サーバに置き、Firefoxホームページに設定。 別にレスポンスにも不満はないので、これでいくことにする。

しかし、しばらくは RSS 巡回禁断症状が出そうだ。

[ 9月19日全て ]

2006年12月21日 (木)

ノート PC を持たずに会社に行きたい

今日は夕方から社外でミーティングWindows 環境でのデモンストレーションが必要なため、普段持ち歩いている自分の ThinkPad X31 (Linux BOX) に加えて会社の Dellノート PC を持って出発。重い。

メール開発環境などは一元管理したい派なので普段の通勤でノート PC を持って往復するのはまあしょうがないのだが、こういう日は家に置いてきてせめて1台にしたいところである。

オフィスで開発などのヘビーな作業をしない日は、最近構築を進めている USB メモリによるポータブル環境で済ませられるようにぜひしたい。

母艦でしていることを思いつく範囲で列挙

ノート PC (母艦)USB メモリポータブル環境 + Windowsオフィスの WindowsLinux
メーラ×
TeX?
UNIX開発×
パスワード管理××
ナレッジベース× (メモだけしておいて母艦へ)×
Skype×
SSH
フレッシュリーダー××

認証がからむものをできるだけポータブル環境にまとめたいところ。 データはさすがに全部 USB メモリに入れて持ち歩けないので、どんどん Subversion リポジトリに置くようにして必要なものだけ取れるようにした方がいいかな。

[ 12月21日全て ]

2007年3月14日 (水)

使い勝手が改善されたけれどもライセンスが不安なフレッシュリーダー Ver.2

1年前よりノート PCインストールして毎日利用しているフレッシュリーダーメジャーバージョンアップした。 ここ最近セキュリティアップデートはあったものの機能改善はなかったので、この先どうなっていくのだろうと思っていたので一安心。

気になる新機能/機能改善は以下。

  • ブックマーク機能が追加された。
  • フィードのタイトルが変更できるようになった。
  • 前回未読リンクを追加し、1時間以内に表示させた未読記事一覧を再現できるようになった。
  • すべての記事を既読にする機能がついた。

全体的に使い勝手がアップした印象。

ブックマーク機能

自分で一人で使う分にはブックマークはてなブックマークを使ってしまうので、ブックマーク機能は不要。

社内で SBS を立てたいと思っているもののいいソフトウェアが見つかっていないという点では試してみたいと思うけれども、法人ライセンス (税込 104,790円)を買ってまではなあという感じ。

ライセンスの変更

なおライセンス体系が変わって、個人では無償で使えるようになった。 ただし、

※個人ライセンスでは、フレッシュリーダー上に広告が表示されることがあります。 広告の表示にあたり、お使いのフレッシュリーダーで購読しているフィードの情報が弊社サーバーに送信されます。 個人を特定する情報は送信されませんが、購読フィードの情報は弊社プライバシーポリシーに沿って管理いたします。 -- 価格とライセンスより

と、ちょっと雲行きが怪しい。

無償なので広告がはいるというのは理解できないこともないが、フィードリーダの画面ははよく見るものなだけに、広告などは無意識的に飛ばしてしまうから邪魔なだけになりそうな気がする。

フィードの情報が送信されるというのもちょっと。まあ Google ツールバーなど見ているページの情報を送ってしまっているから、今更目くじらを立ててもどうかとも自分でも思う。 ただフレッシュリーダーは「プライベートなサーバ型フィードリーダで、公開サービスには登録がはばかられるフィードが登録できる」のが魅力で、Bloglines から移ったという点もあるので、かなり気になる点ではある。 どのタイミングで、どのようなデータが送られるのか明記されていないので気味が悪い。

これらの点はそのうち詳細が説明されることを期待。

[ 3月14日全て ]

2007年8月20日 (月)

Linux 母艦ノート PC を使わずに仕事ができるかチャレンジ

普段仕事では

の2つを使っている。

先日メールGmail にしたことで、母艦が無くてもメールの読み書きができるようになったので、これを機にサブの Windows デスクトップ PC だけで仕事ができるかチャレンジしてみた。

朝出社してバッグからノート PC を出さずに作業開始。

使用したソフトを書き出してみた。

LinuxWindowsポータブル
Web ブラウザFirefox (Iceweasel)Firefoxo
メールMew / GmailGmailo
TwitterFirefox + tweetbarFirefox ( + tweetbar)o
IMESKKuimSKKIMEx
キーバインディングXKeymacs?
SkypeSkypeSkypeo
パスワード管理テキストファイルKeePasso
社内 Wiki 読み書きFirefoxFirefoxo
Excel データ読み書き(していない)Excelx
Word データ読み書きMew + wvHtml (/ OOo)Wordx
PDF 閲覧Adobe ReaderAdobe Readerx
メモhowmGoogle ノートブックo
RSS リーダフレッシュリーダー

「ポータブル」は USB メモリソフトウェアが入れらる、あるいはオンラインサービスとして任意の Windows BOX で使えるならば o 。

Google ノートブック

ちょっとしたメモ書きを Windows 上でして後で母艦で参照するのに、Google ノートブックを使い始めることにした。 テキストファイルに書いて USB メモリに入れてコピーするよりはずっと楽。

使ったアカウント

ネットサービス系で使った/使いたいと思ったアカウントは今日のところは以下。

はてなTwitter は母艦の Firefoxパスワードを暗記させていて覚えていないので、頭に入れておくか KeePass に入れておく必要あり。

中断

午前中は何とかいけたが、Web ブラウザ上の Gmailメールを書き始めたら急にストレスを感じるようになった。

  • 指定した桁で折り返せない (Emacs で使っている fill-paragraph がない)。
  • 固定幅フォントではない。
  • Gmail で複数のメールアドレスを使うため署名を自動挿入できない。このため、手で打つ必要がある。
  • 引用返信が書きにくい。

これらの点は多分 Firefox 拡張機能や、Greasemonkey スクリプトで多分ある程度解消できるのだと思う。要環境整備。

普段使っている RSS リーダが使えないと昼休みに巡回ができなくて淋しいが、こちらはその分他のことに時間が回せて結果的には悪くないかも。

今後順次環境を整備すれば、ライトな作業なら Windows BOX だけで済ませられるようになるかなぁ。

[ 8月20日全て ]

2007年10月29日 (月)

フレッシュリーダーから Google リーダーに乗り換え

フィードリーダーは、1年半ほど前からサーバ型「フレッシュリーダー」をノート PCインストールして使っている。

しかしながら、ここ最近 Google の各種サービス(GmailGoogle カレンダー)を利用し始めていることもあって、フィードリーダーも Google リーダーを使ってみることにした。

移行

フレッシュリーダーから OPML 形式でエクスポートした後、プライベートネットワーク内のフィードなどを削除して、Google リーダーでインポート。

フレッシュリーダーと比べての Google リーダーファーストインプレッション

Google リーダーの良い点
  • フレッシュリーダーは、まとめて表示された単位で既読になってしまうので、表示したら全部読み切らないと閉じられなかった。Google リーダーでは画面に表示された単位で既読になっていくので、ちょっとずつ読みやすい。
  • ノート PC が起動・ネットワーク接続されていなくてもフィードを収集してくれる。
  • どこでも読める。
Google リーダーの悪い点
  • タグの表示順を指定できない。
  • プライベートネットワーク内のフィードを登録できない。
  • アイテムがどのフィードのものかわかりづらい (フレッシュリーダーではフィード毎に見出しがある)。

その他

乗り換え先の候補としては、livedoor Reader とはてなRSSもある。

livedoor Reader は評判が良いので気になるところ。 ただあらためてアカウントを作って管理するのがちょっと面倒。

はてなRSS は、はてなの他のサービスとの連携が気になる。 サービス開始時に少しフィードを登録してみたりしているけれど、今は Twitterトラッキング用としてしか使っていない。

livedoor Reader、はてなRSS どちらもモバイル版があるのもちょっと魅力 (Google リーダーモバイル版があるが、Cookie が使えない FOMA 端末には対応していない)。

ま、まずはしばらく Google リーダーでいくことにする。 フレッシュリーダーはプライベートネットワーク内のフィードリーダーとしてしばらく使い続けるつもり。 しかし、こちらはそんなに多くないから、Sage とかにしてしまうかもしれない。

今日のさえずり

[ 10月29日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.051178s / load averages: 0.35, 0.44, 0.45
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker