nDiki : ペン字

2005年11月9日 (水)

実は一応書道やってました

ちょっと立派な万年筆を注文した事もあり、やはりどうせなら綺麗な字を書けるようになりたいなと安直に思ったり。

実は小学2年生ぐらいから中学の終わりぐらいまで、週1で町の書道教室に通っていたという過去があるのだ。

 同僚:「段とか持っているんですか?」
 私:「段? 終わってます」

級・段は終わってしまって、そのあと変な漢字の名前のついたランクをのぼっていっていた。 といっても、その書道教室が加盟していた小さな書道会の中での話。 月1位で、先生が作品を書道会へ送ってくれて認められると昇級すると会報に名前が載るという仕組み。

しかし習字をやっていたけれど、実際字がうまいかというとあまりそういう気がしない。 というか下手。

書道教室の「手本をみながら真似して書いてみて添削を受ける」というループから、基本法則を学べなかったというか。 もちろん反復練習自体は重要なのだが、数千字 x 数書体カバーするのはかなり厳しい。

「道」というのはそういうものは修行のなかで会得していくものなのかもしれないが、やはり安直に美しい字の基本法則を知りたいものだ。 ということで、まずはペン字でその辺りの学べる書籍がないかちょっと調査。

スポンサード リンク
[ 11月9日全て ]

2005年11月10日 (木)

いつのまにか字が上手くなる本

rimage:ISBN:4569620949

ペン字の本について Amazon.co.jp でチェックしたところ「六度法ノート-富沢敏彦の「美しい字を書く技術」」というのがルールが整理されていてよいのかなと気になった。 しかし実際に本屋で見てみたところ、手本の字が好みではなかったので却下。

本屋でいろいろ選んだ結果、一番「いつのまにか字が上手くなる本」がルールがまとまっているようなのでこれ買ってみた。

家に帰って早速練習練習。RHODIA No19 が方眼だし丁度良い練習帳にできそうだ。

 あああああああああああああああ

まずは「あ」ばかり書き続ける。書いているうちに、「あ」ってこんあ字だったっけかとわけがわからなくなってきた。


[ 読書ノート ]

[ 11月10日全て ]

2015年7月6日 (月)

ペン字と言えばエーカン【日記】

ペン字と言えば「日ペンの美子ちゃん」が有名。今日も「日ペンの美子ちゃん」が話題にあがったので「エーカン(エーカン速習ペン字講座)もありましたねー」って話したんだけれどもその場では通じなかった。

美顔器のローラーのついた、あのガシャガシャやるやつ(もってません)。

「日ペンの美子ちゃん」「キオークマンエース(ヘッドホン型記憶学習器)」とともによく広告でみかけたんだけどね。

[ 7月6日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.046858s / load averages: 0.84, 0.63, 0.58
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker