nDiki : ホームアンテナ

1999年9月22日 (水)

パルディオPHS 通信カード DC-6S を購入

DC-6S パルディオPHS 通信カード DC-6S を購入。 大きな目的は、PHS電話帳の管理を楽にしたいということ。 あと、もちろん移動体通信もしてみたい。 でも、こちらは料金が高いので、そんなにはやれないと思うが。

けっこう雨が降る中、新宿へ。 ポイントがあるのでビッグカメラで購入することに。 最初1Fの店頭の PHS 売り場で、価格を聞いたところ 11000円といくらか(忘れた)で、かつ品切れとのこと。 携帯と共用できる高いカードを薦められたが断る。

とりあえず、モデムのおいてあるフロアへ行ってみると、そこには数個や山積みになっていた。 しかも価格は 9800円。 統一がとれていないなぁ。 まぁ、ディスカウントショップのキムラヤでも 9800円だったし、こちらはポイントがつくし、雨が降っているしでここで購入。

カード自体はなんの変哲もない。 今日は手元に Linux ノート PC しかないので、これで接続実験をしてみるが、普通のモデムカードとしてきちんと認識され、難なく接続できた。

マニュアルは厚くはないが、AT コマンドやレジスタ一覧などが列挙されていて、なかなか嬉しい。 昨今は、大手のモデムカードをかっても、ここら辺の情報がろくに載っていない。

一般公衆回線に比べて接続までがかなり早い。 これはきもちいい。 自宅は 64k サービス開始しているエリアなので 64k で接続することができて、速度的には満足だ。 ただし、

といった悩みもある。64k コンスタントにでて、FTP などで、速度めいっぱいまでつかえるなら 64k の方が結果的に安い。しかし接続するサイトによっては結局そんなに速度がでないので 32k で十分な場合はプロバイダに接続した方が得だ。

さらに、64k エリアはそれほど広くはなく、32k エリアが多いので NTTドコモの接続サービスには意味がないかというと、こちらはアクセスポイントとの距離が関係ないという特徴がある。 契約しているプロバイダはアクセスポイントが少ないので、最寄りのアクセスポイントまでの距離によっては、プロバイダへつないだ方が高くなる事もある。

ということで、自分がどの位置にいて、どのサイトにどの目的でアクセスしたいのかによって、一番安い接続方法が変わってくるので悩ましい。

スポンサード リンク
[ 9月22日全て ]

2002年1月2日 (水)

17:30 再び実家

今日も夕食にお邪魔する。

HA-3S 設置

年末に実家から撤去した PHSホームアンテナ HA-2S のかわりに HA-3S を置いてくる。

[ 1月2日全て ]

2004年12月26日 (日)

パルディオホームアンテナ HA-2S 動作チェック

rimage:http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-12-26-0001.jpg 帰省用に準備。以前窓の近くで電波が拾えた記憶があるので。

近くにコンセントが無いかもしれないので、電池も用意しておいた方がいいな。 アルカリ乾電池単4x3本で、連続待ち受け約38時間。 連続通話時間約8時間。 20℃による仕様なので、正月だしもっと短くなりそうだ。 もし電波がきていて使えるとすると、一応3セット分ぐらい電池が必要か。

ニッケル水素電池の使用については説明書に何も書かれていないが、試してみたところ通信可能だった。 どれぐらいの時間がもつかは不明。

[ 12月26日全て ]

2004年12月30日 (木)

PHSつながった

以前遊びにきた時、実家ではNTTドコモPHSはほとんど圏外であった。 その前に来た時は、電波が弱いけれど何か所かアンテナが立つところがあったのに。

で今回お邪魔してすぐチェックをしてみた。 結果、近隣のアンテナは健在だったようだ。 通りに近い部屋で場所を選べば電波が入る。

早速ホームアンテナを設置。 幸いコンセントの近くなので電源も確保。

これで通信環境を確保。

ちなみにその前に寄った実家のお店の方で fetch したメール社長からの冬休み中の宿題も発見。

[ 12月30日全て ]

2005年8月4日 (木)

ノート PC は置いていこう!

明日から夏休み帰省の際はいつもどおりノート PC を持っていって、今回は何かプログラムでも書こうと思っていた。

しかしカバンに詰めてみると……物多すぎ。

ノート PC を持っていくとなると、インターネット接続環境としてPHS カード・PHS充電器PHS ホームアンテナと急に物が増える。

今回はカメラNikon F100 + TC-1 + FinePix F10 というそこそこの装備でいくつもり。

風呂の中で「一眼レフはやめて、フィルムTC-1 一本でいこうかな」とも考えてみたのだが、考えてみればわざわざ遠出するのに「いつでもできる事をしてももったいないな」。

ということで、ノート PC は置いておくことにした。 メールボックスが溢れないかちょっと心配だけれど、まいっか。

[ 8月4日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.272792s / load averages: 0.54, 0.54, 0.51
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker