nDiki : ロックイン

ロックイン (lock-in)

特定の企業・製品・サービスによる囲い込み。 他に乗り換えが困難になっている状態。

関連用語

2010年4月16日 (金)

今日のさえずり: ゲゲゲの女房昨日から観てる。オモロ。

2010年04月16日

[ 4月16日全て ]

2010年8月17日 (火)

今日のさえずり: 魔術グッズフェアやってる

2010年08月17日

  • 09:47 SwitchPro Widget がXperia からマーケットでダウンロードできるようになってたんだ。インストールしてみた。個別のウィジェットなどをひとまとめにできたので少し画面がスッキリ。 #Android
  • 12:27 魔術グッズフェアやってる。 (@ 有隣堂 ヨドバシAKIBA店) http://4sq.com/4zEmzV
  • 12:42 ビッグマックセット 550円。 (@ マクドナルド 秋葉原昭和通り店) http://4sq.com/cVnVl2
  • 16:16 FenrirFS 試してみるかな。
  • 16:46 FenrirFS 入れてみたけど、コイツにロックインされるべきではないと直観的に判断した。
  • 18:10 くっ、_invoke_watson()。
  • 19:42 明日ほぼ日手帳2011の発表日? 今年紙の手帳と決別したから来年版は買わない予定なんだけど気にはなる。
[ 8月17日全て ]

2010年9月22日 (水)

今日のさえずり: 月見と木星見してきた

2010年09月22日

  • 09:30 @yakifumi あれ、iPad 持ってるんですか?
  • 09:52 久しぶりにフィルム同時プリント出し。
  • 10:14 フラワータッチか。指がそれに慣れてしまうとロックインされてしまうという危惧はあるな。
  • 11:04 Evernote for Windows 3.5.6.2844 だと SKKIME での入力が駄目駄目なので、プレリリース バージョンの 3.5.6.2883 にアップデート。入力はできるようになったっぽい。
  • 12:06 海苔弁当と野菜生活 506円。 (@ ファミリーマート 神田佐久間町店) http://4sq.com/biJuCj
  • 15:56 十六茶 100円。
  • 17:18 Subversion の bubble-up method についてチェックしてた。この手法で PostgreSQL 上でリビジョン管理するのも手だな。
  • 19:02 月見しようかってメールきた。東京今、月出てる?
  • 19:24 月見えたりたまに隠れたり。品川区
  • 19:54 月見と木星見してきた。Google Sky マップこりゃ便利。
[ 9月22日全て ]

2010年9月29日 (水)

Evernoteデベロッパーズミーティング」に向けて「Evernote と自分」

Evernote開発ミーティングが2日後の10月1日に秋葉原であると聞いて、会社の近くだしいい機会だと思って参加申し込みしてみた。

これまでの「Evernote と自分」はこんな感じ。

  1. 2009年03月02日 Evernote メンバー使用開始
  2. 2009年10月28日 Evernote よりも howm だよね
    • 一度 Evernote から離れる。
    • 「起動時間や編集のもっさり感とかでどうも Evernoteメモする気はおきない。」
    • ローカル PC 上にテキストファイルに置いておくと Evernote が自動的に(インポートではなくて)同期してくれるといいなとは今でも思ってる。
  3. 2010年02月09日 Evernote また使い始めてみることにした
  4. 2010年03月16日 Evernote プレミアムに
    • 「端末に縛られないこと」「PDF ファイルやメディア系のファイルを管理できること」「Xperia (Android)で使えるらしいとのこと」で Evernote をメインにしてもいいかなと。
    • Xperia には結局プリインストールされなかったが。
  5. 2010年03月18日 ENScript.exe ちょっと触ってみる
  6. 2010年03月25日 Evernote に添付した FreeMind Map ファイルを直接開けるようにする
    • この頃からアプリケーションデータを Evernote に突っ込んでおいて、ノートから直接開いて編集するという方法を活用するように。Frieve Editor のデータファイルとか。
  7. 2010年06月25日 ノート数1000をこえた
  8. 2010年07月06日 Evernote は記憶なんだから共有なんて不要?
  9. 2010年07月20日 Evernote サービス一時停止
  10. 2010年08月13日 ファイルシステムからの解放

今日現在ノート数は1800ちょっと。 API の存在はしっているけどまだ使っていない。

とそんな感じかな。

API 使って Evernote 上に書いたノートを自動的に Blog 記事に書き出したりとか、ノートブックを分析して関連ノート間で自動的に参照をつけあうとかできれば面白いかな。

[ 9月29日全て ]

2010年11月8日 (月)

今日のさえずり: Evernote プレミアム使うとロックインされる危険があるからねー

2010年11月08日

[ 11月8日全て ]

2013年2月16日 (土)

Evernoteテキストファイルに落とす良い方法が欲しい

Evernote で下書きした文章とかを Linux 上の Emacs でフィニッシュしたい訳です。しかしクールな方法が無いのです。なんかいい方法ありませんかねぇ。

今できること

  • Evernote Web で開いてコピー&ペーストして Emacs に貼る。 → コピペかよ。
  • Evernote Web で開いて[ノートの履歴を表示]をし[エクスポート]する。 → ただし enex。
  • Evernote for Android で開いて全選択してコピーし aNdClip から共有で Evernote for Dropbox に送ってテキストファイルに保存する。 → Evernote for Android で共有すると URL が発行されてそれが共有されるという残念仕様なのでこんな方法。
  • 7notes with mazec-T で Evernote から読み込んで、[連携]-[メールで送信]-[テキスト] でクリップボード送って以下略。 → ……

昔はできたけど

NG

Emacs 優先なら Dropbox + howm の方がいいわけですが、WebAndroid 端末上での閲覧・編集が難ありで悩ましい。

Evernoteプレーンテキストでのエクスポートやインテント対応してくれればいいのだが、ロックインしたいだろうし ENML どうするっていうのもあるし作らないだろうねぇ。

[ 2月16日全て ]

2015年3月10日 (火)

Android + Google Chrome で使える日記アプリ Journey

image:http://www.naney.org/nDiki/2015/03/10/overview_devicelineup_transparent.png

日記アプリ(ジャーナルアプリ)は「Day One (iOS) + Narrate (Android)」をメインで使っているのだけれど、「別のテーマで日誌をつけるのに分けたい」のと「Web ブラウザでも編集・閲覧したい」というのがあって Journey が良さそげなので使ってみることにした。

Android アプリGoogle Play では Journal (by Journey) になっている。

データは自分の Google ドライブに保存される

データは自分の Google ドライブに保存されるので端末がクラッシュしても大丈夫。開発元の 2 App Studio のストレージには保存されない。「GoogleDropboxEvernote なら自分のプライベートなデータを置くのを許容する」という自分のルール的にも OK。

日記アプリは、ロックインされないことが重要で選択時の大きな基準。Journey の場合は Android アプリから「Export/Backup」で JSON ファイル群を ZIP アーカイブしたファイルで保存する機能がある。 常に XML ファイルとして普通にアクセス可能な状態になっている Day One より一歩劣るものの、 JSON なので移行が必要な時は自分で変換できるので許容範囲と判断。

Google Chrome から閲覧・編集できる

Chrome アプリがあり PC から閲覧・編集ができる。PC 向けには公式には Mac アプリしかない Day One とは違って WindowsLinux でも使えるのが良い。なお Android アプリとは関係無しに Chrome ウェブストアから Chrome に追加して使えるので、PC のみで使うというのもあり。

ちなみに Journey Web ( http://journeyapp.me/ ) で Chrome アプリを入れなくても自分のジャーナルを閲覧できるようになっている。

ローカルホストから直接 Google ドライブにアクセスし 2 App Studio 側を経由しないと言明しているのでプライバシー的にも安心(信用する限り)。

Chrome アプリでは、いにしえの Evernote を彷彿させる巻物的表示(全文を時系列にスクロールで見ていける)なのがとても良い。個人的にこのタイプの表示が好きなのだけれど、現状少ないので嬉しい。

文字が大きく行間が広いのでかなりスカスカ感はあるので、もう少しタイトになるといいなとは思う。

その他

Markdown をサポートしているのも良いところなのだけれど、見出しがセンタリングだったりするのがそこはかとなくダサい。

あとはまずまず良い感じ。

(画像http://2appstudio.com/journey/ より。)


[ Android アプリレビュー ]

[ 3月10日全て ]

2016年9月22日 (木)

Kindle Paperwhite が届いた

naney:29750887962

昨日注文した Kindle Paperwhite が届きました。

早速すでに購入済みの本であったり、パッケージ印刷されていた「「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」の「こころ」をダウンロードしたりしました。

やはりスマートフォンのアプリより読んでいて頭にすっと入ってくる感じが良いですね。ハイライトする時のタイムラグなどは最初あれっと思いましたがすぐに慣れました。

設定的には「Kindleストア」を機能制限(基本的に PC かスマートフォンから購入予定)。ここ数日は家で使ってみるので端末のパスワードはまだかけていませんが、家族が試用に飽きたころには持ち歩き用に設定予定です。

Kindle 本はバイブルとしていつどこでも読めるようにしたいものを買ってスマートフォンの Kindle アプリで読むのが今まで中心でした。ロックイン問題と共有の不便さを意識してしまって電子書籍には積極的には手を出さないでいたのですが、自分の中でようやく「本を所有する」という意識よりも利便性を取った方が良いなと思えるようになってきました。紙の本だと「読みたい時にさっと読めない」「保管場に困る」「捨てられない」問題があるので、まもなく自分の中でも価値観が逆転すると予想しています。

[ 9月22日全て ]

2016年11月15日 (火)

LINE BLOG を使ってみる

2016年11月14日に LINE BLOG が全ユーザーに開放されたので naney の確保も兼ねて開設してみました。

雑感

以下、ターゲット層でないことを承知しつつ雑感です。

  • 書く & 投稿する
    • アプリの下に並んでいる5つのボタンを無意識のうちに端から押していくと、真ん中の記事作成ボタンなのでいきなり書いてミソ状態になる。書かせる誘導が半端ない。
    • 予約投稿機能がついているのが良い。
    • アプリでしか書けないのは戦略上理解できるけれど、やはりチマチマ感がある。
  • その他
    • 今まで「LINE」だけれど認証以外はほぼ LINE 関係ない感じ。
    • フィード出力もきちんとあるのでその点ではきちんと Blog プラットフォームっぽい。
    • エクスポート機能が無いのでロックインされる。記事の下に広告が表示される(スマートフォンアプリ・スマートフォン Web ブラウザで閲覧すると)。デジタル小作人感を感じる。

[ 初投稿 ]

[ 11月15日全て ]

2016年12月9日 (金)

nDiki に貼る写真Flickr ではなく同じサーバに置く

この nDiki写真を載せる際は2005年から Flickr にアップロードしてそれを貼りつけるようにしています。これを今後は普通に画像ファイルを Web サーバ側に置くことにしました。

Flickr写真を置いておくメリットは以下があります。

一方デメリットとしては

  • Flickr にベンダーロックインされている。長期的には一抹の不安。
  • 一度画像URL が変わったタイミングで過去の写真が一部表示できなくなっている(記事側の URL を変更していく必要がある)。今後も同様の自体があり得る。

があります。

Flickr 利用で使い勝手的には問題が無いのですが、長期的に継続する Web 日記のコンテンツとしては他のサービスに依存しすぎないようにした方が良いということで、今後は普通に Web サーバに置くことにしました。

そうするとどのサイズの画像ファイルを用意するかを改めて考える必要が出てきました。

画像サイズ

今までは Flickr で生成されるから適当そうなもの(たいがい長辺 500px のもの)を選んで貼っていました。今後は自分で適切なファイルを作ってアップロードすることになるので画像サイズについてちょっと見直してみました。

Bootstrap 3 でのサイトの幅の見直してコンテナを 970px までに

Bootstrap 3 だと広くても幅 1140px (1170px - 30px) なので画像幅もこれだけあれば十分です。しかし考えてみると nDiki は1カラムなのでラージデバイス(≥1200px)向けのコンテナ 1170px はいささか広すぎます。ということでいったんミディアムデバイス向けのコンテナ 970px までしか広げないようにしました。

 @media (min-width: 1200px) {
     .container {
         width: 970px;
     }
 }

写真は基本 max-width: 100% の .img-responsive で表示しているので、これで最大 940px 幅で表示されることになります。

表示される写真の高さは最大 480px に

幅 940px だと 4:3 なら高さは 705px、3:2 なら高さは約 627px になります。13インチMacBook Pro 上の Google Chrome でこのサイズの写真を貼るとほぼ縦いっぱいになってしまいます。記事中の写真では 480px ぐらいまでかなという印象でした。ということで

 max-height: 480px;

としました。

これだと 4:3 なら 640x480px、3:2 だと 720x480px の画像サイズがあれば十分なことになります。縦位置だと 3:4 で 360x480px、 2:3 だと 320x480px です。

画像ファイルの画像サイズは長辺 1200px に

これで 640x480px (4:3) や 720x480px (3:2) にリサイズして Web サーバに置けば現時点では過不足ないということがわかりました。

ただこれだとデバイスの変化でサイトデザインを見直す時がきた時に解像度不足になってしまいます。Bootstrap のラージデバイス向けのコンテナサイズを考えていったん長辺 1200px で画像ファイルを用意することに決めました。

ついでに .pull-left と .pull-right の画像幅も調整

写真を左右に寄せた際に現状テキスト部分が狭くなりすぎることがあるのでこのあたりも合わせて今回調整しました。

 .img-responsive {
     display: inline-block !important;
     max-height: 480px;
 }

 @media (min-width: 768px) {
     .pull-left.img-responsive {
         max-width: 50%;
     }

     .pull-right.img-responsive {
         max-width: 50%;
     }
 }

 @media (min-width: 992px) {
     .pull-left.img-responsive {
         max-width: 50%;
     }

     .pull-right.img-responsive {
         max-width: 50%;
     }
 }

 @media (min-width: 1200px) {
     .pull-left.img-responsive {
         max-width: 50%;
     }

     .pull-right.img-responsive {
         max-width: 50%;
     }
 }
[ 12月9日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.048148s / load averages: 1.09, 1.14, 1.19
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker