nDiki : 公開鍵

1999年2月3日 (水)

ssh 2.0.12 へアップデート

ssh が 2.0.12 になっていたのでアップデート。 PGP の公開鍵は同じサイトの README からとったけど、正式に公開しているのはどこなんだろう。

 $tar zxvf ssh-2.0.12.tar.gz
 $cd ssh-2.0.12
 $./configure
 $make
 $su
 #make install
[ 2月3日全て ]

2004年2月4日 (水)

[ Debian ] shfsSSH 接続されたリモートホストのディレクトリをマウント

試してみる。 Linux kernel モジュールになるので、現在しようしているカーネルをビルドしたディレクトリ下で作業。

 su
 apt-get install shfs-source shfs-utils
 exit
 cd /usr/local/src/linux
 tar jxvf /usr/src/shfs.tar.bz2
 cd kernel-source-2.4.22
 MODULE_LOC=/usr/local/src/linux/modules fakeroot make-kpkg modules_image
 cd ..
 su
 dpkg --install shfs-module-2.4.22_0.32-2+sebastian.1.6_i386.deb

マウントしてみる

ノート PC から naney ユーザでリモートホストに接続する。 ローカルも naney.naney (1000.1000)権限で見えるようにする。 root で

 shfsmount naney@www.naney.org /mnt -o uid=1000,gid=1000,rw,nocache
 ls /mnt
 shfsumount /mnt

公開鍵認証できるようにしているので、パスフレーズ無しで接続できる。

mount コマンドだと、

 mount -t shfs naney@www.naney.org /mnt -o uid=1000,gid=1000,rw,nocache
 ls /mnt
 umount /mnt

autofs + shfs

autofs で自動的にSSH接続しマウントするようにしてみる。

/etc/auto.misc に以下の行を追加

 naneyorg -fstype=shfs,uid=1000,gid=1000,rw,nocache :naney@www.naney.org

でテスト。

 /etc/init.d/autofs restart
 ls /var/autofs/misc/naneyorg

OK。

自動的にアンマウントしない?

タイムアウト時間を過ぎてもマウントされっぱなしのようだ。

[ 2月4日全て ]

2005年7月26日 (火)

普通の人向けに svnserve を立ち上げるか

開発チームでは主に svn+ssh で Subversion を利用している。

Windows ユーザは

  1. 前準備「PuTTYgen で鍵ペアを生成し」「リポジトリのあるサーバ(Linux)側に公開鍵を登録」
  2. 前準備「Pageant を動かして秘密鍵を指定しておく」
  3. TortoiseSVN でリポジトリアクセス

という手順をとっている(参考記事)。 しかしこの方法は SSH に詳しくなかったり Linux のオペレーションとかに慣れていなかったりするユーザにはかなり敷居が高い。

最近ソフトウェア開発以外でのチームでも Subversion の利用を検討しているが、この手順だと多分萎えるはず。

SSH暗号化するほどのセキュリティが必要ない運用なので、svnserve を起動して運用した方が楽そうだ。まだ使ったことがないけれど。

svnserve を実行する権限を気にする必要がある以外は基本的には手間なしのはず。 しかし svnserve の組み込みの認証機能を使う場合には、平文パスワード文字列を含むパスワードファイルを使う必要があるのがちょっと嫌。

[ 7月26日全て ]

2007年1月26日 (金)

久しぶりに SSH の新しい鍵を作成し、複数利用できるように設定

仕事であるサーバへアクセスするのに、 SSH公開鍵を送るように頼まれた。 そういえば今までずっと同じ鍵を使い続けていたけれど、いちおうこういのは管理上分けておいた方がいいかもしれない。

ということでかなり久しぶりに鍵を作成。5年ぶりぐらい?

鍵の作成

 ssh-keygen -C <メールアドレス> -f id_rsa.hogehoge

リモートホストの authorized_keys への登録

手元のいくつかのサーバも新しい鍵を使えるように authorized_keys に追加しておく。 ssh-copy-id コマンドというものを今回初めてしった。 リモートホスト上の ~/.ssh/authorized_keys に、ローカルホストから直接公開鍵を追加することができる。こんな便利なものがあったとは。

 ssh-copy-id -i ~/.ssh/id_rsa.hogehoge naney@サーバ名

config への登録

デフォルトとは異なる新しい名前で作ったこの鍵もリモートホストへの接続に使えるようにするため、ローカルの ~/.ssh/config に設定を追加しておく。

 IdentityFile ~/.ssh/id_rsa.hogehoge

keychain への追加

それと ~/.profile の中で呼んでいる keychain の引数にも ~/.ssh/id_rsa.hogehoge を追加。

[ 1月26日全て ]

2009年10月28日 (水)

さくらのレンタルサーバ設定: SSH

この間申し込んだ「さくらのレンタルサーバ プレミアム」の設定をぼちぼち開始。

まずはサーバ上に手持ちの公開鍵を追加。 ローカルホストで以下を実行。

 ssh-copy-id アカウント@アカウント.sakura.ne.jp

[ さくらのレンタルサーバ プレミアム ] [ ssh-copy-id ]

[ 10月28日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.265333s / load averages: 0.39, 0.59, 0.60
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker