nDiki : 創発

2004年6月11日 (金)

創発 蟻・脳・都市・ソフトウェア自己組織化ネットワーク

rimage:ISBN:4-7973-2107-5

以前からちょっと探していた本。 会社帰りに有楽町三省堂で発見。

ソフトバンクパブリッシングから出しているからてっきりコンピュータ関連のところにあると思っていたのだが見あたらず、端末で検索したら動物学・植物学関連のところにあるとでた。

創発というキーワードは「適応型ソフトウェア開発」でも何度も出てきているし、ちょっと押えておこう考えている。

それと自己組織化といえば大学時代、研究室に興味を示している友人がいたな。


[ コンピュータ書籍 ]

スポンサード リンク
[ 6月11日全て ]

2004年7月5日 (月)

Perl遺伝的プログラミング

創発本(ソフトバンクパブリッシング)を読んでいたら、遺伝的プログラミングしてみたくなった。 余暇としてコードを書いてみる。 しかし遺伝的プログラミング遺伝的アルゴリズムもきちんと学んだことがないのでかなり適当。もしかしてやっている事はGPではないかも。

  • 終端記号集合を用意 ('1', ';', '+', 'if', ...)
  • これらの列を遺伝子とする。
  • ランダムに並べたものを、沢山用意。
  • トークン列をjoin(' ')して、sub { } の中にいれて eval
  • エラーが出なかったらパラメータを与えて実行。返り値をチェックして適応度を計算
  • 選択 - 適応度の高いものを残すように
  • 交叉 - ある遺伝子の前半と、ある遺伝子の後半をくっつける。長さはそれぞれランダム
  • 突然変異 - 遺伝子の1つの終端記号をランダムに変更

'3' を返す関数とかは簡単にできあがる(sub { 1 + 1 + 1} など)。 max(a, b) に対応する関数を作ろうとしたら、これは今のところ駄目。

  • eval (コンパイル) 成功したものの方が、失敗したものより適応度を高くするようにしていたため、交叉の長さをランダムにするとどんどん遺伝子が短くなる(長いものはほとんどコンパイルエラーになるので)
  • '}' などの順序にによっては sub が閉じられてしまう。パターンによっては perl 自体がセグメンテーション例外で落ちてしまった。最低限 '{', '}' の対応があうように eval 前に '{', '}' を挿入するようにした。
  • 遺伝子がちょっと長くなるとほとんど eval に失敗する。
  • '<', '>' を終端記号集合に含めておくと、<$a> のようなものも生成してしまう事もあり危険。
  • 無限ループ検出がないため、終端記号集合に for, while 等を入れられない。

やはり構文木を遺伝子にしないと駄目かな。

[ 7月5日全て ]

2004年7月9日 (金)

創発 蟻・脳・都市・ソフトウェア自己組織化ネットワーク 読了

[ コンピュータ書籍 ]

rimage:ISBN:4-7973-2107-5

買ってから約1ヶ月。 本屋では動物学・植物学関連のところにあったのだが、やっぱり計算機科学関連の読み物。 創発に関していろいろ考えるきっかけとしてなかなか良かった。 スラッシュドットに対する考察なども興味深い。

本としては脚注が全て巻末にまとめられていて参照しづらい(結局見ていない)のと、日本語としてわかりにくい文が散見された(原文自体がわかりにくいのかもしれないが)のがマイナス。

フィードバックに関する話の途中で出てくる

スレッド型の討論掲示板は、イカレポンチと呼ばれる特殊な生き物にとって、理想的な生態環境となった。 イカレポンチは、ある特定の問題や解釈モデルに執着し、どんな議論であろうと自分の世界観を勝手に述べ立てて平気で、どうやら生業も家族生活もないので、ちょっとした挑発ですさまじいレスを返してよこす。(中略) あらゆる会話を自分の持つ特定の話題につなげないと気がすまず、自分のルールにしたがわない会話すべてに逆らう連中。(pp. 161-162)

という辛辣な表現は刺激的。ちなみにこの後、

ROMを考慮すると、スレッド型議論は実は伝統的な対面講義よりもインタラクティブ性が少なく、夕食のテーブルを囲んだ会話に比べればまるでインタラクティブではない。そこでならいちばん寡黙な参加者ですら、身振りや表情で参加する。(p.163)

と続く。


[ 読書ノート ]

[ 7月9日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.0559s / load averages: 0.62, 0.44, 0.35
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker