nDiki : 尿路結石

尿路結石

2016年4月22日 (金)

2カ月ぶりに尿路結石の激痛

お昼に打ち合わせをした後ぐらいから左の腰が急に痛み始めました。さすがにもう一発で尿路結石の痛みだとわかりました。2月12日以来です。

13:00 からシャッフルランチがあったのですが、症状の行方が読めないのでパス。座っていてもどうにもならないのでちょっと会社のまわりを歩きまわってみましたが、痛みは増すばかり。夕方のミーティングまで、あるいは 15:00 のコアタイム終了まで頑張れればと思いましたが、この痛みだとほぼまともに何かを考えたりできないので素直に早退することにしました。

帰宅してボルタレンサポを投入。が効くといつも通り痛みがおさまりましたが、今回はが切れてきた頃に腰に若干違和感が残っていました。

あとちょっとなのでそろそろ出て欲しい! しっかり水分とらねば。

スポンサード リンク
[ 4月22日全て ]

2016年5月16日 (月)

尿路結石をついに排石した

今まで先っちょにあったチクチクする異物感や排尿痛が、今朝からすっと無くなりました。もしかして排石? 排石したようです! 注意はしていたのですが出た瞬間には気付けず、結石を見ることなく今回の結石症の終わりを迎えたようです。

去年の8月14日に東京ソラマチで左腰に初めての激痛が出てから9カ月。「左腰の激痛」から、結石の移動に合わせて「強烈な尿意」「排尿痛と便意」「先っちょのチクチクする異物感」と変わっていく症状と付き合いながらの9カ月でした。何はともあれ自然排石できてほっと一安心です。良かった良かった。

まだあと2つは左の腎臓に結石があるようなので(もう移動し始めているかも?)、大きくなる前に出していきたいところです。

長かった流れ


[ 尿路結石 ]

[ 5月16日全て ]

2016年9月12日 (月)

今日のさえずり: 初の尿路結石激痛を起こした思い出の地です

2016年09月12日

[ 9月12日全て ]

2016年10月11日 (火)

健康診断: 果たして次の石は?

会社の健康診断。このオフィスでの健康診断は5度目。

今年は 12:00 スタート。去年は尿路結石の痛みが強く出ているところで少しだけ大変でしたが、今年はまずまずの体調での健康診断となりました。

血圧

1回目が高かったので今年もかと思ったのですが、もう1回測り直したらもう少し良い感じに。ふぅ。

腹部超音波検査

結石の話はしたのでちょっとは意識してエコーしてくれたでしょうか。去年ほどはじっくりではなかった感じ。

問診

例年通りそっけない感じ。8月ぐらいから左の次の石の痛みがきているけれども酷くなっていないのでまだ通院はしていないというのを伝えました。そういうものなのだと思いますが、健康診断問診ではヒアリングされるけれども、その場では何もフィードバックしてくれないのが気持ち悪いですね。

バリウムと下剤

下剤(センノシド錠 12mg x 2)を投下してから今年は第1波がくるまで1時間20分。過去4年と比べて最短でした(今までは1時間35分から2時間40分)。ガンガン水を飲んだからかな? オフィスにいる間に夜まで4波、帰って1波で出し切った感じ。

[ 10月11日全て ]

2016年11月4日 (金)

健康診断結果: 左水腎症・左腎石灰化症・高血圧(症)疑・高 LDL コレステロール血症・糖代謝異常

10月11日に受け健康診断の結果が郵送されてきました。

  • 「左水腎症 要経過観察」
    • 変わらず。
  • 「左腎石灰化症 観察」
    • 昨年の「左腎結石(症) 要経過観察」の代わりにこれ。
  • 「高血圧(症)疑 観察」
    • 昨年の要経過観察から少しだけ改善。去年は尿路結石の痛み真っ最中で高かったのではと思っていたけれど、それが無くてもやはり少し高め。
  • 「高 LDL コレステロール血症 観察」
    • 変わらず。LDL が 152mg/dl から 145 mg/dl へ。
  • 「糖代謝異常 観察」
    • New! HbA1c (NGSP) 5.7% 糖尿病への道っぽいので注意する。

もう、運動待ったなしという状況でしょうか。

[ 11月4日全て ]

2016年11月18日 (金)

左水腎症・左腎石灰化症を診てもらいに通院

健康診断結果に左水腎症と左腎石灰化症があったのと、夏ぐらいから尿路結石のに似ている左腰の弱い痛みたまにあったりするのを診てもらいに、病院へ行ってきました。

レントゲン撮影の結果、結石のようなものは見当たらないとのこと。健康診断結果の内容だと水腎症がどれぐらいなのかわからないということで、次回腹部超音波検査をすることにしました。

とりあえず今のところ石は無さそうなので、その点は一安心です。

[ 11月18日全て ]

2016年11月28日 (月)

腹部超音波検査の結果水腎症ではなさそう

前回の通院レントゲン撮影をして尿路結石は無さそうだったので、今日は水腎症の確認で腹部超音波検査をしてきました。結果腫れている様子無し。健康診断の時にはもしかしたら尿管が詰まっていているなどの理由で腫れていたのかもしれないけれど今は特に問題ないとのことでした。

ということで腎臓・尿路結石は問題無さそうです。あとは年1回の健康診断で大丈夫ということになりました。

良かった良かった。

[ 11月28日全て ]

2017年11月14日 (火)

初造影 CT 検査、ヨード造影剤で変身するのではと思ってしまった

先週の金曜日に病院へ行ったところ、造影 CT 検査と上部超音波内視鏡検査(EUS)をすることになりました。今日は有給休暇をとって造影 CT 検査です。

2年前に尿路結石の診察のために初めてして以来人生2度目の CT 検査、前回は造影剤無しだったのでヨード造影剤は今回が初めてです。

CT 検査の前に 200ml の水を渡されたので飲みきります。そしてまず造影剤無しで CT スキャンしたあと、ヨード造影剤を静脈注射してからの造影 CT スキャンでした。造影剤を注射すると「体が熱くなります」ということですが想像していたのとは全く違ってびっくりしました。だんだん火照ってくるのではなくて、一気に顔からお尻ぐらいまでが一気に発熱しているような感覚でした。なにかに変身してしまうのではないかと思ってしまいましたよ。

注射したところの絆創膏は2時間貼っておく必要があります。終わった後は造影剤を出すために水分を沢山とるように説明されました(500ml 以上)。尿が出ていれば一緒に排出されますと言われました。こまめに水や麦茶を飲んだからたぶん大丈夫。

[ 平滑筋腫 ]

[ 11月14日全て ]

2018年1月17日 (水)

ビジネスパートナーの方々と新年会

かつ吉 渋谷店で新年会。かつ吉というと「かつ」のイメージで肉・肉・肉という感じなのかなと思っていましたが、予約していただいていたコースはお刺身やかきの白味噌卵とじなども出るバランスあるもので驚きました。車海老の「天然特大海老フライ」は巨大でびっくり。天然特大海老フライ定食(1本付)だと2,500円(税込)になる贅沢品です。

今日盛り上がった話題、前半は「人が食べないようなものを食べる。例えばイチゴのヘタとか。」

後半は結石の話で大盛り上がり。経験者が多くてびっくり。唾石というのがあるのも初めてしりました。こちらも2人もいました。

尿路結石については自分が苦しんだ時にアドバイスしてくれてた同じ部の人が「お風呂で温めて痛みを和らげて水分取って出す」「何度も石が通っている間に太くなって排石しやすくなる」などいろいろ豪快なことをいって笑いを誘っていました。

年初から楽しい会でした。今年も結石を作らないようにしつつ頑張りますのでよろしくお願いいたします。

[ 1月17日全て ]

2018年1月26日 (金)

今年はかかりつけ医で花粉症をもらってきた

rimage:/nDiki/2018/01/26/2018-01-26-104401-nDiki-1200x800.jpg

そろそろ花粉症の季節が始まるので花粉症をもらいに病院へ行ってきました。ここ2年は尿路結石を診てもらっていたこともあり内科・泌尿器科の病院を出してもらっていたのですが、今年は例年通りかかりつけ医で。

  • アレグラ 60mg 朝・夜各1錠。例年2月20日頃に飛ぶので、そのある程度前から。
  • パタノール点眼液 0.1mg 1日4回まで症状のある時に。
  • ナゾネックス点鼻液 50μg 112噴霧用: 1日1回、左右交互に各2噴霧。症状が強くなったら始める。始めたら続けること。

予定より早く病院が終わりましたが定時に間に合うほどではなかったので TSUTAYA SHIBUYA に寄り道。それから渋谷ストリーム方面の出口 16b のアーバン・コアも初めて通ってみました。小綺麗だけれどただの通路でした。

[ 1月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052532s / load averages: 0.23, 0.43, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker