nDiki : 差分バックアップ

1999年1月23日 (土)

Linuxrsyncバックアップ

ここしばらく自分のノート PC (Linux)のバックアップを怠っていたので、今日バックアップをとった。 いつもは

 #tar zxvf /MO/home-yyyymmdd.tar.gz -C / home
 #tar zxvf /MO/etc-yyyymmdd.tar.gz -C / etc

と tar を使ってバックアップとっていた(圧縮する前で100MB ちょい)。 バックアップ先は 640MB MO (/MO にマウント)。 毎回フルバックアップとなるのでそれなりに時間がかかるし、容量も結構になる。 また、変更されていないファイルも多く、これらを毎回アーカイブするのも悔しい。 そこでこれからは差分バックアップの方がいいな、と考えたわけだが名案がないので、とりあえずしばらく単純に rsyncミラーリングすることにした。

 #rsync -av --delete --exclude '*~' --exclude '.netscape/cache/' /home /MO
 #rsync -av --delete --exclude '*~' /etc  /MO
 #rsync -av --delete --exclude '*~' /var/spool /MO/var

rsync はリモートとの転送/同期を目的としたものだが、もちろんローカル間での同期にも使える。ただしこの方法だと本当にミラーリングなので、なにかあった時に古い世代のファイルがとりだせない。 やはりきちんとしたバックアップ方法を考えなくては。

しかし何が面倒かって、物理的な準備なんだよね。ノート PC の場合。 MO ドライブと SCSI PC カードひっぱりだしてきて、接続するのが面倒。 でついつい、おっくうになってしまう。 大学でネットワークに接続した時についでにリモートの MOバックアップするように習慣づけた方がいいかもしれぬ。

スポンサード リンク
[ 1月23日全て ]

2004年5月5日 (水)

1ヶ月以上ぶりのバックアップ

久しぶりに(最低毎週1回は行う予定だった)ノート PCバックアップをする。 前回から32日以上たっており pdumpfs差分バックアップが取れないので、またごっそりフルバックアップから。

[ 5月5日全て ]

2004年6月14日 (月)

また pdumpfs差分バックアップとれず

結局また前回のバックアップから1ヶ月以上たってしまった。

外付けHDD(I-O DATA HDX-UE160)ははUSB電源連動機能があり、PCに接続すれば勝手に電源がはいるようにいつも待機させているのだがもったいないことしているな。

[ 6月14日全て ]

2005年4月2日 (土)

DAR で差分/増分バックアップ

普段使っているノート PCpdumpfsバックアップをとっている。 任意のスナップショットから簡単にファイルを復元できるので、バックアップHDDを別に用意できる場合はこれが便利。

問題1

会社で使っている Windows デスクトップは、rsyncWindowsファイルサーバへ同期。 1世代しかバックアップが無い。 少なくとも数世代前のファイルが復元できるようにしておきたい。

問題2

Linux サーバはバックアップ無し! マズイ。 現状、たまに手動で tarball にして保存しているぐらい。

DAR

DAR というバックアップコマンドの紹介を見て興味をひかれた。 シンプルながらも使い勝手の良さそう。 Linux でも Windows でも動くというのも嬉しい。

DAR を使ってみる

Linux 上で試してみる。

テスト用ディレクトリを作成

/tmp の下にテスト用ディレクトリ dar を作成。 その下に home ディレクトリと var ディレクトリを作成する。

 mkdir -p /tmp/dar/home/naney
 mkdir -p /tmp/dar/var/lib/dar
 echo 'abc' > /tmp/dar/home/naney/file1.txt

/tmp/dar/home 以下バックアップ対象として /tmp/dar/var/lib/dar 以下にバックアップファイルを作成してみることにする。

フルバックアップ

最初はフルバックアップ:

 dar -c /tmp/dar/var/lib/dar/home-full \
     -y9 \
     -R /tmp/dar \
     home

/tmp/dar/home をフルバックアップした home-full.1.1.dar が /tmp/dar/var/lib/dar にできる。

差分バックアップ(1回目)

ファイルを1つ追加。

 echo 'def' > /tmp/dar/home/naney/file2.txt

ここで差分バックアップをとる:

 dar -c /tmp/dar/var/lib/dar/home-diff-1 \
     -A /tmp/dar/var/lib/dar/home-full \
     -y9 \
     -R /tmp/dar \
     home

home-full.1.dar に対する差分バックアップファイル home-diff-1.1.dar ができる。

差分バックアップ(2回目)および増分バックアップ

もう1つファイルを追加。それから最初にあったファイルを削除してみる。

 echo 'ghi' > /tmp/dar/home/naney/file3.txt
 rm /tmp/dar/home/naney/file1.txt

ここで差分バックアップ(2回目):

 dar -c /tmp/dar/var/lib/dar/home-diff-2 \
     -A /tmp/dar/var/lib/dar/home-full \
     -y9 \
     -R /tmp/dar \
     home

home-full.1.dar に対する差分バックアップファイル home-diff-1.2.dar ができる。

またインクリメンタルバックアップもとってみる

 dar -c /tmp/dar/var/lib/dar/home-inc-2 \
     -A /tmp/dar/var/lib/dar/home-diff-1 \
     -y9 \
     -R /tmp/dar \
     home

差分バックアップファイル home-diff-1.1.dar に対する差分バックアップファイル home-diff-2.1.dar ができる。

フルバックアップからの復元
 dar -x /tmp/dar/var/lib/dar/home-full

を実行。

 home/naney/file1.txt

が復元される。

フルバックアップ+差分1回目からの復元
 dar -x /tmp/dar/var/lib/dar/home-full
 dar -x /tmp/dar/var/lib/dar/home-diff-1

を実行。

 home/naney/file1.txt
 home/naney/file2.txt

が復元される。

フルバックアップ+差分2回目からの復元
 dar -x /tmp/dar/var/lib/dar/home-full
 dar -x /tmp/dar/var/lib/dar/home-diff-2

を実行。

 home/naney/file2.txt
 home/naney/file3.txt

が復元される。

フルバックアップ+増分1回目(=差分1回目)+増分2回目からの復元
 dar -x /tmp/dar/var/lib/dar/home-full
 dar -x /tmp/dar/var/lib/dar/home-diff-1
 dar -x /tmp/dar/var/lib/dar/home-inc-2

を実行。

 home/naney/file2.txt
 home/naney/file3.txt

が復元される。

運用するには

などが必要か。 エラー処理まで含めると結構面倒くさいな。 Perlあたりでまずは簡単なスクリプトを用意するか。

[ 4月2日全て ]

2009年1月13日 (火)

Windows BOX も DAR増分バックアップ

直付け HDD なら pdumpfs にするところだが、ネットワーク上の別の HDD (TeraStation PRO) 上に保存したいので、DARバックアップすることにしてみた。

公式サイトから Windows 版バイナリをとってきて展開。 インストール無しにすぐ使える。

Cygwin ベースなのでパスの指定はちょっと変態的だが、問題なく動作。試した範囲では日本語ファイル名も OK だった。

バックアップ先を G: としてネットワークドライブ割り当てして、C: ドライブのホームディレクトリをバックアップ

フルバックアップ

 dar -c /cygdrive/g/var/DAR/mypc/mypc-home-2009-01-13 \
 -P var/Dropbox \
 -P var/TrueCrypt \
 -y9 -s 1G \
 -R /cygdrive/c/home/naney

増分バックアップ (差分バックアップ)

 dar -c /cygdrive/g/var/DAR/Dine/dine-home-2009-01-13.2009-01-14 \
 -A /cygdrive/g/var/DAR/mypc/dine-home-2009-01-13 \
 -P var/Dropbox \
 -P var/TrueCrypt \
 -y9 -s 1G \
 -R /cygdrive/c/home/naney
[ 1月13日全て ]

2011年10月10日 (月)

今日のさえずり: LEGOLEGO デュプロの互換性を活用する日がきた

2011年10月09日

  • 10:34 RT @py0n: 鳥肌実のティーシャツ来てくるんじゃ無かった。暑いのに上着脱げない。
  • 10:43 そろそろ #yapcasia どのトーク聞くか選ばないと。
  • 11:05 ドングリたくさんカビててショック。
  • 12:07 RT @lapis25: こどもにきいたらオトナの国は会社だといわれました。ゆめもきぼうもありません……
  • 14:09 本屋でどうぶつしょうぎ発見。実物パッケージ見るの初めて。かわいい。
  • 17:00 明日ぐらい、ドンケ F-2 にするかな。
  • 18:14 LEGOLEGO デュプロの互換性を活用する日がきた。
  • 18:29 @etupirka LEGO カーの上にデュプロ人形乗せたり。
  • 21:00 雨降ってきた。
  • 21:20 久しぶりに pdumpfs して 8GB ぐらい差分バックアップ
  • 21:58 Nikon F100 の裏ぶたのベトベト、拭いても落ちない。ゴムの経年劣化なのか……。
  • 22:52 消毒用アルコールで拭いて改善した。

2011年10月10日

  • 08:01 出撃。
  • 08:30 場所取り完了。最前列じゃないけどまずまずの位置。
  • 08:33 参加券も確保。一段落。
  • 08:40 80mm までのズームレンズの方で用足りそう。
  • 15:39 運動会から帰宅。結構日差しがジリジリきた。
  • 18:50 ショッピングカーを選んで買うミッションを受けた。定番商品とかあるのかな。
[ 10月10日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.052206s / load averages: 0.42, 0.41, 0.46
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker