nDiki : 影舞プロジェクトテンプレート for BTS

影舞プロジェクトテンプレート for BTS

NaneyBTSテンプレートをベースにして行っているカスタマイズテンプレート。

バグトラッキングの流れ

https://www.naney.org/comp/distrib/kagemai/naney-bts-2006-04-18-small.png

(大きい図)

以下「状態」と「処理方法」の組を「状態 : 処理方法」と略記するものとする。

報告者

  1. 新しい問題を発見したらレポートを投稿する。
  2. 自身が投稿したレポートが「確認待ち : 修正済み」になったら、修正されたかどうかの確認作業を行う。
    • 修正されていることを確認したら、「修正済み : 修正済み」に変更する。
    • 修正されていなかったら 「割当済み : 未処理」に戻す。

担当者

  1. 担当者は割り当てられたら、レポートの検討および必要があれば修正作業を行う。作業を行ったら状態と処理方法を変更する。以下のどれかに設定する。
    • 確認待ち : 修正済み
    • 確認待ち : 却下
    • 確認待ち : 重複
    • 確認待ち : 再現不能

マネージャ

  1. 随時各レポートに対してレビューを行い以下の状態に遷移させる。
  • 割当済み (未処理)
  • 保留 (未処理 / 再現不能)
  • 完了 (修正済み / 却下 / 重複 / 再現不能)

影舞標準のBTSテンプレートに対する主な変更点

[変更点] 状態

オリジナルの状態が

 「新規 -> 割当済み -> 確認待ち -> 完了」

であるのに対し、「修正済み」「保留」を追加し、

 「新規 -> 割当済み -> 確認待ち -> 修正済み -> 完了」
 「新規 -> (割当済み ->) 保留」

という流れにした。「確認待ち」からただちに完了にせず、プロジェクトマネージャが最後に判断できるようにした。

[変更点] 処理方法

オリジナルの処理方法の選択肢が「未処理、修正済み、保留、却下」に対して、「再現不能、重複」を追加。

「保留」は「状態」の方で扱うことにするので、こちらからは削除した。

[変更点] その他

全般的に説明を詳しくし、入力する時に迷いにくくした。

セットアップ (0.8.6 / 0.8.8 用)

影舞 0.8.6 / 0.8.8 に標準で含まれている BTSテンプレートをコピーし、設定ファイルを書き換える。

構成:

 resource
 |
 `-- ja
     |-- template
     |   |-- normal                   # Step 1
         |   |
         |   ...
         |
         |-- naney-bts                # Step 1
         |   |-- reporttype.xml       # Step 2
         |   `-- script
         |       |-- change_status.rb
         |       |-- color.rb
         |       |-- depend.rb
         |       |-- email_message.rb
         |       `-- replace.rb

Step 0: 影舞をインストール

もしまだ影舞をインストールしていなければ、影舞をインストールする。

Step 1: BTSテンプレートをコピー

影舞 0.8.6 / 0.8.8 の resource/ja/template/ ディレクトリの下の normal ディレクトリを同じところに naney-bts ディレクトリとしてコピーする。

 cd resource/ja/template
 cp -a normal naney-bts

Step 2: reporttype.xml を置き換え

naney-bts ディレクトリの中の reporttype.xml を

で置き換え。

 cd naney-bts
 cp /tmp/kagemai-0.8.8-reporttype-naney-bts-2010-02-08.xml \
    reporttype.xml

 もしくは

 cd naney-bts
 cp /tmp/kagemai-0.8.6-reporttype-naney-bts-2005-05-27.xml \
    reporttype.xml

プロジェクトの作成

  1. 影舞のページから [管理] -> [プロジェクトの作成]を選択する。
  2. テンプレートで、「Naney BTS」を選択して、その他を入力してプロジェクトを作成する。
  3. フィールドのカスタマイズで、「担当者」フィールドに担当者を追加する。

フィールドカスタマイズメモ

BTSテンプレートに対する変更点。

送信者 (email)

送信者のメールアドレスを入力するフィールド。

オリジナルからの変更点

  • 変更なし。

フィールド設定

変更項目
タイプ文字列
IDemail
表示名送信者
説明送信者のメールアドレスを入力してください。
デフォルト値nil
サイズ30
有効クッキーで値を保存する
有効メールアドレスチェックを行う
レポートの属性として扱う
ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
有効履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない

概要 (title)

レポートのタイトル。

オリジナルからの変更点

  • 「説明」「サイズ」を変更。

フィールド設定

変更項目
タイプ文字列
IDtitle
表示名概要
変更説明この報告の概要を簡潔・明瞭に書いてください。 「動きません」「わかりません」「質問です」などは避けてください。
デフォルト値nil
変更サイズ70
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
有効ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
有効レポートのインデックス項目として表示する
履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない

状態 (status)

オリジナルからの変更点

  • 説明を追加。
  • 選択肢に「修正済み、保留」を追加。

フィールド設定

変更項目
タイプ単一選択肢
IDstatus
表示名状態
変更説明(下記参照)
変更選択肢新規, 割当済み, 確認待ち, 修正済み, 保留, 完了
デフォルト値新規
終了状態完了
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
有効レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない
有効トップページで取り上げる
ラジオボタンとして表示する

説明文

最初は「新規」です。プロジェクトマネージャーが担当者を割り当てたか、担当者が引き受けた時に「割当済み」にします。担当者は修正したら「確認待ち」にします。その後バグ報告者(提案者)または担当者以外の人が修正されているかどうかをチェックし、直っていれば「修正済み」に、直っていなかったら「割当済み (あわせて処理方法を『未処理』に)」に戻します。「修正済み」のものは次のリリース時に「完了」に移行させます。

トップページへの表示

選択肢短い説明長い説明トップページへの表示
新規提案されているもの新しく投稿された問題・提案です。yes
割当済み割当済みのもの担当者に割り振られています。現在作業中です。yes
確認待ち確認待ちのもの担当者によって修正されました。修正されたことを確認してください。yes
修正済み修正済みのもの修正されたことが確認されています。次のリリース時に完了に移行されます。
保留保留のものこのレポートは保留といたします。次のリリース後、対応するか検討します。
完了完了したものこのレポートに関する作業は完了しました。

処理方法 (resolution)

処理方法。

オリジナルからの変更点

  • 説明を追加
  • 選択肢を変更。

フィールド設定

変更項目
タイプ単一選択肢
IDresolution
表示名処理方法
説明(下記参照)
変更選択肢未処理, 修正済み, 再現不能, 重複, 却下
デフォルト値未処理
終了状態
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
有効レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない
トップページで取り上げる
ラジオボタンとして表示する

説明文

最初は「未処理」です。担当者の作業中も「未処理」です。担当者は作業後「修正済み」「再現不能」「重複」に変更してください(あわせて状態を「確認待ち」に)。担当者が問題ではないと判断した場合は「却下」に変更してください(あわせて状態を「確認待ち」に)。バグ報告者やプロジェクトマネージャーなどが確認後、直っていなかった場合は「未処理」に戻されます。

優先度 (priority)

優先度。

オリジナルからの変更点

  • 説明を追加。

フィールド設定

変更項目
タイプ単一選択肢
IDpriority
表示名優先度
変更説明プロジェクトマネージャーが設定します。ゲスト、ユーザの方は初期値(中)のままで結構です。
選択肢緊急, 高, 中, 低
デフォルト値
終了状態
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
有効レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない
トップページで取り上げる
ラジオボタンとして表示する

重大度(0.8.6)、深刻度(0.8.8) (severity)

重大度 / 深刻度。 影舞 0.8.6 では重大度であったが、0.8.8 では深刻度に表示名が変更されている。

オリジナルからの変更点

  • 説明を追加。
  • 選択肢に提案を追加。

フィールド設定

変更項目
タイプ単一選択肢
IDseverity
表示名重大度 (深刻度)
変更説明バグ報告者が考える問題の深刻さを選択してください。問題ではなく、提案・要望などの場合は「提案」を選択してください。よくわからなければ「普通」を選択してください。
変更選択肢致命的, 重大, 普通, 軽微, 提案
デフォルト値普通
終了状態
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
変更有効ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
有効レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない
トップページで取り上げる
ラジオボタンとして表示する

担当者 (assigned)

担当者

オリジナルからの変更点

  • 説明を追加。
  • 担当者を選択肢に追加する。
  • 担当者が複数いる場合は「レポートのインデックス項目として表示する」も有効にする。

フィールド設定

変更項目
タイプ単一選択肢
IDassigned
表示名担当者
変更説明作業の担当者です。プロジェクトマネージャーが設定します。または作業を引き受ける人が自分を設定します。
変更選択肢未定, Naney
デフォルト値未定
終了状態
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
変更有効レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない
トップページで取り上げる
ラジオボタンとして表示する

コンポーネント (component)

プロジェクトに複数のプログラム・コンポーネントなどがある場合に追加する。

オリジナルからの変更点

  • 新規追加 (必要な場合)

フィールド設定

変更項目
タイプ単一選択肢
IDcomponent
表示名コンポーネント
変更説明問題の発生したコンポーネントを選択してください。
選択肢(プロジェクトにあわせて設定)
デフォルト値nil
終了状態
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
有効ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
有効レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない
トップページで取り上げる
ラジオボタンとして表示する

バージョン (version)

オリジナルからの変更点

  • 新規追加

フィールド設定

変更項目
タイプ文字列
IDversion
表示名バージョン
説明問題の発生したバージョンを指定してください。例: 1.0.0 (問題を修正したバージョンや修正を確認したバージョンではありません)。CVS/Subversion からチェックアウトしたものの場合は、「HEAD YYYY-MM-DD」やタグ名、リビジョン番号等を明記してください。
デフォルト値nil
変更サイズ70
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
有効ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
有効レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
有効履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない

OS (os)

オリジナルからの変更点

  • 新規追加 (必要な場合)

フィールド設定

変更項目
タイプ文字列
IDos
表示名OS
説明問題の発生したOSとそのバージョンをできるだけ詳しく入力してください。
デフォルト値(空白)
サイズ70
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
有効ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
有効履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない

JRE (jre)、Perl (perl)

Java プログラムや Perl プログラムの場合に追加するフィールド。

オリジナルからの変更点

  • 新規追加 (必要な場合)

フィールド設定

変更項目
タイプ文字列
IDjre / perl
表示名JRE / Perl
説明問題の発生したJREのバージョンを入力してください。'java -version で確認できます。'/ 問題の発生した Perl のバージョンを入力してください。'perl -v' で確認できます。
デフォルト値(空白)
サイズ70
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
有効ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
レポートのインデックス項目として表示する
有効履歴のヘッダに表示する
有効履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない

依存するバグ (depend)

オリジナルからの変更点

  • 説明
  • サイズ

フィールド設定

変更項目
タイプ文字列
IDdepend
表示名依存するバグ
変更説明このレポートが依存しているバグがあれば、そのバグの ID を入力してください。
デフォルト値(空白)
変更サイズ70
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
有効レポートの属性として扱う
ゲストによる変更を許可する
有効ユーザによる変更を許可する
レポートのインデックス項目として表示する
履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない

内容 (body)

オリジナルからの変更点

  • 説明
  • 行数

フィールド設定

変更項目
タイプテキスト
IDbody
表示名内容
変更説明発生している問題の内容、症状等を記入してください。エラーメッセージ等があればあわせて記入ください。
デフォルト値nil
横幅70
変更行数20
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
レポートの属性として扱う
ゲストによる変更を許可する
ユーザによる変更を許可する
レポートのインデックス項目として表示する
履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない
有効リプライ時に前回の内容を引用する
有効引用時に引用記号をつける

ファイル添付 (attachment)

オリジナルからの変更点

  • 説明を変更。

フィールド設定

変更項目
タイプファイル添付
IDattachment
表示名内容
変更説明スクリーンショット画像やエラーログなどがあれば、ファイルを添付できます。ファイル名を指定してください。日本語ファイル名は避けてください。添付ファイルがテキストファイルHTMLファイル、画像(JPEGPNG)であればそのタイプを選択してください。
デフォルト値(空白)
クッキーで値を保存する
メールアドレスチェックを行う
レポートの属性として扱う
ゲストによる変更を許可する
ユーザによる変更を許可する
レポートのインデックス項目として表示する
履歴のヘッダに表示する
履歴のヘッダに一行で表示する
ゲストには見せない
no diary

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.047488s / load averages: 0.90, 0.79, 0.67
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker