nDiki : 日本語

日本語 - Japanese

関連情報

2015年11月27日 (金)

ATOK 2015 for Mac と共同通信社 記者ハンドブック辞書

仕事で使っている MacBook Pro日本語入力システム ATOK 2015 for Macインストールしてもらいました。そういえば ATOK ってなにげに PC 向けのは使ったことが無かったのでどんな感じかちょっと楽しみです。

個人的には ATOK の変換精度より一緒に入れてもらった「共同通信社 記者ハンドブック辞書」がどれぐらい便利かが気になるところ。書籍版の記者ハンドブックを開かないでさくさく記者ハンドブックルールで文章が書けるようになるのかな?

[ 11月27日全て ]

2015年12月3日 (木)

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

以前株式会社ミクシィで広報だった方が「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」という本を Facebook で薦めていたので読んでみました。

文章を書く準備段階の「構造を考える方法」、そして「読みやすく分かりやすい文章に仕上げていく方法」が本書で解説されています。

構造シート

第1章では構造を考えるにあたって「構造シート (p.34)」を使って「テーマ」と「話題」を決めていくやり方を説明しています。箇条書きにした話題の各項目の左に順番の数字を書き、右側に優先度を ABC とつけた上で、順番に並べ替えながら構造をまとめていくという方法です。

きちんとアウトラインを決めるべきと思いつつも、上からざっと書いていって質の低い文章を書きがちなのでこれは実践していきたいです。

良い文章

続く2章以降では基本的な文の構造の正しさの話から文末のバリエーションや漢字とひらがなのバランスなどの読みやすさの話まで網羅的に説明されています。個別には文章術などのコラムなどでみかけたりしますが、こうしてまとまっていると振り返って参照しやすく助かります。ここはチェックシート化して普段からチェックしたいところです。

例えば「することができる」などの「翻訳文体」はつい書いてしまいがちなので、これを機会に意識していくことにします。

日本語の作文技術」で学んで推敲の際にはよく基準にしている「係り受けの距離を近づける」「修飾語句は大きく長い順に」もきちんと説明されていますので、これから日本語書き方について本を推薦するなら本書が良いと感じました。

お薦めの1冊です。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ]

[ 12月3日全て ]

2016年1月7日 (木)

OmniOutliner と他の Mac 向けアウトライナーの軽い比較

OmniOutliner 4 を導入するにあたって他の Mac (OS X) 向けのアウトライナーアプリも試用してみました。やはり使いやすさにおいて OmniOutliner が断トツですね。結構日本語入力と相性が悪いものが多かったです。

Tree 2.0.3

横にあるツリー表示機能が特徴のアウトライナーです。リスト表示においてはシンプルなアウトライナー。フォーカス/ズーム機能はありません。発想支援には良さそうですが、文章作成にはちょっと物足りなさそう。

Cloud Outliner Lite 1.6

日本語確定と同時に新しい行が作られてしまうので不便でした。操作性も OmniOutliner より圧倒的に悪いです。

OutlineEdit 1.5T

日本語がうまく入力できませんでした。スカスカな感じで画面内で見通せる量が少ない印象です。

[ 1月7日全て ]

2016年1月25日 (月)

スマートフォンの日本語入力で濁点・半濁点・小文字化を省略して高速入力

スマートフォンで高速に入力するのに IME (IM) で工夫する点ないかなと Web を見ていたら「濁点・半濁点・小文字化は入力しない」ようにしているというのを見かけました。確かにタップ/フリック数が減るので慣れればスピードアップしそうです。

Android デバイスの IME は Google 日本語入力を使っています。これだと「自動かな修飾変換」を有効にしておけば「濁点・半濁点・小文字化」を省略しても補って変換してくれます。

誤入力補正をするためのものと思って有効にしていましたが、積極的に省略するという考えはなかったのでなるほどと思いました。ちょっとやってみることにします。

ただこの入力に慣れてしまうと、濁点・半濁点をつけない読みが頭に定着してしまわないかはちょっと心配ですね。 Palm OS デバイスを使っていた時に Graffiti でアルファベットを入力しているうちに手書きの時も Graffiti でつい書くようになってしまったことを思い出しました。

[ 1月25日全て ]

2016年7月30日 (土)

今日のさえずり: いまだに「チョメチョメさんもSyncを始めました」メールの止め方が分かっていない

2016年07月30日

[ 7月30日全て ]

2016年8月9日 (火)

「音声入力」をオフにしたら左下の地球ボタンが押しやすくなったとか【日記】

あれあれっ、今日も電車空いてますよ。

朝の時点で最高気温37℃の予報。東京の最高気温は 37.7℃ (13:15)でした。昼間外に出なくて良いようにとお昼ご飯を買って出社したので灼熱は回避しました。

iOS の「すべてのキーボード」設定にある「音声入力」をオフにしたら「日本語 - かな」キーボードの左下の地球ボタンが押しやすくなりました。今までマイクボタンと半々で不便な生活を送っておりました。

今日のさえずり: お気持ちを音声入b力することないし

2016年08月09日

[ 8月9日全て ]

2016年10月16日 (日)

iA Writer検索が不完全なので Atom を併用する

プレーンテキストファイルでのノート日記を書くのにここ最近 iA Writer を使っているのですが、日本語検索が完全ではない(マッチしないものがある)ので、標準で Markdownレビューを備えている Atom を使ってみることにしました。

「プロジェクトフォルダを追加」することで IDE のように左側にディレクトリツリーが表示でき、ディレクトリ内の検索もできるので、キーワードでノート日記を探すのに便利。

一般的なテキストエディタですから複数タブやペイン分割ももちろんでき、ノート日記の整理をしたり nDiki の記事ファイルを書き起こしたりするのに便利です。

ノートツールとして使うには自動保存・自動再読み込みが欲しいので日本語メニュー化とあわせてまず以下のパッケージを入れました。

  • japanese-menu
  • autosave
  • revert-buffer

これでひとまず使えそうです。

ただ iA Writer が不要になるかというと、完全には乗り換えられない感じです。 distraction-free さと新規ファイルを作る時の手軽さを考えるとまだiA Writer を手放せない感じ。

複数のツールを併用できるのもプレーンテキストファイルベースの良いところですね。

[ 10月16日全て ]

2016年11月4日 (金)

今日のさえずり: 斜め後ろのエンジニアが「ブ殺す!!」と背中に書かれた服を着ているので警戒している

2016年11月04日

  • 12:38 斜め後ろのエンジニアが「ブ殺す!!」と背中に書かれた服を着ているので警戒している。
  • 13:32 TodoTxtMac、日本語入力と相性が悪い(すぐ確定される)。
  • 23:01 「可動に合わせてパンツ形状が変化」 http://amzn.to/2fkWAFL
[ 11月4日全て ]

2016年11月7日 (月)

プレーンテキストファイル todo.txt でのタスク管理

先週の金曜日からプレーンテキストファイル todo.txt でタスク管理をするアプリを試してみています。

1行に1タスクを書くシンプルな todo.txt フォーマットが定義されており、それら対応した Todo.txt CLI やスマートフォン向けアプリ、デスクトップアプリ、エディタプラグインなどがいろいろ作られています。

これらを使ってタスクを追加・編集していきます。もちろんテキストエディタで簡単に追加・編集できます。Dropbox を使うことで複数のデバイスでも問題なく運用できます。

アプリ

まずは以下のアプリは使うことにしました。

  • Mac
    • TodoTxtMac
      • 複数のファイルをそれぞれ別ウインドウで開けます。
      • 残念ながら日本語入力と相性が悪く、実質テキスト入力はできません。
      • インクリメンタル検索で絞り込みができるけれど AND 検索はできない模様。
  • EmacsiA Writer・Atom
    • ファイルに変更があるとすぐに再読み込みしてくれるので、他のアプリとの併用に便利。
  • Android
    • Simpletask
      • UI はシンプルですが使い勝手は良いです。同時に1つしかファイルは開けません。
  • iOS
    • SwiftoDo
    • Simpletask ほどではないけれどまずまず使えそう。

サブタスク

仕様上サブタスクという概念はありません。「+プロジェクト名」という記法でタスクをタグ付けできるのですが、これだけだと見にくいので

 # プロジェクト名 h:1
 (A) タスク1 +project1 @office
 (B) タスク2 +project1 @home

のように書いてみています。「h:数字」は hidden を表す key:value で、各アプリはこれが書かれたタスク(行)を隠すことができます。一方 Markdown 対応テキストエディタで見出し扱いにしてくれるので視認性が良くなります。

雑感

コンテキスト(@文字列)やプロジェクト(+文字列)をタスク文中に埋め込める点、そしてそれらが空白は許さないことから WikiForum に書き込んでいるような感じがしました。

いわゆる開始日指定にあたる threshold や繰り返しのための rec などが指定できるため一通りのことはできそうです。 Remember The Milk から一部タスクを移して運用してみます。

[ 11月7日全て ]

2016年11月20日 (日)

今日のさえずり: 電気ファンヒータ出して加湿器出してクリスマスツリーの箱出して扇風機は掃除した

2016年11月20日

[ 11月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.107689s / load averages: 0.29, 0.32, 0.35
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker