nDiki : 書き味

2006年6月3日 (土)

ロットリングのミニボールペンハイテックC

naney:159837878

常時携帯メモ帳 RHODIA No11 用にロットリングエスプリムーブを使っている。 伸縮するボディを持ち、携帯するときは短いのに書く時には十分な長さになる便利なミニボールペンだ。

このエスプリムーブ、携帯にはいいのだがボールペン書き味は自分にはどうもしっくりこなかった。 ちょっと太めで、黒くない黒なのでメモ書きにはイマイチな感じだ。

ということでリフィルを交換することにした。 エスプリムーブリフィル4C 互換リフィル (D型)である。 ちょうど「ステーショナリーマガジン No.002」に、4C ボールペン替え芯記事があり国内外のリフィルの一覧が載っているので、これを見つつ候補をチョイス。

今回は人気の高いパイロットハイテックC ゲルインクボールペンにしてみることした。

4C 互換リフィルを使っている「ハイテックCスリムス」用のリフィル LHRF-20C4-B (0.4mm) を買ってきて交換。

お、これは書き易い。黒も締まっているしいい感じだ。 油性ボールペンと違って書いた線も安定しているし、満足満足。

リフィルは高めで210円(税込)。ハイテックCはインクの減りが早いということなので、コストパフォーマンスは悪いのがちょっと辛いが、しばらくはこの「エスプリムーブ + ハイテックC」で使ってみることにしよう。

image:ISBN:4777905438

スポンサード リンク
[ 6月3日全て ]

2006年6月13日 (火)

ハイテックC4C 互換リフィルが10日でインク切れ

10日ほど前に使い始めたハイテックC4C 互換リフィルであるが、今日書いているうちにインクが切れた。 まとめて買ってあったものに交換。

主に RHODIA へのメモ書きや手帳の筆記に使用していたのだが、それほど大量に物書きをしたわけではない。 短い替え芯ということもあるが、予想以上に早い減りで驚いた。

メモ書き用としては切れると困るので、予備も持ち歩いた方がいいかなぁ。 しかしこの値段で頻繁に切れるとちょっと辛い。 書き味には満足しているだけに困ったものである。

[ 6月13日全て ]

2006年6月29日 (木)

伊東屋ハイテックCスリムス用リフィルを買いだめ

携帯と書き味が気に入っているハイテックCロットリング エスプリムーブであるが、インク切れがこわくてつい使うのをためらってしまいがちで本来の良さを発揮できていない。

しかしなかなかハイテックCスリムスのリフィルを置いてあるところがないのである。

今日は遅く帰った昨日のかわりに早く会社を出て、伊東屋に寄ることにした。 ここなら在庫が沢山あるはず。

と期待していったのだが、0.4mm のリフィル LHRF-20C4-B は3本しかなかった。 10本ぐらいまとめて買っておこうと思ったのに。

残念であるが、3本買いだめ。

[ 6月29日全て ]

2007年3月15日 (木)

ペリカーノ ジュニア

naney:423573402

文房具屋にボールペンリフィルを書いにいったついでに、ふらふらっとペリカンのペリカーノ ジュニア (Pelikano Junior) を衝動買い。

シンプルなペン先ではあるが、通りのなめらかな書き味。 ペンの持ち方を覚えるために三角形になっているラバーグリップにぴったりと指がのるので、持ちやすい。 子供にも、普段万年筆を使ったことのない大人にもお薦め。

線の太さは A (中字) なので、ミーティング時の走り書きなどで使うのが良さそう。


[ 製品レポート ]

[ 3月15日全て ]

2008年9月7日 (日)

ミニ万年筆「WHITE」何に使う?

naney:2835996408

ラピタ2008年10月号の付録ラピタ限定ミニ万年筆第4弾「WHITE」。 2005年11月号の「ミニ檸檬」、2006年6月号の「赤と黒」、2008年1月号の「ALWAYS」に続く第4弾の付録万年筆だ。

ミニ檸檬の時は結構話題になって、とくダネ!のオープニングでも取り上げられていた。 自分のミニ檸檬はインクのかすれが酷くて結局すぐ使わなくなってしまった。

「赤と黒」はミニ檸檬ほどぐっとする配色ではなかったのでスルーした。 ALWAYS も配色的が奇抜だし、クリップに「ALWAYS」って刻印が入っていて、映画のグッズみたいだしでスルー。

しかし今回の白は結構いいんじゃない? デザインは ALWAYS と同じ。 クリップの刻印も「WHITE」でニュートラルな感じなのでうるさくない。 ペン先もボディカラーに良くあうスチール製のシルバーカラーだ。

「いいんじゃない?」ということで1冊買ってみた。

開封してすぐ、赤い何かとこすれあった様な筋をボディに見つけてちょっとガッカリ。その他は、塗り等付録としては十分な品質だ。 いざ付属のインクを付けて書いてみる。箱に

ペン先は「ALWAYS」より気持ち太めに仕上げていいます。使い込むほどに、書き味の違いを実感出来ると思います。

とある通り結構太め。インクフローも多め。書き味は悪くない。 カリカリ感がなく万年筆らしい書き味ミニ檸檬とは雲泥の差だ。

ミニ万年筆なので手帳に似合いそうだが、このペン先の太さでは手帳に書くのはまず無理だなあ。 ミーティングの時に図なんかをザッーっと書く時には、このペン先の太さと滑らかさはちょうどいいかもしれない。ただそうすると今度はペン軸が細くてちょっと頼りない。

シチュエーションを選ぶペンかな。

でももう1本は買っておいてもいいかなと思っている。

ラピタ 2008年10月号

[ 9月7日全て ]

2010年5月31日 (月)

今日のさえずり: 赤外線ポートがないからファービーとお話できない

2010年05月30日

  • 07:26 えっ、わんじいって DVD だけじゃなくてテレビでも出てくるのか。
  • 15:58 一人静かな時間が訪れたので、こんな時間だけどデンタルフロスするなど。
  • 16:55 今日のハートキャッチプリキュアをうけて、が豆大福買ってきた。
  • 20:32 なんだこの噛み切れない肉は。豪州産牛ばら肉といんげん焼肉用(味漬)。西友め。
  • 20:32 いくら安いからって。
  • 21:38 久しぶりにルービックキューブ。まずはツクダ式の復習から。
  • 21:40 ルービックキューブのオレンジ面の色が薄くなって黄色に近くなっており、はからずも難易度アップしている。
  • 21:41 メガハウスめ。
  • 21:47 残念。 RT @train_kanto: 【告知】このBotは近日停止します。こちらのBotをご利用ください→ http://bit.ly/ahFws7

2010年05月31日

  • 09:37 車内索敵範囲に iPad 発見できず。
  • 09:47 POBox Touch の辞書登録の読み欄がフリーダムすぎて、何を入力すれば(何がマッチしないのか)わからない。 #Xperia
  • 10:07 健康診断結果報告書きた。病院行った方がいいかなあ。
  • 12:08 おむすび 338円。 (@ ファミリーマート神田佐久間町店) http://4sq.com/biJuCj
  • 12:57 Xperia からメール携帯百景に送った写真の元ファイルを自分にメールでぽちぽち送っていたが、それって Gmail の送信済みメールにあるのでそのまま PC 側でダウンロードできることに気がついた。
  • 15:26 久しぶりに Perl でゴリゴリ書きたいなあと思いながら C++ でコード書いてたら != のところを ne って書いてたり。
  • 16:30 Xperiaソフトウェア更新の誤配信、結局正式版になるのか。よかったよかった。
  • 20:31 そうか Xperia って赤外線ポートがないからファービーとお話できないのか。
  • 20:38 嗚呼、ちょっと観たかった(今電車の中)。 RT @NHK_PR: まもなく20:00より、総合テレビで「鶴瓶の家族に乾杯」です。今回は、向井理さんが、ゲゲゲの女房のふるさと、島根県安来市を訪ねます!。
  • 20:44 Palm で昔お話ししました。 RT @misty909: むしろ赤外線があったら携帯とファービーって話せるんですか?w RT @Naney: そうか Xperia って赤外線ポートがないからファービーとお話できないのか。
  • 22:02 RT @moonpaste: 描線の正確さを取るならHI-TEC-C、書き味を取るならSigno、ノック式を取るならSARASAかなと、今のところは思ってます。
  • 22:59 フロアマットを売っているオンラインショップを探している。ここはと思ったが、隣にイヤスコープG III のバナーが載っていたのでちょっと考え中。
  • 23:20 今日1日 Gmail が不調だったんだけれど、Remember The Milk for Gmail 無効にしたら直った(Firefox)。
[ 5月31日全て ]

2011年9月10日 (土)

7notes for iPad の手書き入力の実力を知った

今月ぐらいから iPad 2 での手書きノートの道を探っている。

最初に試したアプリは Underscore Notify。 Evernote と同期できる点に魅かれたんだけれど、書き味が良くなかったのが残念。 それと字を書くのも図を書くのも基本同じ扱いで太さや線種や字の大きさとかフリーダムなので、自分で意識しないといけないのもちょっとしんどかった。

で次が 7notes for iPad。 文字認識系で出た当初から評判がいいアプリ。 ああ、通りいいねこれ。

入力

  • 早書きしてもストロークがついてくる。
  • 文字認識でテキスト変換できるので、テキストデータとして後で利用できる。
  • わからない漢字・画数の多い漢字を読み仮名で入力して漢字変換できる。
  • その場で文字認識確定させながらの入力が追いつかない状況では、そのまま手書きのまま入力しておいて「後から変換」できる。

「つ/っ」や「i/l/1」の入力分け、「フェ」などが1文字として別の字に誤認識されがち、(いわゆる)半角/全角文字の区別がつきづらいなど完璧ではないけど、まずまずだ。 入力が追いつけなかった時のために、本番投入時に RHODIAボールペンも持って歩いていたんだけれど、基本出番無しで済んだ。

ドキュメントスタイル

2カラム、3カラムのドキュメントスタイルが使えるのも良い。 RHODIAノートする時、「左側は通常のノート」を、「右側には閃いたアクションアイテムなど」を書いたりしているんだけれど、2カラムを選べばそれらをカラム別に書くことで実現できる。 ミーティングの時なんかは、3カラムにして左側を「ミーティング中に質問・確認・提案したいと思った事柄」、中央を「議事ノート」、右側を「閃いたアクションアイテムなど」として使いわけることができる。

iPad 2 での手書きノートは基本 7notes でいけそうだ。

ちなみにプリンストンテクノロジーの Touch Pen PIP-TP2Bとの相性はまずます。Underscore Notify の時に感じられたストレスは無かった。アプリの問題だったか。

[ 9月10日全て ]

2011年11月5日 (土)

フルハルターペリカンの万年筆スーベレーン M400 を分解清掃してもらいました

naney:6314248225

フルハルターで B から F に研ぎ出してもらったスーベレーン M400。 2005年の冬から愛用していたんだけれど、今年の春夏ぐらいの間ペーパーレススタイルで仕事をしていたこともあって、気がついたらインクの出が悪くなりかすれるようになってしまった。 何度か水洗いしたけど直らないし下手にいじって書き味悪くしても嫌なので、フルハルターに診てもらいに行くことにした。

ドアを開けると先客は無く、機械の音が鳴り止んで森山氏が出てきた。 状態を話して M400 を渡すと、さらさらと紙に試し書きをしたあと奥へ入られ5分ぐらいで戻ってきた。

分解清掃をしてくれたとのこと。

「インクを入れたまま使わないでおいておくのは万年筆にとって最悪。インクの吸引はクリーニングもかねてます。長期間使わない時はインクを出して何度も水を吸ったり出したりしてから水を抜いてしまってください。」とのこと。 スミマセン、スミマセン、以後気をつけます。

家に帰ってインクを入れて、書くとあの心地よいペンの走りが戻っていてほっと安心。

中村社長からもらったモンテグラッパ ネロウーノ(書き心地が良く常用してます)とともに、大切に使ってきます。

P.S.

そういえば一応買った時にもらった Guarantee Card 持っていったけど、予想通り提示を求められることなかった(そして自分のノートを見返したらペンだけ持ってくればよいって自分でメモってた)。

[ 11月5日全て ]

2013年12月20日 (金)

4C 互換リフィルでミニボールペンをジェットストリーム化

naney:11465958843

「ジェットストリーム プライム」が10月15日に新発売されていて、そのリフィルがなんといわゆる 4C 互換リフィルだということを最近知ってしまったのでロフトに行って入手してきた。

このなめらかな書き味を 4C 互換ボールペンで得られるのはいいね。黒色の締まりもよく気持ちいい。ジェットストリームは主にボディ的な印象で手を出さないでいたので、4C 互換リフィルが出たのは嬉しい。さっそくロットリングエスプリムーブに入れておいた。ここしばらくゼブラの 4C-0.4 を入れていたいたのだけれど、0.4mm ということもあって最近ちょとカリカリ細々に感じるようになってうーんと思っていたので、いい塩梅。RHODIA の濃い方眼線にも負けない。ミニボールペンでジェットストリームが使えるのは嬉しい。

ちなみにここ最近の気にいって使っているのはパイロットのクーペ(Coupe、BCP-1SR)。メタリックボディなかなかの高級感ながら税込み定価1,050円とリーズナブルだし、ノック式なので普段使いしやすい。替え芯は BRFN-10F という油性(アクロインキ)で 0.7mm。2011年9月に買って以来、メインはこのボールペンフルハルターで B から F へ研ぎ出してもらったスーベレーン M400。


[ 製品レポート ] [ 文房具 ]

[ 12月20日全て ]

2016年6月14日 (火)

自宅にも油性ボールペン パイロット クーペを

naney:27576620512

自宅で考え事をするのにそういえばいまノートが家に無いことに気が付き、ロルバーンポケット付メモLを買いにロフトに行ってきました。ついでに筆記用具も新調しようかと思ってチェックしてみたら、気に入って5年近くオフィスで使っている油性ボールペン パイロット クーペがあったので合わせて買ってしまいました(以前買った時の記事)。廃番になっていなくて嬉しいです。

クーペはアクロインキ(替芯 BRFN-10F)。油性ボールペンですがスムーズな書き味で、ダマにもならずとても快適です。インクも長持ちするので経済的であります。


[ 製品レポート ] [ 文房具 ]

[ 6月14日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.150513s / load averages: 0.80, 0.74, 0.68
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker