nDiki : 疎行列

疎行列 - sparse matrix

圧縮表現

  • compressed column storage format / Harwell-Boeing format
  • compressed row storage format

高次元疎対称行列固有値固有ベクトルの計算

関連情報

スポンサード リンク

2004年6月14日 (月)

PDL疎行列

計算しようとしている行列が 2000 x 2000 次元を超えているので、PDLで素直に計算させるとしんどい。 PDLはネイティブに疎行列をサポートしていないので、独自に実装する必要があるので面倒だな(一応 CPANPDL::Sparse というのもあるにはある)。

外部で計算させようかとも思ったが、GNU Octave もネイティブサポートなし。

やはりPDL::PPを使って自前でPDL上に実装するしかないか?

スポンサード リンク
[ 6月14日全て ]

2004年11月9日 (火)

Meschach

疎行列の計算に Meschach を使ってみる。 sp_lanczos2 で固有値は計算できたが、これだと固有ベクトルを返さない。

固有値固有ベクトルの組を得るにはどうすれば。

[ 11月9日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052991s / load averages: 0.25, 0.39, 0.47
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker