nDiki : 病院

病院

2018年1月24日 (水)

今日のさえずり: 久しぶりに Perl で集計スクリプトを書いら指があまり踊らなくてちょっとショック

2018年01月24日

  • 11:24 Google スプレッドシートのテンプレートに「2018 年カレンダー」というのがあるので使ってみた。見た目なかなかきれい。他のドキュメントやスプレッドシートと同じフォルダに入れて共有する用途に良さそう。
  • 16:00 久しぶりに Perl で集計スクリプトを書いら指があまり踊らなくてちょっとショック。目的の集計はできたからいいけど。あとでスクリプトは手直ししておくかなー。
  • 22:01 PowerPoint でこの間編集していたファイルを開いたら「お帰りなさい。」って表示が出てホラーかと思った。
  • 22:01 あ、今日と明日、亀戸天神社の「うそ替え神事」だ。
  • 22:29 “昔の日記、見せられる? mixiが招待制だったころの話 | スタッフブログ | マイネ王” http://bit.ly/2n75uvb
  • 24:02 1月26日(金) 9:00 で病院予約完了。花粉症をもらってきておく。
[ 1月24日全て ]

2018年1月26日 (金)

今年はかかりつけ医で花粉症をもらってきた

rimage:/nDiki/2018/01/26/2018-01-26-104401-nDiki-1200x800.jpg

そろそろ花粉症の季節が始まるので花粉症をもらいに病院へ行ってきました。ここ2年は尿路結石を診てもらっていたこともあり内科・泌尿器科の病院を出してもらっていたのですが、今年は例年通りかかりつけ医で。

  • アレグラ 60mg 朝・夜各1錠。例年2月20日頃に飛ぶので、そのある程度前から。
  • パタノール点眼液 0.1mg 1日4回まで症状のある時に。
  • ナゾネックス点鼻液 50μg 112噴霧用: 1日1回、左右交互に各2噴霧。症状が強くなったら始める。始めたら続けること。

予定より早く病院が終わりましたが定時に間に合うほどではなかったので TSUTAYA SHIBUYA に寄り道。それから渋谷ストリーム方面の出口 16b のアーバン・コアも初めて通ってみました。小綺麗だけれどただの通路でした。

今日のさえずり: 病院でがんこちゃん観てる

2018年01月26日

[ 1月26日全て ]

2018年3月23日 (金)

花粉症をもらいに病院

1月26日にもらっアレグラが無くなってきたので、会社に行く前に病院へ立ち寄りもらってきました。

先週は結構目が痒くなったのだけれど、今週は比較的楽。もしかしてピークは過ぎたのでしょうか。だといいな。

[ 3月23日全て ]

2018年3月24日 (土)

東芝病院としての最後の

rimage:/nDiki/2018/03/24/2018-03-24-142055-nDiki-800x1200.jpg

2018年4月1日から医療法人社団緑野会へと病院運営を移管することになっている東芝病院を観に行ってきました。

病院沿革によれば

ということで、今の緑の丸井屋根が特徴の建屋の「東芝病院」となったのは25年前。

一部の診療科は体制が決まっておらず他院を紹介されている状況です。病院の運営は変わりますがまた安定して引き続き地域医療を担ってくれると良いなと。も引き続き患者や周辺住民の癒やしになってくれれば嬉しいなと思っています。

[ 3月24日全て ]

2018年5月21日 (月)

コスモス青山の裏手にある琵琶池【日記】

image:/nDiki/2018/05/21/2018-05-21-130439-nDiki-1200x800.jpg

地図を見ると、青山ブックセンター本店の入っているコスモス青山の裏手に「琵琶池」という池があるので、ぶらりと見にいってきました。

渋谷区立図書館のページ「渋谷区の地図で江戸や明治の頃に載っている青山病院のところにあった池の名前を知りたい。また、その近くにあった神社の名前も知りたい」によれば

青山病院は現在閉院していますが、最近の地図においても池の存在を確認することができます。この場所は江戸時代『東都青山絵図』によれば、山城淀藩稲葉家の下屋敷があった地です。池の名前は「琵琶池」といい、邸内にはいくつかの社があったようです。

ということで、江戸時代には既にあった池のようです。

東京都職員共済組合青山病院(2008年3月廃院)の跡地にオープンしたTBSハウジング渋谷 東京ホームズコレクションの敷地に入ると間近から見られるようなので、モデルハウスを見に行く機会がもしあれば合わせて見てみたいところです。

[ 5月21日全て ]

2018年6月15日 (金)

東京都写真美術館代官山病院と【日記】

image:/nDiki/2018/06/15/2018-06-15-132456-nDiki-1200x800.jpg

本日有給休暇。午前中に恵比寿東京都写真美術館に行き「TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展を鑑賞。通院までまだ時間があったので、一度行ってみたいと思っていた代官山 北村写真機店も行ってみることにしました。

天気が良ければ普通に歩く距離ですが、雨が降っているのでハチ公バス代官山へ。タイミングが合うなら恵比寿ガーデンプレイスから代官山へ行くのに便利ですね。

代官山 北村写真機店

都内で有名なカメラ屋の1つ、代官山 北村写真機店。2011年12月3日オープン以来1度も行ったことがなかったので、行ってきました。イメージしていたより明るい店内に驚きました。中古レンズをこれだけ綺麗に展示しているのを見るの初めてです。きちんと整備されてそうな良い印象をもちます。一方ちょっと高めの値付けかなとも想像しちゃいます。

経営はカルチュア・コンビニエンス・クラブなんですね。

そのあと代官山 蔦屋書店をちょっとのぞいたら、もう病院へ移動する時間。お昼ご飯を抜きに病院へ。

有意義に過ごせた有給休暇でした。

東京都写真美術館 TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展

image:/nDiki/2018/06/15/2018-06-15-121446-nDiki-800x1200.jpg

次回の検査の予約病院に行くために今日は有給休暇を取ったので、時間のある午前中に久しぶりに東京都写真美術館に行くことしました。現在開催されている3つの写真展のうち、ロベール・ドアノーの写真「ピカソのパン」がトップ画像になっていた

を鑑賞することにしました。以前ロベール・ドアノーの写真展を観て好きになったんですよね。また写真展で観たいなと(本展はTOPコレクションということで所蔵作品の中からチョイスされたものの展示なのでロベール・ドアノーの写真は2作品のみですけど)。

写真の中に入り込んでいろいろ感じる

「美術館」という場における学びは、学校や書物による学びとは異なる体験をもたらします。美術館の空間の空気感、壁に並ぶ作品のリズム感、実際の作品の大きさによる存在感などを全身で感じたりすることからの学びは美術館特有のものです。また、ただ作品を時代の資料として見て情報を得るというだけではなく、自分の興味にそって作品の中に写っているものをじっくり見ることで、それまで気づかなかった作品の別の一面に気づいたり、あるいは「わからないこと」を発見しその「わからなさ」をたのしんだり、ということも美術館での「まなび」です。 -- TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」より。

というのがこの展示のテーマ。

あえて作家名・作品名・解説を掲示しない展示に、全力で作品に向き合うことになりました。写真中の人物の視線の先、フレームの中に写っているもの・フレームの外にあるもの、写された瞬間とその前とその後。全てを想像しつくすというの、とても勉強になりました。写真の中に入り込んでいろいろ感じ考えてみるという意識を持つことにとても面白みを感じました。

一方感じるだけでなく、いろいろ考えを巡らせために頭の中で言語化をしていく自分に「こんなにわかりやすく言葉に置き換えてしまっていいのかな」という思いを抱きました。それから、写っているその情景はある瞬間を切り取ったものなのか、それとも意図的にそのようなポーズをとってもらったのか、そういうところも今まで以上に気になるようになりました。

いやー、非常に集中したエネルギーを使った写真展でした。

8月11日から2期の

もあるのでこれもぜひ観に行きたいです。

今日のさえずり: 初ハチ公バス

2018年06月15日

[ 6月15日全て ]

2018年9月2日 (日)

東京品川病院お披露目会

image:/nDiki/2018/09/02/2018-09-02-113827-nDik-800x1200i.jpg

暑さが一段落して楽な一日。医療法人社団緑野会 東京品川病院改修工事の第1期工事、1号館1階の改装と2号館4階の回復期病棟が完成して9月から業務開始となることを受けて開催されたお披露目会に足を運んでみた。

回復期リハビリテーション病棟はとても綺麗で快適そう。居心地がよくてずっといたくなってしまうのではと思うぐらい。

職員寮横駐車場(旧東芝体育館跡地)では健康祭りが開催されて、焼きそば・焼き肉・わたあめ・かき氷・ポップコーン・餅つきや、缶ビール・缶ジュース・ペットボトルのお茶などが無料で振る舞っていてびっくり。

優しく丁寧なスタッフの案内や飲食の振る舞い(と背景に感じられる財力)に好感度アップし、何かあったら診てもらいにきたいなと思えた。今回のイベントの手際良さからすると、病院独力開催ではなくグループや財団の広報などがからんでいるのだろうか。

そうそう、「東京品川病院」という名前にしたのは略して「とうしなびょういん」(前身が東芝病院)になることを狙ったのかな?

image:/nDiki/2018/09/02/2018-09-02-121120-nDiki-1200x800.jpg

[ 9月2日全て ]

2018年9月3日 (月)

胃部X線検査はパスした健康診断

年に1度の健康診断。オフィスから歩いてクリニックに行くのだけれど、今日は涼しい日で助かった。ちょっとあるので暑い日だったら大変だった。健康診断専門のクリニックでの健康診断はスムーズなのと当日フィードバックももらえるのが良い。

去年の検査で胃は大学病院で毎年検査することになったので、今日は胃部X線検査(バリウム検査)はパス。これがないとかなり気が楽だ(結局別のところで胃カメラやるのだけれど)。

前回来たときに待ち時間が暇だったという日記を見返して、今回はスマートフォンをお供に検査を回った。問診が45分待ちだったのでスマートフォンあって良かったよ。

腹部超音波検査では、左腎結石の疑いが再び。数個あって最大 4mm とのこと。大きくなる前にとっとと出したいな、コレ。右腎嚢胞の疑い 10mm という指摘もあり。こちらはよくあるもので問題ない可能性大。どちらにせよ腎臓要注意だな。

[ 尿路結石 ]

[ 9月3日全て ]

2018年11月30日 (金)

迫力がなくなった平滑筋腫

11月15日の上部消化管内視鏡検査の結果を聞き病院へ。

検査の時の空気の加減などにもよるけれど昨年の診断より小さく見えるらしく、先生曰く「迫力が無くなった」とのこと。そうかー、迫力無くなったかー。みたては 10mm ぐらい。2cm 超えていなければ良性でそれ以上になってきたら悪性の可能性も出てくるとのことで引き続き1年に1回検査していくことにしましょうとのこと。

検査の少し前からたまに胃が焼ける感じがしたと話したら「他は綺麗な胃ですよ」と言われたので、それは大丈夫みたい。

去年は6カ月先までしか予約がいれられないということで6月に予約を取るために病院に行ったのだけれど、今日は1年先も取れるようになっているとのことで1年先の上部消化管内視鏡検査とその次の結果を聞く日の予約をとってもらった。

来年も会社の健康診断での胃部X線検査(バリウム検査)はいいですよねって話をしてきた。年に1回だけでいいよね。

問題なさそうで良かった良かった。

[ 11月30日全て ]

2019年2月5日 (火)

花粉症を確保

今年は去年と同じくかかりつけの病院で。朝にを頼んで、に夕方受け取ってもらった。これで一安心。

用法用量は去年と同じ。

[ 2月5日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.064732s / load averages: 0.37, 0.37, 0.44
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker