nDiki : 秋田県

2003年12月21日 (日)

DIY最中

秋田県男鹿市「ゴンタロー製菓」の最中「鬼の石段」を頂いた。

最中種と餡が別包装になっていて、自分であわせて食べるという変わり種のもの。

……おぉ! 今だかつてないパリパリ感。

鬼の石段 別包装 合体

スポンサード リンク
[ 12月21日全て ]

2008年8月19日 (火)

今日のさえずり - クールビズ推進のスーパーがとても寒い

naney:2776996899

[ 8月19日全て ]

2008年8月20日 (水)

花輪ばやし 2008 2日目

朝のうちは太陽も出ていたのに雷雨がきたり、雨が降ったり止んだり。 今年のお祭りは残念ながらあいにくの天気だ。

寝不足でぼーっとする頭を抱えながら、日中はお土産を買うにつきあってあんとらあ(道の駅)に行ったり、谷地田町の本部の近くにでていたワゴンで提灯根付を買ったりして過ごす。

夜に入って駅前に向かう屋台を見物。 いったん戻って風呂入って仮眠して、25:00ごろ赤鳥居詰めから帰ってきた屋台を御旅所前でまた見物。

屋台の通る秋田県道66号は拡幅工事により広くなったため、屋台が2台並べるようになった。 御旅所前では1台がゲオの横に入って上五町内(舟場元町・舟場町・新田町・六日町・谷地田町)5台が向いあわせになってお囃子の競演。

今年は冷雨ということもあり町踊りは無しになったらしい。

たまに Twitter をチェックしていたんだけれど、花輪ばやし関連でさえずっていた人は見当らず。

今日のさえずり - 花輪ばやし Twitter-er って他にいなかったのか?

naney:2780688240

[ 8月20日全て ]

2008年8月21日 (木)

史跡 尾去沢鉱山だけれどマインランド尾去沢

naney:2782811537

初めて鹿角にきたのために観光として義父が尾去沢鉱山に連れていってくれた。

尾去沢鉱山跡地を利用したテーマパークで、1982年にマインランド尾去沢としてオープン。今年の4月に尾去沢鉱山開山1300年を機として「史跡 尾去沢鉱山」へと名称を変更した。 このあたりは地方のテーマパーク衰退の折、遺産ブームにのろうという魂胆がうかがえる。 チケットはマインランドのままだったりして予算の少なさを感じさせる。

花輪で「黄金歴史街道」というのぼりがあちこちに立っていて何だろうと思ったが、実はこれも尾去沢鉱山に関連する今年4月から9月までの観光キャンペーンらしい。

旧尾去沢鉱山が金山として栄えていた時代、平泉「中尊寺の金色堂」に尾去沢鉱山の産金が運ばれ使われたという言い伝えを基に、秋田県鹿角市から岩手県盛岡市までの旧鹿角街道(鹿角往来ともいう)に平泉までを合わせたルートを金の道「黄金歴史街道」とし、世界遺産「白神山地」までのルートを含め、世界遺産を結ぶゴールデンルートとして十和田八幡平黄金歴史街道と呼びます。-- 十和田八幡平黄金街道記念キャンペーンサイトより。

世界遺産である白神山地と、世界遺産登録を目指す平泉の名を借りてしまうという他人のふんどしで相撲をとる作戦だ。 しかし平泉については今年7月に文化遺産登録延期となりキャンペーンに水をさしてしまっているらしい。

まあそんなことはどうでもよくて、自分たちは夏なのにえらく涼しい今日の鹿角で、さらに息も白くなる気温13℃の石切沢通洞坑コースや鹿角市鉱山歴史館をを見学して満喫してきた。 鉱夫にならなくて良かったとあらためて思う。

また11年前にきた時はただ坑内を回るだけだたアトラクションは「シューティングアドベンチャー」にちょっぴり進化。 レーザーガンでバンバンとエイリアンを撃って、20000点ジャストなら1万円分の商品券、それ以上だと記念品がもらえるということで、本気モードで頑張ってみた。

結果:

 スコア: 17060点
 ただ今のランキング: 7位

20000点以上ってえらい厳しい設定だなこりゃ。 ちなみには1000点台、義父は200点台だった。ハハハ。

今日のさえずり - いつか地獄へ直滑降

naney:2788324132

[ 8月21日全て ]

2012年8月11日 (土)

[ DVD 鑑賞 ] 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾

第35作 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾 HDリマスター版

1985年8月3日公開の、男はつらいよシリーズの第35作「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」を鑑賞。秋田県鹿角市がロケ地なので、以前から一度観たいと思っていた作品。

マドンナを演じる樋口可南子が、非常に綺麗で魅力的でびっくり。今の印象が強いんだけれど当然当時は若かったんだもんねぇ。1985年といえば27年前か。

作品中を通して「男はつらいよ」らしい、義理人情と笑いの溢れるいい作品であった。久しくこういうの観てなかった気がするなぁ。ついドライになりがちな人間関係だけれど、こういうウェットなのも必要だよなあと。

なお劇中での鹿角の町中でのシーンはちょっぴりだった。駅前や造り酒屋松風ぐらいかな。 それでも知っているところが出てくると嬉しい限り。

[ 8月11日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.067525s / load averages: 0.38, 0.38, 0.35
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker