nDiki : 脳の右側を描けをやってみる

2019年6月23日 (日)

脳の右側で描けワークブックをやり始めた

image:/nDiki/2019/06/23/2019-06-17-103303-nDiki-1200x800.jpg

ワークショップ体験記みたいなのを 10年以上前に Web で読んで以来、いつかやりたいことのリストに入っていた「脳の右側で描け(Drawing on the Right Side of the Brain)」。先週青山ブックセンター本店で見かたのをきっかけに、書籍とワークブックを手に入れた。

「脳の右側で描け」でうまく絵が描けるようになりたいというのはもちろんあるのだけれど、それだけでなく「新しい視点でものを見る方法」と「新しい思考方法」を身につけたいなと思ってる。言語的な思考中心からもっと幅を広げて飛躍したいなと。

ワークブックは順番に描き込みながら進めていけるようになっていて独習するのに良さそうだ。数日前に伊東屋鉛筆と消しゴムとカッターを買ったので、今日からやり始めることにした。

LESSON 1 受講前に自分の顔を描く

image:/nDiki/2019/06/23/2019-06-23-110000-nDiki-1200x800.jpg

最初のレッスンは現時点での技能の記録。まだ「脳の右側で描け」で何も技能を学んでいない状態の絵だ。

時間約30分となっていたところ1時間ちょっとかかった。出来栄えはともかく、久しぶりに時間をとって集中して絵を描いたの気持ち良かった。

どこから描き始めればいいのか、どうやって長さのバランスを取ればいいのか、ざっくりから詳細へどう描き込んでいいのかよくわからず描いた。家族に見てもらったら「面長」だって。うん面長。描く時も長さに迷ったし、描いていて途中で「長いな」と思ったんだけれどもはや修正ままならんと描き進めた感じだ。

ここが出発点。

[ 脳の右側を描けをやってみる ]

スポンサード リンク
[ 6月23日全て ]

2019年6月29日 (土)

脳の右側で描け: LESSON 2 受講前に自分の手を描く

image:/nDiki/2019/06/29/2019-06-29-164731-nDiki-1200x800.jpg

LESSON 1 受講前に自分の顔を描くをやったのがこの間の日曜日。今日は「LESSON 2 受講前に自分の手を描く」。

時間約15分となっていたところ40分で。陰影の濃淡表現と、手の色の濃淡表現、ごっちゃになってどうするか迷った。あと紙の縦方向のバランスにやはり苦労する。

[ 脳の右側を描けをやってみる ]

[ 6月29日全て ]

2019年7月7日 (日)

脳の右側で描け: LESSON 3 受講前に部屋のコーナーを描く

時間約20分となっていたところ45分で。

家具・家電など直線が多いので顔や手より楽だろうと思っていたけれどもバランスで苦戦。斜めのラインを見たままではなく頭の中でこうだろうと決めつけで引きがちということも分かった。斜めだと思いこんでいるけれども、よく観察すると水平に近かったりとか。

最終的に座って描いている時の視点より、少し上から見下ろした感じの絵になってしまった。あれ?

それから描き始めで少し細かく描こうとしすぎじゃないかと感じている。

  • 時間がかかりすぎる。
  • 描きこんでいく箇所を広げていくところでバランスが崩れてきて最初に描いたところと整合しなくなる。
  • 後半息切れする。

このあたりはレッスンを進めると何か学びがあるのかな。

[ 脳の右側を描けをやってみる ]

[ 7月7日全て ]

2019年7月15日 (月)

脳の右側で描け: 人物をなにも見ずに記憶だけで描く・ちがったスタイルで名前を書く

LESSON 4 に行く前にワークブックではない「決定版 脳の右側で描け 第4版」の方にあるレッスンを先にやる。

人物をなにも見ずに記憶だけで描く

受講前のデッサン、その1: 「人物をなにも見ずに記憶だけで描く」 -- 決定版 脳の右側で描け 第4版 p.16

15分。を描いてみることにしたけれどびっくりするぐらい記憶が曖昧。対象ではなく、過去に人物を描いた記憶を再生する形でしか鉛筆が動かなかった。

ちがったスタイルで名前を書き、そのたびに、新しいイメージにたいする反応をたしかめるのです

ちがったスタイルで名前を書き、そのたびに、新しいイメージにたいする反応をたしかめるのです。 -- 脳の右側で描け 第4版 pp.23-24

人それぞれのスタイルがあることについて。漢字で複数書体で書くというのはよくあることなので驚きは無く。

[ 脳の右側を描けをやってみる ]

[ 7月15日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.084491s / load averages: 0.54, 0.56, 0.56
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker