nDiki : 製品レポート

製品レポート (製品レビュー)

2021年9月25日 (土)

GR IIIxGR III を区別するためリングキャップをダークグレーに変える

image:/nDiki/2021/09/25/2021-09-25-151845-nDiki-1200x800.jpg

RICOH GR IIIx が RICOH GR III とぱっと見で区別できないということで GR III のリングキャップをダークグレーに変えてみた。

28mm (相当)の継承者である GR III をブラックにし GR IIIx をダークグレーにしようと思っていたのだけれどね。 GR IIIx のリングキャップまだ4,000円弱もするの。 GR III 初回出荷6,000台限定のオリジナル BLUE リングキャップもあるけれど、まだもったいなくて使えない。なので値段が下がった GR III 用のダークグレーのリングキャップを今回購入した。

リングキャップに光が当たるとギラリと牙を剝くようになった。自己主張しない全身ブラックの GR III の佇まいが好きではあるんだけれど、しばらく付き合ううちにダークグレーのドレスアップにも愛着がわくに違いない。

[ 製品レポート ]

[ 9月25日全て ]

2021年10月2日 (土)

レビュー】RICOH GR IIIx

image:/nDiki/2021/10/02/2021-10-02-103109-nDiki-1200x800.jpg

10月最初の土曜日。発売日である昨日10月1日に届いた RICOH GR IIIx を開梱した。

合わせて購入したもの

合わせて購入しておいたのは以下。10月下旬発売予定の純正ソフトケース以外は入手済み。 GR III があるのでバッテリまわりは今回は購入なし。

RICOH GR IIIx

外観

開梱して袋から出してホコリがつく前にただちに液晶保護フィルムを貼り付け。Kenko 液晶プロテクター Escorte KLPE-RGR3の取っ手シールは位置決めしやすいのが良かった。 GR III と同じハンドストラップを付けたら、見た目ほぼ一緒。微妙にレンズ部の大きさが違うので手に握ると違うなと指が感じるのだけれど、置いておくとさっと見分けられない。 GR IIIレンズキャップをダークグレーに変えて正解。

設定

RICOH GR IIIx が低速限界値が 1/40 (GR III は 1/30)になっている以外は初期設定は同じ。

ファームウェア バージョン1.50 の GR III と設定項目は同じ (GR IIIxファームウェア バージョン1.00)なので、設定を揃えておいた。

これで迷わず使えるぞ。実写するのが楽しみ。

[ 製品レポート ]

[ 10月2日全て ]

2021年10月17日 (日)

初めてのシーリング打ち替え(プチ)

image:/nDiki/2021/10/17/2021-10-16-133420-Pixel-4-nDiki-1200x900.jpg

キッチンのワークトップと壁の間のシーリングが割れて水が入ってしまうようになったので、ちょっとしたシーリング打ち替えをしてみることにした。シーリングするのは初めてだ。

打ち替えする長さが 70cm ぐらいなので、量が少なく必要な道具が揃っているパッケージ品を今回は使ってみることにした。

どちらもマスキングテープとヘラが付属しており、加えてバスコークNはノズル・絞り器もセットになっている。ありがちだが付属品が多い方がちょっと魅力的に感じるもののそれが必需品なのかは不明。両方とも量は一緒で幅5mm x 深さ 5mm で 1.8m 程度使える。

結果、買いに行ったホームセンターではバスボンドQしか見当たらなかったのでバスボンドQにした。迷わなくて済んだ。

安いのでバスコークカッターも合わせて購入。

これは買っておいてよかった。ワークトップと壁の間の溝が深いので、最初はカッターナイフでザクザク切ったけれど、ワークトップや壁に接着されたシーリング材を削り落とすのに役立った。これが無かったらかなり苦戦していた(あっても苦戦したけれど)。

作業は古いシーリング材を剝がすのにほとんどの時間を費やした。しっかり張り付いていて簡単には剝がれないものなのだね。水回りで黒カビも生えているシーリング材のカスを二度と取れない隙間に落とさないよう取っていくのが結構たいへん。完全に取り除くのは無理なのである程度のところで見切りをつけた。

あとはマスキングテープをはり、シーリング材を充填。できるだけ奥まで入るようにギューッとチューブを絞って押し込んだ。しっかり絞ればまだ出るけれど残しておくほどではないぐらい使い切った。

そのあとヘラで表面を仕上げ。表面に盛りすぎていてヘラに沢山シーリング材がついてきてしまった。あまり盛らない方が良かったようだ。

何度もヘラでこすらず一発で済ませる方がキレイに仕上がりそう。角や縦に立ち上がったところは、盛りすぎていることも仇になりちょっとボコボコになったけれど、無理に整形しようとしないことにした。

マスキングテープは早く剝がした方が良いらしいので速やかにとった。シーリング材のついたマスキングテープを小さなポリ袋に入れるの結構手間取ったので、次回は大きめのポリ袋を口を広げて待機させておきたい。

23℃・湿度50%の条件で、表面の皮張りまで10分、表面から 2mm 硬化まで5時間、表面から 4mm 硬化まで 8時間。午前中に作業完了後、念のため夜までシンクでの水仕事は避けた。においはほとんど気にならなかったな。

初めてにしては及第点の仕上がり。ちょっと幅がある溝なのだがどれぐらいもつだろうか。何年かいい状態を保ってくれるといいな。

[ 製品レポート ]

[ 10月17日全て ]

2021年10月30日 (土)

レビューGR III/GR IIIx用 ソフトケース GC-12

image:/nDiki/2021/10/30/2021-10-30-123539-nDiki-1200x800.jpg

RICOH GR IIIx 購入に合わせて注文していた GR III/GR IIIx用 ソフトケース GC-12 が昨日届いた。ジャストフィットさが気持ちいい。さすがの純正ソフトケースだ。

RICOH GR III 用に買ったバンナイズふわふわケース VC284 もいい感じで GR IIIx を持ち出す時にも使っている。今回は GR IIIGR IIIx の2台持ち出しに合わせてもう1つケースが必要ということでケースを買い足したのだ。GR III 発売の際は「ソフトケース GC-10 はさすがに高いな」と買わなかったんだけれど、今回は「GR IIIGR IIIx 両方で使えるし」と財布の紐がゆるんでしまった。

[ 製品レポート ]

Wi-Fi ルータを AirStation WSR-5400AX6S にリプレース

image:/nDiki/2021/10/30/2021-10-30-124258-nDiki-1200x800.jpg

ルータWi-Fi アクセスポイントとして使っているワイヤレスブロードバンドルータ AtermWR9500N が最近不調で頻繁にインターネットアクセスのトラブルが起きるようになった。ルータDNSフォワーディング機能が動かなくなるような挙動だ。8年半使ったし不便なので買い替えることにした。

Wi-Fi ルータ選定

候補に考えていたのは Aterm WX3600HP と AirStation WSR-5400AX6S。当初は Aterm かなと思っていたのだが、ファームウェアのバージョンが上がっても評判が悪いままなので、今回はメーカーを変えて AirStation にすることにした。

開梱・設置

image:/nDiki/2021/10/30/2021-10-30-133537-nDiki-1200x800.jpg

今まで使ってきた AtermWR9500N を外し、まずは掃除。例によってこの掃除が地味に時間がかかる。

AtermWR9500N はファクス台の中段に横置きできていたのだが WSR-5400AX6S はサイズが大きくて入らない。ファクス台の天板を置き場所とした。中段より電波的にも良いだろう。

「無線引っ越し機能」Wi-Fi 設定を引き継ぐ

WSR-5400AX6S の「無線引っ越し機能」を使うと Wi-Fi Protected Setup (WPS) で Wi-Fi 設定を引き継げるというので、この機能でセットアップ。

2.4GHz と 5GHz それぞれ用の Wi-Fi 設定 (SSID・事前共有キー) が引き継がれた。「無線引っ越し機能」で引き継いだ設定は 2.4GHz・5GHz それぞれ4番目の SSID として設定される。

リプレースで新しい SSID に変更するまでの間、引き継いだ設定を併用できたのはとても良かった。いきなり新しい SSID に切り替えると 18台ある Wi-Fi 接続端末を一斉に設定変更しなければならないが、以前の SSID でも接続できる状態のままにしておけることで使えない時間を最小限にして作業ができた。

グローバル側の接続設定をする

こちらはOCN光の ID とパスワードを設定することでさくっと完了。

ファームウェアアップデートする

細かい設定を始める前にファームウェアをまずアップデート。 Ver.1.01 から Ver1.02 へ。

NASIP アドレスを固定する

イーサーネットコンバータ(子機)として使っているもう1台の AtermWR9500N 経由で接続している NAS (Synology DiskStation DJ216j) にアクセスできない。イーサーネットコンバータ自体は引っ越しした SSID の方に Wi-Fi 接続できている。

AirStation のサブネットが 192.168.11.0/24 に対して、今までは 192.168.0.0/24 を使っていたんだった。NAS は旧サブネットの範囲の IP アドレスに固定していたのでつながらない訳だ。

いったん 192.168.0.0/24 に変更し NAS にアクセスできるようになったのを確認。 NAS 側での IP アドレス固定を解除し DHCPIP アドレスを取得するように変更し、Wi-Fi ルータDHCP サーバ側で IP アドレスを固定して割り振るようにした。その上で 192.168.11.0/24 に戻した。

192.168.0.0/24 のままでもいいのだけれど、ルータのデフォルトにしておいた方が設定がわかりやすいかなと。今回も Aterm のデフォルト 192.168.10.0/24 サブネットに戻しても NAS に繋がらない繋がらないとしばらく頭を抱えたし。

なお NASIP アドレスを変更したので MacBook Pro に設定している Synology Drive Client が当然つながらなくなった。こちらは接続先を修正することで無事同期再開。

新しい SSID を設定する

WSR-5400AX6S ではWPA2 Personal 用の SSID と WPA3 Personal 用の SSID (と WEP 用の SSID) を別々に設定できる。2.4GHz と 5GHz で別々なので WPA2 Personal 用と WPA3 Personal 用で合計4つの新しい SSID を命名し設定した。

WPA3 Personal が使える MacBook ProPixel 4Google Nest Hub・Chromecast with Google TV・最近の iPhone はそちらへ、それ以外は WPA2 の SSID を使うように各端末を順次設定変更した。

貸与端末用にゲストポートを設定する

WSR-5400AX6S ではゲストポートも設定できる。家の LAN につながる Wi-Fi アクセスポイントに貸与端末を繋ぐのちょっと良くないなと思っていたので、今回ゲストポート用の SSID を設定し、そちらにつながるように設定変更してみた。

「無線引っ越し機能」で引き継いだ設定を削除する

翌日にすべての Wi-Fi 端末の接続先 SSID 設置絵変更が終わったので「無線引っ越し機能」で引き継いだ臨時の設定を削除。

これで移行完了!

[ 製品レポート ]

[ 10月30日全て ]

2021年11月8日 (月)

大風量/速乾タイプで軽量モデルのヘアードライヤー イオニティ EH-NE5E

image:/nDiki/2021/11/08/2021-11-09-082737-nDiki-1200x800.jpg

ドライヤーを TURBO で使うと電熱線が赤くみえるようになったので買い替えることにした。

今使っているのは昨年8月に買ったドライヤーでコンパクトタイプの「ヘアードライヤー イオニティ EH-NE1A」。

もう少し早く髪を乾かせるのがいいなと、今回は大風量/速乾タイプで軽量モデルの「ヘアードライヤー イオニティ EH-NE5E」を選んだ。2021年12月1日に後継モデルの EH-NE5G が出るというタイミングなので、ちょうど値段が下がってきていたタイミングかも。

1.3㎥/分だったのが1.9㎥/分と風量が増えた。今まで以上に風が髪をバラしてくれるので乾きやすくなったみたい。消費電力は1,200Wと変わらずなので風量がある代わりに風の温度が下がるようなのだが、今の室温では特に気にならなかった。

旅行で持ち出したりしないなら、やはりこれぐらいの大きさと風量のが良いね。

[ 製品レポート ]

[ 11月8日全て ]

2021年11月17日 (水)

レビュー】ケースをつけたままでも入るスリップインタイプのネオプレン素材スマートフォンケース PDA-SPC15BK

image:/nDiki/2021/11/17/2021-11-18-082934-nDiki-1200x800.jpg

最近のスマートフォンのディスプレイはとても傷つきにくくなってきているので、 Pixel 4 から保護フィルムを貼らないことにした。段差も気泡も無くサラサラツルツルのディスプレイはやはり使っていて心地よい。

Pixel 4 を2年、iPhone 8 を1年9カ月と使っているがどちらも傷なしだ。

しかしディスプレイが強くなったとはいえ、保護フィルムを貼っていないスマートフォンを他の荷物と一緒にそのままバッグに放り込むのは躊躇する。普段はバンナイズの「ちょっと大きなプチ301プラス/バックル」に入れて EDC しているが、バッグに入れる時用にケースを買っておくことにした。

iPad 用・iPod touch 用・MacBook Pro 用としてサンワサプライのネオプレン素材でスリップインタイプのケースを愛用している。ファスナーに擦れて傷つくといった心配をすることなくさっと出し入れできて使い勝手が良い。経年劣化でボロボロになるポリウレタンではなくネオプレンを使っているのもいい。

なので今回もサンワサプライのにした。

image:/nDiki/2021/11/17/2021-11-18-083105-nDiki-1200x800.jpg

背面にゆるやかな膨らみがありしっかりした側面のハイブリッドケース IIIIfit を装着した5.7インチディスプレイの Pixel 4 がジャストフィットだ。シューっと置くまでいれるとぴったり収まった。いい感じ。

サンワサプライのこのシリーズのケース、これからも買いたいのでぜひ販売し続けて欲しい。

[ 製品レポート ]

[ 11月17日全て ]

2022年1月15日 (土)

パイロット 限定万年筆 カクノ 透明オレンジがかわいい

image:/nDiki/2022/01/15/2022-01-15-084642-nDiki-1200x800.jpg

一昨日に一目惚れして昨日買ってきたパイロット 限定万年筆 カクノ 透明オレンジ F FKA-150R-TOF にパイロットのブルーブラックインキを入れた。2019年6月に発売された、コンバーター CON-40 とお手入れスポイト入りの限定6色カクノの1つ。透明オレンジ、めちゃかわいい!

2013年10月20日の発売以来高評価を得ているカクノを使うのは今回が初めて。

普段 B (太字)から研ぎ出した F (細字) のスーベレーン M400 で走り書きしているのでカクノの F が結構細く感じた。同じ使い方をするなら M (中字)があっているかもしれない。

でも店頭に透明オレンジの M は無かったので、一目惚れしたカラー優先で F に合った使い方をしよう。

ロルバーン ポケット付メモMに書くならカクノの F (細字)合ってるかもね。 M (中字)で走り書きするならロルバーン ポケット付メモLぐらいのノートがいい。

キャップは回転式ではなくてパチっとはめるタイプ。初めてあけてみた時にインキが飛んでちょっとびっくりした。使い方説明書の注意に書いてあるとおり静かにあけるようにしよう。

image:/nDiki/2022/01/15/2022-01-15-084734-nDiki-1200x800.jpg

[ 製品レポート ]

[ 1月15日全て ]

2022年1月20日 (木)

透明カクノが映える DELFONICS クリアカラーペンケース

image:/nDiki/2022/01/20/2022-01-20-082508-nDiki-1200x800.jpg

先週買っパイロット 限定万年筆 カクノ 透明オレンジがかわいいので、似合うペンケースは無いかと昨日スミスに行っDELFONICS クリアカラーペンケース イエローを買ってきた。

ミーティング会議室に Plantronics M55 Bluetooth ヘッドセットを持っていくのに一緒に放り込んでいくのいい感じ。

[ 製品レポート ]

[ 1月20日全て ]

2022年1月22日 (土)

レビュー】音量切替つき2チャンネルアラームの目覚まし時計 SQ790W

image:/nDiki/2022/01/22/2022-01-20-083127-nDiki-1200x800.jpg

14年使ったカシオ 目覚まし時計 DQD-620J-8JF のアラームスイッチがうまく動作しなくなってきて、最近とうとうスヌーズ/ライトボタンが効かなくなったので新しい目覚まし時計を新調した。

必須要件:

  • デジタル表示
  • 電波時計 (デジカメ等の時刻合わせに使う)
  • 月日表示
  • 温度計 (0.1℃ 刻み表示)
  • 湿度計 (1% 刻み表示)
  • 敷いた布団の頭上に置ける (サイズ・安定感)

加えて今回は、の希望で今のものよりアラーム音量が小さいものから選ぶことになった。できれば今の目覚まし時計で気にいている常時点灯ライト機能ありのものが良いのだが、その機能のモデルは少ないので今回の必須要件から外した。

前面にボタンがずらりと並んでいるものは日中に置き時計として置いておくには残念な感じなので、背面や側面にボタンがあるものがいい。

店頭で見比べた中で、アラーム音量切り替えがあり小にすれば今のものより控えめになる SEIKO の SQ790W を選ぶことにした。

昨晩アラームをセットして今朝から目覚ましとして利用。いい感じの音量だ。目覚め呆けている状態でも背面にあるスヌーズ スタート/ストップボタンは容易に押せた。アラーム機能ばっちり。

アラーム時刻を2つ設定し独立してオン・オフできるのもなかなかいいな。アラーム1を平日の時刻を常に設定しておき、それ以外の時刻に鳴らす時にアラーム2を使うようにすればアラーム時刻設定回数も減らせて楽ちんだ。

我が家では SEIKO の電波置き時計は合わないことが多くて懸念していたが、目覚まし時計の置き場所は比較的電波が強い場所なのか受信してくれたので良かった。

斜めから撮った写真では液晶表示がぼやけている感じだが、普通に正面からみるとハッキリしていて問題ない。ボタンを押すと約5秒間光るライトもむらなく見やすかった。

いままでの単2形電池2本に対し、SQ790W は単3形2本で軽くコンパクトだ。毎日枕元に置くにはこれぐらいがいいな。

良い買い替えになって満足。

[ 製品レポート ]

[ 1月22日全て ]

2022年1月23日 (日)

レビュー】折り畳んで持ち運べるサーモス 保冷ショッピングバッグ REV-012

image:/nDiki/2022/01/23/2022-01-23-122632-nDiki-1200x800.jpg

仕事帰りに要冷蔵(や要冷凍)のものを買って帰るのにパッカブルな保冷バッグを1つ持っているといいなと思い、保冷性能に定評のあるサーモスが出している保冷ショッピングバッグ REV-012 を買ってみた。複合断熱素材であるアイソテック4層断熱構造が採用されている。

パッカブルでコンパクトな各種バッグを普段使っているので、畳まれた状態で本製品を最初に目にした印象は「太い」だった。しかし保冷のための断熱材を考えると十分コンパクトだ。これ以上生地を薄くして保冷性能が低くなっては本末転倒だ。

グレゴリーのウエストパック テールメイトS には他の荷物と一緒に入れて持ち運べる。冷たいものを持ち帰りたい予定がある時にバッグに入れておくという使い方にはいいサイズだ。

image:/nDiki/2022/01/23/2022-01-23-123458-nDiki-1200x800.jpg

容量は約12Lで、幅約36cm x 奥行き約13cm x 高さ約38cm。ちなみに一緒に並べたテールメイトSの容量は8Lである。

スーパーでいろいろ買った食材を入れるというのには小さいが、保冷したいもの数点を入れて運ぶには十分な容量そう。

image:/nDiki/2022/01/23/2022-01-23-123723-nDiki-1200x800.jpg

手洗い可能なのは嬉しい。過冷却により生地が破裂する原因になるとのことでドライアイスは入れないようにとなっていた。アイソテックを採用しているサーモスのソフトクーラーはどれもドライアイスは NG となっている。

また保冷専用でなので暑いものは入れないようにとのことだ。

まずはサイズ感の確認まで。保冷具合は実際に使ってから評価したい。

[ 製品レポート ]

[ 1月23日全て ]

About Me

Naney Naneymx Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

最近検索されている記事

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.079635s / load averages: 0.45, 0.51, 0.51
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker