nDiki : 製品

製品 - product

2017年3月19日 (日)

最低限の荷物で出歩く時に便利なグレゴリー テールランナーS ブルーレター

rimage:/nDiki/2017/03/19/2017-03-19-113346-nDiki-1200x800.jpg

40周年記念モデルとして昨日発売されたグレゴリー テールランナーS ブルーレター (Gregory TAILRUNNER SM BLUE LETTER BLUE/PURPLE)が昨晩届きました。1993年から1996年までの間だけ使われた青文字タグの製品をできるだけ忠実に再現した製品とのことです。

初めて買ったグレゴリー製品で長い間愛用したデイ&ハーフパックが青文字タグだったので、私にとってはグレゴリーといえばこの青文字タグの印象が強いのですが、数年しか使われなかっていたロゴなんですね。そのタグのついた製品ということで品薄のところを探して注文してしまいました。青文字タグではデイ&ハーフパックとデイパックとこのテールランナーSの3つが記念モデルとして発売となったのですが、2年半ほど前に買い直しデイ&ハーフパックがあるので、今回はテールランナーSにしました。

最初この記念モデルを見つけた時には「テールランナーは持っているのだけれどどうしようかかな、しかし青文字タグだし買おう。けれどもなんで現行品より安いのだろう?」となったのですが、記念モデルになったのは小さいサイズのテールランナーSなのだとあとで気がつきました。

現行のテールランナーが容量2.5L(39cm x 12.5cm x 8 cm)に対して、このテールランナーSは容量1L(25cm x 13cm x 7cm)。見た目以上に入り重宝しているテールランナーの半分以下のテールランナーSは実際手にしてみるとかなり細身なコンパクトなパックでした。このあいだ買ったコンパクトデジカメPowerShot G9 X Mark II とちょっとした小物を入れて出歩くのにちょうど良さそうなサイズです。


[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月19日全て ]

2017年4月22日 (土)

今日のさえずり: リカちゃん、レンくんと別れてたのか……

2017年04月22日

  • 09:58 試してみたところ LINE アプリについて「電池の最適化」を有効にしていてもきちんとすぐにメッセージを受信できた。そうなんだ。
  • 12:002016年10月22日から、はるとくん。
  • 14:00 ユーロスペースで来週も上映しているので会社帰りに行きたいな。 / “「パリ市庁舎前のキス」で知られる仏写真家ロベール・ドアノー 渋谷で実録映画上映 - シブヤ経済新聞http://bit.ly/2oyRBnB
  • 20:47 GOING2020! Canon SPRINGキャンペーン PowerShot G9 X Mark II 製品購入特典のバッテリーパックが届いた。バッテリーパック3個体制になったのでゴールデンウィークこれでオッケー。
[ 4月22日全て ]

2017年5月13日 (土)

ハンドスピナーはダブルウイングよりトリプルウイング

image-half:/nDiki/2017/05/13/2017-05-13-183311-nDiki-1200x800.jpg image-half:/nDiki/2017/05/13/2017-05-13-183004-nDiki-1200x800.jpg

ハンドスピナー(fidget spinner)を一昨日買って以来気が向いた時にくるくる回しています。最初に買ったのはトリプルウイングのスタンダードなタイプのですが、これは手が小さいと回しにくいですね。一回り小さいダブルウイングタイプのも注文してみました。買ったのはアルミ合金タイプの。同様の形状でより重量感のある真鍮製のも出ていますが、今回は軽い方にしました。

届いた個体の表面仕上げはまずまず。

ボディの厚さに対して若干軸が長いのか、回転中に傾けるとジャイロ効果に負けてグラグラッとなってしまうのはちょっとマイナス。先に買ったトリプルウイングの方が安定して長時間回したりグイグイ傾けたりできます(なおあくまで手持ちの2つを比べての話です)。

しばらくはこの2つを回して遊ぶつもり。ハンドスピナーは短いブームで終わるのかそれともある程度長く流行るのか。今は品質のばらつきの多い市場なので、所有欲を満たす高品位・高性能品を求めるよりもカジュアルに回しているぐらいが丁度良いんじゃないかなと。安心して価格に見合う製品が選べるようになったら、もう少しいいのが欲しいなとは思いますけどね。

[ 5月13日全て ]

2017年7月11日 (火)

今日のさえずり: 召喚といえばマスターオブモンスターズ

2017年07月11日

  • 00:04 なんか異音がした気がしたの、気のせいじゃなかった。
  • 08:15 扇風機のハネを注文した。今後は割らないように気をつける。
  • 10:06 召喚といえばマスターオブモンスターズ。
  • 15:53 Inspired に書かれている「製品の市場性評価のための10個の基本的な質問」に対して答を考えている。
  • 24:25 7月11日がセブン-イレブンの日だったということに今気がつく。
[ 7月11日全て ]

2017年7月29日 (土)

ノートン セキュリティ プレミアム 5デバイスの有効期間を1年延長

セキュリティソフトは今はノートン セキュリティを使っています。

現在は MacBook Pro 2台と Android デバイス2台、それとほとんど使っていない Windows 7 BOX にインストールしてあります。引き続き5デバイスは必要なのですが、店頭でのパッケージ販売からは5デバイスのものが無くなってしまいました。

シマンテックのサブスクリプションは自動延長で悪名高いので今まで箱で買ってきたのですが今回は仕方なく、オンラインで延長することにしました。気をつけないと別のサービスも一緒に購入してしまうようになっていたりと油断のならない作業です。自動延長も当然のように勝手に設定されるので、すぐさま停止手続き。

シマンテック製品は満足しているのですが、このあたりのセールス部分を不満に感じさせてしまうのが残念なところです。

[ 7月29日全て ]

2017年9月6日 (水)

今日のさえずり: 技術向上のため一時休業するとのこと

2017年09月06日

  • 12:37 技術向上のため一時休業するとのこと。 (@ IKE:DA) https://www.swarmapp.com/c/iqptri29Kpo
  • 13:12 ランチパック桔梗信玄餅風っていうのがあったので買って食べてみた。ピーナッツバター系ぽい味。求肥が入っているのでモチモチ感たっぷり。ノーマルの桔梗信玄餅を期待してはいけなかった。
  • 21:41 ロジクール7年ぶりのトラックボール新製品「ロジクール ワイヤレス トラックボール MX ERGO」、会社のトラックボール派の人はもちろん全員買うんですよね? http://amzn.to/2wFnmm8
  • 22:14 IKEA FAMILY MAGAZINE 2017年 夏号が届いた。この時期になって夏号が届くの、のんびり屋さん。インテリアは長く付き合うものだから、慌てる必要は無いので無問題。
[ 9月6日全て ]

2017年10月28日 (土)

いつも持ち歩けるパッカブルデイパック Ultra-Sil Day Pack

カメラを持って出掛けている時は荷物を手に持たないようにしたいもの。荷物が少ない時はグレゴリーのウェストパック(ウエストバッグ)を使い両手が空くようにしています。でも外出先で買い物をしたりすると結局手提げ袋が増えて片手がふさがってしまうんですよね。

荷物が増えた時に背負えるように、パッカブル/ポケッタブルな背負えるものが欲しいと思い探したところ、 Sea to Summit Ultra-Sil Day Pack が 20L も入るのに畳むと超コンパクトになるデイパックだと知り思わず買ってみました。

image-half:/nDiki/2017/10/28/2017-10-28-094305-nDiki-800x1200.jpg image-half:/nDiki/2017/10/28/2017-10-28-101658-nDiki-800x1200.jpg

 パッケージより
 軽くて丈夫なコードゥラ生地
 シリコンコーティングによる防水加工、荷物を詰めやすい
 縫い目はすべて2重縫い
 68g
 20L

オーストラリアのアウトドアメーカー製品でしっかりとした作り。広げると例えば

  • 厚手フリースジャケット2着 (膨らませた写真を撮るのに入れてみた)
  • 13インチ MacBook Pro
  • 角2封筒

などのサイズのものを入れることができます。これだけ入れば十分です。

image-half:/nDiki/2017/10/28/2017-10-28-095236-nDiki-1200x800.jpg image-half:/nDiki/2017/10/28/2017-10-28-095647-nDiki-1200x800.jpg

折り畳むと iPhone SE よりも長さが短くなります。実際グレゴリーのテールランナーに入れてみましたが楽勝でした。

バッグに忍ばせているのは1999年にシンガポール旅行に行く際にアウトドアショップの店頭で見かけて買った ISUKA のパックアップキーホルダー(広げるとレジ袋のような形のバッグになる)で

 サイズ: (約)8cm×40cm×41cm
 収納時: (約)4.5~5.5cm×10cm
 重量: (約)50g
 材質:ナイロン

というサイズのものです。このデイパックは収納時一回り太っちょなぐらいなので、代わりにウエストバッグに常時入れておけそうです。ちなみに ISUKA って寝袋・シェラフの専門メーカーだって今日初めて知りました。なるほどそれで15年以上使っても全然平気だったんですね。

Sea to Summit Ultra-Sil Day Pack、ノーブランドの折りたたみ式リュックサックより割高なのですが、きちんとしたアウトドアメーカーなので長年使えて元が取れるんじゃないかと思ってます。

収納方法

パッカブルなものは、買った時にどう収納されていたかをきちんと見ておかないと、同じように詰められなくなって困ることがあります。この製品は以下のように畳んでいけば元通りになります。

  1. デイパックの裏表を逆にする。
  2. デイパックの背側(収納袋のある側)を下面に、収納袋を向かって遠い方になるように置く。
  3. 手前から収納袋側に半分に折る。
  4. 左右から巻くように畳む。
  5. もう一度手前から収納袋側に半分に折る。
  6. 袋に押し込む。

なお収納袋とデイパックは縫い付けられているので出す時にもちょっとだけコツが必要です。袋の前側(吊り下げ用のタブじゃない側)とデイパックが縫い合わせてあるので、その反対側からひっぱり出すようにするとすっと抜き出すことができます。

その他のチェックしたパッカブル/ポケッタブル デイパック

購入に至るまでにチェックしたのは次のようなもの。

CHUMS Packable Day Pack

CHUMS Packable Day Pack CH60-2258

最初に欲しいなと思ったのは好きなブランドの一つ CHUMS の Packable Day Pack CH60-2258。表参道店で実際に見てきました。収納時 約10 x 6cm。サブにこの値段は高いなと思って見送りましたが、 CHUMS のブービーバードが好きな人には良いと思います。

モンベル ポケッタブル ライトパック 18

恵比寿モンベルでチェックしたのは ポケッタブル ライトパックシリーズ。10L・13L・18L と3種類出ています。店頭で見た時は結構縦長なデイパックだなと感じました。色はターコイズブルーが好み。収納時 18 × 23cm (どの容量デイパックも一緒)とウエストバッグに常時入れておくには大判なのでやめ。大きめのメインのバッグに入れておいて、メインバッグを置いて出掛ける時に使うという用途なら、今回買ったペナペナな Ultra-Sil Day Pack とは違ってしっかりとした感じなので良いと思います。

[ 製品レポート ]

[ 10月28日全て ]

2017年12月26日 (火)

今日のさえずり: 「そのうち居なくなってしまう(異動・退職)かも」という不安をもたれるの申し訳ない

2017年12月26日

[ 12月26日全て ]

2018年3月25日 (日)

ビジュアル・ブックマーク機再来か サイバーショット DSC-RX0

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-121655-nDiki-1200x800.jpg

昨年発表された時に「これは10年以上待ち続けたビジュアル・ブックマーク機の再来では!」と興奮したサイバーショット DSC-RX0。とはいえカメラの性能が非常に良くなったスマートフォンを普段から持ち歩いている現代にビジュアル・ブックマーク用途機として買うにはこの値段はなかなか手が出sせないなと見送ってきていました。

しかしやはりこの小ささは何ものにも代え難い。しかも水深 10m の防水性能・2.0m の落下耐性・200kgf の耐荷重というタフさはまさに普段から持ち歩くのにふさわしいではないですか。

1年前に1.0型センサー搭載の中で特にコンパクトな PowerShot G9 X Mark II を購入して持ち歩いているのですが、これだけ小さくてもバッグからわざわざ出す気になれなかったり「カメラで撮っています」という雰囲気が街中でちょっと気恥ずかしく感じたりすることがあります。また防水ではないので雨の日には出すのを躊躇してしまいます。

DSC-RX0 の小ささと防水性・堅牢性はそういった躊躇から解放してくれると思えてきてどんどん購入良くが高まりついに木曜日の夜に注文してしまいました。

マルチカメラコントロールで多視点撮影ができたりスーパースロモーション撮影ができたりと、どちらかといえば映像制作のための機材としての位置づけが感じられるニッチな本製品、いつラインナップから消えてもおかしくないので欲しい時に買うのが吉じゃないでしょうか。

一緒に購入したもの

単体充電器DSC-RX0 についてこないので、バッテリーチャージャー付きのキットをセットで購入。

背面の保護フィルムはモニター面のボタン部分以外をカバーしてくれるPDA工房のものを。小さいので気泡入りの失敗などせず一発でうまく貼れました。

microSDHCカードはいつも買っているトランセンドのもので。

サイズと形状

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-122323-nDiki-1200x800.jpg

同じ1.0型センサーの PowerShot G9 X Mark II と比べても格段に小さいのがわかります。 G9 X Mark II も十分小さくてバッグに常に入れておくのが苦にならない大きさなのですが、 DSC-RX0 は「手のひらに転がせておく」ことができるほど小さいのです。手の中に収めておいて、撮りたいなと思った時にさっと撮るというのがストレスなくできる良さがあります。

使い始めてまだ2日目。使い勝手についてわかってきたらまたまとめます。

[ 製品レポート ]

[ 3月25日全て ]

2018年4月7日 (土)

PIXUS TS8030 がローラーギア外れ無償修理から帰ってきた

rimage:/nDiki/2018/04/07/2018-04-07-174609-nDiki-1200x800.jpg

3日前に「TS9030/8030/6030 搬送ローラーギア外れ無償修理コールセンター」に連絡したところ、即日宅配業者が手配されて引き取られていった PIXUS TS8030 ですが、修理が終わって今日の午前中に配送されてきました。

1週間ぐらいかかるという話だったので修理中に印刷用事が発生したらちょっと困るねと家で話していたのですが、あっという間に帰ってきて助かりました。

買って半年でローラギアが外れた時にはキヤノンにがっかりさせられたのですが、サポートの早さで信頼回復しました。やはりサポートの良し悪しはブランドや製品に対するロイヤルティに大きく影響しますね。

[ 製品レポート ]

[ 4月7日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.069803s / load averages: 0.31, 0.45, 0.44
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker