nDiki : 顧客

顧客

2021年11月19日 (金)

第9回 『Hacking Growth グロースハック完全読本』を読む会 第7章 維持をハックする

rimage:ASIN:4822255824

『Hacking Growth グロースハック完全読本』を読む会の第9回目。今日は「第7章 維持をハックする」。

リテンション (Activation) についての章。 RARRA に従ってまずリテンションの改善を検討するにあたり先に一度読んでいる章で、輪読会にあたり再読した。

初期ステージはアクティベーション改善の延長として、何回か利用し価値を体験することでプロダクトを好きになって継続利用してもらえるようする。

中期ステージではプロダクトの利用を習慣化させる。ここでフックモデルが登場する。

価値向上を予告するセクションでは「新機能の予告が持つ顧客維持効果」が説明されていた。確かに今後もプロダクトが改善されていく期待が持てるなら利用し続けようと思うものなあ。

長期ステージでは、主に最適化をしたり、適切な頻度での新機能提供などで新しい体験と価値の発見をしてもらう。

休眠顧客の再獲得(レザレクション)もこの章で合わせて説明されている。休眠理由を調査した上で、休眠理由に合わせた内容でメールやプッシュ通知・リターゲティング広告などを使いアプローチする。

新規顧客顧客維持率の計測と分析は分かりやすいんだけれど、中長期継続顧客や再獲得顧客の継続維持率の方はちょっと分かりづらい。こちらもコホートで分けていくべきなのだろうけれど、数が多くなってくると見通しが悪くなってくるなと。

[ 11月19日全て ]

2022年1月13日 (木)

今日のさえずり: 今年は T-Spin を覚えよう

  • 08:32 Quiet SHIBUYA109 #photography RICOH GR IIIx #GR #GRIIIx #GR3x https://t.co/aWIM9tror0
  • 18:20 2台のモニタのうち1台が映らなくなったので同じモデルのに交換した。 微妙に色が違うので別のに再交換したけどやっぱり揃わない。まあいっか。
  • 20:35 2021年総プレイ時間の半分は TETRIS 99 だった。 去年ようやくテト1になれたのよ。まだテト1は4回のみなのでもうちょっと腕を上げたい。今年は T-Spin を覚えよう。 #MySwitchHistory https://t.co/T6MYk2lhdb
  • 23:50 2022年1月13日(木) やったこと - 顧客維持率について整理 - 部会 - 映らなくなったモニタを交換 - 店頭でカクノをチェック - 目覚まし時計候補を選ぶ
[ 1月13日全て ]

2022年1月17日 (月)

今日のさえずり: ストック用として買った文房具、大抵の場合使わないんだけれども

  • 07:15 朝の渋谷 #photography RICOH GR IIIx #GR #GRIIIx #GR3x https://t.co/qGSTqb779Y
  • 09:42 @ritou ブリックの 6 スタッドほど mixi を支えております!
  • 16:03 『記者ハンドブック 第14版』が3月に出るんだ。また2冊買わねば。 https://amzn.to/3nTsHAH
  • 19:56 渋谷郵便局で「箱(薄型)」を購入。窓口の人が何の箱ですかと聞き返すぐらいシンプルな名前だ。45円。
  • 20:56 ストック用にカクノ 透明オレンジ F もう1本買ってしまった。
  • 21:03 ストック用として買った文房具、大抵の場合使わないんだけれども(その時その時で別のものが欲しくなる)。
  • 23:50 2022年1月17日(月) やったこと - 顧客維持率検討 - 郵便局で「箱(薄型)」購入 - カクノ 透明オレンジ F 購入(ストック用) - 目覚まし時計注文
[ 1月17日全て ]

2022年1月19日 (水)

今日のさえずり: Google スプレッドシートだと書きたい種類のグラフが無かったので、 Excel にチェンジ

[ 1月19日全て ]

2022年5月11日 (水)

「刺さるメッセージ」を作るための参考としてソーシャルリスニング

Twitter 検索でソーシャルリスニングしていたらちょっと遅い時間になってしまった。

ソーシャルメディアオンラインレビューで顧客がプロダクトの利点を説明するのに使っている言葉を拝借する — ショーン・エリス, モーガン・ブラウン. Hacking Growth グロースハック完全読本. 日経BP, 2018年9月27日.

[ 5月11日全て ]

2022年6月6日 (月)

品質と ISO/IEC 25010

コンピュータシステムやソフトウェア製品、およびそれらを使ったプロダクト・サービスの品質について話し合う時に、「品質」という言葉の共通認識を持っておきたい。

顧客にとっての品質の話をしているのか、開発者にとっての狭義の品質の話をしているのか、そのあたりの認識がずれていると議論がすれ違ってしまう。

ISO/IEC 25010:2011 (JIS X 25010:2013) について調べたところ全部盛りで、品質モデルとして利用時の品質モデルと製品品質モデルとが規定されていた。これと外部品質・内部品質の話を共通理解としておくと、保守性についてどれだけ費用をかけるかの話ができそうだ。

[ 6月6日全て ]

2022年7月4日 (月)

顧客」と「ユーザー」

言葉として「顧客」と「ユーザー」をきちんと使い分けてこなかった。これから文章を書く際は使い分けるようにする。

Obsidian を使うようになってから、言葉の使い分けに対する意識が高まっている。知識がより緻密になっていくメリットがある一方、定義が揺れているような言葉や対訳がぶれているような言葉を選ぶのにかかる時間が増えてしまっているなあというのもある。

今日のさえずり: MkDocs 1.3.0 + Material for MkDocs 8.3.8 で search プラグインの lang 設定を [en, ja] にしたら検索できるようになった

[ 7月4日全て ]

2022年11月15日 (火)

今日のさえずり: ピザまんが1個だけ什器に入っている状態だったので恐ろしくて諦めた

[ 11月15日全て ]

2022年11月24日 (木)

今日のさえずり: 配信開始が日・木・金と違うの、ベネリットグループの序列を感じる

  • 11:52 Yokohama #photography RICOH GR III #GR #GRIII #GR3 https://t.co/evJXxw86jn
  • 16:58 まだ 17:00 前か。なんだか今日は1日が長いな。
  • 18:08 ちょっとした不満が生じたけれど、主体性を失う前に自分で行動して状況を変化させた。やるじゃん自分。
  • 18:17機動戦士ガンダム 水星の魔女』の配信開始が日・木・金と違うの、ベネリットグループの序列を感じる。
  • 25:15 2022年11月24日 (木) したこと - コホート別に顧客維持率を分析する
[ 11月24日全て ]

2023年1月4日 (水)

PIXUS TS8530 にプリンタを買い替えた

image:/nDiki/2023/01/04/2023-01-04-144847-nDiki-1200x800.jpg

年末に唐突にプリンタが壊れたので元日に新しいプリンタを注文した

6年前に買った PIXUS TS8030 からの買い替えで選んだのは PIXUS TS8530。順当に何世代か後のモデルを購入した。

PIXUS TS8530 は2021年10月14日発売。去年11月10日には後継モデル PIXUS TS8630 が出ているが、違いは「印刷速度向上」「Wi-FiIEEE 802.11ac や WPA3 Personal に対応」ぐらいなので、印刷コストが高くなっていることを考えて自分としては珍しく型落ちを選択した。

印刷速度で困っていないし、 Wi-Fi が 2.4GHz だけだった TS8030 に対し TS8530 なら 5GHz を使えるようになるしで十分かなと。

インクタンクは TS8030 用に比べて大幅に高くなった。しかも大容量インクタンクは単品のみでお得なマルチパックも用意されていなくて悲しい。マルチパックにすると余裕で1万円超えてしまうから顧客の印象を考えて用意していないのだろうか。

次回インクタンク購入時用の型番メモ:

  • インクタンク BCI-331(BK/C/M/Y/GY)+BCI-330 マルチパック BCI-331+330/6MP (標準容量)
  • インクタンク BCI-331XLBK ブラック (大容量)
  • インクタンク BCI-331XLC シアン (大容量)
  • インクタンク BCI-331XLM マゼンタ (大容量)
  • インクタンク BCI-331XLY イエロー (大容量)
  • インクタンク BCI-331XLGY グレー (大容量)
  • インクタンク BCI-330XLPGBK ブラック (大容量)

PIXUS TS シリーズではなく PIXUS XK シリーズの方が印刷コストが安いため選定時に迷ったのだけれど、本体の差額と寿命、それから印刷枚数を考えるとまあ6色の TS シリーズでいいかとなった。

TS シリーズでの買い替えということで本体やインクタンクの形状や UI が変わっていないため、セットアップはスムーズに完了した。セットアップに使った MacBook ProWPA3 Personal 用の SSID で Wi-Fi 接続しているため、プリンタWPA 2 Personal 用の SSID とそのパスワードを手で設定する必要があった以外は手間なしだった。

[ 製品レポート ]

[ 1月4日全て ]

About

Process Time: 0.033284s / load averages: 0.19, 0.24, 0.24