nDiki : 1024x768

1999年9月9日 (木)

WWW で公開する写真の適当なサイズ

ここ最近写真を撮っている。 最近旅行にも行ったし、そろそろ(あまりないのだが)気に入った写真等を WWW で公開しようと思うのだが……。

さて、この時画像の大きさ(画素数)をいくつにするべきか。 もちろん、ばらばらでもいいのだが、整理したり一覧を作成する時には同じ大きさに統一している方が扱いやすい。 また WWW で公開する場合は、ファイルサイズにも影響してくる。 見ている人のディスプレイの解像度設定も関係するが、こちらはまちまちなので、いくつか用意するか独断と偏見で選ぶしかないのかもしれない。

35mm フィルムは 36mm x 24mm で 3:2。 一方、PC で使用されているのは 640x480、800x600、1024x768 等、 4:3 が多い。 これがまたある意味悩みの種でもある。 4:3 の方が壁紙等にする場合は相性がいい。

まぁここでは 35mm ということで 3:2 を選択。 あとはうまく倍々系列を選べばよい。 ちょうどフォトCDの規格がうまくできているので、このサイズを利用するのがいいかもしれない。

サイズピクセル数
1/16BASE128x192
1/4BASE256x384
BASE512x768
4BASE1024x1536
16BASE2048x3072

そういえば、随分昔に買った Kodak のデジタルスチルカメラ DC50 は BASE サイズのピクセルサイズだった。

サイズピクセル数用途
64x96サムネイル
1/16BASE128x192文章中のちょっとした挿入
1/4BASE256x384フォトギャラリ用(解像度 800x600 用)
BASE512x768フォトギャラリ用(高解像度または、選択時のみ)

あたりが妥当だと思う。

規格としては FlashPix というものもあるが、これの基本の大きさはまだよく知らない。これも倍々系列のはずだけど。BASE サイズ可変なのかな?

スポンサード リンク
[ 9月9日全て ]

2004年4月19日 (月)

Eclipse 3.0M8

[ Java ]

ここ最近めっきり仕事でコーディングしていないところに社内向けのとあるミニツールが欲しいという要望がでたため、喜んで引き受けることに(別の仕事もたまってはいるのだが)。

Perl でちゃちゃっと作れる内容なのだが、Windows で利用してもらうには ActivePerlインストールの他に、必要なライブラリとミニツールのパッケージ(PPM)を入れてもらわなければならなくなるので、ちょっと面倒。 プログラムの更新も手間だし。

ということで久しぶりに JavaEclipse も半年以上見ないうちに結構変わったな。 ノート PC を新しくしたから以前みたいにメモリ不足で苦しむことなく使用できるようになった(というか落とすのが面倒なので起動しっぱなし)。 しかし 1024x768 GTK2 だと狭いな。

ついでにSWTベースでコードを書こうかと思ったが、一晩で仕上げるには知識不足なので普通に Swing に。 Java Web Start用に jnlp を書いて、JAR ファイルに電子署名してミニツール完成。

[ 4月19日全て ]

2009年3月16日 (月)

Twitter」と「きょうの世界」と「人間のマルチチャネル限界」

NHK衛星第1の「きょうの世界」で「新たなコミュニケーションツールTwitterとは」と題して Twitter の特集があった 。ちょっと前から取材などの話題がタイムラインに流れていて気になっていたので観てみた。

タイムラインの速度を考えて Twitter クライアント P3:PeraPeraPrv (P3) の設定を変更したりして準備万端。 特集が始まるまで Twitter での盛り上がりをウォッチ。 番組のテレビ画面の Ustream.TV (Ust)中継紹介の発言があったのでそちらも接続してみた。 Ust の方はテレビ/BS が観られない人も含めて集まり始めて数百人規模に。途中中継が落ちたりしつつも特集が始まった。 初めてきちんと Ust 観てたけれど、動画連動チャット面白いなあ(発言はしてないけど)。

テレビできっちり内容をチェックしつつ、つぶやきを Twitter にポスト。 同時に P3 のタイムラインと、タイムラグがある Ust 中継とチャットをチェック。 番組連動の Ust IRC の流れが面白かったんだけれど、さすがにインプット限界。 居間で見ているのでとのリアル会話もあるし。 1024x768 画面にまずもってウィンドウが入りきっていないし。 結局追っかけていたのはテレビであとは横目で流しているぐらい。

当然自分が知らない Twitter クラスタや公開チャットなどでもいろいろメッセージが飛び交っていたということを考えると、人間がリアルタイムに扱える情報量に限界があるなとあらためて実感した。

番組の方は海外メディアの映像の組み合わせによる Twitter の紹介と・国内ユーザのインタビュー映像とスタジオの「技術者」による解説。 Twitter ユーザ間の話題としては面白かったけれど、知らない人にとっては Twitter はやっぱり良くわからないもので終わっちゃったんじゃないかな。

やっぱり Twitter はやってみないとわからないものの代表的なものの1つだ。

[ 3月16日全て ]

2011年2月25日 (金)

今日のさえずり: あやうく探偵になるところだった

2011年02月25日

  • 09:49 ハッピーメールは貴重なティシュー源。
  • 11:29 プロジェクタ見てる。 XGA (1024x768) 出るのだとだいたい6万円台ぐらいかな。ELP-710 の交換用ランプよりは結構高くなるな。明るさ・性能的にもかなり良くはなるので予算があれば買う価値はあるのだけれど。
  • 11:30 エプソンだと EB-X10 かな。 http://amzn.to/ew5Trr
  • 12:22マクドナルドのおすすめ情報」メール、Date: Fri, 25 Feb 2011 08:00:00 +0900 なのがついさっき届いた。配送数半端ないのかな。
  • 13:10 ノギスならオフィスの自分の道具箱に常備しています(大学の時に購入必須だったんじゃなかったかな)。
  • 14:57 RT @mixi_PR: 6月までにFelica機能を使ったマイミクシィ申請機能も搭載される予定です! 「ソーシャルフォン」サービス、ソフトバンクモバイル先行で本日より提供開始  http://mixi.co.jp/press/2011/0225/4384
  • 16:40 今日の「ちゃんこ鍋をつつく会」の「ちゃんこ江戸沢 両国店」で思い出した。大学時代に行ってたの、「ちゃんこ江戸沢 戸店」だよね。今チェックしたらもう閉店してた。
  • 17:14 ありがちだが気がついたら DEBUG/TRACE レベルログの生成がメチャクチャ時間食ってた。is_debug()/is_trace() チェックしてバイパスするようにしたら速くなった。いえい。
  • 17:54 缶コーヒー 100円。
  • 18:20 @as_tone LAN コネクタの圧着完了するまで、ちゃんこ抜きです。
  • 21:40 みんな大好き Facebook。会社の呑み会でこれだけネットサービスが話題になったのは初めて。やっぱりアレを超えつつあるのか。
  • 21:48 (現職の)同じ会社なら別に(SNS 上の)友達になる必要が無いって意見がちらほら出て、これは新鮮。
  • 21:52 やっぱり Facebook のネットワーク接続力は他の SNS の比じゃないっぽい。
  • 21:53 というか、逃げられない感じすらある。
  • 23:31 週末散髪してさっぱりすることにした。
  • 24:01 あやうく探偵になるところだった(中学生の頃、刑事や探偵になりたいと思っていた時期があった)。
  • 24:10 自分にとっても TwitterFacebook にはダイナミックなフィードアグリゲータとしての要素が大きい(そして他の要素もあるから面白い)。 RT @k12u: facebookもtwitterも広義のRSSリーダーじゃね
  • 24:16 それとアグリゲータであると同時に自身がフィード。
  • 24:20 他人への発信という視点では「面白いものみっけ」や「パーソナルブランディング」。
  • 24:20 ライフログとしての自分自身への発信。
  • 24:21 そしてゆるいコミュニケーション
  • 24:22 Facebook では加えて探偵ゲーム
  • 24:39 Facebook はソーシャル探偵ゲームサービス。
  • 24:42 探偵ゲームだから実名でないと困るというのが真実。
[ 2月25日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052864s / load averages: 0.45, 0.33, 0.34
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker