nDiki : Android

Android

オープンソースモバイルプラットフォーム。

関連情報

2022年4月28日 (木)

Android スマートフォンでのキー入力・マウス操作で Mac 上で文章を書く

夜になってエネルギーが切れてくると MacBook Proキーボードに向かい合って文章を書くのはちょっとと思うことがある。そんな時でもスマートフォンを触るのは億劫に感じない。そうかスマートフォンでキー入力したりマウス操作したりして Mac 上で文章を書けばいいんじゃないか。

探してみると Android スマートフォンをキーボードマウス代わりするアプリがいろいろ見つかった。今回は Unified Remote を試してみた。

やってみて分かったこと

Mac に対してフリック入力できるの楽しい。だが結局のところショートカットとマウスで慣れ親しんだ効率的なテキスト編集の操作性は得られない。カット&ペースト操作が効率的でなくてもこれならスマートフォンアプリ上で文章を書く方がまだ良いなと。

MacBook Pro の画面とスマートフォンの画面で視線を行ったり来たりさせるのが結構負担だというのも今回やってみてわかった。

スマートフォン上でのカット&ペーストのしやすさを改善するか、もっとリラックスして向かい合えるノート PC 環境を作るだなあ。

[ 4月28日全て ]

2022年6月18日 (土)

今日のさえずり: そろそろ MacAndroid デバイスで日本語入力の辞書を同期できる世界で生きたい

[ 6月18日全て ]

2022年6月30日 (木)

Google 日本語入力辞書Dropbox 経由で同期する

Google 日本語入力に登録している単語を Google スプレッドシートで管理して複数の Mac で揃えようと思ったけれどやはり面倒だった。 Dropbox で同期することにしよう。

更新頻度が多くないので辞書を編集したら手動で同期することにし、 ~/Library/Application Support/Google/JapaneseInput/user_dictionary.db を Dropbox フォルダ上に同期する Unison プロファイルを作成した。

Android デバイス含め日本語入力辞書の同期をするために ATOK にするかなあと結構考えたのだが、 ATOK for Android [Professional] を使うには ATOK Passport プレミアムが必要だそう。 7,920円/年 (年間プラン)払うのは厳しいので見送り。

[ 6月30日全て ]

2022年7月9日 (土)

調べた正式名称テキストファイルに書いておく

一度調べて使った正式名称 (正式用語・正式表記) について、シンプルにテキストファイルに書いておくだけにすることにした。

クリップボードにコピーしやすいように1行に1つ書く。前後に空行を入れる。補足説明があれば正式名称行の次の行に書いておく。

日本語入力の辞書や各種スニペットツールを使っていたりしていたけれど、MacAndroid デバイス間で同期して使ういい方法が結局見つからなかった。

テキストファイルに書いておいて Obsidian の全文検索で見つけ、クリップボードにコピーするのがいいかなと。編集が楽だし、Obsidian Sync で同期できるし。

[ 7月9日全て ]

2022年8月5日 (金)

今日のさえずり: 帰りのエレベーターで女性とバッグが被ってしまい、キョドッて降りる階を間違えた

  • 10:31 山手線の車内にケサランパサランが舞い込んできた。
  • 10:34 「ケセランパセラン」と覚えていたのだけれど「ケサランパサラン」の方が多勢なの?
  • 19:19 帰りのエレベーターで女性とバッグが被ってしまい、キョドッて降りる階を間違えた。
  • 19:27 グレゴリー オールデイ。
  • 19:33 仙太郎で竹の水を買ってみた。週末のお楽しみ。
  • 21:49 Android + Chrome どんどん Download フォルダに PDF ファイルが蓄積されていく。
  • 25:30 2022年8月5日(金) したこと - 結石を診てもらう - 仙太郎の竹の水を買う
[ 8月5日全て ]

2022年8月16日 (火)

今日のさえずり: Pixel 4Android 13 にアップデート

[ 8月16日全て ]

2022年8月27日 (土)

Android デバイスを Chromecast with Google TV の仮想リモコンとして使う

Android デバイスを Chromecast with Google TV の仮想リモコンとして使う方法を覚えた。「Google Home アプリ」(たまに使っている)からと「Google TV アプリ」(使っていない)からと「クイック設定(画面上部から下にスワイプ)」(よく使う)からをそれぞれ試したところ、クイック設定が一番使いやすかった。

付属の Chromecast 音声リモコンで長いパスワードを入力するのが大変だった。これからはテキスト入力する時は Android デバイスから入力しよう。

ちなみに Chromecast with Google TV で Google アカウント PIN が使えるようになっていた。これなら複数アカウントを追加しておけるね。

今日のさえずり: 買い物から帰ってきてからのアクエリアスうまーい

[ 8月27日全て ]

2022年9月1日 (木)

Obsidian Sync サブスクリプションを更新

早期割引購入のうちにと去年 Obsidian Sync を購入してから1年経ったのでサブスクリプションを自動更新した。

$48/年。クレジットカード決済での換算レート142.860円で、支払い額は6,857円だ。去年の支払い額は5,410円。円安で支払額アップ。

MacBook ProAndroid デバイス (Pixel 4) で Obsidian vault を同期するのに便利に使っている。編集すると即同期されるので便利。

誤編集した時に同期のバージョン履歴を見て戻せるのも地味に便利だったりする。

フォルダを移動したり名前を変更したりするとその中のノートが削除 & 新規作成扱いで同期し直されるので、数が多いと結構待たなければならないというのが少し不便なぐらいかな。

自前でファイル同期を管理する手間を考えると価値ありなので、複数デバイスで Obsidian を使う限り使っていこうと思う。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 9月1日全て ]

2022年10月7日 (金)

【買った】顔認証が復活した Pixel 7 を予約購入

昨夜 23:00 (日本時間) のイベントPixel 7Pixel 7 Pro が発表になった。

今使っている Pixel 4、3年使ってバッテリの持ち悪くなってきた (もともと 2,800mAh と容量が小さい) がスペックに不満はなくこのタイミングで買い換えるか迷っていたところ。

情報を集めてみると

2022年10月が「Android バージョン アップデート 提供保証期限」「セキュリティ アップデートの提供保証期限」である Pixel 4 オーナー狙い撃ち感のある販売戦略ではないか。この機会は見逃せないぞ。

お得な予約購入をしてしまうことにした。

さて Pixel 7 にするか Pixel 7 Pro にするか。Pixel 7 Pro の方がカメラの性能が良いが、サイズが大きくて重くて悩ましい。au Style 渋谷スクランブルスクエアに行って実機を触ってみた。

「マクロ フォーカス機能」のある Pixel 7 Pro の方がやはりカメラの使い勝手が良さそうだなあ。しかし片手で使うのは厳しそうなサイズだ (撮影時も含め)。ライフスタイル的に Pixel 7 かな。写真はスマートフォンのではないカメラで撮ることが多いしね。

ということで Pixel 7 に決定。さっそく注文した。

ケースは Pixel 4 の時にも最初に使った Spigen のウルトラ・ハイブリッドにした。ストラップホールあり。これなら背面デザインが溶接面ぽくなくて良いだろう。

[ 10月7日全て ]

2022年11月23日 (水)

Obsidian のサブに Logseq を使う

Obsidian を使っていて「より小さい単位で考えを構造化したい」と思うことがあるのでサブで Logseq を使ってみることにした。

以下のように使い分けることにする。

Obsidian

Logseq

  • ジャーナル
  • 思考
    • ジャーナルページ + ワーキングページ
      • アウトライン & リンク

TaskPaper

Logseq の運用

メインの Obsidian vault の中に Logseq graph を置くのは過去うまくいかなかったのでやらない (名前の衝突・意図しない更新と、それを避けるための心理的負担)。

Logseq graph 専用の Obsidian vault を作って Obsidian Sync でデバイス間同期をすることにした。 Android 版の Logseq はまだ Android 版の Logseq アプリは正式版がまだなので、スマートフォンでノートを読む場合は Obsidian Mobile を使う。

Logseq ページの一部公開

標準機能で Logseq graph をエクスポートしても、Logseq の用途からして作成者以外には理解しにくい静的サイトになりがち。理解しやすいサイトにできたとしても Google がトップページ以外インデックスしてくれないのでそこは頑張らない。

公開したい部分は Logseq 固有の記法は使わない形で Random Thoughts として1ページにまとめて書くことにし、Obsidian Publish サイト内に置いて公開してみることにした。日付見出しをつけて Obsidian で書いて公開していた既存の Random Thoughts は Random Thoughts Journal に改名した。フォルダ間は Unison で双方向同期で。

これでしばらくやってみる。

[ 11月23日全て ]

About

Process Time: 0.044549s / load averages: 0.18, 0.22, 0.23