nDiki : Baby-G

2004年2月1日 (日)

Baby-G から怪音

25:00前、そろそろ寝ようかと思ったら部屋の片隅から「キーン」という高い周波数の怪音が。 「何だろう?」しばらく音源を探したところ、棚の上の方にしまってあった「Baby-G」からであった。

既に電池が消耗しており、液晶表示も消えてしまっている。 最後の微弱な電流で誤動作しているのだろうか。 適当にボタンを押したりしてみるも、いっこうに鳴りやまず。

しかたないので電池抜き。 しかし、工具箱から精密ドライバーを取り出そうとすると音が止まったり。 で「大丈夫かな?」と思うとまた鳴りはじめる。 まるで分かっているかのようで不気味。

結局やっぱり電池を抜いて対処。 精密ドライバーも昔持っていた安物のセットの数本がバラで何本か残っていたのみなので危なかった。 やっぱきちんと買っておいた方がいいな。 電池を抜くのに金具のロックを外す必要があったのだが、それに必要な細ーい棒が無くてマチ針を使ったり。

しかし、防水性能の高い腕時計でなくて良かった。

スポンサード リンク
[ 2月1日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.068908s / load averages: 0.42, 0.53, 0.49
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker