nDiki : Beagle

Beagle

スポンサード リンク

2006年8月8日 (火)

Linux で使えるデスクトップ検索ツール Beagle でローカルファイルを検索

Windows だと Google Desktop でローカルファイルの検索ができるのだが、残念ながら Linux 版はでていない。 そこで Beagle を入れてみることにした。

Beagle はデーモン形式のバックエンドと、検索インタフェースであるフロンエンドに分かれたているデスクトップ検索ツールである。

ファイルシステム上にあるテキストファイルだけでなくメールや、Firefox でアクセスしたページ、OpenOffice.orgMicrosoft Office のファイルなどをインデックス化し検索できるようにすることができるらしい。

ちなみに今まで

ローカルファイルの検索

メールMew 4 での検索(with Namazu)。
nDiki 記事howm で記事ソースデータを検索 (方法)、あるいは www.naney.org 公開記事を Google で。
メモhowm
開発中のソースコードEmacsgrep-find でだいたい事足りる。たまに ack。
仕事のメモできるだけ社内 Wiki社内 Blog に書いておいて Hyper Estraier
その他grep 程度。

といった感じかな。

それ以外はだいたいファイルの位置をうろ覚えしているので、何カ所か探せば見つかることが多い。

問題はうろ覚えの場所になかった時。 その時はなかなか見つからない。

そんなファイルを見つけるのが楽になれば、導入効果あり。

インストールして試してみる

Linux kernelinotify を有効にする

まずは Linux kernel の設定を確認。inotify が有効になっている方が良いらしい。 この間ビルドした時の .config を見て

 CONFIG_INOTIFY=y
 CONFIG_EXT2_FS_XATTR=y
 CONFIG_EXT3_FS_XATTR=y

となっていることを確認。

/home の extended attributes を有効にする。

/etc/fstab を編集し、

 /dev/hda4 /home ext3 defaults 0 2

 /dev/hda4 /home ext3 defaults,user_xattr 0 2

に変更する。書き換えたら、

 mount -o remount /home

でマウントしなおす。

Beagleインストール

Debian パッケージインストール

Beagle を起動

一般ユーザで

 beagled

で起動する。停止は

 beagle-shutdown

で。

Beagle を設定
 beagle-settings

で設定 UI を起動し、インデックスに含めたくないディレクトリなどを設定。

検索してみる
 beagle-search

検索 UI を起動し検索してみる。 日本語も OK のようである。

GNOME 環境をほとんどインストールしていなかったので、検索結果からファイルを開けずつまらなかたので gonome-control-center、gnome-panel あたりをインストールして環境設定等をしてみた。

KDE 系のクライアントもあるので別途いろいろ確認

Firefox 拡張

xpi ファイルを入れておく。 後は普通に閲覧したページが、Beagle でインデックス化されて検索できるようになる。

設定してしまえば、以前開発して使っていた WWWOFFLE + Namazu よりお手軽である。

感想

デーモンが逐次インデックス化していくので、明示的定期的にインデクサを走らせなくていいというのは楽でいい。

日本語関連がどの程度うまく検索できるのか、検索結果は使いやすい順に出力されるのかが未知数。 しばらく遊んでみて便利かどうか確かめてみたい。

スポンサード リンク

Beagle クライアント比較

Beagle クライアントとして

を試してみた。 それぞれ一長一短であり、今のところこれ1本で OK というのがないというのが感想である。

今のところ yaBi が一番使いやすそうである。

Beagle Search (beagle-search)

Beagle に付属する GNOME 系クライアント。

検索結果の1つを選択すると、画面下部に詳細情報が表示される。 選択したものと、表示される場所とが遠いため見にくい。

また選択されていないものはあまり情報が表示されないので内容わかりずらい。

最近は KDE を使っているので個人的には GNOME 系だと設定が面倒。

yaBi

Python で書かれた KDE 系クライアント。

検索結果に対する情報表示やアクションが豊富で使いやすい。

インストールと起動
 tar zxvf 33222-yabi-0.6.1.tar.gz
 mv yabi-0.6.1 /usr/local
 cd /usr/local/yabi-0.6.1
 python2.4 yabi.py

Kerry Beagle

KDE 系クライアント。 システムトレイに対応している。

タイプを問わずに混ぜこぜにスコアの高いものから順に表示するのが特徴。

検索結果における1項目の表示が大きく適度な情報量があるものの、狭くしたり畳んだりすることができないため結果の一覧性はいまいち。

インストールと起動
 tar jxvf kerry-0.1.90.tar.bz2
 cd kerry-0.1.90
 ./configure --prefix=/usr/local/kerry-0.1.90
 make
 make install
 /usr/local/kerry-0.1.90/bin/kerry
[ 8月8日全て ]

2006年11月27日 (月)

Iceweasel 2.0 (Firefox 2.0) にほぼ無事移行終了

ホールドしていた Debian GNU/Linux sid ノート PCFirefox を 1.5 か 2.0 にそろそろ上げることにした。

Firefox 拡張機能

心配していた Firefox 拡張機能等の移行は以下の通り:

Firefox 拡張機能1.5 時代2.0 へ
Adsense Notifier0.9.2OK
SwitchProxy Tool1.4NG -> install.rdf を書き換えてインストール
Google Toolbar for Firefox2.1.20060807LOK
Tabbrowser Extensions2.1.2006031301NG
Wev Developer1.0.2OK
Greasemonkey0.6.6.20061017.0OK
TinyUrl Creeator1.0.1NG -> 無視
Fasterfox2.0.0OK
CustomizeGoogle0.55OK
Add Bookmark Here0.5.5OK
Mozex1.07.1NG -> 1.9.5
All-in-One Gestures0.18.0OK
VideoDownloader1.1.1OK
FoxyProxy2.2.1OK
SearchStatus1.18OK
Japanese Language Pack(deb)1.5.0.7deb はまだ
Beagle Indexer0.5NG -> 0.6
hatenabar0.4.0OK
Diggler(deb)0.9OK
Live HTTP Headers(deb)0.12OK

ほぼ問題なく動いた。

Tabbrowser Extensions については残念だがしょうがない。 かわりに

  • Tab Mix Plus 0.3.5
  • Undo Closed Tabs Button 2.0.0

インストール

TinyUrl Creeator は最近使っていないので問題なし。

SwitchProxy Tool は一応いれたけれど、考えてみれば最近は FoxyProxy の自動切り替えが申し分ないので別に無くてもよかったのであった。

それとステータスバーがごちゃごちゃしてきたので、整理できるように

  • Organize Status Bar 0.5

インストール

テーマ

Modern Pinball 1.5.2 が NG だったので、Modern Pinball v2.0.2 for Firefox v2.0 ( http://mozilla-themes.schellen.net/... ) を入れ直した。

移行してみて

2.0 になったからといってあまり変わった感じはしないか。

Tabbrowser Extensions が使えなくなって、タブまわりの使い勝手が悪くなったのは痛い。個別に拡張機能を入れていくしかないか。

せめてタブを縦並びにできればいいのだが。

[ 11月27日全て ]

2007年7月2日 (月)

Google Desktop Linux 版をインストール

Google より、ついに Google デスクトップ Linux 版がリリースされたのでインストールしてみた。 サイドバーなどの機能はないが、もちろんデスクトップ検索機能備えている。

インストール

Debian 用のパッケージ (google-desktop-linux_1.0.1.0060_i386.deb) があるので、これをインストールすれば OK。 インストールは楽ちん。

動作

KDE を使っている自分の場合、K メニューに「Google デスクトップ」が追加されるので、ここから Google デスクトップを起動する。あとは Windows 版と同様にインデックス関係の設定をしたらおしまい。 じわじわとインデックスが生成されていくのを待つ。

Ctrl キー2クリックで表示される「クイック検索ボックス」あるいは、Web ブラウザ検索画面から検索ができるようになる。 検索結果画面から各ファイルへのリンクは、Konqueror および関連付けされているアプリケーションで開くようになっている。

Beagle はアイドル中に CPU パワーを食いすぎるので、結局アンインストールしてしまったが Google Desktop ではどうだろうか。

[ 7月2日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.059781s / load averages: 0.32, 0.41, 0.41
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker