nDiki : DBIx::Class

2006年6月18日 (日)

DBIx::Class + SQLiteWiki認証/承認データベース

利用目的に合わせて認証/承認の機能を WiKicker に組み込めるようにする作業を行っている。

典型的な認証/承認用に、ユーザデータベースSQLite で作って使えるようにするモジュールを標準で提供できるようにといろいろ試みているところ。

直接 SQL を使うのは避けたいので、DBIx::Class を使ってみることにした。 同様のモジュールとして Class::DBI があるが、DBIx::Class の方ば良いという記事をみかけたのでこちらにしてみた。

全体像を把握するにはちょっとかかりそうだ。

スポンサード リンク
[ 6月18日全て ]

2006年6月19日 (月)

DBIx::Class + SQLite といえども CREATE TABLE は必要か

DBIx::Class + SQLite でお手軽に」と思ったが、考えてみればテーブルの作成は必要なんだよな。

SQLite はファイルベースのデータベースで、指定したファイルが無ければ新規に作られるんだけれど、さすがにテーブルは自分で作る必要があるわけで。

WiKicker を使うのに sqlite コマンドラインツールの用意を要求するのは避けたいので、専用の管理スクリプトを提供することにする。

なんだかんだいって工数がかかるな。

[ 6月19日全て ]

2006年9月5日 (火)

WiKicker 0.37 リリース - 主に添付関連の機能を改良

24時を過ぎたので、日付的には9月6日のリリース。

主に添付関連の機能を改良。 それから設定ファイルに BOM があっても問題ないように動くように改良。 BOM 対応は他のデータファイルもおいおい対応したい。

認証/承認機能についてはなかなか進まず。この間 DBIx::ClassCPAN からインストールしようとしたら make test でこけるし。 DBIx::Class は依存モジュールも多くいろいろ面倒なので、やっぱりやめた方がいいかなと思いつつある。 素の DBI でいくべきか?

[ 9月5日全て ]

2006年9月12日 (火)

DBIx::Class はあきらめて素の DBI + DBD::SQLite で。

WiKicker をベースとしたシステム用の認証・承認データベース開発であるが、結局 DBIx::Class をいじる時間がないので、素の DBI + DBD::SQLite でいくことにした。 SQL でゴリゴリ書くことになるけど、こっちの方が DBIx::Class の挙動を調べながら書くより(まずは)早く完成できるので。

WiKickerMakefile.PL で指定している依存モジュール指定からも DBIx::Class および関連モジュールを削除。

[ 9月12日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.053282s / load averages: 0.39, 0.57, 0.60
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker