nDiki : DynaBook SS 3440

DynaBook SS 3440 P50/1A8

スポンサード リンク

2001年12月2日 (日)

24:00 DynaBook SS 3440 のポッチ交換

私は「ノート PCポインティングデバイスはやはり TrackPoint /アキュポイントでなきゃ嫌」派で、必然的に選べる機種の少ない淋しい人だ。 そんなこだわりはあるが、デバイスのぽっち(キャップ)の磨り減りには無頓着だ。

いやいや気にはなるのだが、さしたる不便はないので交換しそびれてしまうのだ。 たまたま、今日は MOバックアップ中の開き時間があったのでゴソゴソと探しだして交換。 しばらくは、真新しいザラザラで右人差指がひりひりになること必至。

[ 12月2日全て ]

2003年6月1日 (日)

買物ぐるぐる

月初めということで。 WiKicker 0.07 をリリースしたあと、新橋 - 上野間ほうぼう巡りへ。

新橋 - 銀座デジタルイメージングセンター

現像のネガフィルムが1本あるのだが、自宅近くのミニラボが潰れてしまってどこに出したらいいのやら。 ということで、(焼きがまわったかもしれないが)2ちゃんねるでいい店だという投稿のあった、銀座デジタルイメージングセンターに出してみた。 新橋駅が最寄り、銀座ナイン2号館。

上野 - ヨドバシカメラ

浄水器のカートリッジ。

御徒町 - マルゴー

Arc-AAA

Arc-AAA LED フラッシュライトの取り扱いを始めたとのことなので、1本買っておく。 クリップつきのグレーのバージョンのやつ。 3,900円。

秋葉原 - 千石通商

CR123A x 2 で 460円。 マクセルなのでライト用にするつもり。

有楽町 - ビックカメラ

やっぱ DynaBook SS 3440 のバッテリーを買っておくことに。 しかし案の定ここも、ブツ無し。 取り寄せ(しかも部品扱いとの事)。

地下で、ネガアルバムと乾燥剤も。

新橋 - 銀座デジタルイメージングセンター

同時プリントの受け取り。

実家

浄水器のカートリッジを交換。

[ 6月1日全て ]

2003年11月30日 (日)

ポッチ交換

アキュポント DynaBook SS 3440アキュポイントのキャップを1年ぶりに交換。 「何か最近ポインタを合わせるのにストレスを感じるな」と思っていたのだが、つるつるになっていたキャップを交換したら急に快適になった。 もっと早めに交換しておけばよかった。

[ 11月30日全て ]

2003年12月3日 (水)

ThinkPad X31 ファーストインプレッションなど

箱 ThinkPad and DynaBook ThinkPad and DynaBook

  • 静か。
  • 紙のドキュメントがほとんどついていない。
  • 社長やバイトの人の ThinkPad に保護シールがついたままなのを見て「剥がせ剥がせ」といつも言っていった手前、とっとと剥がしておく。
  • Designed for Mic... シールをとっとと剥がす。
  • intel Inside ... シールをとっと剥がす。

DynaBook SS 3440 と比べるとデカイな。 DynaBook SS 3440 の薄いキーボードに慣れてしまっていたので(これはこれで慣れると打ちやすい)、久しぶりに ThinkPadキーボード!って感じ。 単独のスクロールボタンがある点では 3440の勝ち。

昔はPCを買うと延々何十枚もフロッピーディスク(IBM流に言うとディスケット)にバックアップを取らなければならなくて一仕事だったのだが、今はすぐ使えるからなぁ。

[ 12月3日全て ]

2003年12月5日 (金)

[ Debian ] DynaBook SS -> X31

作業中は、両方同時に使用する事になるのでホームディレクトリを Unison で同期。 DynaBook SSの方はメモリ192MBなのであるが、ホームディレクトリをまるごと転送するとスワッピング発生しまくりで、かなり遅い(それに加えて使用しているのが3C589なので10Base-Tだし)。 同期するファイル群の絶対的なファイル数はそれほどメモリ使用量には関係ないのかな。非同期になっているファイル数に応じてメモリを消費している感じ。-path で何回かに分割すれば良いようだ。

他、/etc、/usr/local、/var の下の一部、/home の下の一部を X31 の /usr/local/ss2 以下に rsync。 もともと DynaBook SS の /usr/local にはさらに前の Debian BOX の 退避ファイルを残してあるので、

 /usr/local
   |
   +- ss2
       |
       +- usr-local
           |
           +- ss
              |
              +- 2代前のDebianBOXの
                 /usr/localファイル

なんて事になっている。 そろそろあきらかに必要のないファイルを削除しないといかんな。

とにかく、ほぼ必要なファイルを転送終了。 qmailMew の設定が無事 X31 で動いたので、今日からこちらで作業する事にする。

[ 12月5日全て ]

2003年12月7日 (日)

ThinkPad X31 メモリ増設

内蔵メモリ ThinkPad X31 2672-PHJ 内蔵 256MB メモリ (Infineon 256MB DDR333 CL2.5) をひっこ抜いて 2672-BJ9 へ増設。256MB + 256MB = 512MB

で(ポイントがたまっていたので)ヨドバシカメラへ行って 200PIN SO-DIMM PC-2700 DDR SDRAM512MBメモリを2枚購入してきて、2672-PHJへ。512MB + 512MB = 1024MB。

1台に 512MB x 2 を増設すると思うと予算的にちと心苦しいが、2台を増設したと考えれば気にならないな(実際最初は2台とも 256 + 512 にする予定だったのだが BJ9の方はそれほどヘビーな使い方をしないので、片方を1GBにすることにしたのである)。

前の DynaBook SS 344064MB + 128MB で打ち止めで普段から128MB swap もほぼ使い切っていたから、今度は極楽極楽。

[ 12月7日全て ]

2003年12月10日 (水)

エレコム ZEROSHOCK

ZEROSHOCK ZSB-IB003BK DynaBook SS 3440をデイパックに突っ込んで持ち運ぶ時に収納していたインナーケースがぼろぼろになっていたので、ThinkPad X31 新調に合わせてこちらも新しくする。

低反発ポリウレタンを使用した、ゼロハリをパクったようなロゴのゼロショックにしてみた。

[ 12月10日全て ]

2004年3月6日 (土)

DynaBook SS 3440を再セットアップして里子に

ThinkPad X31を購入してから隠居中であったDynaBook SS 3440に、Windows を再セットアップして里子に出すことにした(実家がPCが無いのにソフトを買ったというので)。

買ってすぐフォーマットしDebian GNU/Linuxインストールしたのでどんなソフトウェアが初期セットアップされているのかも全く知らないのだが、とにかくリカバリCD-ROM復旧Debianインストールされた mbr は上書きされなかったようで、起動時に

 MBR

と出るが Windows 98 SE だし特に問題なし。

2000年2月15日発表モデルだが、モバイルPentium III 500MHz + 172MBメモリ、バッテリも AC アダプタも去年交換済みなので、汚れと塗装のハゲが気にならなければそこそこ遊べるでしょう。 って3ヶ月前までは私のメインPCとして、バリバリ開発に使ってたんだし。

17:15 実家

DynaBook SS 3440を貸し出しに行く。 それから自宅に置いてある「Palmプログラミング(改訂前)」を取りに。

ついでに夕食もごちそうになってくる。

[ 3月6日全て ]

2006年1月14日 (土)

はじめての iTunes

実家が「iPod が欲しい」と言っているのだが、PCの方が使える状態なのか不明である。 里子に出している DynaBook SS 3440 で使えそうなのかチェックしてみることに。

かくいう自分も iTunes を使うのも初めてだったりする。 iTunes 6 をインストールしてから、リッピングのテスト。

手持ちの東芝製の PC カード接続24倍速 CD-ROM ドライブ(PA2673UJ)で問題なくリッピングできることを確認。 おお、簡単。 特にマニュアル等を読まなくても、適当にボタンを押せばできてしまった。 iTunesインタフェースが良くできているということか。

iPod との接続についてだがこのノート PCUSB 1.1 なんだよね。さすがにこれでは辛いか。 と思ったら IEEE 1394 があったんだっけ。 使った事ないのでちょっと不安だが、これで一応使えるわけだね。

ということで、いけそう判定。

[ 1月14日全て ]

2006年1月20日 (金)

iPod 用に USB 2.0 インタフェース PC カード購入

rimage:ASIN:B0009I4QRG が一昨日 iPod を買ったらしい。MA002J/A。

えーと確認してみると。ふむふむ。第5世代のやつね。 え? これって FireWire で接続できないの? USBのみ? DynaBook SS 3440 では FireWire (IEEE 1394)でつなごうと思ってたのに。 さすがに USB 1.1 だと辛いだろうし。どうするか。

そういえば USB 2.0 インタフェース PC カードっていう手があったか。 値段的にも許せる範囲。

ということで、アイ・オー・データ機器の「USB 2.0/1.1 インターフェイスPCカード CBUS2」を購入。

DynaBook SS 3440PC カードスロットが2基あるのだが iPod を使うとなると

を取っ替え引っ替えする必要があるがいたしかたない。さらに投資して CD-ROM ドライブUSB 接続のものに換えるという手もなくはないが、ちょこちょこ買って気がつくと新しいノート PC を買った方が実は良かったなんて結果になるのも馬鹿らしいので要注意だ。


[ 製品レポート ]

[ 1月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052181s / load averages: 0.03, 0.14, 0.15
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker