nDiki : FreeMind

FreeMind

Java で書かれたフリーのマインドマッピングツール。 PDF への書き出しも可能。

スポンサード リンク

2005年6月2日 (木)

FreeMindマインドマップ

きっかけ

企画書書いてみ」 →「いきなりプレゼンツールでゴリゴリではなくて、アイデアまとめからだよな」 →「そういえばマインドマップというのをたまに見かけるっけ。ちょっと前から気になっていたんだよね」 →「ツール探し。Linux でも Windows でも動く FreeMind が良さそげ。」

FreeMind を入れてみた

操作がシンプルですぐ覚えられる。 キー操作によるインタフェースが良く出きていて、2次元的な図として書いていくのだけれど普通のエディタと同じような感覚で入力していける。このため変に思考を遮らないのが良い。

ただし HHK Lite には FreeMind で多用するカーソルや Insert キーがないのでちょっと不便。Fn と組み合わせて押さなければならない。 慣れれば問題ないとは思うけど。

それか、FreeMind のキーストロークをカスタマイズするか。

機能

  • HTML形式での書き出し機能あり。
  • アプレットを利用して、そのままデータファイルを Web サーバに置いて公開することも可能。プロジェクトメモ等で、関係者が全員アプレットを使用できる環境だと分っている時は、こちらの方が綺麗でみやすい。
  • 何かと必要な画像形式でのエクスポートは 0.8.0 から(?)。安定版は現在 0.7.1 で、Debian GNU/Linux sid のもこれ。最初は 0.7.1 を使ってみたが、すぐ 0.8.0 rc3 にのりかえ。

本とか

一応本屋とかで、マインドマップの本とか見てみた。

とりあえず、読まなくてもいいかなと。

特に系統的な方法論とかがあるような感じがしなかったし、そもそも、そういうのにしばられずに使うのが良いだろうし。

本でもWebでの紹介でも「脳のなんちゃら」とかって書いてあるけど、 そんなのどうでもいいんじゃないか? 実際本当にそうなの? 「表でまとめて考えると良い」って時は脳も表形式で機能しているの? 「グラフにまとめている」時は?

議事録x2に使ってみる

昨日と今日の2件のミーティングの内容をまとめてみる。 テキストで書くと、時系列ベースから抜け出しにくい。 かわりにマインドマッピングツールを使うとその場で木構造をいじって意見・提案・質問等に簡単にまとめなおすことができ、それにより話題のポイントが浮かびあがってくる。

なるほど面白い。すごく整理できてしまった感じ。

その他使ってみる

その他、頭の中で考えている内容をまとめたり、プロジェクトの問題点の洗い出しにちょっと使ってみたが、どんどんノードが増えていって面白い。

この記事もまず、FreeMind で下書きしてみた。 これぐらいの分量なら、十分下書きになる。

なかなかいい感じなので、しばらく使ってみようと思う。

スポンサード リンク
[ 6月2日全て ]

2005年6月3日 (金)

すごい会議」2度目

1週間前のとは別のプロジェクトで「すごい会議」を開いてみた。 といっても参加者は、前回のメンバとほとんどかぶっていて、新たに一人加わった4人。 3人はすでに前回途中まで「すごい会議」をやっているので、勝手がある程度つかめているかなといった感じ。

いま、うまくいっていることはなにか?

最初の手順であるが、これが意外と時間がかかる。 4人で30分弱。 ただ、雰囲気作りと書いて発表するという手順に慣れるという効果を得るにはそれぐらい費すべきか。

達成したいことはなにか?

前回もそうだったが、本の通り「〜(精神的意味合い)となる」という形で考えるとなかなか困ってしまうようである。テンプレートを再考した方がよさそう。

この会議で、達成したいことはなにか?

それぞれの立場が列挙される。 「自分自身が一番影響を与える」という意識に参加者を導くという意味合いがある手順であるが、ここであげられた各人のテーマを司会者としてどう組んでいくべきのか悩む。 前回と同様の悩み。

いま直面している問題はなにか?

これが今回一番ブレイクした手順。 今回は以下のルールのもと進めてみた。

  • 「どのようにすれば〜」を順番にホワイトボードに書いていく時、思いついた解決策を思いついていればその場で赤で併記する。
  • すでに書いてある(自分の/他人の)「どのようにすれば〜」に対して、解決策が思いついたら好きなタイミングで赤でホワイトボードに書いてよいことにする。
  • 赤で書いてある解決策について、問題点を発見した場合はそれをまた「どのようにすれば〜」という形にして、ホワイトボードに黒で書き足す。これの解決策が思い浮かんだら同様に赤で書く。

このルールによって、面白いようにホワイトボードアイデアが書きこまれていく。 「どのようにすれば〜」は分割統治法で問題を解くエンジンではないかとこの間ちょっと思ったのだが、今回それを実感。

残り時間が少なくなってきたので、忙がなければならない解決策は担当決め。 後できちんとコミットメント・リストに入れる必要あり。

時間切れ

結局ここまでで、今日の予定2時間が経過したので、終了。 やはり、最低もう倍ぐらいの時間はないと最後までまとまらなさそうだ。

ホワイトボード

そういえばこのまえ雑談で「1人1台PC + プロジェクタ + Wiki」を使うことで、ホワイトボードに書く時間を減らして効率的にできるのではという話が出た。

1度はそいういう形式でやってみたいのだが、ホワイトボードに手を動かして書いていくというのも捨てがたい。

それから、ポスト・イット イーゼルパッドもぜひ使ってみたい。 ホワイトボードだと、先に書いた手順は消していってしまうから後で参照できない。 巨大ポスト・イットに書き込んでいって、会議の後の方でも壁に貼っていつでも参照できるようにするといった進めかたをしてみたい。

議事録

全員がそれぞれノートを取るのはちょっともったいないかも。 ミーティングのテンションが上がって、ホワイトボードへの書き出しが多くなるほどノート取りが大変になって、アイデア出しに使う頭が奪われてしまう。

  • デジカメで撮る (前回はそうしてみた)
  • イーゼルパッドを使う
  • 誰かが書記担当になる (少人数だと専任というわけにもいかない)

あたりのルールを決めて始めた方が良いかもしれない。

そうそう自分は FreeMindノートを取ってみた(結局自分も皆と同様ノートを取っていたのである)。 どんどん追記されていくホワイトボードメモるのは、紙に書くより圧倒的に楽(紙だと書くところがなくなる)。 図がででくると困りそうだけれど。 やはりその時は手書きやデジカメ併用で、後で清書するしかないかな。

[ 6月3日全て ]

2009年1月17日 (土)

今日のさえずり - ブリトーってまだあるんだな

naney:3199985505

2009年01月15日

2009年01月16日

2009年01月17日

  • 13:07 診察終了。原因・病名不明。 [mb]
  • 13:56 ブリトーってまだあるんだな。これから食べる。 [mb]
  • 22:01 LABI広告の上で爪切る。 *P3
  • 22:58 かなーり久しぶりにニコニコ動画見てる。なんか情報登録要求された。 *P3
[ 1月17日全て ]

2009年3月17日 (火)

ネットワーク的なモデルの検討・整理に使える Frieve Editor

ブレーンストーミングに使うツールとしてはマインドマップがメジャーどころで、フリーなソフトウェアとしては FreeMind がある。 しかしマインマップは階層的に枝葉を伸ばしていくという方法論なので、相互に依存関係があったり推移的な閉路があるようなネットワーク的な物事を整理するのには向かない。

ということでネットワーク的な検討・整理に Frieve Editor を使ってみた。

Frieve Editor はカードとリンクとラベルをベースとしたエディタ。 公式サイトにある機能紹介ビデオを見ればすぐにどんなものかわかるはず。

因果関係について頭を整理したりするのに便利だ。

カードは関係性やラベル付けなどにもとづいて自動的に再配置させることができるので、あまりレイアウトにこだわらずにカードを追加していくことができるというのもいい。

新しい発想が必要な時・頭を整理したい時に役立つツールの一つになりそうだ。

[ 3月17日全て ]

2009年10月21日 (水)

今日のさえずり: 私にはイケメンに対する免疫がない

naney:4031446527

2009年10月21日

  • 11:51 WebARENA SuiteX どう? って聞かれたけれどどう? 使っている人いるかな。
  • 13:30 @nyafuru Twitter の世界へようこそ!
  • 14:12 あ、やっぱり今日はガラス清掃の日か。退避。
  • 14:27 FreeMindポータブルアプリケーションの仲間入りさせた。user.properties、auto.properties の保存先は -Duser.home オプション追加で指定。
  • 16:37 午後の紅茶 パティシエ アップルダージリン・オレ買ってきた。ハズレ。なんだこりゃ。
  • 16:45 アップルダージリン・オレ、「オレ」を見落としていた。アップルダージリンを期待していたのにー。
  • 16:45 @chaco 子供が遊びでそこらへんにあった飲み物を混ぜた感じの味ですよねえ。
  • 16:51 @aqualuna アップルダージリン・オレ、中途半端に薄くてイケてません。
  • 19:03 私にはイケメンに対する免疫がないことが @nyafuru との会話で判明した。 [mb]
  • 21:01 昨日買っておいたペプシあずき。 http://movapic.com/...
  • 21:03 曰くペプシあずきはファンタグレープ。 [mb]
  • 21:25 自分もペプシあずき飲んでみた。無難に仕上げてきたなという印象。原材料名の中の香料があずき風味成分? [mb]
  • 22:30 この間容量不足のためいったんアンインストールした PIXUS MP980ソフトウェア群をインストール
  • 23:01 @dai8384 こんばんは。大井町に住んでらしたんですか! 大井町もここ最近変化が激しくまだまだ変わりそうです。
  • 23:05 ちょっと Linux kernel の config 変更して再ビルド中。
  • 23:25 あーもしかしてフルリビルドになってるかも。だとするとしばらく終わらないな。一旦止めて明日にするか。
  • 23:37 昨日買っておいたペプシあずき。 [Flickr] http://bit.ly/2KHcOc
  • 24:15 2009年10月19日の歩行: 5126歩、3.94km、44分、5.32km/h、消費 197.5kcal、脂肪燃焼 28.2g、2.9エクササイズ。
  • 24:17 2009年10月20日の歩行: 8572歩、6.56km、78分、4.98km/h、消費 322.1kcal、脂肪燃焼 46.0g、4.4エクササイズ。
  • 24:20 2009年10月21日の歩行: 7395歩、5.68km、65分、5.19km/h、消費 275.7kcal、脂肪燃焼 39.4g、4.0エクササイズ。
  • 25:05 ボールペン注文しちゃった。
  • 25:29 寝る。
[ 10月21日全て ]

2010年3月25日 (木)

Evernote に添付した FreeMind Map ファイルを直接開けるようにする

マインドマップ管理ツールとしての Evernote

FreeMind はいいマインドマップツールだ。 しかしマインドマップファイルの管理方法について考えあぐねてスポット的にしか使っていなかった。 ファイル名にタイトルをつけて管理するには無理がある。画像ファイルの管理にはアルバムソフトウェアが必要なように、マインドマップツールにもブラウザが必要だ。

やはりここは Evernote の出番か。Evernote ならマインドマップを添付したノートにタグやメモをつけておくことで検索・ブラウズができるようになるし、マインドマップ以外のデータもあわせて管理しておくことができる。

Evernote から直接 FreeMind Map ファイルの編集を呼び出すせるようにする

Windows ではただ普通に FreeMindインストールした状態では、Evernoteノートに添付されている FreeMind の .mm ファイルを開いても FreeMind が起動するだけでそのファイルが開かれた状態にならない。

Evernote から FreeMindマインドマップを開き、編集し保存すると Evernote ノートに自動的に書き戻されるようにするにはファイル関連付けの修正が必要だ。

以下は Windows XP + Evernote 3.5.2.1764 + FreeMind 0.8.1 での設定。

  1. エクスプローラ の [ツール]-[フォルダ オプション] から [ファイルの種類] タブを選択する。
  2. 拡張子 MM、ファイルの種類 FreeMind Map を選び、詳細設定を選択する。
  3. Open アクションを選択し、編集を選択する。
  4. [アクションを実行するアプリケーション] を "C:\Program Files\FreeMind\Freemind.exe" "%1" から下記のように変更し、OK を押す(インストール先にあわせてパスを適宜変更)。
 javaw.exe -Xmx256M -jar "c:\Program Files\FreeMind\lib\freemind.jar" "%1"

これで Evernote から直接開いて閲覧・編集できるようになる。

Happy mind mapping!

2011年11月10日追記

今日のさえずり - なんかバグパイプな音楽がオフィスにかかってる

2010年03月25日

[ 3月25日全て ]

2011年11月10日 (木)

Evernote に添付した FreeMind Map ファイルを直接開けるようにする (Windows 7)

Windows XPEvernote に添付した FreeMind Map ファイルを直接開けるようにしたんだけれど、Windows 7 では若干手順が違ったのでメモ

Windows 7 + Evernote 4.5.0.5229 + FreeMind 0.9.0。

Windows 7 だとコントロールパネルからファイルの種類別の処理を詳細に設定できないので ftype コマンドで設定する。FreeMind を .mm に関連付けするようにインストールした状態で cmd.exe を管理者権限で実行。そのコマンド プロンプト上で以下作業。

 assoc

を実行して .mm=Freemind となっていることを確認。

そうしたら以下のコマンドを実行する。

 ftype Freemind=javaw -Xmx256M -Xss8M -cp "c:\Program Files\FreeMind\lib\freemind.jar;c:\Program Files\FreeMind\lib\commons-lang-2.0.jar;c:\Program Files\FreeMind\lib\forms-1.0.5.jar;c:\Program Files\FreeMind\lib\jibx\jibx-run.jar;c:\Program Files\FreeMind\lib\jibx\xpp3.jar;c:\Program Files\FreeMind\lib\bindings.jar" freemind.main.FreeMindStarter "%1"

64 bit 版なら以下を実行する。

 ftype Freemind=javaw -Xmx256M -Xss8M -cp "c:\Program Files (x86)\FreeMind\lib\freemind.jar;c:\Program Files (x86)\FreeMind\lib\commons-lang-2.0.jar;c:\Program Files (x86)\FreeMind\lib\forms-1.0.5.jar;c:\Program Files x86)\FreeMind\lib\jibx\jibx-run.jar;c:\Program Files (x86)\FreeMind\lib\jibx\xpp3.jar;c:\Program Files (x86)\FreeMind\lib\bindings.jar" freemind.main.FreeMindStarter "%1"

これで Evernote から直接開いて閲覧・編集できるようになる。

Happy mind mapping!

[ 11月10日全て ]

2013年3月6日 (水)

マトリクスが書けるマインドマッピングソフト XMind に惚れた

マインドマップを書く時、最近は(といってもしばらく書いてないけど) iPad 用の iThoughtsHD を使ってる。直感的に使えるしエクスポート結果も綺麗だし、クラウド連携も良くできてる。

ただ難点があって iPad 2 が手元に無い時は使えない。PC だとたまに FreeMind とか使ってたけどちょっと表現や出力がモダンじゃなくて高まらないので、別のを探してみることにした。

XMind をチョイス。

Eclipse ベースなので見た目も綺麗だ。気にいった点はマトリクスが書けること。多次元マインドマップツールとまではいかないけれど、表が書けて、別のツリーからその表上のトピックに関連線をつけられる! ひゃっほー。こういう図が書きたかったのよという感じ。

フリーだと PDF 出力が無いのはちょっと惜しい。Gantt View も使える XMind Pro 2012 が気になるんだけれど $99 なんだよねぇ。ちょっと高い。でも PDF 出力のためだけに $79 の XMind Plus 2012 のライセンス買うのものなあ。しばらくはフリーで使い込んでみよう。

[ 3月6日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.049622s / load averages: 0.51, 0.51, 0.46
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker