nDiki : GanttProject

GanttProject

Java で書かれているガントチャートツール。 Java で書かれているため Windows だけでなく Linux 等でも利用できる。 日本語も使える。

Java Web Start から起動が可能なので、簡単にプロジェクト用 Web サイトでチャートを共有できる。 また WebDAV を使用してプロジェクトファイルを共有するという使い方もできるようである。

PERT 図の生成も可能。

データは XML 形式で保存される。 エクスポート形式としては、PNGJPEGCSVHTMLPDFMicrosoft Project (MPX、MSPDI) を選択することができる (2.0.4)。

スポンサード リンク

2004年4月13日 (火)

ガントチャート関連ツール

DateBk5 からのガントチャート作成の話だが、まずはチャート作成部分は他のものを利用できないかなと調査。

Planner (MrProject)

以前にちょっと使ったことあり。 日本語OK。 以前、保存したら次に開けなかったことがありそれ以来使っていない。 データはXMLフォーマット(DTDもある)なので、この形式でデータを作成すると、勝手にチャートを作らせることができる。

使い勝手はいいが、印刷まわりはちと弱い。

GanttProject

Java で記述されていて、Java Web Startも可能。 見た目は Planner とほとんど一緒。

これもデータはXMLフォーマット。

PyGantt

Python で書かれたガントチャート作成ツール。

aptラインが用意されているので入れてみる

 apt-get install python-logilab-pygantt

実行

pygantt --help Traceback (most recent call last):

  File "/usr/bin/pygantt", line 2, in ?
    from logilab.pygantt.main import run
  File "/usr/lib/python2.3/site-packages/logilab/pygantt/main.py", line 103, in ?
    from logilab.pygantt.lib.readers import ProjectXMLReader
  File "/usr/lib/python2.3/site-packages/logilab/pygantt/lib/__init__.py", line 21, in ?
    from objects import *
  File "/usr/lib/python2.3/site-packages/logilab/pygantt/lib/objects.py", line 31, in ?
    from zLOG import LOG, INFO

ImportError: No module named zLOG

何か足りない。

スポンサード リンク
[ 4月13日全て ]

2004年7月25日 (日)

過去の今ごろ

過去の7月25日より。

[ 7月25日全て ]

2004年8月26日 (木)

GanttProject開発スケジュールを作成

そろそろ2004年度後期プロジェクトが複数スタートする。 スタッフの割り当てをどうするか見通すために、ガントチャートでも書いてみる。

細かくスクロールができなかったり、印刷画像エクスポートの際の範囲指定ができなかったりと痒いところがまだまだあるが、それなりに使える GanttProject で作業。

とう点を利用して、

  1. 作ったプロジェクトファイルを社内Webサイトに置く。(WebDAV は用意していないので閲覧用)
  2. JNLPファイルを書く。Java Web StartGanttProject を起動するようにする。起動時の引数にプロジェクトファイルのURLを指定する。
  3. Wiki からJNLPにリンクをはる

として Wiki から直接 GanttProject を立ち上げてガントチャートを表示できるようにした。 変更毎にHTML(や画像PDF)に export する必要がないので楽。 閲覧側はちょっとヘビーではあるが、自由にスクロールや拡大・縮小して見られるという利点がある。

[ 8月26日全て ]

2004年9月7日 (火)

Progect から GanttProject

プロジェクトのスケジュールを書きつつ、Palm::Progect を使った GanttProject へのコンバータをやっつけで少し書いてみる。

Progect の方は開始日を入力できないので、必要に応じてノートの方に書いておいてスクリプトでチェックするようにした。 作ったスケジュールを他人に見せるのに便利かなと思ったがどうかな。 作業期間を把握したい時はガントチャートにした方が確かに見やすいが、Progect で入力した TODO 的要素についてはそのままもってきても見にくい。 微妙。

[ 9月7日全て ]

2004年12月27日 (月)

Project@Hand 2 購入

来年のプロジェクトのスケジュール/タスクを検討中。

先週末から GanttProject 1.0.3 を使ってちょこちょこ線表を書いて考えているのだが、まだこのソフト自体完成度が高くないのでいまいちタスク設定に集中できない。

  • スクロールの勝手が悪い。
  • リソース別の表示ができない。
  • 休日の処理が強くない。
  • 印刷もいまいち。画像でチャートを出力する際も出力範囲がいい感じに指定できない。

(印刷以外において)これらの点で以前試した Project@Hand 2 が結構良かったのを思い出す。 もう一度インストールして試用してみる。

Palm OS 上での作業になるので画面は狭いものの表示が良くまとまっているので、小・中規模のプロジェクトなら十分。 前回の試用では使ってみなかったが、フィルター機能で指定したリソースだけ表示したりリソース未割り当てのタスクだけ表示だけできる。

プロジェクトのタスクのチェックに Progect も使ったりしているが、こちらはリソースの割り当て状況を確認するといった用途には向かない。

来年は Project@Hand 2 で行ってみるか。

ということでライセンス購入。$29.95 (USD) 也。

今後は

というコンビネーションで。

[ 12月27日全て ]

2006年1月20日 (金)

完成度まだまだの GanttProject

年度末に向けて複数のプロジェクトが立て込んでくる。 あらためてチーム内での分担を整理して、無理のない計画を立てておきたい(作業量が多いのでどう割り振っても無理が出そうではあるが)。

ということで、久しぶりに GanttProject で線表を引いてみることにした。 最新の GanttProject 2.0-pre3 を試してみる。

以前のバージョンに比べて使い勝手は良くなったものの、スクロール操作などはやはりどうも違和感がある。

それと、やはりまだ印刷機能が弱いな。 印刷がうまくできないと役立ち度がかなり低い。

[ 1月20日全て ]

2007年1月17日 (水)

GanttProject 2.0.3 でガントチャート書き

急拠今日中に工程表を作る必要が必要が出たので GanttProject 2.0.3 で作業。

(前からそうだが)印刷・エクスポートが望み通りにできないのが痛い。 それとホイール操作は拡大・縮小ではなくて、タスクの上下スクロールにして欲しい。

やはりちょっとタスク数が増えると GanttProject だとしんどい。

[ 1月17日全て ]

2007年4月23日 (月)

ソフトウェア技術者御用達のプロジェクトマネジメントツール TaskJuggler

ときたまやってくるソフトウェア開発計画作成、今までは GanttProject を使っていたのだけれども、挙動が安定しないのと印刷機能が貧弱なのとで満足できていなかった。

ということで今回は新しいツールを使ってみることにした。チョイスしたのは TaskJuggler

Linux 上で動くツールである。 GanttProjectWindows でも Linux でも使えるのが利点だったのだが、ここ数年の中でプロジェクトファイルを共有することも無かったので、まあ Linux だけでしか動かなくてもいいかなと。

テキスト形式でのプロジェクト記述

TaskJuggler が特徴的なのは、プロジェクトをテキストファイルで記述するところである。 一般的なプロジェクトマネジメントツールは GUI 上でガントチャートを直接編集したりできるのだが、TaskJuggler はそんな軟弱者向けの機能は用意されていない。

あくまでテキストで書く。プロジェクト・リソース・タスク・レポートをテキストファイルに書く。 でコンパイルするとガントチャート等のレポートが生成される。実績もテキストで入力する。

書き方に問題があればコンパイルエラーになるし、定義したタスクの依存関係等でプロジェクト期間からはみ出てしまうような時もコンパイル時に怒られる。 渋い。

TaskJugglerUI

とっつきにくく見えるが、慣れると以外とそんなに難しくない。 effort と length と duration の違いが分かればあとは楽勝。

TaskJugglerUI という GUI ソフトウェアでは、補完機能の優れたエディタが内蔵されているしサイドバーのリストからタスク等を選んで、対応する行に移動することもできる。

さながら Eclipse でコードを書いているような感じ。

下手にガントチャート上でタスクをドラッグアンドドロップして、日にちを動かすよりも思った通りに定義していけるので良い。

印刷

ガントチャートについては、それなりに見やすいフォーマットの印刷物を生成してくれる。 印刷からプリンタとして「Print to File (PDF)」を選択すれば日本語も含めて問題なく PDF 化できるので、でき上がったものも配付しやすい(ここら辺は KDE 側の範疇か)。

GanttProject では PDF 出力がイマイチで結局、画像ファイルにエクスポートしてプリントアウト/配付していたのでこれは便利。

面倒な点といえば

面倒な点があるとしたら、タスクに ID をつけてその ID で依存関係などを指定してあげなければいけない点か。 識別子を考えるのが面倒なのと、タスクの数が増えてきた時にその指定したい ID を探す(思い出す)のが面倒である。

あと、識別子の名前変更リファクタリング機能があればいいな (一括置換だと関係ないところまで置換してしまう可能性がある)。

ということで

ソフトウェアエンジニアには使いやすいツールだと思う。

マクロ機能やインクルード機能などもあるのでもう少し使いこんでみたい。

[ 4月23日全て ]

2013年8月14日 (水)

ガントチャートソフトウェアは Web へ移った

ちょっと先までの開発スケジュールを立てるのにガントチャートでも書くかなと思って、ソフトウェア漁ってみたんだけれど、インストール型のフリーなソフトウェアは代わり映えしないねぇ。ほんと。

OpenProj が ProjectLibre になったというので入れてみたけど、あいかわらずお洒落じゃないし、GanttProject もほんと変わってない。

主戦場は Web に移っちゃったのかな。

複数人で更新できるとか、わざわざ PDF画像形式でエクスポートしなくて良いとか魅力的なんだけれど、仕事で使うとなるとやはりネットサービスはちょっと慎重にならざるをえないんだよね。うーむ。とりあえず今日のところはがんすけ2で。

[ 8月14日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.109654s / load averages: 0.44, 0.63, 0.64
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker