nDiki : Google ドライブ

2019年2月21日 (木)

Google ドライブ ファイル ストリーム駄目だった

MacBook Pro のリプレースにあたり Google ドライブのローカルへの同期を「ドライブ ファイル ストリーム」にしてみたんだけれど、自分の使い方ではデメリットが多いので即日「バックアップと同期」に戻した。

ドライブ ファイル ストリームにしようと思った理由

  • 共有ファイルを気軽にマイドライブに追加してたらどんどんファイルが増えた。
  • ファイルのオーナー引き継ぎを何度も受けてどんどんファイルが増えた。
  • シンボリックリンクがないので「追加」多用しているのだけれど、これバックアップと同期ではローカルにそれぞれ実体ができて無駄な感じになる。

ドライブ ファイル ストリームなら実体はクラウドストレージ側にあるのでファイル数が多くてもへっちゃらではないか。そう思ったわけです。

ドライブ ファイル ストリームにしたら困ったことに

機能比較で「Microsoft OfficePhotoshop などのネイティブ アプリを使用する」とあったので、 Google Chrome 拡張機能の Application Launcher for Drive (by Google) が使えると思ったら使えなかった。ファイルシステム上で開けるという意味だったようだ。この拡張機能がないと「Chrome 上で Google ドライブ検索してからの、ネイティブアプリで閲覧編集」という使い方ができないので劇的に不便になる。

それから Finder (Path Finder でも)ブラウズできないフォルダがあってこちらは致命的な問題。ターミナルで cd していけるのだけれど Finder では駄目。これは駄目。

バックアップと同期に戻す

結局ドライブ ファイル ストリームはやめてバックアップと同期に戻すことにした。 archive フォルダをマイドライブ直下に作ってここは同期しないことにし、いったん全部そこに移動した。

選択同期は面倒なので今まで避けてきたけれどしかたあるまい。今後は作業中のフォルダだけ同期することにする。

スポンサード リンク

今日のさえずり: ドライブ ファイル ストリームだと Application Launcher for Drive が使えないのか……

2019年02月21日

[ 2月21日全て ]

2019年3月1日 (金)

一気に MacBook Pro リプレース作業をやり切った

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014) から MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) にリプレース。

今はデータをほぼ Google ドライブDropbox に置いているので、やるのは macOS の設定と Mac アプリケーションインストール & 設定がほとんど。今は自分でビルドしていれているものもほとんど無いので楽だ。

Mac アプリケーションは先に入れた方が捗るもの (Google ChromeGoogle 日本語入力DropboxGoogle ドライブや Karabiner-Eements・Alfred など)があるので、入れたい順序のグラフを Graphviz で書きながら進めていった。

プリンタと Chrome 拡張機能の個別設定以外は概ね移行完了。数日に分けてやる感じかなと思っていたけれど、夕方に仕事の気分切り替え的に始めたら一気にやってしまった。

Emacs まだ入れてないなー。

メモ: rumember のインストール

 $ cd ~/local
 $ git clone https://github.com/tpope/rumember.git
 $ GEM_HOME=$HOME/local/rumember gem install launchy

~/.rtm.yml は前のものをコピー。

[ 3月1日全て ]

2019年4月23日 (火)

今日のさえずり: ピロリーって音また聞きたい!

2019年04月23日

[ 4月23日全て ]

2019年7月2日 (火)

Mac でファイルやフォルダのタグ付けを使ってみる

Mac ではファイルやフォルダにタグ付けできるのだけれど、主に Macファイルシステムおよび iCloud 上の閉じた世界のものなので使わないできた。けれど Ulysses でシートにキーワード(= タグ)をつけて整理してみたくなったので、同期とかどうなるのとか調べた上でちょっと使ってみることにした。

以下ちょっと確認したところ。

  • DropboxMac 間でタグを同期できる(ヘルプ)。
    • でも Android 側でファイル更新して FolderSync で Dropbox と同期するとタグは消えてしまう。
  • Unison は rsrc true (Mac 同士なら rsrc default でも) にすると同期できるみたい。同期先が対応していないファイルシステムの場合は ._AppleDouble ファイルが作られる。
  • Google ドライブはタグを同期しない。
[ 7月2日全て ]

2019年8月9日 (金)

今日のさえずり: Google ドライブで特定の共有ドライブを非表示にできることを今日知った

2019年08月09日

[ 8月9日全て ]

2019年8月14日 (水)

Slack で伝言ゲームをしたくない 【日記】

担当者探しの相談のチャットで相談内容をコピー&ペーストしたり添付資料を再添付とかしたくない。内容的にオープンにできないものについては、ITS に共有範囲を設定したチケットを立てるなり Google ドライブ上に相談内容と資料をまとめるなりしてポインタを共有していくのが良いと思うよ。

α6300 の清掃・点検サービス完了の連絡

昨日ソニーストア銀座で依頼した α6300 の清掃・点検サービスが完了したとの連絡をいただいた。もう受け取り可能とのことなのだけれど、明後日だと思って今日は申込書の控えをもってきてなかったー。

シェアする美術 森美術館のSNSマーケティング戦略

最近話題になっているので購入。

[ 8月14日全て ]

2019年9月12日 (木)

Google ドライブでのテキストファイル環境が大幅改善

拡張子 md のテキストファイルが全文検索対象に

Google ドライブ拡張子 md のテキストファイル(Markdown ファイル)が全文検索対象になってる! 以前は駄目だったので Google ドライブに置く Markdown ファイルは泣く泣く拡張子を txt にしていたんだけれどその必要が無くなったよ。

Android アプリ日本語テキストファイルを折り返して表示できるように

それから Google ドライブAndroid アプリ日本語テキストファイルをきちんと折り返してプレビューできるようになった。これで外出先でノートテキストファイル検索してさっと中身を確認できるようになった。感涙。

必要があればそこから Jota+ (テキストエディタ)に渡して編集し Google ドライブ上のファイルに反映もできる。

ついに全てのノートテキストファイルを外出先できちんと全文検索・閲覧・編集できる環境が手に入った!

[ ノート・日記はテキストファイルに ]

今日のさえずり: Twitter 懸賞アカウントを大量に見続けるとそういうキャンペーンをやるまいという気持ちを持てるようになる

2019年09月12日

[ 9月12日全て ]

2019年11月11日 (月)

ノートテキストファイルの1次フォルダを Dropbox 上に戻す

Dropbox 上にあったノートテキストファイルの1次フォルダ(ワークスペースとして使うフォルダ)を、ここしばらく Google ドライブで同期していたのだけれど、 Dropbox に戻した。

やはり Dropbox の方が別アカウントに一部フォルダを共有で切り出しやすいので。

[ 11月11日全て ]

2019年11月15日 (金)

Google ドライブではテキストファイル作成時の拡張子で全文検索対象になるか決まるみたい

Google ドライブにあるノートテキストファイルを参照したくなり、そこに必ず書かれていると分かっている単語で検索してみたけれど検索結果に出てこず「あれっ?」となった。検索結果に出るテキストファイルと出てこないテキストファイルがある。

全文検索対象になっていないテキストファイル

違いを調べたところ WebGoogle ドライブテキストファイルの詳細を右側に表示した際に「縮小されたサムネイル」が表示されるものは全文検索対象になっていて、表示されないものは全文検索対象になっていないようだ。

テキストファイルで「縮小されたサムネイル」が表示されるかどうかの違いだけれど、どうやら作成時(ローカルホスト上でファイルを作成して「バックアップと同期」で Google ドライブに最初にアップロードされる時を含む)に、拡張子が txt か md (Markdown ファイル)かで決まっているような挙動だった。最初に txt で作った後に md に変更しても全文検索対象だし、逆に最初に md で作ったファイルは後で txt に変更しても全文検索対象にならない。

Google ドライブに置くすべてのノートテキストファイル拡張子 txt で新規作成扱いにする

Google ドライブ拡張子 md のテキストファイル(Markdown ファイル)が全文検索対象になっていることに9月に気が付いてGoogle ドライブに置く Markdown ファイルの拡張子を md に統一したのだけれど、その結果「もともと txt だったものを md にリネームしたもの」「もともと md だったものを過去に txt にして再度 md にリネーム」「md で新規作成してずっとそのままなもの」が混在していて、全文検索されるかどうかがもはやよくわからない状態になっているのが自分の現状っぽい。

単純に拡張子を変更するだけでは駄目なことがわかったので、いったん Google ドライブの同期対象フォルダから18,000以上あるノートテキストファイルを外に出して、拡張子を txt に統一し、あらためて Google ドライブの同期対象フォルダに戻して新規作成扱いにした。これで全部検索対象になった模様。

Google ドライブに置く予定がない Markdown ファイルもデフォルトで拡張子 txt で作るよう各種設定を変更し、Google ドライブに置いていない既存の Markdown なノートテキストファイルもだいたい txt に変更しておいた。あとで「Google ドライブに置いておこう → (Google ドライブに同期したあとに)拡張子 md だったから txt にしておこう」とした時に、人知れず検索対象からハズレているという事態を避けたいので。

Google ドライブは全文検索ができるのが便利だけれど、 Dropbox みたいにローカルファイルシステムとの同期を前提とした設計で出発していないのか特殊な仕様が多いので、時々ハマるんだよね。

[ ノート・日記はテキストファイルに ]

[ 11月15日全て ]

2019年12月5日 (木)

Android + macOSマインドマップツールとして SimpleMind Pro を選ぶ

image:/nDiki/2019/12/05/2019-12-05-SimpleMind-1200x750.png

AndroidmacOS 両方の OS 上で編集できるマインドマップツールとして SimpleMind Pro を使ってみることにした。

2005年に最初に使ったマインドマップツールFreeMind。その後 iPad 2 で iThoughtsHD (現 iThoughts) を使った流れから MaciThoughtsX を使うようになって今に至っている。Android 版は残念ながら無い。

AndroidmacOS で動くのを探したところ SimpleMind にたどり着いた。基本的な機能に加えて

が用意されている。 iThoughtsX にはマインドマップファイル自体の管理機能が無く、ノートナレッジベースとしての使うことができないのが不便だったのでこれは嬉しい。

Mac 用のトライアル版と Android 用の Lite 版を使ってみて良さそげだったのでそれぞれ Pro 版を購入した。

  • SimpleMind Pro for Mac 3,642円
  • SimpleMind Pro (Android) 850円

しばらく SimpleMind Pro を使って iThoughtsX から完全乗り換えするのか併用するか考えるつもり。

[ 12月5日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.078478s / load averages: 0.54, 0.75, 0.80
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker