nDiki : IDNA::Punycode

2005年5月6日 (金)

Punycodeファイル名用エンコーディングには向かない

WiKickerWin32ファイル名エンコーディングとして使えないかなと考えていた、 Punycode を試してみる。 実装としては IDNA::Punycode Perl モジュールを使用。

  • 空白は空白のまま
  • / は / のまま
  • アルファベットは大文字小文字を維持したまま

という点で PageNameファイル名にエンコードするのには向いていないことがわかった。 「エンコード後の文字列が短い」「コードが小さい」等の特長があるらしいので、期待していたのでちょっと残念。

スポンサード リンク
[ 5月6日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.051254s / load averages: 0.26, 0.25, 0.23
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker