nDiki : IPC::ShareLite

2004年1月18日 (日)

[ WiKicker ] IPC共有メモリを用いた直近のアクセスログ管理

昨日から本格的に検討していたアクセスログ管理であるが、今回は IPC::ShareLite モジュールを使って、IPC共有メモリに置くことにした。

  • 共有メモリなのでファイルに書くより圧倒的に速い。
  • (ipc key を変更した時など)削除し忘れてメモリに残るおそれがあるので注意。
  • IPC::ShareLitePerl 5.005_03 でも動く。
  • FreeBSDを使っているサーバで共有メモリが使えた(共有メモリを使うPostgreSQL が使えるようになっている事からも心配なし)。1024 * 512 bytes 取っても問題なし。
  • Storable を使ってシリアライズ。
  • この共有メモリを扱うモジュールファイル名を__FILE__で取得し、その更新ファイルをマジックナンバーとして、共有メモリに一緒に書いておく。読んだ時に一致しなければ破棄するようにする(今後しばらく、ちょくちょく形式を変更すると思うので)。

ちゃちゃっと実装して、やっつけであるが直近のログを見れるようにした(RecentLog )。 順次表示する情報の追加や、表示数の調整を行う予定。 それから、各ページでのロギング処理が高負荷時に重荷にならないか要チェック。

スポンサード リンク
[ 1月18日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.059422s / load averages: 0.51, 0.54, 0.61
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker