nDiki : Lightroom

2021年4月10日 (土)

Google フォト上の全ての写真を必ず1つのプライマリアルバムに属させる

Google フォトは家族との写真共有であったり Google Nest Hub や Chromecast with Google TV での表示であったりのために便利に使っているが、クラウドサービスなのでオリジナルファイル保管場所とは考えていない。今は MacBook Pro 上の Lightroom Classic で写真管理しており、そこからセレクトしたものを Google フォトアップロードしている。

Google フォト上の写真Lightroom Classic 上のどのフォルダにあるのか分かった方が都合がいいので、フォルダに対応したアルバムにきちんと属させるようにしている(そうしていない過去の写真を絶賛整理中)。

Google フォト上でフォルダに対応させたアルバムは「○○アルバム」とし、それ以外のテーマ別で見るためのアルバムは「○○特集」「○○ PF」と名付けることにした。 PF はフォトフレーム用のアルバムだ。

[ 4月10日全て ]

2021年5月15日 (土)

Lomo LC-A Minitar-1 Art Lens を持ち出す

image:/nDiki/2021/05/15/2021-05-15-172049-nDiki-1200x800.jpg

週末になったので先日届いLomo LC-A Minitar-1 Art Lens 2.8/32 M を α6300 に装着して持ち出した。

Minitar-1 は4段階のゾーンフォーカスのレンズ。同じ画角で固定フォーカスの GIZMON Utulens と同じくフォーカスをあまり気にせずパシャパシャ撮るの、やはり楽しいな。

絞り F16 固定の Utulens と違い Minitar-1 は F2.8〜F22 と明るいので、シャッタースピードを上げて片手でさっと撮ったり室内で使ったりと様々なスタイル・シーンで撮影できるのも嬉しい。

α6300 でクリエイティブスタイル「スタンダード」で記録された JPEG 画像よりも、 RAW 画像Lightroom Classic デフォルトの Adobe カラープロファイルで表示したもの方がよりロモグラフっぽい感じがする。

image:/nDiki/2021/05/15/2021-05-15-163349-nDiki-1200x800.jpg

image:/nDiki/2021/05/15/2021-05-15-170307-nDiki-1200x800.jpg

今日のさえずり: ちょっとお高かったらしい新茶いただいてる

  • 09:18 おはようございます。 ちょっとお高かったらしい新茶いただいてる。
  • 18:12 テトリス 99 のマラソンモードで練習したくなったのでコンプリートパック買っちゃった。 1,019円(税込)のうち586円分は Nintendo Switch Online ゴールドポイントキャンペーンなどで獲得したポイントを充当。初回練習は150ラインのところ140ラインで撃沈。
  • 23:37 α6300 + Lomo LC-A Minitar-1 Art Lens で撮ってきた写真Lightroom Classic で見てる。スタンダードで撮った JPEG 画像よりも RAW 画像Lightroom Classic デフォルトの Adobe カラープロファイルで表示したもの方がそれっぽいな。 #Minitar #Minitar1
[ 5月15日全て ]

2021年6月19日 (土)

jheadJPEG ファイルを回転するのをやめる

撮影日時を元に JPEG ファイルをリネームするのに jhead を使っている。その際 Exif データの Orientation を使って直立するように -autorot オプションを指定していた。

今日 Lightroom で編集しメタデータ書き込みをした JPEG ファイルを Lightroom Classic 管理にする整理をしていて、 Lightroom 上での変形が Lightroom Classic 上で反映されていない事象に遭遇。

調べたところ Lightroom から Lightroom Classic に移す途中に jhead -autorot していたのが原因だった。

普段はカメラから取り込んでまず jhead し、その後編集としているので問題になっていなかった。スマートフォン上では先に Lightroom で編集したものを、あとで jhead リネームするという流れだったので発生したと。

JPEG ファイルを jhead -autorot する運用は今後やめておこう。

今日のさえずり: 土日だから許される朝食の後の朝食メニュー

[ 6月19日全て ]

2021年10月16日 (土)

今日のさえずり: 2000タヌポイントに到達

[ 10月16日全て ]

2021年11月15日 (月)

今日のさえずり: クリスマスシーズン到来

[ 11月15日全て ]

2021年11月16日 (火)

今日のさえずり: サラダもいいけど、たまには美味しいパンも食べたいのです

  • 07:40 by El Bocho in Tokyo https://t.co/cy1O4johBt
  • 11:44 サラダもいいけど、たまには美味しいパンも食べたいのです。 https://t.co/GHNbstZa4r
  • 12:04 そういえば #パン・オ・スリール で買うの今のオフィスに移ってからは初めてだ。
  • 12:13 今みたら直近だと木金日月のインフルエンザ予防接種予約枠がまだある。
  • 21:27 Lightroom Classic を 11.0 から 11.0.1 にアップデートする。 11.0 からライブラリまわりがすごく遅くなったような気がしているんだけれどどうなのかな?
  • 21:32 Lightroom Classic 11.0 が終了できないので強制終了。そういえばこの間も同じだったな。
  • 21:46 Lightroom Classic 11.0.1 で直ったっぽい。
  • 26:58 ドドンで心臓飛び起きたので、初期微動あったのか分からぬ。
[ 11月16日全て ]

2021年12月22日 (水)

カボチャ三昧の冬至【日記】

冬至だからか、社員食堂のメニューにカボチャの煮物があった。そういうのちょっと嬉しい。小中学校の給食の献立のような心温かさ。美味しいカボチャだった。家での夜ご飯でも小豆の添えられたカボチャを頂いた。こちらも美味しいカボチャ。カボチャ三昧。

それから本日 Lightroom Classic を 11.0.1 から 11.1 にアップデート。今回 RICOH GR IIIxレンズレンズプロファイルが入った。今度試してみよう。

今日のさえずり: 今日の社員食堂、メニューにカボチャの煮物がある。 そういうのちょっと嬉しい。

[ 12月22日全て ]

2021年12月31日 (金)

2021年にお金を払ったサブスクリプションサービス

今年も棚卸しをかねて2021年にお金を払ったサブスクリプションサービスを書き出してみるよ。以下税込額。今年支払ったのは109,725円 (naney.org ドメイン更新5年分含む)。年末時点で継続しているもので月8,594円相当。

今年新しく開始したサブスクリプションは Obsidian の3つ。

合計で21,087円。結構でかい。今年止めたものは無し。

昨年支払ったのが71,968円だったので37,757円増。2017年に支払ったのは39,264円だったので、4年で2.8倍。結構なペースで増えてる。去年棚卸し済みで削れるものは今は無い。来年は自重したい。

今年支払ったもの

さくらのレンタルサーバ プレミアム (継続)

レンタルサーバ。この nDiki の公開とメールボックスが主な用途。2009年に契約して安定稼働しているので乗り換えることもなくずっと利用継続中。

Remember The Milk Pro (タスク管理ツール) (継続)

年額4,800円 (Apple In-App Purchase)。

一番使いやすいタスク管理ツール。2007年に使い始め、最初に Pro にしてみたのは2010年

mixiプレミアム (継続)

mixi のプレミアム会員サービス。mixi日記の表現力がアップするなどのプレミアムサービスを利用するのに登録中。登録しているといろいろな機能がちょっとずつ便利になる。広告も非表示に。

Adobe Creative Cloudフォトプラン (継続)

Lightroom Classic は週のうち何日かは使っていて無くてはならない状態。 Lightroom Classic で現像したデータがあるのでロックインされている。

Google One (継続)

年額3,800円 (Google Play 支払い)。

Google フォトでの容量使用が中心。今年は 200GB のままで大丈夫だった。来年は 2TB (年額13,000円) にしないと足りなくなるかも……。

YouTube Premium ファミリー プラン (継続)
  • 月額1,780円 (Google Play 支払い)。
  • 1年あたり: 21,360円。

YouTube広告の質がだんだん悪くなって不快に感じるようになったのと、何かしら音楽の定額配信サービスを使いたいなと思って一昨年登録。広告が出なくなったのシンプルに快適だし、音楽配信も家族で結構利用しているのでまあお値段相応の価値は感じている。

Nintendo Switch Online ファミリー プラン (継続)

年額4,500円 (クレジットカード払い)。

主に『あつまれ どうつぶの森』『TETRIS 99』のために継続。 Nintendo 64 やセガ メガドライブはほとんど遊んだことが無かったので「Nintendo Switch Online + 追加パック」(+4,400円)には手を出さずに済んでいる。

dアニメストア (継続)
  • 月額440円 (ドコモ払い)。
  • 1年あたり: 5,280円。

『響け!ユーフォニアム』シリーズを観るために去年入会。今年は『四月は君の嘘』『ちはやふる』などを観ている。月に観る本数としては若干割高感があるがシリーズで継続して観ているものがあると抜けられないのよね。

Amazonプライム (継続)

年額4,900円 (クレジットカード払い)。

Amazon.co.jp のプレミアム会員サービス。使っている会員特典はお急ぎ便と Prive Video ぐらい。ちょっと割高感。

naney.org ドメイン (継続)

5年間8,250円 (クレジットカード払い)。1年あたり1,650円。

さくらのレンタルサーバにした頃に VALUE-DOMAIN へ移管したあとずっと継続。登録有効期限が今年8月だったので5年更新した。

Obsidian commercial license

年額 $50 (今年は 5,356円、クレジットカード払い)。

ナレッジベースアプリケーション Obsidian を仕事のノートとしても使うためにライセンスを購入。めちゃくちゃ使っているので妥当な額かな。

Obsidian Publish

年額 $96 (今年は 10,321円、クレジットカード払い)。

ナレッジベースアプリケーション Obsidianノートを公開するためのサービス。ノートMarkdown ファイルなので静的サイトジェネレータでサイト生成して公開することもできるのだけれど、開発保守コスト(労力と時間)を考えて公式サービスを使うことにした。

クライアントサイドレンダリングなためか Google にインデックスされにくいというのはあるが、 Obsidian と合わせて公式に保守されているので運用がとても楽なのはありがたい。

デスクトップアプリケーションやモバイルアプリに比べて開発優先度が低いのは仕方ないが、いいお値段なのでもうちょっと頑張って欲しくはある。

Obsidian Sync

年額 $46 (今年は 5,410円、クレジットカード払い)。

ナレッジベースアプリケーション Obsidian の vault を同期するための公式サービス。同期が圧倒的に楽なので一度使うと、クラウドストレージやサードパーティアプリを組み合わせて頑張るのに戻れなくなる。

Obsidian の有料サービス・ライセンスはどれも便利なんだけれど、早期割引適用後で合計年 $194 は結構な額だ。個人でデスクトップアプリを使うのは無料ということで使い始めたけど、気がつけば Roam Pro (年 $165) より高くなっちゃった。

今年は支払いが無かったもの

今年は支払いサイクル・ポイント利用・キャンペーン等で支払いが無かったものはなし。今年の支払いが多かったのはそれもあり。

2021年に止めたもの・更新しなかったもの

今年は無し。

過去にお金を払ったサブスクリプションサービス

[ サブスクリプションサービス ]

[ 12月31日全て ]

2022年1月2日 (日)

Google フォトアルバムと Lightroom Classic フォルダを同期【日記】

新年2日目。昨日に続き今日も一日家から出ず。箱根駅伝は今年もテレビで応援。

昨日と今日で2012年2013年Google フォトアルバムと Lightroom Classic フォルダを手動同期した。2007年からのアルバムをローカルと同じセットにようやくできた。

今日のさえずり: Google フォトの整理、あっという間に時間が過ぎていく

[ 1月2日全て ]

2022年2月13日 (日)

今日のさえずり: どうみても足の爪切りでした。 ありがとうございました。

[ 2月13日全て ]

About

Process Time: 0.054146s / load averages: 0.53, 0.68, 0.66