nDiki : Mac

Mac - マック

Macintosh の略称。

関連情報

2022年3月31日 (木)

やっぱり Logseq を使う

先週で Logseq使うのをやめることにしたのだが、離れてみてやっぱり使いたいなあと思えてきたので使うことにした。

Mac で常時起動してデスクトップの端っこに置いておき、思い浮かんだことをさっと書いたり膨らませたりする用途で使う。スマートフォンでも追記ぐらいはできるようにしておきたいので、LogseqAndroid 版を入れた。今のところ問題なし。 Logseq graph を Obsidian vault の中に入れて一緒に Obsidian Sync しちゃうことにした。

あとはプロジェクトのプランニングや行動デザインの管理にも使ってみるつもり。

Markdown ファイルとはいえ独自記法が多いし、ネストの深いリストはアウトライナーがないと扱いづらいので、ファイルは基本 Logseq 専用と割り切ろう。

SEO に不利なのでエクスポートして公開といった用途には使わない。そもそも SEO 以前に、階層の深いアウトラインノートは他人に見てもらうのに向かないんだった。開閉・ズーム機能が使える形だったとしても、相当なモチベーションがない限りそこまで頑張って読もうとは思われないし。

[ 3月31日全て ]

2022年4月28日 (木)

Android スマートフォンでのキー入力・マウス操作で Mac 上で文章を書く

夜になってエネルギーが切れてくると MacBook Proキーボードに向かい合って文章を書くのはちょっとと思うことがある。そんな時でもスマートフォンを触るのは億劫に感じない。そうかスマートフォンでキー入力したりマウス操作したりして Mac 上で文章を書けばいいんじゃないか。

探してみると Android スマートフォンをキーボードマウス代わりするアプリがいろいろ見つかった。今回は Unified Remote を試してみた。

やってみて分かったこと

Mac に対してフリック入力できるの楽しい。だが結局のところショートカットとマウスで慣れ親しんだ効率的なテキスト編集の操作性は得られない。カット&ペースト操作が効率的でなくてもこれならスマートフォンアプリ上で文章を書く方がまだ良いなと。

MacBook Pro の画面とスマートフォンの画面で視線を行ったり来たりさせるのが結構負担だというのも今回やってみてわかった。

スマートフォン上でのカット&ペーストのしやすさを改善するか、もっとリラックスして向かい合えるノート PC 環境を作るだなあ。

[ 4月28日全て ]

2022年5月6日 (金)

今日のさえずり: Logseq の良いところは Twitter 検索しやすいところ(Obsidian に比べて)

[ 5月6日全て ]

2022年5月9日 (月)

Google ドライブのフォルダへのショートカットが gshortcut ではなくなっていた

少し前から Google ドライブ

ショートカットでマイドライブをシンプルに 数週間以内に、複数のフォルダに保存されているアイテムはショートカットに置き換わります。ファイルとフォルダへのアクセス権は変更されません。

と表示されるようになった。

バックアップと同期」で同期している Mac 側でショートカットがどうなるか2年前に調べた時は、フォルダのショートカットが拡張子 gshortcut のファイルになっていてうーんとなったんだった。

「パソコン版 Google ドライブ」になった現在はどうだろうと思って確認してみたら、Google ドライブ上でのフォルダのショートカットは Mac 上では localhost のポートに smbfs マウントしたボリュームの中にあるディレクトリへのシンボリックリンクという凝った作りになってた。

以前の仕様と違って、ショートカット先のフォルダ内のファイルをローカルアプリケーションから直接読み書きできる。

smbfs の先にあるので Time Machine バックアップ対象にならないことに留意が必要だけれど、それ以外は問題なさそうだな。

今日のさえずり: 「きっぷ」と「切符」の使い分け方を知った

[ 5月9日全て ]

2022年6月15日 (水)

ObsidianiA Writer が進化

Obsidian v0.15.0 (Insider Build) で Open in New Window 機能が入った。デイリーノートなどを常時開いておくのに便利そうだ。ただペインまわりが結構おかしくなって、意図せずサイドバーノートが開いてしまったりして不便なので一度 Obsidian v0.14.15 にロールバックした。修正待ち。

wikilink 機能が入った iA Writer 6.0 がリリースされて iA Writer for Macアップデートされた。シンプルなリンク機能なので Obsidian と併用していてトラブルことは無さそう。

Obsidian を使い始める前で iA Writer メインだった頃にこの機能が入っていたら、 Obsidian メインに移行してなかったかもしれないなあ。

今日のさえずり: 『タイタニック』世代なので、非常用持ち出し袋にホイッスル欲しい世代

  • 08:02 Obsidian Desktop v0.15.0 で Open in New Window キタコレ。
  • 09:08 縦型の通帳が使えるゆうちょ銀行 ATM がいよいよ減ってきた。 あと少しで記帳いっぱいになるので使い切りたいのだけれど、年に2回しか使わないの。
  • 09:12 「ぱ・る・る」冊子の。
  • 09:42 Obsidian Desktop v0.15.0 で入った Open in New Window いい。 デイリーノートを常時開いておける。 あとデュアルモニタ環境でローカルグラフを別のモニタに大きく表示しておけるのもいい。
  • 09:58 あ、 Open in New Window したローカルグラフはノードを動かしたりできなかった。
  • 11:50 送電 #photography #SEL1670Z https://t.co/7QkZIAn9Lf
  • 12:13 wikilink 機能が入った iA Writer 6.0 にアップデート (iA Writer for Mac)。
  • 12:25 シンプルなリンク機能なので Obsidian と併用していてトラブルことは無さそう。
  • 17:50 『タイタニック』世代なので、非常用持ち出し袋にホイッスル欲しい世代。
  • 21:07 Obsidian Desktop v0.15.0、ペインまわり結構おかしくなってた。
  • 22:20 Obsidian v0.15.0 から Obsidian v0.14.15 にロールバック。
  • 25:30 2022年6月15日(水) したこと - Obsidian v0.15.0 の Open in New Window を試す - iA Writer 6.0 の wikilink を試す
[ 6月15日全て ]

2022年6月17日 (金)

今日のさえずり: 「とび長」っていう響き、好き

[ 6月17日全て ]

2022年6月18日 (土)

Google 日本語入力から macOS日本語入力ソースに変更

2014年5月に SKK から Google 日本語入力 (と uim-mozc) に乗り換えた。2015年Mac を使うようになってからもずっと Google 日本語入力を使ってきたのだけれど、macOS日本語入力ソースを使ってみることにした。

ライブ変換オンだと確定に2回エンターが必要な場合がある。ライブ変換はオフにした。ひらがな入力モード時にスペースキーを押した時にいわゆる全角スペースではなくいわゆる半角スペースにするのはシステム環境設定では無理っぽいな。

今日のさえずり: そろそろ MacAndroid デバイスで日本語入力の辞書を同期できる世界で生きたい

[ 6月18日全て ]

2022年6月30日 (木)

Google 日本語入力辞書Dropbox 経由で同期する

Google 日本語入力に登録している単語を Google スプレッドシートで管理して複数の Mac で揃えようと思ったけれどやはり面倒だった。 Dropbox で同期することにしよう。

更新頻度が多くないので辞書を編集したら手動で同期することにし、 ~/Library/Application Support/Google/JapaneseInput/user_dictionary.db を Dropbox フォルダ上に同期する Unison プロファイルを作成した。

Android デバイス含め日本語入力辞書の同期をするために ATOK にするかなあと結構考えたのだが、 ATOK for Android [Professional] を使うには ATOK Passport プレミアムが必要だそう。 7,920円/年 (年間プラン)払うのは厳しいので見送り。

[ 6月30日全て ]

2022年7月9日 (土)

調べた正式名称テキストファイルに書いておく

一度調べて使った正式名称 (正式用語・正式表記) について、シンプルにテキストファイルに書いておくだけにすることにした。

クリップボードにコピーしやすいように1行に1つ書く。前後に空行を入れる。補足説明があれば正式名称行の次の行に書いておく。

日本語入力の辞書や各種スニペットツールを使っていたりしていたけれど、MacAndroid デバイス間で同期して使ういい方法が結局見つからなかった。

テキストファイルに書いておいて Obsidian の全文検索で見つけ、クリップボードにコピーするのがいいかなと。編集が楽だし、Obsidian Sync で同期できるし。

[ 7月9日全て ]

2022年7月11日 (月)

MacGoogle Chrome での --disk-cache-dir 指定

暗号化されたディスクイメージ上のディレクトリを --user-data-dir で指定している Google Chrome が高負荷になり最終的に電源ボタンで Mac を強制終了しなければならない状態に今日何度か見舞われた。アクティビティをみても CPU 負荷が高くなっている訳でもない。

ファイルの読み書きが遅くなっていそうなので、キャッシュ先を通常のドライブにしてみることにした。

スクリプトエディタ.app を使って AppleScript でショートカットアプリケーションを書く。

 set chrome to ""/Applications/Google Chrome.app/Contents/MacOS/Google Chrome""
 set userdatadir to ""/Volumes/Naney/var/Chrome""
 set diskcachedir to "\"/Users/naney/var/Chrome/Cache\""
 do shell script chrome & " --user-data-dir=" & userdatadir & " --disk-cache-dir=" & diskcachedir & " > /dev/null 2>&1 &"

ファイルフォーマット」で「アプリケーション」を指定し、アプリケーションフォルダに保存。

Finder で Google Chrome.app の右クリックメニューから「情報を見る」で情報ダイアログを開き左上の Google Chrome アイコンを左クリックしたあと command + c でコピー。同じく先ほど作ったアプリケーションの情報ダイアログを開き、アイコンを左クリックしたあと command + v でペースト。

(実際は 前回作ったスクリプトをスクリプトエディタ.app で編集した) [^] これで重くなるのがずいぶん軽減されたので、やはりファイルの読み書き問題のようだ。

[ 7月11日全て ]

About

Process Time: 0.107915s / load averages: 0.85, 1.11, 0.88