nDiki : POSIX

POSIX

Portable Operating System Interface for uniX

関連情報

2004年3月28日 (日)

[ CLIE ] Pluckerでカラー画像

昨日うまくいかなかった、カラー画像だが以下の~/.plucker 設定で通った。

 [POSIX]
 compression = zlib
 bpp = 8
 home_maxdepth = 1
 palm1bit_graymap_file     = /usr/share/netpbm/palmgray1.map
 palm2bit_graymap_file     = /usr/share/netpbm/palmgray2.map
 palm4bit_graymap_file     = /usr/share/netpbm/palmgray4.map
 palm8bit_stdcolormap_file = /usr/share/netpbm/palmcolor8.map

なぜだかDEFAULTセクションを読んでくれないのでPOSIXセクションに書くようにし、map ファイルはフルパスで指定。

これで、

 plucker-build http://www.naney.org/index.html.ja > /tmp/naney.pdb

のようにしてカラー画像を含むPlucker形式が作れるようになった。

スポンサード リンク
[ 3月28日全て ]

2004年5月23日 (日)

[ WiKicker ] 日時のL10N

tkh君に日時がローカライズされていないというご指摘をいただく。 手抜き個所である。

Perlロケール処理については

 perldoc perllocale

あたり。POSIX::strftime については use locale する必要がないので、以下のような感じか。

 require 5.004;
 use POSIX qw(locale_h strftime);

 my @time = localtime;
 my $old_locale = setlocale(LC_TIME);

 print strftime("%A", @time);

 setlocale(LC_TIME, "ja_JP.UTF-8");
 print strftime("%A", @time);

 setlocale(LC_TIME, $old_locale);
 print strftime("%A", @time);

手元の環境だと、'ja' だと駄目で ja_JP を指定する必要あり。そのままだと日本語EUCになるので、UTF-8 の時は 'ja_JP.UTF-8'。

しかし指定できる名前は環境に依存する(perldoc POSIX)ので、環境チェックとか面倒だな。

ってそういえば WiKicker では、L10N といっても en と ja しかメッセージを用意していないんだった。 ja 以外は en 用の日時出力にするようにするだけにしようかな。

[ 5月23日全て ]

2004年10月14日 (木)

Linux 上で Windowsインストーラを作成する

NSIS の 2.01 が9月24日にリリースされていた。 目玉はNSISコンパイラ(makensis)が、POSIX プラットフォームで動くようになったこと。 Linux 上で Windowsインストーラが作成できるようになる。

インストールしたいプログラム/データが(Javaプログラムだったり、クロスコンパイルできるものだったり、コンパイル不要のスクリプトだったりで)用意できるならば、Linux 上でインストーラまで通して作れるのでこれは有り難い。

インストール

 tar jxvf nsis201.tar.bz2
 cd NSIS/Source
 make USE_PRECOMPILED_EXEHEADS=1
 cd ..
 fromdos install.sh
 su
 ./install.sh /usr/local/NSIS-2.01

ソースツリーにMenu ディレクトリ無くてインストール時にエラー表示がでるが、それ以外はうまくコピーされている感じ。

使ってみる

Windows 上の NSIS 2.0 で使っていたNSISスクリプト(.nsi)をかけてみる。 間接的に WinMessages.MSH をインクルードしようとしてエラー。 ファイルの大文字小文字の問題だけのようで、lib/NSIS/Include/WinMessages.nsh を同ディレクトリ上に WinMessages.MSH としてシンボリックリンクを張ることで対処。

できあがったインストーラWindows BOX で動かしてみた。 問題なくインストール完了。

素晴しい。


[ Linux 上で NSIS ]

[ 10月14日全て ]

2005年1月8日 (土)

NSIS が再び Linux でコンパイルできるように

2.01 で POSIX プラットフォームで動くようになった NSIS であるが、2.02、2.03 は Linux上ではソースパッケージからのビルドエラーになってしまっていた。

1月5日に 2.04 がリリースされたので、こちらも試してみる。お、ビルドできた。

 tar jxvf nsis204.tar.bz2
 cd NSIS/Source
 make USE_PRECOMPILED_EXEHEADS=1
 cd ..
 su
 ./install.sh /usr/local/NSIS-2.04

インストール時に Menu ディレクトリが無くてエラーメッセージが出るのは前回と一緒。CVS リポジトリをみるとHTMLで書かれたドキュメントがあるだけのようなので、無くても問題なさそうである。 付属の install.sh も改行コードが CRLF から LF に修正されているためそのまま実行できるようになった。


[ Linux 上で NSIS ]

[ 1月8日全て ]

2006年10月21日 (土)

Konqueror でリモートホスト上のファイルを SSH 経由でブラウズ

会社のサーバに Web 用のファイルを置く作業を頼まれる。 ちょこちょこ更新があるので、毎回 scp でコピーするのも面倒臭い。 新しいサーバでまだ shfs + autofs の設定もしていないし。

ということで Konqueror から簡単にアクセスできないか確認。ちなみに Konqueror だと

smb://ホスト名/SMB でアクセス

Samba 公開ディレクトリに smbmount などすることなく、簡単にアクセスできる。

SSH 関連についても確認してみた。以下の2つが利用できる

sftp://ホスト名/sftp でアクセス
fish://ホスト名/fish でアクセス

fish は POSIX 互換のリモートコンピュータに対して使えるもので、cat、 chgrp、 chmod、 chown、 cp、 dd、 env、 expr、 grep、 ls、 mkdir、 mv、 rm、 rmdir、 sed、wc あたりを使うらしい。

どちらも Konqueror から shfs でマウントしたディレクトリにアクセスするよりも動作が軽快なので、ちょっとしたファイル転送や編集ならこちらを使った方が便利そうだ。

[ 10月21日全て ]

2006年12月20日 (水)

NSIS 2.22 は Linuxビルドできず

Windows 用のインストーラ作成ツール NSIS は、スクリプトベースでインストーラを作っていくのが1つの特徴である。 NSIS スクリプトは、さすがインスーラ作成用だけあって

  • ファイル処理 (コピー、削除、……)
  • レジストリの読み書き
  • プログラムの実行

その他システム関連のコマンドが充実している。 コンパイルするとかなりコンパクトな実行形式ファイル (EXE) を生成してくれるので、ちょっとした処理を自動化するには便利である。

今回 USB メモリに入れておいて、そのドライブ上のいくつかのディレクトリに PATH が通った状態でコマンドプロンプトを開くツールを NSIS で書いておこうかと思って試す。

NSISPOSIX ベースシステムでビルドし実行でき、NSIS スクリプトをコンパイルできる。 ということで作業を Linux で作業をしていたのだが、どうやら System::Call が使えないようだ(スクリプトのコンパイルに失敗する)。

Debian パッケージが古いせい (2.19-1.1) かと思い、ソースパッケージビルドしてみたらまさに System 関連らしいところでコンパイルがこけている (そういう背景で Debian パッケージアップデートされていない?)。

ということでどうも最新の NSISLinux では駄目っぽい。

しょうがないので久しぶりに Wine

Wine 上に NSIS 2.22 をインストールして makensis.exe を実行してみたところ試した範囲ではうまく動いている。 ついでにでき上がった実行可能ファイルWine 上で試せる。

しばらくは Wine 上で NSIS スクリプト書きを楽しむことにしよう (最終的には Windows 上でコンパイルしなおして動作確認するのだけれども)。

[ 12月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.054056s / load averages: 0.49, 0.42, 0.36
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker