nDiki : RHODIA Hacks

2006年9月22日 (金)

RHODIA Hacks - 切る時に日時を右肩に書く

hack というほどではなく、多くの人がやっていることだと思うけど。

もっぱら RHODIA No11 を GTD in-box にしているのだが、処理をしそびれると何枚も紙がたまってしまう。 時間順(あるいは逆順)に機械的に in-box 処理をやっていくのだが、紙を一瞬で順番に並べられないとストレス。 各メモ項目については必ず日付をつけてあるのだが、これだけではソートには不十分。

ソート用に紙に通し番号をつければいいわけだがそのカウンタの維持が面倒。 ということで切る時に必ずその時(以前)の日時を右肩に書いておくことにした。 日時はその紙の書き始めでも、書き終わりでも OK。

スポンサード リンク
[ 9月22日全て ]

2006年9月27日 (水)

RHODIA Hacks - No19 は左3.5マス開けて使う

RHODIA は No11 についで、No19 を愛用している。

No19 は 210mm x 318mm だが、切り取るとちょうど A4 になる (No18 は切りとる前が A4)。 このため保存しておくのに便利だ。

No19 は左側はたいてい不完全な(5mm ない)マス目で、その隣からがきちんとしたマス目になる。 この半マスと完全な3マスを余白として、その次のマス(4番目の完全なマス)から使うようにしている。 こうすると2穴で閉じる時に書き込みに穴が開かなくて良い。

ちなみに JIS S 6041 事務用あなあけ器 では 「2けつ固定式事務用あなあけ器」として

抜きあなピッチ寸法80±0.5mm(穴の中心間の距離)
抜きあな径6±0.5mm(穴の直径)
奥行12±1.0mm(紙の端から抜きあなの中心まで)

と規定している。

[ 9月27日全て ]

2006年11月8日 (水)

RHODIA Hacks - No11 が残り2割になったら交換

メモカバーに入れて持ち歩いている RHODIA No11 の残りが少なくなってくると、不安な気持ちになってくる。

なので残り枚数が2割(枚数は適当)になったら、さっさと新しいものと交換してしまう。

残ったものはそこら辺のバッグのポケットとか忍ばせておいて、メモカバーに入れたメインの RHODIA を取り出しにくいときにサッと使えるようにしておく。

[ 11月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.048598s / load averages: 0.63, 0.70, 0.64
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker