nDiki : Slack

2020年4月16日 (木)

Chrome の Picture-in-Picture Extension で Google Meet動画を最前面に

Slack コール(ビデオ通話)では動画表示用の小さいウインドウが最前面で表示される。これを MacBook Pro 内蔵ディスプレイの上部中央、内蔵カメラの直下に配置すると自然とカメラの方に視線が行くようになる。 one-on-one ミーティングなど視線を大切にしたい時に便利だ。

一方最近使っているビデオ会議ツール Google Meet (旧 Google Hangouts Meet) は Google Chrome でアクセスして使う形(Mac)のため同じことができない(Meet を開いているウィンドウは Chrome の装飾がついて大きいし、特定の Chrome のウィンドウだけを最前面に置くこともできない)。

なんかいい方法ないかなと思っていたところ Picture-in-Picture Extension (by Google) という Google Chrome 拡張機能を発見。

Google 公式の拡張機能だ。これを使うと Picture-in-Picture Web API に対応している YouTube などのサービスの動画部分をフローティングウインドウとして最前面に表示させることができる。Google Meetビデオ会議ページで使ってみたところ、動画部分をフローティングさせられた。1対1で画面共有無しの場合はこれでいけるぞ。

スポンサード リンク
[ 4月16日全て ]

2020年4月20日 (月)

雨・肩・Amazon SQS 障害

雨。

ミーティング(ビデオ会議)が多い日はリビングのダイニングテーブルではなく、小部屋の座卓で仕事。座卓作業は腰にくるのだけれど、最近は肩にくるなとも感じるようになった。なんか工夫したいな。

夜に Amazon Simple Queue Service (SQS) 障害。Slack で @ されたのを iPhone ロック画面通知で気がつけて良かった(家にいる時は基本 iPhone はサイレントモードにしてロック画面通知で見るようにしている)。

iPhone + Slack の通知も一回見直そうかな。

[ COVID-19 ] [ WFH 2020 13回目 ]

[ 4月20日全て ]

2020年5月13日 (水)

今日のさえずり: Slack がつながらないので民が Twitter に集合しつつある

[ 5月13日全て ]

2020年5月22日 (金)

今日のさえずり: 久しぶりのペヤング、プラスチック製のふたじゃなくなっていてビックリ

  • 10:57 Slackサイドバーセクションをいくつか作ってみた。特にスマートフォンアプリの方での未読チェックがしやすくなりそう。
  • 11:30 久しぶりのペヤング、プラスチック製のふたじゃなくなっていてビックリ。2015年に変わって以来食べてなかったということか。
[ 5月22日全て ]

2020年6月15日 (月)

今日のさえずり: ウメ、楽しみ

[ 6月15日全て ]

2020年6月29日 (月)

今日からオフィスワーク中心にするつもり【日記】

7月からオフィスワークとリモートワークを組み合わせた働き方になるのに先立ち、今日・明日とオフィスでの仕事があるので今日から出勤生活。自宅よりオフィスの方が働く環境が断然良い(デスクが広いとか椅子がいいとかモニタが大きくて広いとかもろもろ)ので個人でやる業務についてはオフィスワークの方が生産性が高いなと思っている。まずは基本出社してオフィスで働くのをメインにするつもり。

オフィスワークの人とリモートワークの人が混在する働き方に向けていろいろ工夫は考えていきたい。まずは Slack のステータスに今日と翌営業日についてそれぞれオフィスワークかリモートワークか書いておくことにした。

定期券を購入

電車に乗るであろう回数を考えてモバイルSuica定期券を購入した。有効期限が切れた前回の定期券情報を引き継いでサクッと買えるのね。で、いきなり山手線運転見合わせで振替輸送を利用。定期券いきなり役に立った。

[ 在宅勤務 ]

今日のさえずり: しょっぱな振替輸送発動した

  • 08:04 電車に乗るであろう回数を考えてモバイルSuica定期券を購入した。有効期限が切れた前回の定期券情報を引き継いでサクッと買えるのね。
  • 09:18 しょっぱな振替輸送発動した。
  • 09:53 Slack のステータスに今日と翌営業日についてそれぞれオフィスワークかリモートワークか書いておくことにした。
[ 6月29日全て ]

2020年7月20日 (月)

Google Meet で音声をつなぎつつインシデント対応

Google Meetビデオ会議を始めたタイミングでインシデント報告。 普段 Slack メインで進めている類のインシデント対応だけれど、今回は試しにそのまま関係者1人を招待して、サブとして音声もつないだ状態でやってみた。

いつもの調査・対応ループは

  1. 【全員】アクション相談(Slack)
  2. 【各自】 調査・対応
  3. 【各自】 報告(Slack)

で調査中は他の対応者の動きが見ない。一方今回は

  1. 【全員】アクション相談(Google Meet、一部 Slack)
  2. 【各自】話しながら調査・対応(Google Meet、テキスト共有は Slack)
  3. 【各自】報告(Google Meet、一部 Slack)

となり、より一体感のある迅速な対応ができた。顕著に待ちが少なかった印象だ。緊急対応の時は音声もつながっていると早くていいなと実感。一方音声でさっと話してしまったことはその場にいる人の一時的な共有でしかなく、意識的に対応履歴を書き出さないと記録が残らないなという課題も感じた。

それぞれが安心して音声会議(ビデオ会議)できる状態であることが前提というのがありつつ、音声をつないだままでやれる時はまたやってみたいな。

[ 7月20日全て ]

2020年8月13日 (木)

今日のさえずり: 蒲田くんか?

[ 8月13日全て ]

2020年8月20日 (木)

今日のさえずり: 「バーチャル募金列」ってワード、イマジネーションが膨らむね

[ 8月20日全て ]

2020年8月24日 (月)

集中を妨げる Slack アプリを自動的に終了させる Quitter

image:/nDiki/2020/08/24/2020-08-24-Quitter.png

MacSlack アプリを起動しておくと未読が目に入って頻繁に注意を奪われる。チェックする時だけ起動した方が良いかもしれない。一定時間アプリがインアクティブだと終了/非表示にしてくれる Mac アプリケーション Quitter for Mac を入れてみた。

5分経ったら Slack アプリを終了するように設定。

「集中して作業したいので Slack アプリを終了させておこう」と画面を開いたらついついまた未読処理し始めちゃったなんてことがあるので、こういうのは自動で終了してくれた方が良いね。

なお、今日に限って会議の開始時刻を間違えてしまっていたところに、 Slack で呼び出されているのにすぐに気付けないというのをやらかしてしまった。ちょっと凹んだ。主因は予定のリマインド漏れなのでこれは別の問題として考えよう。

[ Mac アプリケーション ]

[ 8月24日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.083367s / load averages: 0.95, 1.09, 0.74
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker