nDiki : VNC

VNC

関連情報

2002年11月14日 (木)

Synergy

マウスキーボード入力を他のマシンへ出張させられる Synergy を試してみる。

Linux ノート PCキーボードマウスを使用、ノート PC 起動している X 上でマウスポインタが画面の右端を越えると、Windows 98 SE の左端からマウスポインタが現れキーボード入力もそちらに行くようにする。 また Windows 98 SE 上でマウスポインタを左端を越えさせると Linux ノート PC に戻ってくるように。

Linux

Debian sid 上に synergy 0.9.12-3 パッケージをインストールLinuxホスト名は ss2、Windows 98 SE BOX の「コンピュータ名」は bless。 synergy.conf を書く。

 section: screens
   ss2:
   bless:
 end
 section: links
   ss2:
     right = bless
   bless:
     left = ss2
 end

synergys -f --config synergy.conf で起動。

Windows 98 SE

synergy-0.9.13-1.zip を Program Files ディレクトリに展開。 Program Files/Synergy ディレクトリができる。 この中の、synergy.exe を実行する。

起動したら、Client ラジオボタンを選択。 サーバ名のところに 'bless' と入力。

Test ボタンをクリック。うまくいけば接続した旨のメッセージが出る。 これでマウスを2つのスクリーンの間でいったりきたりできるようになる。

感想

意外に動作はスムーズ。 VNC みたいに画面そのものは転送してないから、それはそうか。 Windows 98 SE BOX が ノート PC の作業スペースに向いて座った位置から90度右にあるせいか、マウスポインタのスピードが異なるせいか、ほんのちょっと酔う感覚がある。 ま、これは調整できるでしょう。

明日会社で使ってみて調子が良ければデスクトップ PC のキーボードマウスのスペース分机が広くなりそう。

スポンサード リンク
[ 11月14日全て ]

2005年4月16日 (土)

WiKicker リリースに向けてテスト追加・バグ修正

WiKickerWin32 対応のために、ファイル処理まわりや flock を使っているところを中心としたテスト・修正作業。

  • ファイルのパス文字列の作成は File::Spec を使うように修正
  • Windows 2000 上でこけていた flock 処理部分を修正

これでようやく Win32 で動くようになったかな。 まだ一部警告が出るけど。

しかし ThinkPad X31 (2672-PHJPentium M 1.60GHz [Banias]) の上での QEMU + Windows 2000 は、やっぱり遅すぎて動作検証には使いづらい。WiKicker で1ページの処理に10秒以上かかったりするし。 結局 VNC を使って、別のPCで作業を行った。

[ 4月16日全て ]

2010年7月9日 (金)

ZoneScreen + UltraVNC で Linux ノート PCWindows サブモニタに

前から Windows デスクトップ PC をデュアルディスプレイ化したいと思っているのだけれど、予算等々の都合で実現できないでいる。 隣りに置いている Linux ノート PC のモニタを、Windows のセカンダリディスプレイのモニタにできないかとちょっと調べてみたところ、ZoneScreen + UltraVNC でソフトウェア的に何かできそうなので試してみた。

ZoneScreen は Windows 上に仮想ディスプレイを作成するソフトウェア。 ZoneScreen 間でリモートの仮想ディスプレイを表示させる機能もあるようだが、Linux 用はないので、Linux 上での表示は VNC に頼ることにする。

仮想ディスプレイを作るというのが肝だ。でないと同じ画面を共有するだけでつまらない。

やってみる

ZoneScreen1.0.10.0 http://www.zoneos.com/zonescreen.htmインストールして起動。 ウィザードに従って進めていくと、仮想ディスプレイが作成される。 Windows の[画面のプロパティ]の[設定]にもきちんとディスプレイとして現れるようになる。

次に UltraVNC 1.0.8.2 をインストールして起動。 VNC 的に普通に設定してから、Linux 上で VNC クライアントを起動して接続。 お、と思うもプライマリディスプレイの内容しか転送されてこず。

ずいぶんいじって結局、UltraVNC の Edit Setting ツールを起動して [Screen Capture] で [Show Secundary Display](スペルは表示通り)をチェックすることで、セカンダリディスプレイの内容を VNC で送れるようになった。

で使い勝手であるが自分の環境では

  • Linux 側でマウス操作できない。
  • Windows 側でセカンダリディスプレイにマウスを移動してもマウスポインタが表示されない。
  • 画面の再描画がなかなかされない(一部は全然されない)。

とちょっと残念な状態だった。 この辺は設定なんかを調整すれば改善されるのかな。

しかしやはりデュアルモニタにはぜんぜん敵わなさそう。 モニタともう1コディスプレイ出力ください。

[ 7月9日全て ]

2012年12月14日 (金)

今日のさえずり: ホープから「きいてアロエリーナ」された

2012年12月14日

  • 09:26 「ロスゴリのゴリって何だ?」と思ったけどゴスロリだった。ん? ゴスって何だ?
  • 10:07 RT @mami_tuchino: ゴスロリは正しくはゴシックロリータ、デスね。ゴシックの意味は…ググってください(汗)基本的にはゴシック体とかと同じ意味合いで良かった気もするけども… QT @Naney: 「ロスゴリのゴリって何だ?」と思ったけどゴスロリだった。ん? ゴスって何だ?
  • 10:33 I'm at 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.) (渋谷区, 東京都) http://t.co/NqIub93H
  • 11:53 「既知の制約です。」
  • 13:31 血色素 12.8 で NG 判定。
  • 13:39 血色素低かったので先生のご指導「私の知りあいの医師は献血時に血色素が低かったので、検査したらガンでした。気をつけてね。」
  • 18:04 机にエスカップがが。
  • 19:49 エスカップがディレクター様からの頂きものだと知って、明日に向かってゴクゴクした。
  • 20:52 ホープから「きいてアロエリーナ」された。
  • 21:40 Windows Update からの再起動待ち。
  • 23:24 Chrome リモート デスクトップ試してる。レスポンス的には昔の VNC って感じかな。リモート接続された側のスクリーンがロックされないのは結構やばい。接続する方は Linux でも OK というのはいいね。
  • 23:34 萌。(もえたま)とか、また形態素解析泣かせですね。
  • 23:56 去年 RCS 5.8 が出てたのか。もう1995年の 5.7 から上がることは無いのだと思っていたよ。
[ 12月14日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.051562s / load averages: 0.42, 0.38, 0.37
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker