nDiki : WATANABE Yoshimasa

WATANABE Yoshimasa (渡部喜正、わたなべよしまさ)

2000年9月30日 (土)

My name is `WATANABE Yoshimasa'!

昨日 TBS 「ニュースの森」を見ていたら、日本人名のローマ字表記についてとりあげられていた。 なんでも「国語審議会」で「日本人名のローマ字表記が姓-名が望ましい」とされたそうで。

  • 逆にする国は少なくまた、名 - 姓 は日本の文化ではない
  • 名 - 姓はわかりずらい

等あるらしいけど、「逆にする」のも日本の文化になってしまっているといえる。また 名 - 姓 を 姓 - 名にすると、またそれはそれで逆に一時期混乱するだろうし。

とはいえ、やはり自分の中では統一しておきたいところ。 コンピュータでの名前入力とかね。

今まではの履歴は、

  1. Yoshimasa Watanabe (いわゆる現行)
  2. Yoshimasa WATANABE (姓を大文字化し区別できるように。しばらくずっとこれを使った)
  3. Yoshimasa Watanabe (2000年 GnuPG 鍵を作り直す際にこれに)

という感じ。 Yoshimasa Watanabe, Yoshimasa WATANABE を両方使ってた。

で、せっかくだから今日からは WATANABE Yoshimasa にしてみようと思う。 別にオエライさんの発言があったからとか、お国の文化を重んじるとかそういうのは全くないんだけどね。 とりあえず、これで統一してみようかと。 コンピュータまわりでは

あたりの統一。 順次修正していくことにしよう。

ちなみに GnuPG 鍵の修正は(GnuPG 1.03) 、gpg --edit-key <キーID> で、対話モードにはいり delid コマンドで古いユーザーIDを削除、adduid コマンドで新しいユーザIDを追加する。 最後に Web 用に export。

 $gpg --export --armor --comment "WATANABE Yoshimasa's Public Key, See http://www.naney.org/" 84FFE315
スポンサード リンク
[ 9月30日全て ]

2006年11月9日 (木)

姓と名の間にカンマを入れるか?

社内のサンプルテキストファイルに私の名前が「WATANABE, Yoshimasa」と書かれていた。

修正を頼んだら海外生活経験のあるスタッフから「公文書だと……」と言われたけれど、そういえば具体的にどの国のどんな公文書だか聞かなかったな。

2000年の秋頃からローマ字表記の際は、WATANABE Yoshimasa で統一するようにしている。 「姓-名」の時に、カンマを入れる書式があることは知っているのだけれど、なんか切れている感じで格好良くないし、正順なのに間になにかを入れなければならないのもちょっと気持ち悪い。ということで普段はカンマを入れていない。

そういえば今年の春に名刺を刷り直したときにも、カンマが入っていたので抜いてもらったっけ。

「姓-名」順の時にカンマを入れて表示するソフトウェアや、クレジットカードが「名-姓」であったりすることなどに噛み付いたりはしない。 書式指定がある場合には、まあしたがってもいいかな。

しかし、普通にコンピュータで表記したりするときはこれまで通り WATANABE Yoshimasa で行くつもり。 これって変?

[ 11月9日全て ]

2013年1月4日 (金)

CVS リポジトリGit リポジトリに cvs2git で移す

しばらく放置していたこの nDiki のコード(DiKicker)に手を入れようと思うのだけれど、CVS で管理し続けるのもなぁと思い、これを機会に Git に移行させることにした。移行は cvs2git で。ローカルで自分だけでバージョン管理していたものだし、ブランチも切ってなくてタグを売ってあるだけなので一番ちょろいケースか。

Debian GNU/Linux sid 上に cvs2svn Debian パッケージインストール。以下の手順でコンバートした。

オプションファイルを作る

Git リポジトリ上できちんとユーザ名とメールアドレスが入るようにしたいため、オプションファイルを使うようにする。

 zcat /usr/share/doc/cvs2svn/examples/cvs2git-example.options.gz > cvs2git.options

で雛型をコピーして以下を書き換え。

  • ctx.username = 'cvs2svn' のところを naney に。
  • author_transforms に 'naney' : ('WATANABE Yoshimasa', 'naney@naney.org'), を追加
  • run_options.set_project で CVS リポジトリのパスを r'/home/naney/path/to/cvsroot', のように指定。

git fast-import 用のファイルを生成

以下のコマンドで。

 cvs2git --options=cvs2git.options

Git リポジトリを作成しインポート

 mkdir <プロジェクト名>
 cd <プロジェクト名>
 git init
 cat ../cvs2svn-tmp/git-blob.dat ../cvs2svn-tmp/git-dump.dat | git fast-import

で QGit や git log などで、どのようにインポートされたかを確認。trunk のラインから、タグ毎に分岐したコミットができてそこに CVSROOT/ 以下が差分として入っているという形になっているのが特徴的。CVSROOT/ は特にいらないので、数が多くないし手でタグ打ち直すかなあという感じ。

git fast-import したままだと作業ツリーが空なので git checkout して master を checkout するなりすれば、後は普通に Git 上でバージョン管理をしていくことができる。

あっさり移行できたので一安心。

[ 1月4日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.072821s / load averages: 0.33, 0.64, 0.77
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker