nDiki : Web サイト

Web サイト - website

スポンサード リンク

2014年2月17日 (月)

crocs のレインブーツ物色しようと思ったけど出会えなかったとか

wellie rain boot

今シーズン、東京としては2度も大が降っていて、なんでも今度の水木曜日はそれを超す大の可能性もあるらしい。

先週の金曜日に降ったはその前のに比べて翌日にビシャビシャになった。その日は1日家にいたのだけれどもし外出していたらきっと靴ぐしょぐしょになること必至だった。やはり長靴を持ってないと困るなぁ。以前台風の時に通勤でぐしょぐしょになって厳しい思いをしたこともあるし。

ということでカジュアルに履けそうなのをと思ったのだけれど探すの難易度が高い。とりあえず思い浮かんだ crocs に、洒落た感じのがあるのでそれはどうかなと。

会社の近くの crocs 青山店に行けば見られるだろうと思っていたのだけれど、朝 Web サイトを見たら2013年11月30日に閉店していた。むむむ。他に近いところだと、crocs 恵比寿三越店かなと思ったら今日は定休日だった。むむむ。ということで帰りに crocs アトレ大井町店に寄ってみたんだけれど、直営店なのにそれほど品揃えがなくてここでは実物見られなかった。むむむ。残念。キツいという評なので、実際に履いてみて検討してみたいんだよね。

ついでに近くのイトーヨーカドーで(crocs によらず)長靴見ようと思ったのだけれど、これまた見当たらない。長靴どこへいってしまったんや。かきスコップと一緒に買われてしまったんか。

スポンサード リンク

[ 2月17日全て ]

2014年2月24日 (月)

粗大ごみ収集申し込みとか 【日記】

粗大ごみ収集を Web サイトで申し込み。50音表から品目リストを開けるのだけれど、必ずしもその文字から始まっているわではない品目が並んでいるので難易度高め。結局順番に開いていったので、これ1ページにまとまってくれていた方がいいと思う。


[ 2月24日全て ]

2014年3月14日 (金)

Day One のエントリを Web ページ化するサービス Publish

image:http://www.naney.org/nDiki/2014/03/14/publish-shares.jpg

日記アプリ(ジャーナルアプリ)の Day One が今週 Publish というサービスを開始した。

https://dayone.me/

Day One アプリのエントリ画面の右下の Publish のボタンを押した後の画面で「Publish」を押すとそのエントリが Publish のサーバにアップロードされて HTML5 形式になったページが公開される。

もともとプライベートのジャーナル用のアプリなので、公開サービスと連携させるのはちょっとどうなのかと思いもしたけれど、試したところ明示的に Publish したエントリがそのタイミングのみでアップロードされ、勝手に何でも同期されてしまうわけではない感じだ。そういう意味での懸念は大丈夫そう。

Publish したページは以下のような感じ。

整形済みブロックDay One アプリ上とは違い改行が反映されず auto wrap となる。また今のところ画像がインラインで表示されないとう制約がある。

Publish したページにはアカウントのプロフィールが表示されるけれども、そのアカウントで Publish したインデックスページはないので、基本独立したページができていく感じになる。

位置付け的には Evernote の共有ノートに近い。Markdown で書ける点や、公開ページへの反映を明示的にできる点で Publish の方が個人的には使い勝手がいいと思う。

エントリデータのオリジナルはあくまでもアプリ(と同期をとっている Dropbox 上など)にあり、ネットサービス側にはアップロードで送るという形式は、サービス終了で大切な日記が消えてしまうといった不安感が無くていいな。

SNS日記アプリもこんな感じでプライベート日記の一部をアップロードする形だといいと思う。Publish だと公開したものを TwitterFacebookfoursquare でシェアできるけれどもページ自体は全体公開なので、そこをその SNS 内向け公開にできるようなイメージのもので。

mixi日記TwitterFacebook など」と「BlogWeb 日記など」との間あたりのポジションで、両方使っていると利用シーンがちょっと少ないかもとは思う。ただそれらと比べて(機能的にも心理的にも)カジュアルに更新をかけられるので、リアルタイムにアップデートしていくようなイベントエントリを書くのに使うのにいいのかなと思う。

ノート:

  • Publish したエントリについて「Remove Publish Page」をすると公開ページを消すことができる。その後同じエントリを再度 Publish した場合は別の URL が割り当てられる(通常の Update による更新の場合は URL は変わらない)。
  • Publish したエントリについて Publish したページを消す前に、エントリを消してしまうと Publish したページを消す手段が無くなってしまうので注意(Dropbox 上でエントリに対応するファイルを復元して Day One アプリ上で復活させ、Remove Publish Page してからあらためてエントリを削除しなおした)。 → Publish の Web サイトでサインインすれば削除可能だった。

(画像https://dayone.me/publish より)


[ 3月14日全て ]

2014年9月7日 (日)

旅行日程立てるのに WorkFlowy が便利

rimage:http://www.naney.org/nDiki/2014/03/07/workflowy_logo_large.png

今度の旅行旅行日程を昨日と今日で作成。交通機関や観光スポットの Web サイト時刻表やら何やらをチェックし、その URLメモしつつ回る順番や時刻をこねくり回すのにアウトライナーWorkFlowy が重宝した。

順番の入れ替えも簡単だし、流れを見る時は各リストを畳んで見渡せるし、いろいろ検討するのに良い。

そのまま旅のしおりとして当日スマートフォンからも WorkFlowy を参照できるのだけれど、小さい画面だと深い階層のリストは操作しずらいので、日別に HTML エクスポートして Evernote にコピーしておいたりプリントアウトしたりしておくのが良さそげ。

  • https://workflowy.com/
    • このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。

(画像は https://workflowy.com/ より)


[ 9月7日全て ]

2014年12月18日 (木)

Slack に Chrome のアドレスバーから投稿

ぼっち Slack チームをタイムライン型ノートにするの、やってみたら便利で重宝している。

普段から Google ChromeSlack のページを開いておけば PC で作業中にサクっとメモできる。ただ、人に見られるのはちょっとな雑記が並んだ Slack チャネルページを開きっぱなしにしておきたくない時は気を使わなければならないのが嫌。

ということで Slack チャネルページを開かないで投稿できるようにしてみることにした。

Google Chrome はいつも開いているのでアドレスバー(オムニボックス)からさくっと投稿できるようにするのがいいかな。Google Chrome の拡張とか書いたことが無いのでとりあえずパラメータで送られてきたテキストを webhook で Slack に投稿するだけのスクリプトを Web サイトに置いてそれを呼ぶだけにしよう。

サーバ側はとりあえずレガシーだけれど CGI.pm で。Google Chrome 側は「検索エンジンの管理」で「キーワード」を「note」に、URL に「http://www.example.com/note?text=%s」みたいな感じ設定。

これでアドレスバーで

 note メモしたいテキスト

と入力すれば Slack の #notebook チャネルに投稿される。

http://www.naney.org/nDiki/2014/12/18/Google-Chrome.png

 use warnings;
 use strict;
 use utf8;

 use Encode;
 use CGI;
 use LWP::UserAgent;
 use JSON;

 my $slack_channel = '#notebook';
 my $username      = 'myname';
 my $webhook       = 'https://hooks.slack.com/...';

 my $query = CGI->new;
 my $text  = $query->param('text');

 LWP::UserAgent->new->post(
   $webhook,
   {
     payload => JSON::encode_json(
       {
         channel  => $slack_channel,
         username => $username,
         text     => decode_utf8($text)
       }
     )
   }
 ) if defined $text && $text ne '';

 print $query->redirect('https://www.google.co.jp/');

[ 12月18日全て ]

2014年12月20日 (土)

aufs で ro なブランチに書き込まれたかと思った

かなり久しぶりに aufs を使った Web サイトのドラフト作成をしようと思ってマウントしたのだけれど、なぜかスタックされた ro の方のディレクトリのファイルが書き変わってアレレとなった。

しかもディレクトリによっては rw の方にきちんと変更が書き込まれて、ro は変更されないようにきちんとなっている。

なんだろうと思ってしばらく調べた結果、一部のディレクトリはシンボリックリンクaufs でマウントした外のディレクトリを指していてアウトオブ aufs だったというオチ。ああ。


[ 12月20日全て ]

2015年8月31日 (月)

MURA

8月27日にgooラボ上でβ版サイトのトライアル提供が開始された

「和」をコンセプトとする 匿名性コミュニケーションサービス「MURA」

をのぞいてみました。gooID を持っていないのでまずはそこから。gooID が必要なので匿名とはいっても gooID とは中で関連付けられています。

「むら」「むら長」「むら人」「むらの話題」「むら人からの投稿」「むらのお知らせ」「いとをかし」など、まずキーワードでムズムズすることができます。そして「むら」とは相容れない無機質な Web サイトデザイン。

いったんそっと閉じました。


[ 8月31日全て ]

2015年10月24日 (土)

映像コンテンツが中心の物流博物館に行ってきた

naney:21827916983

今日は天気が良いので、ちょっとお出掛けしたいなという時の候補だった物流博物館に行ってきました。品川駅から柘榴をのぼりカトリック高輪教会のところを左に少し入ったところで、比較的アクセスが良いです。

高校生以上200円。Web サイトを見るとさらっとみて終わりかなと思ったのですが1時間ほど楽しめました。

物流歴史展示室

1Fの物流歴史展示室は「物流の歴史」に代えて、「貨車車票の世界―1枚のカードが語る鉄道貨物輸送―」企画展を展示中。明治時代から戦後までの間に作られたさまざまな貨車車票が展示されていてマニアックな内容です。展示内容よりもこういう研究をされている方がいること自体がすごいなと思わされました。

現代の物流展示室

B1の現代の物流展示室は「陸・海・空の物流ターミナル」というジオラマ模型が見どころ。鉄道模型やトラックが走っている様子はいろいろと想像をかきたてられます。1日の時間の流れとともに夜になるとトラックターミナルに明かりが灯るなど物流の雰囲気が感じられます。

その他は比較的映像系のコンテンツが中心。もう少し展示が欲しいなとは感じました。来館者が少なくほぼ貸し切り状態なので端末の順番待ちが無いという意味では快適です。物流体験コーナーには大きなジグソーパズルがあるなどキッズも楽しめるようになっていました。

naney:22449080605

物流博物館の後はついでに近くの SHINAGAWA GOOS (1年ぶり)にある「ポポンデッタwith京急レッドトレインガーデン」という京急グッズを揃えた鉄道模型のお店に寄って鉄分をさらに補充してきました。おしまい。


[ 10月24日全て ]

2016年1月30日 (土)

読書会に会場提供のお手伝いとか(今月2回目) 【日記】

先々週に続き、今月2度目の会場提供のお手伝いのためにオフィスへ。今日の課題本は超メジャーなスティーブン・R・コヴィー「7つの習慣」です。メジャーといいいつつ読みそびれているので、私もそのうち読んでみたいです。

今回はスタッフ2人が実際に読書会に参加させてもらったのですがとても良かったようです。学んだノウハウをもとに部内でもローカルでやってみると良いんじゃないかと思います。

それと「東芝ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ)」の件についてのメールが、の dynabook を買った EC サイトから数日前に届いていたので今日確認しました。

Web サイトで型番等を入力して調べたところ……対象外のロットのバッテリーパックでした。しばらく使えなくなるかもという心配と、もしかしたら新品交換になるかもという淡い気持ちの高まりがあっけなく終了となり、2人になんともいえない「あっそうですか」という雰囲気が流れました。


[ 1月30日全て ]

2016年3月16日 (水)

朝日新聞で4月から「吾輩は猫である」連載開始

電車内のテレビ朝日新聞で4月から「吾輩は猫である」連載開始との CM が流れています。

Web サイトによると連載は来年3月までの予定とのこと。月額購読料は税込みで4,037円。年間 48,444円。

岩波文庫で756円(税込)、新潮文庫で680円(税込)です。デアゴスティーニもきっとビックリ。


[ 3月16日全て ]

Related term

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS の企画開発を行うグループのマネージャーをしています。CS 向上・コミュニティマネジメント・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス

Process Time: 0.057162s / load averages: 0.60, 0.68, 0.67
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker