nDiki : fetchmail

2004年2月12日 (木)

[ Debian ] PIO -> DMA

この間設定したオフィスのメールサーバで「メールを残す」が有効にならないというので調査。 fetchmail で nokeep すると自分の環境では問題なくサーバに残るな。 たまに mail が取れなくなるという連絡もあるし、vpopmail がよろしくない状態なのだろうか。

そういえばソフトウェアIDE RAIDを組んでいるこのマシンのディスク書き込みが遅くて以前から気になっていたところ、昨日やまだ君から「PIOになっているんじゃない」というアドバイスをもらった。 そういえばチェックしていなかったな。

hdparm

apt-get hdparm する(つい hdparam と間違える)。 で、チェック。

 # hdparm -t -d /dev/hda

 /dev/hda:
  using_dma    =  0 (off)
  Timing buffered disk reads:  64 MB in 14.43 seconds =  4.44 MB/sec

 # hdparm -t -d /dev/hdc

 /dev/hdc:
  using_dma    =  0 (off)
  Timing buffered disk reads:  64 MB in 14.43 seconds =  4.44 MB/sec

dma on にする。

 # hdparm -t -d1 /dev/hda

 /dev/hda:
  setting using_dma to 1 (on)
  using_dma    =  1 (on)
  Timing buffered disk reads:  64 MB in  2.28 seconds = 28.07 MB/sec

 # hdparm -t -d1 /dev/hdc

 /dev/hdc:
  setting using_dma to 1 (on)
  using_dma    =  1 (on)
  Timing buffered disk reads:  64 MB in  2.26 seconds = 28.32 MB/sec

ビンゴ。

起動設定

woodyhdparm(4.5-1.2)だと init.d スクリプトが無い。 sidの(5.4.10)から、/etc/init.d/hdparm と /etc/hdparm.conf をもってくる。 hdparm.conf の /dev/hda、/dev/hdc ブロックでそれぞれ dma = on しておく。

update-rc.d hdparm defaults

して、設定おしまい。(Ultra* については今はまぁいいや)。

スポンサード リンク
[ 2月12日全て ]

2005年1月1日 (土)

久しぶりの低速回線で spam メールウイルスメールの邪魔臭さを再認識

最近はADSLで(速度という点で)気にならなくなっていた spam メールウイルスメールであるが、PHS の 32K だとウザさ百倍。

とりあえずしばらくは fetchmail の設定で30000バイト以上は fetch しないように設定。

spam メールウイルスメールのフィルタリングはローカルで十分で、サーバ側では必要ないなと思っていたのだがこういう状況だと確かにサーバ側ではじきたくなるな。

[ 1月1日全て ]

2005年8月9日 (火)

帰省後のメール取得トラブルは Linux kernel 選択ミスが原因

4日ぶりにPC生活に復帰。 メールは naney.org の方に800通ちょっと、会社の方に100通弱。 fetchmail

取れぬ。例によって溜めすぎかなぁ。

naney.org の方は一時的に、SSH port forwarding 経由にするのをやめたら取得できた。

会社の方は駄目。サーバ側の問題か? (1通ずつとか)きざんで fetch すると、取れるようだ。 fetchmail の -B オプションを指定してチマチマとる。 これである程度取得できたが、サイズの大きいメールは1通単位でも取れない。

しょうがない。サーバの Maildir を tarball にまとめてとってくるか。

……あれ。 サーバでまとめた tarball を scp で持ってこれない。転送途中で止まってしまう。 うーん。困った。

試してみたところどうやら大きなファイル転送はメールに限らず駄目なようだ。 あれ? 前にもこんな症状あったような。 nDiki を見直したら MADWIFI 試行錯誤していたときにあったな。

とりあえずリブートしてみるか。

再起動してGRUBのメニューをみて気がついた。 うまく動くように設定していないままの kernel 2.6 でブートしていたようだ。 帰省前にかなり久しぶりにシャットダウンしたので、帰ってきて起動した時に 2.4 系を選んでブートしなければならなかったことを忘れていたよ。

これに気がつくまで、結局3時間ぐらい苦戦してしまった。とほほ。

[ 8月9日全て ]

2007年4月16日 (月)

そんなにこまめにメールをチェックしなくてもいいのではないか

今までメール自動受信は GKrellM + fetchmail で 10分毎に行っていたのだが、1時間毎に変更してみた。

メールで気をわずらわせる回数を減らすのが目的。 短い間隔でメールが届いたことが知らされるたびにチェックしても、結局処理は先送りしてしまいがち。 であればもう少しチェック回数を減らして、そのかわりまとめて一気に処理してしまった方が効率が良いし結果的に返信も早くなるという目論見。

うまくいくようなら2時間間隔でもいいかもしれない (GKrellM では 60分毎より長い間隔には設定できないようなので cron か何かで)。

ということでお急ぎの方は電話チャットSkype携帯電話メールへ。

[ 4月16日全て ]

2007年8月8日 (水)

メールボックスを Gmail に集約

Gmail2004年12月に招待してもらって登録していたのだが、アカウントは Google の各種サービス用として使っていたものの、メールボックスはほぼ全く使用していなかった。 なんだかんだいって抵抗感があった訳で。

しかし、

  • ホスティングサービスで利用しているメインのメールボックスが1アカウント10MBで、数日 fetch できないと溢れてしまう。PHS を解約した今、帰省の時などは fetch できない状況になりヤバイ。
  • パケ・ホーダイにしたのを機にモバイル Gmail で外出先でも仕事関連のメールをチェックできるようにしたい。

ということからメールボックス Gmail に集約してしまうことにした。

移行作業

やった事は以下。

アカウントのパスワードを変更

pwgen で自動生成したパスワードを使っていたのだが、今後入力する機会が増えるので覚えられるものに変更。

メーラ (Mew) のバージョンアップ

普段使っている MUA である Mew のバージョンを 4 から 5 にバージョンアップ (Debian sidDebian パッケージが上がった時に、ホールドしたままだった)。

もれなく k-/ が Namazu から Hyper Estraier になっていた。

Gmail に普段使っているメールアドレスを登録

Gmail から直接」および「GmailSMTP サーバ経由」で普段使っているメールアドレスを使って送信できるようにアカウントを登録。

Web の設定画面で追加するとメールで確認コードが送られてくるので、それを使って有効化する。

Gmail から POP3 でメールをローカルに取れるように設定

Gmail 側で POP を有効にした後、fetchmail で fetch できるようにする。

 defaults
   no mimedecode
   pass8bits

 poll pop.gmail.com
   protocol pop3
      user xxx@gmail.com
      password xxx
      ssl
      fetchall

SSL を使用して fetch できるようしておく。

設定を始めるまでは「POP3 で Gmail アカウント使うのどうよ」と思っていたけれど、SSL 経由なのでちょっと安心した。

POP 後 Gmail 側ではアーカイブに移動するようしておく。

Mew から GmailSMTP サーバ経由でメールを送れるようにする

今まで SMTP over SSH でホスティングサービス経由等で送っていたものを、Gmail に TARTTLS を使って送れるように設定する。

mew-config-alist の中で

 ("default"
  ("user" . "naney")
  ("mail-domain"     . "naney.org")
  ("smtp-server"     . "smtp.gmail.com")
  ("smtp-user"       . "xxx@gmail.com")
  ("smtp-ssl" . t))

送信メールアドレスは user と mail-domain で設定。Gmail のアカウント名は smtp-user で設定。 smtp-ssl も t にしておく。

その他メールアドレス毎に経路を変えて送ったりしていたのだが全部同様の設定にして Gmail 経由にする。

Mew から自分宛のコピーを Dcc から Fcc に変更

今まで Dcc で自分宛にコピーを送って管理していたのだが、Gmail では自分が SMTP 経由で送信したメールは POP できないらしい。 げっ。

ということで Fcc を

 (setq mew-fcc "+sent")

から

 (setq mew-fcc "+sent,+inbox")

に変更して、sent/ 以外に inbox/ にも複製を作るようにして対処。

メールボックスから Gmail へ転送設定

普段使っている各メールアドレスのメールボックスから、全て Gmail へ転送するように設定。 たまっていた分は今まで通りの方法で fetch してクリアしておく。

Google ツールバーの設定を変更

Gmail カスタムボタンを表示するように変更。 ツールバーから Gmail にアクセスできるようにしておく。

Google Desktop (Linux 版)の設定を変更

Gmail アカウントを登録。 Google デスクトップGmail 上のメール検索できるようにしておく。

iモードから、モバイル Gmailへアクセスしてみる

試しに使ってみる。

モバイル Gmail から送られるメールの From: は Gmail でデフォルト設定したもので固定らしい。 ちょっと融通が効かない。

ま、プライベートのメールiモードメールで送ってしまっても良いので、Gmail のデフォルトのメールアドレスを仕事用のに設定しておくことで対応しよう。

これで大体設定完了。

移行したことによるメリット

メリットは以下。

  • メールボックスの溢れの心配がなくなる。
  • Gmail spam 機能が使える。- ローカルで bsfilter 使っているけれども、それよりも強力 (多分)。
  • Web ブラウザからメール送受信ができる。- 自分の端末以外でパスワードを入力するのが怖いのと、自分の端末があるなら Mew から送受信してしまうからサブで。
  • iモードからメールをチェックできる。

Gmail で言うところのスレッドについては、ちょっと慣れが必要そうだな。

移行したことによるデメリット

  • メールがローカルまで落ちてくるのが遅くなる。- 各メールボックスからの転送分のタイムラグがある。さらに Gmail では受信してもすぐ POP できるわけではないようだ。なので、Web ブラウザ上で受信を確認していてもそれに対してローカルの Mew で引用返信がすぐできなくなってしまった。
  • リモートサーバ上にメールを置いておくことに対する不安感がある。
  • iモードからメールをチェックできる。見なくてもいい時に読んでしまう可能性が。

なにはともあれ、一気に移行してしまった。 細かい所で違和感がまだあるけれども、いずれ慣れるだろう。 きっとその時は便利に感じるに違いない。

ようやくこれで本当の Gmail ユーザだ。

[ 8月8日全て ]

2008年8月25日 (月)

会社のメールアドレス宛のメールを直接 inbox に入らないようにした

夏休み中は充電のため会社からのメール携帯電話への転送を一時的に止めておいた。 転送しなくても別に困らないので、このまま止めておくことにした。

それと休日や夜に会社からのしんどいメールを見てしまうと、けっこう後を引いてしまってそんな時はちょっと辛いと感じる。 やはりオンとオフは主体的にコントロールしたい(やる時はもちろんやる)。

Mew の inbox に入ってしまうと否が応でも目にとまり気になってしまうので、会社のメールアドレス宛のメールは直接 inbox に入らないように設定してみた

~/.procmailrc に以下を追加。

 :0
 * ^TO_会社のメールアドレス
 $HOME/Mail/会社名/inbox/.

これで会社のメールサーバ -> Gmail -> fetchmail -> Postfix -> procmail -> Mew と流れてきた時に Mew では +会社名/inbox に入るようになった。

メールチェック時に +会社名/inbox から +inbox にもってきて処理していくと。

オフィスにいる時も +inbox には直接入らなくなって受信に気がつくのが遅くなるわけだが「そんなにこまめにメールをチェックしなくてもいいのではないか」をさらに一歩進めたという感じで生産性的には向上することを期待。お急ぎの方は電話チャットSkype携帯電話メールへ。

Gmail 上については迷いどころ。 フィルタで Skip the Inbox してもいいけど、モバイル Gmail からいざ新着チェックしたい時に不便だ。 Gmail については現状維持でいくか。

[ 8月25日全て ]

2008年9月4日 (木)

一部のドメインのみ Gmail 経由ではなく SMTP over SSHメールする

GmailSMTP サーバ経由で送ったメールが相手のサーバに「Sender address rejected: We can't receive FreeMail message」で拒否されてしまった。 1年前に全部 Gmail の SMTP サーバ経由で送る設定にしてしまっていて今さら面倒なのだが、仕事関係のメールで送らないわけにもいかないので Mew の設定を修正。

拒否されたドメインに送る場合には、デフォルトで設定している Gmail 経由ではなく会社の SMTP サーバから送るようにする。

まずは case 振り分け設定。

 (setq mew-case-guess-alist
       '(
         ("From:"
          ...
          )
         ("To:"
          ...
          ("拒否られたドメイン" . "compaysmtp")
          ...
         )
        ))

今回の設定変更で初めて知ったのだが、mew-case-guess-alist は後にマッチした方が優先されるらしい。最初 From: の方が後になっていて、期待したように動かずなんでだろうと思った。

次に送信設定。以前の SMTP over SSH で送っていた時の設定を復活。 後で Gmail で POP で吸い出させる際にメールのコピーが取れるように、Dcc: を設定しておく(昔設定していたけれど、Gmail に移行した時に消したやつ)。

 (setq mew-config-alist
       '(
         ("companysmtp"
          ("mail-domain"   . "example.com")
          ("smtp-server"   . "localhost")
          ("ssh-keep-connection" . nil)
          ("dcc"             . "自分のメールアドレス")
          ("smtp-ssh-server" . "mail.example.com"))

また会社のメールサーバは POP before SMTP なのでメールを送信する前に、いったん POP する必要がある。 しかし POP でメールを取ってしまうと Gmail 側から POP できなくなる。 これについては送信の際には fetchmail --check とやって認証だけ通すことにしよう。 そんなにしょっちゅうあるわけではないから、これでいいかな。

なんどかテストしながらようやくメールを送信。 1通メール出すのに随分かかってしまった。 Gmail は通して欲しいなぁ。

[ 9月4日全て ]

2009年11月23日 (月)

/home を書き戻して ThinkPad X200 へ乗り換え完了

昨日からの作業は以下。

ロストすると一番痛いのはメール。 現行の設定を引き継ぐのに必要な Debian パッケージ (postfix、fetchmailprocmail、mew、bsfilter、clamav など) をインストール

それからいきなり X Window System が起動しないように gdm をアンインストール。 デスクトップは KDE を使っているので必要そうなパッケージを変わりにインストール

その後 ThinkPad X31 でいつも通りに pdumpfs を実行して外付け HDD に /home・/etc・/var のスナップショットを保存。で ThinkPad X200 につなぎかえて cp -a で /home をコピー。

~/.kde/ は前回途中で KDE のバージョンが大きく上がったこともあって、移行的な設定も残っていそうなので今回は破棄して心機一転とした。

それと、こちら過去のものをそのまま使いたかったのだがなんか挙動が変だったので ~/.mozilla/ も削除して(リネームして)作り直し。ブックマークはとりあえずエクスポートして移した。 ScrapBook で保存したページも後で移行しなければな。

これで /home の移行完了。あとは同期するのも面倒なので ThinkPad X31 は退役として ThinkPad X200艦とすることにしよう。

明日から ThinkPad X200 持ち歩き。

[ 11月23日全て ]

2010年2月11日 (木)

Google Buzz がきたのであわてて Gmail を2つに分けた

今朝見たら 自分の Google アカウントにも Google Buzz がやってきていた。 さっそく TwitterFlickr を関連付けたけれど、まてよと思いすぐに外した。

気になったのが「頻繁にメールチャットのやりとりをしている相手が自動的にフォローされる」という説明。 自動的にフォローするということは自動的にフォローされる可能性もあるということだ(実際にはフォローまではしなくて候補にでるだけなのかも)。

メールは基本的に1つの Gmail アカウントに集約していて仕事関連のコンタクトも登録してあるので、何かの拍子で仕事相手の人に(何となくで) Google Buzz フォローされたらどうなのと。 Web に自己紹介も Twitter アカウントも晒しているので、興味をもって見てもらえること自体は全くもっていいのだが、何となく見られて「ふーん」っていう感じは嫌だよなあと。

ということでいい機会なので仕事用の Gmail アカウントを別に作ることにした。Android 使うのに向けて Google アカウントとサービスの利用について整理しなければと思っていたところだし。

Gmail アカウントを2つに分けた手順

仕事のメールアドレスでとって Google カレンダーGoogle ドキュメントなどで使っている Google アカウントGmail アカウントを作成し設定していった。

  1. Google アカウントGmail アカウント新規登録。こちらももう Google Buzz が有効になっていた。
  2. Gmail アカウントからコンタクトリストをエクスポートして、新 Gmail アカウントにインポート。それぞれ不要なコンタクトを削除。
  3. Gmail アカウントから現 Gmail アカウントに転送するように設定。現 Gmail に過去メールが溜っているので引き続きこちらで検索できるように。
  4. 仕事のメールボックスからの 現 Gmail アカウントからの POP 受信を止めて、新 Gmail アカウントで POP 受信するように変更。
  5. Gmail アカウントで設定していた送信者メールアドレスをいくつか削除し、新 Gmail アカウントから出せるように設定。
  6. Gmail アカウントからノート PC へ POP3 受信する設定を fetchmail 設定ファイルに追加。
  7. Gmail のコンタクトリスト整理が済んだので、Google Buzz に再度 TwitterFlickr を関連付け。
  8. Mew (メーラ)からの送信設定を変更。現 Gmail アカウントでは登録しておいた送信者メールアドレスを From: に指定して、Mew から GmailSMTP サーバ経由で送信できていたのだが、新 Gmail アカウントでは From: が Gmail アカウントに書き換えられてしまうことが判明。Sender: が Gmail アカウントになるのは理解していたが、この挙動には困った。不正防止の仕様なのだろう。Mew からは仕事のメールアドレス本来の SMTP サーバから送信するように設定。結果 Gmail SMTP サーバ経由での送信では駄目だった自身の送信メールの POP について、Mew で Dcc を設定することで同様のことが実現できるようになったので結果オーライ。

これで気をつけなければならない点は、新 Gmail アカウントを使って Web 上からメールを送信すると現 Gmail アカウントにコピーが残らないという点ぐらいかな(Cc / Bcc しておかない限り)。 基本的にはほとんど Mew から送信しないから問題ないか。

2010年2月13日追記

Google アカウントGmail 追加後「既存のメールアドレスを Google アカウント予備メールアドレスから削除」「Gmail で送信者として追加」「Google アカウント予備メールアドレスに再び追加」で解決するようだ。

Google Buzz

コンタクトリストの指定したグループのみに投稿を限定公開できるという機能が、Twitter ではできなかった組織内限定コミュニケーションで使えそうかなと期待している。 従来は Twitter クローンを立ち上げるか、そういう企業向けマイクロブログサービスを使う必要があったが、小規模なものにについては Google Buzz で気楽にできそうだ。

Gmail アカウント上では Google Buzz 今まで通りのネット活動として Google Buzz を利用し、新 Gmail アカウント上では社内・チーム内でのツールとして活用してみたい。

今日のさえずり - パスポートみたら有効期限切れてた

2010年02月11日

[ 2月11日全て ]

2010年2月15日 (月)

Gmail から Gmail へ転送したメールprocmail で分類

Google Buzz 導入の流れで Gmail アカウントを2つに分けた。 で、新アカウントから現アカウントへは受信メールを全て転送するように設定しつつ、両方から POP でローカルに受信するように設定したら当然同じメールが2回 POP されるようになった(現アカウントからの POP だけだと新アカウントの Web インタフェースから送信した自分のメールがローカルに残らないので両方から POP 受信するようにしている)。

2通ずつ届くのは繁雑なので Gmail -> fetchmail -> procmail -> maildir -> Mew とくる際に、procmail で別フォルダへ移してしまうように設定。

 :0
 * ^X-Forwarded-For: me.from@gmail.com me.to@gmail.com
 $HOME/Mail/me.from/forwarded/.

X-Forwaded-For ヘッダを見て自分の Gmail アカウントから Gmail アカウントへ転送したメールだったら直接指定したフォルダへ移すようにした。 これで余分な1通は目に見えなくなった (今のところは一応バックアップ的に残しておく)。

なお「IMAP 使えばいいじゃん」というコメントももらっているので、今後はそちらも検討。Mew で久しぶりに IMAP でアクセスしてみて使えることは確認。 今のメール処理の流れが体に染みついているのと、コピーをローカルフォルダに残しておきたい気持ちがあるので、そのあたりも含めてちょっと整理したいところ。

今日のさえずり - 入り口に盛り塩?

naney:4368219334

2010年02月15日

[ 2月15日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.05489s / load averages: 0.30, 0.37, 0.37
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker