nDiki : hyperref

hyperref

pLaTeX + hyperref + dvipdfmxPDF にしおりをつける

プリアンブルに以下をつける

 \usepackage[dvipdfm,bookmarks=true,%
 bookmarksnumbered=true,bookmarkstype=toc]{hyperref}
 \ifnum 42146=\euc"A4A2 \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}\else
 \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}\fi

関連情報

スポンサード リンク

2005年4月15日 (金)

pLaTeX + hyperref + dvipdfmxPDFにしおりを

プリアンブルに

 \usepackage[dvipdfm,bookmarks=true,%
 bookmarksnumbered=true,bookmarkstype=toc]{hyperref}
 %日本語EUC系環境の時
 \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}
 %シフト JIS 系環境の時
 %\AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}

を追加。

ソースファイルがいわゆるJISコードで記述されていても、指定するのは上記のどちらか。 LinuxWindows の両方でビルドできるようにするには、pdf:tounicode を切り換える必要あり。 pLaTeX の世界だけで条件分岐させる方法がわからないので、素直に Makefile で \AtBeginDvi 命令を1行書いたファイルを出力して \input するという運用で行くことにする。

追記

pTeX の内部コードが異なる環境(例えば WindowsLinux)の両方で、文字化けしないでしおりをつける方法 → pTeX の内部コードを判別して hyperref の設定を切り換え

スポンサード リンク
[ 4月15日全て ]

2005年4月26日 (火)

pTeX の内部コードを判別して hyperref の設定を切り換え

pTeX にある \euc プリミティブを使えば Windows でも、Linux でも同じソースファイル(JIS)で PDF にしおりを設定できた。

 \ifnum 42146=\euc"A4A2 \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}\else
 \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}\fi

pLaTeX + hyperref + dvipdfmx で PDFにしおりを

[ 4月26日全て ]

2008年7月18日 (金)

今日のさえずり: NOMO って書くと消しゴムっぽい

2008年07月18日

  • 09:20 お年玉切手シート2枚郵便局でもらってきた。交換期間もうすぐ終了。[mb]
  • 12:22 帰省往路の新幹線、希望の車両で指定席確保。[mb]
  • 12:24 NOMO って書くと消しゴムっぽい。[mb]
  • 15:53 sid アップデートしたら ** WARNING ** Failed to load ToUnicode mapping: EUC-UCS2 が出て hyperref のしおりが文字化けするようになった。
  • 20:02 掃除機かけたらこの時間になった。帰る。[mb]
[ 7月18日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.070994s / load averages: 0.28, 0.40, 0.41
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker