nDiki : maildir

maildir

maildir を作成する

 maildirmake $HOME/Maildir

1999年10月28日 (木)

メインノート PCMTA を sendmail から qmail に変更

今日はちょっと時間ができたのと、他の作業に集中できなかったので、この時間をつかって MTA を sendmail から qmail に変更することにした。

現在の Debian GNU/Linux Potato では qmail はソースで提供されている。 がスクリプト一発でインストールできるのでほとんど普通のパッケージとかわらない。この qmail-src パッケージは uscpi-tcp 要求するのだが、これもソースで ucspi-tcp-src として提供されている。 qmail-src をいれるときには uscpi-tcp, ucspi-tcp-src に依存していないので、はいるのだが、これをビルドしていざ qmailインストールする時に、依存関係でごたごたするので、ucspi-tcp を先にインストールしておいた方が楽である(実際ちょっとごたごたした)。

それぞれ、ucspi-tcpsrc, qmail-src パッケージを取得したあと、build-ucspi-tcp, build-qmail コマンドを実行する。

インストールしたら、alias に su して

 $echo '自分のユーザ名' > ~alias/.qmail-postmaster
 $chmod 644 ~alias/.qmail-postmaster

として /etc/init.d/qmail start でサービス開始。

ユーザ側では、

 $maildirmake $HOME/Qmail
 $echo $HOME/Qmail/ >$HOME/.qmail

として maildir を作成する。あとは im の設定。~/.im/Config に

 MBoxStyle=qmail
 Imget.Src=local:${HOME}/Qmail

を追加する(実際にはコメントマークを外して修正)。

これで終了。今回はメールをロストするなく移行できほっと一安心。

と実際は、ちょっとひっかかった点がひとつ。 alias の設定で ~alias/.qmail-root で root へのメールを自分のユーザアカウントに転送しようと思ったらうまくいかない。すべて alias に届いてしまう。

いろいろ調べてみたところ、Debian パッケージでデフォルトで /etc/qmail/users/assign に root その他のいくつかは ~alias/.qmail-postmaster に従って配送されるようになっていた。~alias/.qmail-postmaster は touch しただけで alias に届くようにしていた。のでいくら .qmail-root をいじっても alias にメールが届いてしまったわけだ。

まぁよくよくみればドキュメントに書いてあったんだけど……

追記

今は $HOME/Qmail じゃなくて $HOME/Maildir にしてます(って結構前から)。 (2001年1月17日、追記)

スポンサード リンク
[ 10月28日全て ]

2005年3月12日 (土)

UNIXアカウントの方に大量にたまっていたfml管理メール

先日メールサーバのメンテをしていたら、自分のアカウントにメールが700通弱たまっているのを発見。

常用しているバーチャルドメインの naney@example.co.jp の方はもちろん定期的に fetch している。 naney 宛のメールも全て naney@example.co.jp に流れると勘違いしていた。 UNIXアカウントの方にもたまっているとは思っていなかったので見落し。マズイ。

吸い出し

vpopmail のPOPサーバから吸い出そうとしたところ失敗。

 maildirmake maildirmake $HOME/Maildir
 echo $HOME/Maildir/ > $HOME/.qmail

naney UNIX用アカウント用の maildir を作成し.qmail を書いて、mbox からこちらへ一旦流すことで吸い出せるようになった。

幸い「メーリングリストが配送するメールの中に配送できないアドレス(退職により削除されたアドレス)があるよ」というエラーメールがほどんどで、重要なものはなかった。 一安心。

fmlの管理メールアドレスの送り先を修正

/var/spool/ml/etc/qmail/alias 以下にある設定ファイルで、転送先が

 naney

となっているのを

 &naney@example.co.jp

に修正し、vpopmail 上のバーチャルアカウントの方に届くようにする。

 for f in `grep -l naney .*`; do echo '&naney@example.co.jp' > $f ; done

以前 qmail+vpopmail+fml設定をした時にこれらのファイルを ~vpopmail/domains/example.co.jp/ にコピーしたのだが、確認したところ実はこれは不要だった。削除。

[ 3月12日全て ]

2010年2月15日 (月)

Gmail から Gmail へ転送したメールprocmail で分類

Google Buzz 導入の流れで Gmail アカウントを2つに分けた。 で、新アカウントから現アカウントへは受信メールを全て転送するように設定しつつ、両方から POP でローカルに受信するように設定したら当然同じメールが2回 POP されるようになった(現アカウントからの POP だけだと新アカウントの Web インタフェースから送信した自分のメールがローカルに残らないので両方から POP 受信するようにしている)。

2通ずつ届くのは繁雑なので Gmail -> fetchmail -> procmail -> maildir -> Mew とくる際に、procmail で別フォルダへ移してしまうように設定。

 :0
 * ^X-Forwarded-For: me.from@gmail.com me.to@gmail.com
 $HOME/Mail/me.from/forwarded/.

X-Forwaded-For ヘッダを見て自分の Gmail アカウントから Gmail アカウントへ転送したメールだったら直接指定したフォルダへ移すようにした。 これで余分な1通は目に見えなくなった (今のところは一応バックアップ的に残しておく)。

なお「IMAP 使えばいいじゃん」というコメントももらっているので、今後はそちらも検討。Mew で久しぶりに IMAP でアクセスしてみて使えることは確認。 今のメール処理の流れが体に染みついているのと、コピーをローカルフォルダに残しておきたい気持ちがあるので、そのあたりも含めてちょっと整理したいところ。

[ 2月15日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.061347s / load averages: 0.54, 0.55, 0.55
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker