nDiki : wxWidgets

wxWidgets

スポンサード リンク

2004年7月20日 (火)

wxWidgets + wxPerl

Debian GNU/Linux上で試してみる。 libwxgtk2.4-* あたりをインストールした後、wxPerl パッケージを作成。 途中でエラーになるので以下のようにして作成した。

 export PERL5LIB=blib/lib
 dh-make-perl --build --cpan Wx

wxPerl のサイトのチュートリアルのサンプルスクリプトでウィンドウを出すところまで動作確認。

スポンサード リンク
[ 7月20日全て ]

2004年7月21日 (水)

wxPerl + ActivePerl 5.6.1 build 638

PPM パッケージで。wxWidgets もリンクされているためか別途インストールの必要なし。 チュートリアルのサンプルで動作確認。

Wx::ActiveX も試してみようと思ったが、5.6 用のPPM パッケージ無し。 ソースからビルドするには(今度こそ)wxWidgetsをきちんといれておく必要があるのでパスしておく。

[ 7月21日全て ]

2004年7月23日 (金)

Wx::GLCanvasOpenGL

wxWidgets + wxPerl 上で OpenGL を使うためのモジュール。

一応 3D 屋に勤務しているし、入れてみる(Debian GNU/Linux に)。 サンプルの動作を確認。

しかし OpenGLAPI (と wxWidgets も) についてまだ全く知らないので、何かをするにはまず学習から。

[ 7月23日全て ]

2004年8月27日 (金)

Wx::ActiveXビルド

Wx::ActiveXPerl 5.6.1 用バイナリ(PPM パッケージ)が配布されていないのでビルドする。 最初はPPM パッケージ化された wxPerl (Wx-0.19-wxmsw2.4.2-win32-u-5.6.1.zip) と wxWidgets 2.4.2 で作成しようと思ったが、うまくいかないので全部ビルドすることに。

wxWidgetsインストール

wxMSW-2.4.2-setup.zip を C:\usr\local\wxWindows-2.4.2 へ。

wxPerl 0.20

ドキュメントの通り、wxWidgetsビルド後、モジュールを作成。 コンパイルには Visual C++ 6 を使用。

wxWidgetsビルド

 set WXWIN=C:\usr\local\wxWindows-2.4.2
 set WXDIR=C:\usr\local\wxWindows-2.4.2
 cd %WXDIR%\src\msw
 nmake -f makefile.vc FINAL=1 dll
 cd %WXDIR%\contrib\src\stc
 nmake -f makefile.vc FINAL=1 WXUSINGDLL=1
 cd %WXDIR%\contrib\src\xrc
 nmake -f makefile.vc FINAL=1 WXUSINGDLL=1

Wx-0.20.tar.gz を展開したディレクトリに移動し(WXWIN, WXDIR は前記と同じように設定したまま)、

  perl Makefile.PL
  nmake
  nmake test
  make_ppm

PPM パッケージ化まで。

Wx::ActiveX 0.05

先に wxPerlインストールしておいてから、

 set WXWIN=C:\usr\local\wxWindows-2.4.2
 set WXDIR=C:\usr\local\wxWindows-2.4.2
  perl Makefile.PL
  nmake
  nmake test
  make_ppm

PPM パッケージ化。インストール

demo ディレクトリにあるサンプルで、IE、Flash Player、Acrobat、Windows Media Player を貼りつけられていることを確認。

[ 8月27日全て ]

2004年12月31日 (金)

私的10大ニュース2004 [ comp ]

cool programs

Palm OS 生活復活

PEG-TJ25を購入し、Palm OS 生活復活。 最初はおもちゃのつもりで買ったのだが、プロジェクトマネジメントなどにシフトした仕事のスケジュール管理などで大活躍。

PDA 市場の明るい話はあまり聞かないが、末長く製品が出て続けて欲しい。

http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-03-05-0003.jpg http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-03-14-0004.jpg http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-04-10-0001.jpg

[ 12月31日全て ]

2006年1月12日 (木)

Windows でも Linux でも動くタスク管理ツール Task Coach

仕事をもらさず、先送りせず進めていくには

  1. タスクを書き出して
  2. 実行可能な小アクションに分割

するのがひとつのポイントである。

Palm (To Do / DateBk5 / Progect) であったり、裏紙であったり、方眼ノートであったりに、To Do リストを書き出して終わるとチェックしていく。

Palm を使う場合は繰り返し機能やアラームが使えるが、入力が面倒。電池問題あり。 紙を使うとリストアップが速く、常時表示が可能。しかし階層化書きしていくのが面倒。 それぞれ長所・短所がある。

PC用のツールだとどうだろう。タスクをサブタスクにブレークダウンしていけるもので、WindowsLinux で動くものを探してみた。

rimage:http://www.naney.org/img/2006/screenshot/TaskCoach-2006-01-12-0001-240.png Task Coach が良さそうなので、これを Debian GNU/Linux sidインストールしてみる。

Python 2.4 用 wxPython のインストール

Task Coach 0.54 は Python 2.4.1 以上、および wxWidgets のための wxPython 2.5.5.1-unicode 以上が必要である。 sid の wxPython は Python 2.3 用なので Python 2.4 だとそのままでは使えない。

ということで、まずは Python 2.4 用の wxPython パッケージを作成してインストールするところから。 wxPython2.6-2.6.2.1-1.src.rpm から deb パッケージにする。

一旦 Python 2.4 用の RPMパッケージ

  • wxPython-common-gtk2-unicode-2.6.2.1-1.i386.rpm
  • wxPython2.6-2.6.2.1-1.src.rpm
  • wxPython2.6-devel-gtk2-unicode-2.6.2.1-1.i386.rpm
  • wxPython2.6-gtk2-unicode-2.6.2.1-1.i386.rpm

ビルドし、その後 deb パッケージ

  • wxpython-common-gtk2-unicode_2.6.2.1-2_i386.deb
  • wxpython2.6-devel-gtk2-unicode_2.6.2.1-2_i386.deb
  • wxpython2.6-gtk2-unicode_2.6.2.1-2_i386.deb

に変換してインストールする。

 apt-get install libgtk2.0-dev freeglut3-dev python2.4-dev
 rpmbuild --rebuild --define 'pyver 2.4' wxPython2.6-2.6.2.1-1.src.rpm
 cp /usr/src/rpm/RPMS/i386/wxPython* .
 fakeroot alien *.i386.rpm
 dpkg --purge python-wxtools
 dpkg --insstall *.deb

このままだと共有ライブラリが認識されないので、ld.so.conf を修正。

 echo /usr/lib/wxPython-2.6.2.1-gtk2-unicode/lib > /etc/ld.so.conf
 /sbin/ldconfig

これでいけるかと思ったらなぜかロードできない。なぜ?

確認したらライブラリディレクトリの権限が 700 になっていた。

 chmod 755 /usr/lib/wxPython-2.6.2.1-gtk2-unicode
 chmod 755 /usr/lib/wxPython-2.6.2.1-gtk2-unicode/lib

これでOK。

Task Coachインストール

tarball を展開

 tar zxvf TaskCoach-0.54.tar.gz

以上。

 python2.4 TaskCoach-0.54/taskcoach.py

で実行できる。

Windows へのインストールの場合

TaskCoach-0.54-win32.exe がインストーラなので、実行するだけ。簡単。

使い勝手

基本的な機能はほぼそろっている感じだ。

リスト表示とツリー表示をタブで簡単に切り換えられるのが良い。

「ツリー表示の方でタスクをブレークダウン」していきそれぞれに期日を設定すると、「リスト表示の方で期日順に並べて表示して上から実行」していくことができる。

Task Coach の特徴として、各タスク毎のストップウォッチ機能がある。 これを使うとどのタスクがどれぐらい時間がかかったかを記録しておけるので、今後同じようなタスクを作成するときの時間見積もりに役立てることができる。

手元の環境だと uim との相性が良くないのか、途中で日本語入力ができなくなることがあるのが今のところ問題。その場合は Task Coach を起動しなおすことになる。

それ以外はなかなかいい感じ。

デスクワークはガンガンこれに突っ込んでアクションに分割していき、淡々とこなしてみますか。

[ 1月12日全て ]

2006年12月13日 (水)

wxPerl PPM パッケージ

PAR リポジトリでいろいろ遊べそうなので、GUI 作成に wxPerl の方も久しびりにまた使おうかなと。

ただ wxPerl の本家が配布しているビルド済み PPM パッケージは、いまだに Wx 0.26 + wxWidgets 2.6.2 だったりして使う気になれない。 かといって、自分でビルドするのも結構手間だし。

で探していたところ Wx::Perl::Packager の開発者が、自身のサイトで PPM パッケージを配布しているのを発見。

最新のパッケージがあるのが嬉しい。

というか12月12日 にリリースされた wxWidgets 2.8.0 と、 CPAN にもまだない CVS 版 Wx (次の 0.66 のためのスナップショット)が、同じ12月12日に公開されているという早さ。

これがあれば、最新の機能が堪能できそうだ。

[ 12月13日全て ]

2009年2月2日 (月)

TrueCrypt 6.1a を Debian GNU/Linux sid

TrueCrypt 4.2a は以前 Debian GNU/Linuxインストールしたのだが、ずっとアップデートしていなかったのでビルドしなおすことにした。 以前と依存ライブラリが変わっている。

依存ライブラリ (Debian GNU/Linux で揃うもの)

 apt-get install libfuse-dev

その他にも必要なものがあると思うが、既にインストールされていてどれが不足かちょっと不明。

Debian GNU/Linux で揃わないもの

どうもバージョンが異なるのか、うまくビルドできなかったのでいくつかは本家から取ってきた。

PKCS #11

ヘッダファイルのみ。

 cd /tmp
 mkdir PKCS
 cd PKCS
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/cryptoki.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/ct-kip.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/opt-pkcs11.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/pkcs-11v2-20a3.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/pkcs-11v2-20a3d3.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/pkcs11.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/pkcs11f.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/pkcs11t-consolidated-d1.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/pkcs11t.h
 wget ftp://ftp.rsasecurity.com/pub/pkcs/pkcs-11/v2-20/pkcs11t.h.org
wxWidgets

wxWidgets のソースを /tmp 以下に展開。

 cd /tmp
 tar xvzf wxWidgets-2.8.9.tar.gz

TrueCryptビルド

TrueCrypt の Readme.txt に従って wxWidgetsTrueCrypt の Makefile 経由でビルドして静的リンクする。

 cd /tmp
 tar zxvf TrueCrypt\ 6.1a\ Source.tar.gz
 cd truecrypt-6.1a-source
 make PKCS11_INC=/tmp/PKCS WX_ROOT=/tmp/wxWidgets-2.8.9 wxbuild
 make PKCS11_INC=/tmp/PKCS WX_ROOT=/tmp/wxWidgets-2.8.9 WXSTATIC=1

インストール

できあがった truecrypt バイナリをコピー。

 chmod 755 truecrypt
 chown root:root truecrypt
 cp -a truecrypt /usr/bin

一般ユーザで使えるようにする

/etc/sudoers に

 naney ALL=(ALL) NOPASSWD: /usr/bin/truecrypt

を追加。

Linux でも Windows 版とほぼ同様の GUI が使えるようになって、何だか笑えた。 なおマウントの際に、Linux kernel 2.6.24 以上でないとよろしくないと警告が出る。 kernel も更新しなければならないな。

今日のさえずり - えーっ、今ごちソースじゃないの?

2009年01月31日

2009年02月01日

  • 15:03 地震がきても急いで Twitter 見にいくことが最近なくなった。 *P3
  • 16:05 スーパーに行ってくる。 [mb]
  • 21:34 YouTube で「ヒポポタマス」見た。あいかわらず悲しすぎる。 *P3
  • 22:48盛岡から生放送! 凍てつく夜もさだまさし」は2月14日(土) 24:20 - 25:50。http://www.nhk.or.jp/masashi/ *P3
  • 22:59 @satetsu 凍てつく夜もさだまさしの放送時間、通知付きで Google カレンダーに登録しました。 *P3
  • 24:02 Google Chrome のショートカットキーの変更ってどうやるんだろう。Ctrl + J 潰したい。 *P3
  • 24:06 珍しく爪が割れた。アロンアルファでとめればいいのか? *P3

2009年02月02日

[ 2月2日全て ]

2010年8月20日 (金)

今日のさえずり: サンサった

2010年08月20日

  • 12:09 いなりとおにぎりとスティック 433円。 (@ ファミリーマート神田佐久間町店) http://4sq.com/biJuCj
  • 12:26 Strawberry Perl への Padre インストール開始したら wxWidgets もりもりコンパイルしてる。
  • 12:40 Strawberry PerlCPAN モジュールがこけるのはセキュ... (2010-08-19) http://goo.gl/fb/6ozSV
  • 13:25 Padre 起動した。今日はテストスクリプトをこれで開いてみよう。
  • 19:15 就業規則によると、代休は「本人の請求により」ってあるな。
  • 20:17 また花輪ばやし中継観てる。今は太鼓のフェーズ。
  • 20:38 太鼓終わり。
  • 20:44 サンサの練習。
  • 20:58 屋台きた。
  • 21:56 サンサくる。
  • 21:57 サンサった。
  • 22:01 桟敷席の人ら飛び出してきた。
  • 22:02 ツアーの人たちか。半ばで抜けていった。かわいそうに。
  • 22:20 全屋台駅前退場。
  • 23:31 熱海の捜査官、今日は始まりが遅いので先にシャワー。
  • 23:49 体調などを考えてやっぱり観ないで寝る。
[ 8月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.057465s / load averages: 0.27, 0.56, 0.51
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker