nDiki : プレビュー

2021年1月20日 (水)

Zettlr 2日目

昨日から使い始めZettelkasten メソッドのための機能を備えた Markdown エディタの2日目。昨日の時点で使い続けるかちょっと迷ったんだけれど、もうちょっと使い方を探ってみようと今日も使ってみている。内部リンク(ノート間リンク)の活用方法がちょっと分かってきて楽しい。

内部リンクの使い勝手が良い

エディタ上で内部リンクを「command + クリック」「control + クリック」すると「リンク先のファイルを開く」と同時にその「リンク文字列での検索」が実行される。ファイルを開くと同時にいい感じに関連するファイルのリスト(実質バックリンクリスト)が表示されて便利。内部リンクを充実させたい気持ちが高まってきた。

ID を YAML front matter に埋め込む

アプリケーションに依存する Markdown ファイルを作らないという Zettlr の原則により Markdown ファイル中のどこに ID を書いてもいい仕様になっている。

自分としてはプレビュー時に文中に出ないように、昨日ひとまず ID を HTML コメントの形式で Markdown ファイルに埋め込んでみていた。 Zettlr やメインで使っている iA Writerプレビューに使っている Marked 2 が YAML front matter に対応しているのでそこの方がわかりやすいかな。 front matter に ID を書くことにした。

ID のパターンは初期設定の「%Y%M%D%h%m%s」で

日時については基本「2021-01-20-095836」という書式を使っているので Zettlr の ID のパターンも初日に「%Y-%M-%D-%h%m%s」にカスタマイズしたのだけれど「%Y%M%D%h%m%s」に戻した。過去のノートファイルに現在日時の ID を付与するというズレが心理的に気持ち悪かったので。

Also, our own experiences show that when one doesn't use easy-to-recognise IDs, one is less prone to assume stuff, making them better suited to cross-link files. Just try it yourself! — https://docs.zettlr.com/en/academic/zkn-method/

というの納得。

内部リンクは独立した行に書き、 Marked 2 で消す

内部リンクは Zettlr をナレッジベースとして使う上で便利だが、単独の Markdown ファイルをエクスポートして共有する際には不要だ。

Markdown ファイルを各種フォーマットに変換する Marked 2 に自作のカスタムプリプロセッサを通す機能があるので、 Zettlr で管理している Markdown ファイルを共有する際は Marked 2 を呼び出して

 - [[...]]

を含む行を消してしまうように設定した。ノート関係の宣言のための内部リンクは上記のように独立した行に書いておこう。

これで個人的なナレッジベースとしてノート間リンクの充実させるという要求と、一部はエクスポートして共有したいという要求を満たせそうだ。

YAML front matter #nNote

ファイルの先頭に置かれたダッシュ3文字の行(---\n)の間に書かれた YAML データ。 Jekyll その他で採用されている。

採用しているアプリケーション:

iA Writer

Markdown Guide: Basics, Tips and Tricks on how to use Markdown

front matter に書いた値を Markdown テキスト中に [%キー] と書くことでプレビュー時に展開するのに使用。

Obsidian

YAML front matter - Obsidian Help

ファイルの別名を指定するのに使用。

  • キー: aliases
[ 1月20日全て ]

2021年1月27日 (水)

Markdown リンク定義にリンク先ノートの ID を書く

Markdown エディタ Zettlr で内部リンク(ノート間リンク)を

 - [[yyyymmddHHMMSS]] タイトル

のように書き、エクスポートする時は Marked 2 のカスタムプリプロセッサで消す(記事)というマイルールを作った(yyyymmddHHMMSS は ID)。が Zettlr から iA Writer に戻し、ノート間リンクは自作の PopClip エクステンションで開けるようにした(記事)ので、必ずしも [[yyyymmddHHMMSS]] 形式で内部リンクを表現しなくても良くなった。であれば、最初から変換した時にドキュメントに現れない形式で Markdown ファイルに内部リンクを書いておきたい。

Markdown ファイル中に HTML コメント形式で内部リンクを書いておけば、 HTML 等に変換した時にドキュメントに出現しなくて済むのだが iA Writer だと全文検索にひっかからないので却下。

ドキュメントに出現しない表記にはもう1つ「リンク定義」があるのでこれを使うことにした。

 [yyyymmddHHMMSS]: <> "title"

として内部リンクを書いておけばプレビューしたドキュメントには現れない。若干やぼったい感じもするがなかなかいいんじゃない。

[ ノート・日記はテキストファイルに ] [ Zettelkasten ]

[ 1月27日全て ]

2021年2月10日 (水)

Obsidian で禁断のネスト vault に手を出した

整理して汎化したナレッジベース部分を1つの Obsidian vault にし、ワークスペースとしての Obsidian vault の中に入れることにした。取り扱い注意と理解した上でネスト vault にする。

セクションの埋め込み

 ![[ファイルベース名#見出し文字列]]

で指定したセクションの内容をノートに埋め込めると知ってビックリ & 感動。デイリーノートに日別に書いたノートを転記することなく集約してプレビューできるのだ。これ欲しかったやつ! ちなみにブロック単位でも埋め込める。

別のファイルをまるっと埋め込めるアプリは多いけれどセクション単位やブロック単位できるアプリを使うのは初めてだ。

[ Mac アプリケーション ]

[ 2月10日全て ]

2021年4月5日 (月)

今日のさえずり: 不動産販売会社が禰豆子柄の封筒でダイレクトメールを送ってきた

  • 19:21 複合機でスキャンして送信するの、いつも縦と横どちらでセットするか忘れて一か八かでセットするとまず逆になってる。縦と横、両方ともスキャンして送信しちゃえば手間が省けることに気がついた天才。
  • 19:22 そして設定をチェックしたら「プレビュー」機能があることに気がついた夜。
  • 22:14 不動産販売会社が禰豆子柄の封筒でダイレクトメールを送ってきた。
  • 22:59 朝の散歩。 #photography RICOH GR III #GR #GRIII #GR3 https://t.co/mYmcy8wFbS
[ 4月5日全て ]

2021年9月19日 (日)

ObsidianCSS スニペットから publish.css を生成する

Obsidian の表示のカスタマイズ用に複数の CSS スニペットを用意して個別に有効・無効を切り替えられるのに今頃気が付いた。

プレビュー画面用の CSS と編集画面用の CSS」「Obsidian 標準の構造用の CSS と独自の構造・クラス用の CSS」など分けたらずいぶん見通しが良くなった。

今までアプリ用の CSSObsidian Publish サイト用の CSS (publish.css) の2重管理が手間だった。「アプリだけ用の CSS」「Obsidian Publish だけ用の CSS」という切り口でもファイルを分けておき、 必要な CSS ファイルだけを make でマージして publish.css を生成するようにしたら解決できた。なるほどー。

[ 9月19日全て ]

2021年11月11日 (木)

今日のさえずり: 渋谷川「中目黒っぽくなりたかった」

[ 11月11日全て ]

2021年11月12日 (金)

今日のさえずり: 山手線で隣に座った女性が『あつまれ どうぶつの森』やってる。任天堂の CM みたいな光景。

[ 11月12日全て ]

2021年12月10日 (金)

今日のさえずり: Log::Log4perl は大丈夫か?

[ 12月10日全て ]

2022年1月12日 (水)

今日のさえずり: 「早く失敗する」ことに早く失敗する

[ 1月12日全て ]

2022年2月2日 (水)

今日のさえずり: 今まで歯磨きしてからリステリンしてた

[ 2月2日全て ]

About

Process Time: 0.072216s / load averages: 0.59, 0.58, 0.59