nDiki : README

1999年2月3日 (水)

ntop のために libpcap 0.4 をインストール

ntopインストールするに先だって libcap 0.4 をインストール

 $tar zxvf libpcap-0.4.tar.Z
 $cd libpcap-0.4
 $./configure
 $make
 $su
 #make install
 #mkdir /usr/local/include/net
 #make install-incl
 #make install-man
スポンサード リンク

ssh 2.0.12 へアップデート

ssh が 2.0.12 になっていたのでアップデート。 PGP の公開鍵は同じサイトの README からとったけど、正式に公開しているのはどこなんだろう。

 $tar zxvf ssh-2.0.12.tar.gz
 $cd ssh-2.0.12
 $./configure
 $make
 $su
 #make install
[ 2月3日全て ]

2004年10月8日 (金)

Ruby 1.8.1 + 影舞 0.8.4

会社の社内サーバで影舞を使っている。 別の部隊でも気にいってプロジェクトで使いたいというので、昨日インストール方法を簡単に説明しておいた。

しかしうまく動かせないようで、助けを求めてきたので軽くヘルプ。 すでに私が稼働させている Red Hat Linux 8.0 BOX (私は以前セットアップした Ruby 1.8.0 + 影舞 0.8.3 を使用中)へインストールしようとしているのだが、うまく動いていない。

public_html の下に Rubyインストールしていたり、影舞インストールマニュアルを無視していたり。 UNIX 経験が浅いスタッフなので前者はしょうがないとはいえ(もちろん修正する必要あり)、後者はなぁ。 まず、READMEインストールマニュアルは読んでくれ。 中国出身なので言葉の問題があるのも理解できないこともないが、読まずに動かないと言われても。

それからうまく動かないからといって、はなから Ruby の問題だとか影舞の問題だとかブツブツ言わないように。 フリーソフトウェアという概念自体から(いやソフトウェアライセンスというものからか?)説明しなければならないな。

ちなみにそのスタッフの帰社後、同じ構成ですんなり動作する事を確認(影舞 CGI プログラムインストールしたディレクトリが group writable になっていたため、ちょっと suEXEC でちょっとはまったが)。

せっかくなのでこれを機に自分の動かしているやつのバージョンを上げておくか。

[ 10月8日全て ]

2004年12月2日 (木)

JRE をバンドルしたインストーラNSIS で作る

Java で書いたプログラムを Windows ユーザに提供する時に、Java の実行環境の事とかを考えるのが面倒くさい。 頼まれて自分がセットアップする時も面倒くさい。

やっぱりJARファイル化したプログラムに JRE をバンドルしたインストーラNSIS あたりで作れるようにしておいた方が、あとあと楽そうだ。

JRE

しかし JRE のバンドルの話を取り扱かっている記事ってあまりみかけない。 JRE 1.4.2_06 の README.txt などに再配布の事が書いてあるのだけれど、いまいちすっきりしないところもある。例えば

All files not in these lists of optional files must be included in redistributions of the runtime environment.

とあるんだけれど、All files ってどれよ。 WindowsJRE インストーラを実行して実際にインストールした後、インストール先にあるファイルって判断で良いのかな。多分。

それから、「それらをディレクトリごとコピーすれば他でも動くかどうか」という事に関する記述が見つけられないのがちょっと気持ち悪い。大丈夫っぽいんだけれど。

NSIS

NSIS 側はディレクトリまるごとインストール(File /r jre)と、アンインストール時にまるごと削除 (RMDir /r "$INSTDIR\jre") で OK。 実行に関しては NSIS Archive の Examples にある記事「Java Launcher」を参考に起動のための exe を作るなどすれば良い。 これは NSISスクリプトを用いて「java.exe を探し出して指定したパラメータで呼び出す exe ファイル」を作るというもの。

NSISインストーラを作るためのソフトであるが、NSISコンパイラでちょっとしたプログラムも書けるよという事を示す面白い例でもある。 これぐらいの用途であれば結構コンパクトな実行可能ファイルを吐いてくれる。

[ 12月2日全て ]

2005年6月13日 (月)

仕事中にカプチーノが飲みたくなったら

最近 StealthSwitch というUSB接続のフットスイッチが(ちょっぴり)話題になっている。 「ボスが来た」用。

Debian に Boss is coming がないかと探したらかわりに cappuccino というのを見つけた。

Run this software on your computer when you are not motivated to work, and enjoy doing something different. -- README より

こちらは、ボスが来た時用ではなくてあらかじめ動かしておくタイプのソフトウェア。 どんな画面になるかは……スクリーンショットを貼ったら、会社で効果が無くなるのでやめておこう。

[ 6月13日全て ]

2005年8月24日 (水)

Module::Buildソースパッケージング

ExtUtils::MakeMaker

私が Perl が好きな理由の一つに、標準でExtUtils::MakeMakerという Makefile ジェネレータがついているところである。これを使って Makefile.PL を書くと

 perl Makefile.PL
 make manifest
 make
 make test
 make dist

で <pacakge>-<versionno>.tar.gz というソースパッケージを作ることができ、

 tar zxvf <pacakge>-<versionno>.tar.gz
 cd <pacakge>-<versionno>
 perl Makefile.PL
 make
 make test
 make install

という手順でインストールする事ができるようになる。 パッケージの作り方が確立されているので、容易に新しいパッケージを開発しはじめられる。

逆に Java でプログラムを書くのが億劫なのは、このあたりの準備が面倒だからである。 Ant を使っても結局ここら辺自分でやらなければならないし。

ちょっとしたアーカイブの作成

ちょっとしたパッケージを作りたいと思うことは良くある。 例えばいくつかのデータファイルと、READMEファイルなんかをひとまとめにしてアーカイブにするとか。

本当にちょっとしたであれば、手動でアーカイブすれば良いのだが、

  • アーカイブしたいファイル群がバージョン管理下にあって、CVS ディレクトリや .svn ディレクトリがある (除外してアーカイブする必要がある)
  • 同じディレクトリにある、作業用のファイルはアーカイブしたくない (除外してアーカイブする必要がある)
  • アーカイブする前に、チェック用のリグレッションテスト一式を走らせたい (リグレッションテストをかけられるようにする)
  • UNIX でも Windows でもアーカイブ化できるようにしたい。

あたりを考慮しなければならない時は面倒くさくなってくる。

自動化としては

あたりがぱっと思い浮かぶ。 しかし、最初の2つは毎回同じようなものを書くのが面倒だし保守もしにくい。 GNU Autotools はちょっとごっつすぎだし、Windows での環境構築も面倒。

ExtUtils::MakeMaker の欠点

ということで最初は ExtUtils::MakeMaker を使うという線で考えてみた。 もともと Perl モジュール用で汎用用途にはちょっと邪魔な振舞いもあるが、使えないことはないと思う。 しかし make (GNU Make あるいは nmake など) に依存しているという欠点がある。

Module::Build

ということで ExtUtils::MakeMaker の代替である Module::Build ベースで汎用用途に使えないか検討してみた。こちらは pure Perl で make を必要としない。

Module::BuildPerl モジュールビルドにあわせた振舞いがあるものの、ちょっとカスタマイズすれば使えそうだ。 で、いろいろいじった結果、次のような感じにすると使いやすそうだ。

 use Module::Build;
 my $class = Module::Build
   ->subclass(class => 'NonmoduleBuilder',
              code => q{
                        # Don't make blib
                        sub ACTION_code {};
                        # Don't make blib
                        sub ACTION_docs {};
                        # Don't make META.yml
                        sub ACTION_distmeta {
                          # no warning on ACTION_distdir
                          $_[0]->{metafile} = 'MANIFEST';
                        };
                        # Don't add MEATA.yml to MANIFEST
                        sub ACTION_manifest {
                          $_[0]->{metafile} = 'MANIFEST',
                          $_[0]->SUPER::ACTION_manifest(@_);
                        };
                       });

 # Set your archive name and version.
 $class->new(dist_name => 'mypackage',
             dist_version => '1.0.2',
             )->create_build_script;

カスタマイズした部分は以下(Module::Build 0.26 で動作確認)。

  • Perl モジュールビルドに特有の blib ディレクトリを作らないようにする。
  • META.yml を生成しないようにし、アーカイブに含まれないようにする。

上記のようなファイルを Build.PL という名前で作っておけば

 perl Build.PL
 ./Build manifest
 ./Build
 ./Build test
 ./Build dist

等として、アーカイブ作成が容易にできるようになる。

しばらくこの方法でいろいろ試してみることにしてみよう。

[ 8月24日全て ]

2006年2月3日 (金)

amaroK から Last.fm へ送信できるようになった

iTunesプラグイン iScrobbler For Windows 1.1.0 をインストールして、曲を再生してみたところ Last.fm へ曲情報をうまく送信できた。 アカウントの方は特に問題ないらしい。

やはり amaroK 側の問題か。

何度か amaroKsvn 版をコンパイルして試してみるうちに、そういえば configure した際にいくつか optional なライブラリが無くてそれらの機能が外されている旨の表示が出ていたことを思い出した。 apt-get build-dep amarok では全部入らないらしい。

README をみて必要なライブラリを確認。 libmp4v2 あたりが怪しい。ということで libmp4-dev パッケージをインストール。 また前回インストールされていなくて configure に --without-akode していたので aKode 関係のライブラリもあわせていれておく。

で再インストール

で再生してみたら、あっさりうまくいった。

よし。

[ 2月3日全て ]

2006年4月1日 (土)

Emacs 22 だと howm に色がつかないので Emacs 21 に戻す

1週間前にEmacs 22 に乗り換えたのだが、これだと昨日から使いはじめた howm に色がつかない。

あまりにも寂しい。

というか色分けされないと便利さ半減。 なのであっさり Emacs 21 に戻すことにした。 vc-svn.el の方は、Subversion Debian パッケージREADME.Debian にある通り、Emacs 21 用に

 svn export -r9195 \
      http://svn.collab.net/repos/svn/trunk/contrib/client-side/vc-svn.el

でとってきてローカルに置き動くようにしておく。

 (setq vc-handled-backends
       (append vc-handled-backends (list 'SVN)))

も忘れずに。

[ 4月1日全て ]

2006年12月17日 (日)

USB メモリPerl を入れて持ち歩きたい

ポータブルアプリケーション詰め込み。

自分の場合エディタPerl があれば随分できることが増えるので、何とか Perl を入れておきたい。 しかし定番の WindowsActivePerl はセットアップが必要であり、持ち歩きには向かない。

何かいい Perl ディストリビューションがないかなと探してみたところ、インストール不要Apache ディストリビューションが目についた。 そういえばこれらには Perl が含まれていてインストール不要で使えるものがあるらしいので、それらが使えるかもしれない。

XAMPP for Windows 1.5.5

標準の XAMPP では Perl インタプリタしか入っていなかった。 さすがにこれでは使い物にならない。

XAMPP for Windows ADD-Ons Perl 5.8.8-2.2.3

XAMPP で実用的な Perl 環境を用意するにはこちら。ActivePerl 5.8.8.817 上に Web アプリケーションに必要そうな パッケージが用意されている。 そのかわり 200MB (!) 近い容量が必要。 でかすぎ。

README には setup_xampp.bat に実行の指示がある。

Uniform Server 3.3

ActivePerl 5.8.7.815 が含まれている。 Perl インタプリタと、いくつかのパッケージが含まれている。 パッケージは結構少なめにおさえてあるので、容量はかなり少ない。 しかし

 perl -MConfig -e "print Config::myconfig()"

が動かないなどそのまま使えるわけではなさそうだ。

やっぱり ActivePerl?

試した2つとも結局は ActivePerl を使っているようである。 ActivePerl の部分のライセンスはどうなっているのだろう?

もしかしたら ActivePerl の AS package を展開して、不要なファイルを削除すれば (インストーラで設定されるリポジトリなどの情報を使う部分は駄目にしろ)、ある程度動くのかな。

それと Installer.bat の中で、一部ファイル(.bat、Config.pm、Config_heavy.pl、perllocal.pod、.packlist、config.h) のリロケーションをしているので、このあたりがポイントになりそう。

要確認。

[ 12月17日全て ]

2008年4月25日 (金)

今日のさえずり - JugemKey ID がいつもので取れない

2008年04月24日

  • 10:29 間違えて5月7日の準備作業を5月6日に割り当てていた。危ない危ない。
  • 10:46 FileZilla Server ダウンロード。
  • 13:20 Google カレンダー不調。「サーバーに障害が発生しました。後ほど試してみてください。」連発。
  • 13:43 GCMG からの Google カレンダーへの予定入力も駄目だ。
  • 13:52 Google カレンダー復活。本社/社外へ全般的に変だったネットワークも回復したっぽい。
  • 24:40 GCALDaemon の mailterm 設定試しているのだが、実行結果を送信するところで com.sun.mail.smtp.SMTPAddressFailedException。

2008年04月25日

[ 4月25日全て ]

2010年11月25日 (木)

今日のさえずり: 仕様卓袱台返し

2010年11月25日

[ 11月25日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.058156s / load averages: 0.97, 0.90, 0.85
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker