nDiki : ISO

1999年12月17日 (金)

PostgreSQL を使いはじめる

新しくつくりはじめている Web ベースのアプリケーションで Apache でユーザ認証が必要になった。 htpasswd で作ったものでももちろんできる。 が、今回はユーザごとの情報も管理したい。 そうすると htpasswd の形式だと、ユーザ情報と2重管理になるので面倒である。

幸い Apache は各種 DB を認証に使うことができる。 そこで今回は、他の情報も格納するしメジャーどころで PostgreSQL を使うことにした。 Perl でも扱えるし。

で例によって Debian のパッケージインストール。 postgresql 5.5.3-3 をいれる。

インストールの途中で /etc/localtime がないといっておこられる。 他の Debian Box をのぞいてみると /usr/share/zoneinfo/Japan にシンボリックリンクがはってある。 私のところで存在しないのは問題ないのだろうか? まぁよくわからないが、同じようにシンボリックリンクをはっておく。

これでインストールが通った。

デフォルトの言語は Unicode、日時のフォーマットは ISO を選択しておく。

スポンサード リンク
[ 12月17日全て ]

2005年4月30日 (土)

焼きが回って LC-A 購入

naney:11592927

Lomo LC-A生産終了とのこと。 一度は使ってみたいと思いつつ手を出しそびれていた Lomo であるが、今後 LC-A の入手が難しくなるであろうかと考えるといてもたってもいられなくなり、渋谷にある SuperHeadz のショップ camera cabaret へ。

スタッフ店を訪れている人に声をかけるなどフレンドリーな感じのショップ(いや普通のお店で声をかけられるとウザったい時もあるから、これは人にもよるな)。

いわゆるウィーンバージョンは品切れということで、キリル文字バージョンを購入。 スタッフが簡単な動作確認をしている間に簡単なアンケートを記入。

naney:11592925 naney:11592924

Lomo LC-A

思ったより重い。

で、思った以上に仕上げがしょぼいな。造りというより、部品の汚れというか。 それはキリル文字バージョンだから? そのうち、それにも愛着が沸くかな。 まずは1本フィルムを通してみて、写るかどうか。 1ヶ月ショップ保証で、問題があれば返品・交換してくれるというのでちょっと安心。

電池は LR44。 フィルム感度設定は GOST。

http://www.kataan.org/lomofaq/ によれば

You have an older LOMO LC-A that's calibrated in GOST film units. It reads '16, 32, 65, 130, 250'. Use 32 for ASA 64 film, 65 for ASA 100, 130 for ASA 200, and 250 for ASA 400. Print film is forgiving, and as long as you overexpose it (pick a lower ASA/GOST setting than the film rating) you should be OK.

らしい。「ISO 100 なら 130 にセット」と書いてあるところもあるし、ここら辺は試写次第だな。 ISO 100 がだいたい GOST 90 らしいから、ネガならオーバー目になるように65にセットするのがいいのかもしれない。


[ 生産終了 / 製造中止 ]

[ 4月30日全て ]

2005年5月1日 (日)

部品があまったけれどピンホールカメラ完成

naney:11851279 PP35[zebra]の組み立ての続き。 C2 という部品が余ったり、ノブのプラパーツを左右間違えて「はまらないなぁ」と思いつつギューギュー押し込んでフィルムホルダーを変形させかけるなどがあったけれど、まず完成。

なかなかキュートで街歩きで使っても全然違和感ない感じ。

絞りは F130 で約AV14。 裏にだいたいの露光時間の目安が書いてある。

手持ちの露出計 セコニックツインメイト L-208 を使うとすると F32 までしかないから、ISO設定をISO100から4段下げて(これまた3段下のISO12までしか表示がないので、F-Tをみて設定)F32 の露光時間を見ればよいか。 で、

 (F130-F128分) + 若干オーバー目にする分 + 相反則不軌分

で0.5段ぐらい余分に露出すればいい感じになるのかな。 要実験。

[ 5月1日全て ]

2008年6月16日 (月)

今日のさえずり - 中身の合計金額からすると送料込みなのでは

2008年06月15日

  • 11:01 ISO 400 フィルムの買い置きがない。
  • 11:25 ダニハンタースタート。
  • 12:08 イマココ! L:しながわ中央公園[mb]
  • 21:21 ドンってきた。さすがに Twitter より先に安全を確保した。
  • 22:19 14:00 床屋 - 前髪の長さの希望が伝わらなかった (2008-06-14) http://tinyurl.com/6qd9zc
  • 22:29 @takepc おお、そういえばきちんと何 cm って言う手がありますね。今まで「長めに」か「短めに」で済ませてました。
  • 22:36 今だに xcalc のお世話になっている。
  • 23:31 六花亭お取り寄せセット、送料無料になっているけれど中身の合計金額からすると送料込みなのでは。

2008年06月16日

  • 09:47 先週末にできなかった預け入れ完了。[mb]
  • 09:51 今日は一番乗り。二番目の人が鍵開けるの待ってる。[mb]
  • 12:38 ティッシュボックスが切れた。買いにいってくる。
[ 6月16日全て ]

2008年8月11日 (月)

今日のさえずり - 横浜パソケットのパンフレットが出てきた

2008年08月09日

  • 08:58 洗濯漕クリーニング開始。[mb]
  • 11:42 やっぱり洗濯漕クリーニングにはワイドマジックリンだな。汚れの取れ具合が違う。
  • 13:41 床屋行ってくる。いちおう傘は持った。[mb]
  • 13:52 床屋テレビオリンピックやってるの思い出した。[mb]
  • 15:09 散髪終了。眼鏡外してたので柔道の行方なんとなくしかわかっていない。[mb]
  • 15:15 メガネストアーで鼻パッド交換中。[mb]
  • 18:25 横浜パソケット(1990年2月12日)のパンフレットが出てきた。

2008年08月10日

2008年08月11日

[ 8月11日全て ]

2008年8月25日 (月)

今日のさえずり - 開き括弧がいわゆる全角文字で閉じ括弧が半角文字になる人多すぎ

  • 08:59 これから10日ぶりに出勤する。ちょっとドキドキ。
  • 10:10 10日ぶりに出社。まずは2人とショートで業務確認した。机の上にはいろいろお土産のお菓子がのっているけれどこれ食べられるのかな?
  • 11:25 [グラフィックのプロパティ] -> [ローテション] でデスクトップ PC の表示を180度回転してみた。一瞬で酔った。
  • 11:43 開き括弧がいわゆる全角文字で閉じ括弧が半角文字になる人多すぎ。気持ち悪い。
  • 11:59 そろそろお昼か。まだ8月20日受信のメール処理している。
  • 12:12 iphonefan と yokosukasen、テーマとしてはどちらも興味ないけれど follow してみた。
  • 12:35 会社で「ねんきん特別便」受け取った。
  • 12:36 ボーナスの明細書も受け取った。
  • 12:42 @maru_kei Windows でプロポーショナルフォント使っているといわゆる全角文字・半角文字の区別が付きにくいという事情はわかるんですけどねぇ。
  • 12:44 やまだ屋のサイトでもみじ饅頭の賞味期限を調べようと思ったが見つからなかった。この黒もみじ喰えるのか?
  • 13:07 もみじ饅頭賞味期限8日間らしい。ダメじゃん。
  • 13:08 @zakwa せっかくなのでこのもみじ饅頭食べてみる。
  • 13:24 休暇中のメールチェックし終えた。
  • 16:56 FeedBurner の共有ブックマークサービスではてなブックマークを指定したのだが日付がずれてる。時差のせい?
  • 18:55 八幡宿から帰る終電は 23:28 か。以外に遅くまであるな。
  • 19:11 mixi の「あなたの友人かも?」で「共通のマイミクシィがn人います」リンクが共通リストのポップアップなのに気がつかなくて、共通の人が誰か懸命に探してみていた。
  • 20:41 今日はご飯炊いてこなかったんだよねえ。今からは面倒なので何か買って済ますか。明日以降の分は頑張って炊いておこう。[mb]
  • 21:23 パケ・ホーダイ 2008年12月31日をもって新規申込み受付終了か。7月は 403,985 パケット。iモードフルブラウザは使わないから、パケ・ホーダイ ダブルはないな。
  • 21:33 パケットパック10は使い切っていないユーザなら、通話・テレビ電話にも使えるしくりこせるので維持しておいた方が良さそうだ。
  • 21:47 ねんきん特別便開封。
  • 21:51 ねんきん特別便、年月日は西暦にして欲しい。
  • 22:22 ISO800 (SUPERIA Venus 800) 常用してみたけどやっぱ粒子荒いなあ。ノンフラッシュとひきかえの部分があるとはいえ。
[ 8月25日全て ]

2008年11月8日 (土)

PIXUS MP980写真用紙は光沢 ゴールドで

キヤノン PIXUS MP980 で常用するL判写真用紙をチョイスするのに、「キヤノン写真用紙・光沢 プロフェッショナル L判」を買ってきて、「キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド L判」と簡単に比較してみた。 結果としては光沢 ゴールドの勝ち。

比較

FinePix F10 から PictBridge 経由で直接印刷。 光沢 プロフェッショナルと、光沢ゴールドでそれぞれプリンタで用紙選択をし、画質を「標準」と「きれい」で印刷した。 使った画像は、6M F (2848x2136) ISO 100 で撮られた曇天下の集合写真

どちらの用紙も「標準」より「きれい」の方が黒に締まりがるしっかりとした出力となった。用紙による印刷品質の違いはほとんどない。 光沢 プロフェッショナルの方が、光沢 ゴールドより若干ナチュラルというか地味めな色見になる以外はよくみなければわからない感じ。

印象的には光沢 ゴールドのきれい設定が一番良かった。

用紙そのものとしては光沢感はほとんど同じ。手触りでは光沢 プロフェッショナルのちょっと厚紙っぽい(仕様的には光沢 プロフェッショナルの方が薄い)。

耐久性の違いは不明。

PC からの印刷だとかわってくるのかもしれないけれど、常用するには価格が半分で印刷品質的にも満足度の高い光沢 ゴールドが良さそうだ。 まとめ買いするかな。


[ 製品レポート ]

[ 11月8日全て ]

2009年4月29日 (水)

常に持ち歩きたい IXY DIGITAL 210 IS

IXY DIGITAL 210 IS

修理から戻ってきた FinePix F10 だがどうもまだ直りきっていないようで、調子が良くない。 FinePix F10修理に出すか新しいデジカメを買うかでいろいろ機種選定をしたこともあり物欲が高まっているところへ、誕生日がきてしまったということもあり、結局昨日買っちゃいました IXY DIGITAL 210 IS

さっそく今日から持ち出してちょっとずつ使い始めてみた。

ボディ

IXY DIGITAL シリーズ再薄というとおり、とてもコンパクトでいつも持ち歩いても苦にならない大きさだ。 誤操作防止のためかコンパクトさ追求のためか、評判通り各ボタンは押しずらい。特に電源ボタンが小さくて押しづらい。 ただ電源ボタン以外比較的すぐに慣れたので問題ではないといえば問題ないな。電源ボタンだけはなかなか慣れなさそう。

レンズ

焦点距離は5.9mm~17.9mm。35mm 判換算で 33mm~100mm 相当。 欲を言えば 28mm 欲しいところだが、FinePix F1035mm 判換算で 36mm~108mm 相当だったので、もうちょっと広角で撮れるようになったので良しとしよう。 ちなみにコンパクトカメラに望遠は求めていないので、3倍ズームというのは気にならない。 むしろ高倍率化により無理のあるレンズ構成になるよりかはよい。

それよりももう一声欲しかったのだが開放F値。 小さいレンズのためか開放F値は F3.2~F5.8。できれば広角側で F2.8 は欲しかった。

レンズ的には IXY DIGITAL 510 IS の 広角側 28mm F2.8 に魅かれたんだけれど、やはりコンパクトボディをチョイスした。

操作感

起動時間のカタログ値は1.2秒。

高速起動が特長の一つの FinePix F10 と比べてストレスがあるぐらい遅かったら嫌だなあと思って使ってみたが、思ったより早くて驚いた。 とこの記事を書きながら確認したら FinePix F10 は 1.3秒なので、実はそれより速かった。 これは嬉しい。

メニュー構成もわかりやすくすぐに使えそうだ。FinePix F10 より露出補正も少ない操作でできるので○。

画質

まだ撮影数が少ないので未知数だが、このクラスとしては十分じゃないかな。

ただし 1/1.7型の FinePix F10 と比べて高感度撮影時にどれだけの画になるかが気になるところ。 FinePix F10 はオートやマニュアルモードで ISO 800 相当まで簡単に上げてくるのに対し、IXY DIGITAL 210 IS の P モードだと ISO 400 までしか上げてこない (オートモードだと ISO 800 に上げてくる)。高感度に対してはちょっと控え目。やはり ISO 400 ぐらいまでで使うべきか? FinePix F10 ほどは無理できないかもしれない。

AF・AE

本格的な顔認識付き機種は初めて*1なのだが、やはりファミリー用途には便利だな。露出も顔優先にしてくれるので逆光でも気にせず撮れる (その分背景が飛びやすくなったりすると思うけれど)。

サーボAFも活用してみたいと思っているのだが性能は不明。コンパクト機なのであまり期待はしていないが、もしそれなりに追従してくれるようだったら使いたい。

*1SO905iCS には一応ついている

ファーストインプレッション総評

薄型コンパクトデジカメとしては申し分ない。 常に持ち歩いてバンバン撮りたい。


[ 製品レポート ]

[ 4月29日全て ]

2010年5月2日 (日)

今日のさえずり: 顔をくずしているところです(ニコッ)

2010年05月02日

  • 07:38 RHODIA No11 使いきって新しいのと交換。
  • 07:51 結局プリキュアってなんなの? 彼女ら宇宙刑事?
  • 08:44 今日 9:00 からの題名のない音楽会は、この間公開収録みにいった回だ。刑事音楽のオーケストラ演奏が聴けるからみるといいよ。
  • 08:50 あの袴誰?
  • 09:00 題名のない音楽会みるよ。 #Untitled
  • 09:06 古畑任三郎オケバージョンいいわ。 #Untitled
  • 09:42 10:00 から来客でバタバタ。
  • 13:38 私「足をくずしてください。」ライフプランナー「顔をくずしているところです(ニコッ)。」
  • 14:58 マクドナルドにデザート食べに行ってくる。
  • 16:20 新幹線トイレのニオイがした。
  • 18:27 Xperia で初めて YouTube 見てみた。下手すると Linux で見るよりもキレイだなコリャ。
  • 21:39 生産技術で Twitter 検索したらペヤングばっかり。
  • 21:52 昼にマックフルーリー オレオクッキーとサンデー ストロベリー食べた。値段半分のサンデー ストロベリーの方が良かった。
  • 21:54 がハートキャッチされてる。
  • 22:04 今晩はプシュッとすることにした。
  • 22:09 ファミコン版ゴルフやりたい。あれ名作だよな。
  • 22:13 @mskaai2000 第1候補はソフトツイストだったんですが、注文したが最後、食い続けなければらないので落選。
  • 22:50 金曜日に出した同時プリント見てる。TC-1 + ISO 400 で室内で撮った写真、色ひどいなあ。Nikon F100 + ISO 800 の方が比べてまし。室内は ISO 800 にするか。
  • 24:30 毎週金曜日に「今週の進み具合はどう?」することにした。
[ 5月2日全て ]

2010年9月9日 (木)

ptexliveUTF-8 pLaTeX2e 文書対応

LaTeX2e 美文書作成入門

また久しぶりに LaTeX2e でドキュメントを作成したくなった。 今まで Linux でも Windows でもコンパイルが通るように ISO-2022-JP で書いていたのだが差分も取りにくいし、そろそろ UTF-8 にしたい。 調べたら Linux なら ptexliveUTF-8 対応の pLaTeX2e が使える模様。Windows については W32TeX が対応済みのようだ。

Debian GNU/Linux では ptexlive がないので、野良インストールした。

~/tmp/ptexlive の下でビルドして /usr/local/texlive/p2009 の下にインストール

以下手順メモ:

依存 Debian パッケージインストール

手元の環境では以下を追加インストールした。

  • libxt-dev
  • libxaw7-dev
  • gs-cjk-resource
  • poppler-data

ptexliveTeX Live をダウンロードしてビルドインストール

~/tmp/ptexlive を作りファイルをダウンロード。 ptexlive アーカイブを展開、TeX Live の方は ISO イメージを展開してマウントする。

 cd
 mkdir -p tmp/ptexlive
 cd tmp/ptexlive
 wget http://tutimura.ath.cx/~nob/tex/ptexlive/ptexlive-20100711.tar.gz
 wget http://www.t.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/Images/texlive2009-20091107.iso.xz
 tar zxvf ptexlive-20100711.tar.gz
 7za e texlive2009-20091107.iso.xz
 mkdir texlive
 mount -t iso9660 -o loop texlive2009-20091107.iso $PWD/texlive

(2010年9月18日追記: ここで TeX live をインストールする)

次に ptexlive を展開してディレクトリに移動して ptexlive.cfg を用意し編集する。

 cd ptexlive-20100711
 cp ptexlive.sample ../ptexlive.cfg
 emacs ../ptexlive.cfg

変更したところは以下。

そしてビルド。なお既存の ~/.texmf-var があると正しくないビルドができる可能性があると警告されるので移動しておく。

 mv ~/.texmf-var ~/.texmf-var-tmp
 make
 make otf

最後にテストがこけるがこれは無視してもよいらしい。

そしてインストール

 su
 make install
 exit

以上で完了。

使用する

環境 PATH を通す。Debian GNU/LinuxTeX 関連パッケージより優先して使うように既存の PATH の前に設定。

 export PATH=/usr/local/texlive/p2009/bin/i686-pc-linux-gnu/@:$PATH

UTF-8 なサンプル pLaTeX2e ファイルを作成して platex、dvipdfmx が通ることを確認。

Happy TeXing!

[ 9月9日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.071912s / load averages: 0.44, 0.48, 0.50
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker