nDiki : PHP

2000年12月8日 (金)

PHP 3 なら動く……

結構前から、「PHP を使ってみよう」ということで自分の環境(Debian GNU/Linux woody)に、PHP 4 のパッケージをいれてみているんだけど、動かない。 もう少し具体的にいうと、

  • インストールしているのは php4, php4-cgi とその仲間たち
  • php4 (Apache のモジュールとして動作)を、モジュールとして組み込むと Apache が正常に動かない(PHP 4 で書いたページにアクセスすると落ちる)。
  • php4-cgi (CGI 版として動かすもの)は、コマンドラインから単体ではきちんと動作するのに、Apache から CGI として呼ぶと Segmantation Falult で動かない。
  • 自分で php4 コンパイルしたのも CGI で同様の状況。

ということで、困っていた。 諦めて php3 を入れてみたらこちらは動く。 php4 はそれ自身国際化されつつあるし(php3 は別に国際化版あり)今後の事も考えると php4 にしたいところなんだけどねぇ。

ライブラリまわりの問題なのだろうか? 何度か php4 の方も、Apache の方もパッケージアップデートされている(upstream 自体もあがってる)のに駄目だから。 しばらくは php3 を使うかな。 php3 国際化版はまだパッケージにないので、自前でビルドしなくては。

スポンサード リンク
[ 12月8日全て ]

2000年12月27日 (水)

www.naney.org に「友人・知人に紹介メール」ページを新設

とあるニュースレターメールWeb Site のアクセスアップに「友達に教える」という機能が有効と書いてあった。 なんでも「口込み」効果や、友人からの紹介であるという信用度の高さから効果的なマーケティング方法なのだと。 この記事では、「メーラーが立ち上がり……」とあるけど mailto: を使うって事かな? これだと紹介者は URL 等も自分でメール本文に書くということか。それともクライアントサイドスクリプトで凝ったことができる?

別にアクセスアップにはこだわらないけど、紹介機能はおもしろいかもしれないので、PHP 3 で実装してみた。 機能的にはメールを出せる CGI プログラムで、「楽天市場」の「友達にメールですすめる」と同じようなもの。

この手のものは下手をすると(というかまんま) anonymous mailer になってしまうのでちょっと怖いところ(イタズラしないでくださいませ)。 ログで追跡できる事もあるけど、駄目な時は駄目だしね(HTTP/CGI レベルで収集できる情報は限定されている)。

興味のある方は のぞいてみてください *1

おいおい、機能強化して、各セクションごとにデフォルト紹介文をさしかえたりしていくかな(利用者がいればの話だけど)。

*1 http://www.naney.org/site/intro/ja/send-mail-of-introduction.php3 ……. だったが閉鎖ずみ

[ 12月27日全て ]

2003年10月24日 (金)

大学院時代の友人から TEL

久しぶりに、TSUCHIYA君からTEL。 PHP + SSI について。PHP最後に使ったのってもう数年前だな。残念ながらお役に立てず。

メーリングリストで立ち消えになったOFF会のことが話題になった。 やっぱり、年内に1回ぐらいやっておきたいところ。

[ 10月24日全て ]

2005年2月9日 (水)

なつみかん研究開発再開!?

現在も活用させていただいている、なつみかん研究開発が再開とのこと。 しかしPHPか……。

ちょっぴり残念。

[ 2月9日全て ]

2005年8月22日 (月)

自信を持ってメールを書けるようになりたい

rimage:ISBN:4569640400

「送らなければならないけれどついつい後回しにしたくなるメール」というのはきちんとした「敬語」が必要な相手へのものである事が多い。

内容をきちんとチェックしなければならないのはもちろんの事だが、それに加えて正しい敬語になっているかが気になって筆(タイピング)が進まない(そして多分誤用している)。

これではいけない。もう少し敬語について学んでおこう。

ということで「ほんとうの敬語」を買ってみた。評判は良いようである。 2005年5月2日第1版第1刷ということで、まだ新しい本。


[ 読書ノート ]

[ 8月22日全て ]

2005年9月21日 (水)

ほんとうの敬語」とは?

rimage:ISBN:4569640400 野貞樹氏の「ほんとうの敬語」を先週読み終えた。

尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の使い方のルールが明確に書かれている。 わかりやすく納得のいく説明である。

ただ何というか頭にすっと入ってこない。 前に戻って何回も読み返しながらゆっくり読んだ。

まずはある語が尊敬語謙譲語丁寧語のどれなのかはこれはもうある程度覚えるしかないだろう。 だが氏によると教科書や各種敬語の本・また広辞苑にまで間違えた説明がされている部分があるということで、そうなると何を信じて調べたらよいのだろうということになる。 困った困った。

まずはこの本を何度か読み直してみるのがいいのかな。

しかし大御所も含めていろいろケチョンケチョンにいっているので、逆に「もしかしたら異端児?」とか勘繰ってしまう。 何が正しいのだが良くわからなくなりそう。


[ 読書ノート ]

[ 9月21日全て ]

2006年3月6日 (月)

DebianRSS リーダフレッシュリーダー」をインストール

2006年3月1日にリリースされた RSS リーダ フレッシュリーダー(Fresh Reader)を昨日 Debian GNU/Linux sid 環境へインストールして試用を開始してみた。

Debian GNU/Linux sidインストール

ノート PC 上で動いている Apache2 にインストールPHP が必要なので、libapache2-mod-suphp をインストールしておく。

 apt-get install libapache2-mod-suphp

他のプライベートな Web サイトと分離するために、バーチャルホストを1つ作ってそこへインストールすることにする。 libapache2-mod-suphp を使って、自分のユーザ権限で db に書き込むように設定。 また自分だけが使えるようにアクセス制限しておくことにする。

/etc/apache2/sites-available/freshreader を作成:

 <VirtualHost *>
   ServerAdmin naney@naney.org
   ServerName freshreader
   SuexecUserGroup naney naney

    DocumentRoot /var/www/freshreader
    <Directory />
      Options FollowSymLinks
      AllowOverride None
    </Directory>
    <Directory /var/www/freshreader>
      Options Indexes FollowSymLinks MultiViews ExecCGI
      AllowOverride All
      Order deny,allow
      Deny from all
      Allow from 127.0.0.0/255.0.0.0 ::1/128
    </Directory>

    ErrorLog /var/log/apache2/error.log
    LogLevel warn

    CustomLog /var/log/apache2/access.log combined
    ServerSignature On
 </VirtualHost>

で、次にバーチャルホストを有効にする。

 #mkdir /var/www/freshreader
 #chown naney.naney /var/www/freshreader
 #a2ensite freshreader
 #emacs /etc/hosts                # 127.0.0.1 に freshreader を追加
 #/etc/init.d/apache2 reload

続けてフレッシュリーダーインストール。 基本的にはアーカイブを展開するのみ。

 $cd /var/www/freshreader
 $tar zxvfp ~/sffr10lin.tar.gz
 $chmod 700 db

Web ブラウザから

 http://freshreader/freshreader/index.html

にアクセスする。これで基本的なインストール終了。

それから1時間に1回自動巡回するようにしておく。 今回は自分のユーザアカウント (naney) でインストールしてあるので、自分の crontab 設定に追加する。 自分の場合は、1時間に1回 run-parts されるディレクトリがあるので、そこに

 #!/bin/sh
 /usr/bin/php5 -f /var/www/freshreader/freshreader/crawler.php

というファイルを作成しておく。

あとはマニュアルの通りWeb ブラウザでユーザを作成したり、巡回先を登録したりしていく。

感想

現在のところ Web 巡回は

と用途ごとに分散してしまっている。

集約したかったのだが、なかなかこれというのが無かった。

フレッシュリーダーだと

  • MyRSS.jp のエンジンを使って、RSS フィードのないサイトも登録可能
  • ローカルで動かせるので、プライベットネットワーク上の RSS フィード、プライベートな RSS、ローカルホスト上の RSS を集約できる
  • Bloglines に同様の未読管理
  • Web ブラウザベース (記事中のリンクもそのまま Firefox 上で閲覧していける)

と望んでいる機能が入っている。

早速 Bloglines から登録一覧を OPML でエクスポートして、インポート。

動作も軽快だしいい感じだ。 「一度に表示する未読記事の数」が設定できるのが非常に気にいった。

未読記事を表示したらそのページ(タブ)を閉じる前に全部目を通さなければならない(でないと、読んでいないものも既読になってしまう)。 Bloglines だと前回見てからの未読が1度に全部表示されるので、間隔をあけてしまった時に辛い。 この点でフレッシュリーダーは便利。

現在「無制限」「約100件」「約1000件」が選べるが、ここは自由に数値で指定できるとなお嬉しい(50件づつぐらいにきざみたい)。

Web 巡回は、基本的にこれに集約しようかな。

ということでブロガーライセンス(自身でブログ/ホームページを運営されている方向けの優待ライセンス: 無料)を申請。

[ 3月6日全て ]

2006年7月22日 (土)

Rubric でプライベート SBS を立てるも 0.140 では日本語に不具合

入社してから社内情報共有の一環として

といろいろ手をつけてきた。 次に狙っているのは SBS である。

Wiki社内 Blog に書くほどではないけれどメモ程度にブックマークしておきたい URL を、気軽に晒せるようにするのが目的。

はてなブックマークのような公開サービスは

  • タグ・コメント・傾向などが外に出るのはよろしくない
  • あるいは、それを気にして活用されない
  • そもそも社内リソースについてはブックマークできない

という点から、今回は利用できない。

ということで社内に SBS を設置したい考えている。

最初は Scuttle にしてみようと思ったのだが、PHP ベースであるのと MySQL を使うというところで気遅れしている。 いや SQLite でもいけそうらしいということで、実は Debian でちょっと試そうとしたのだが、テーブル作成の SQLMySQL 用で、これを修正するのが面倒なので断念。

次に Perl + SQLite で動く Rubric を試してみることにした。

Rubric 0.140

Rubric は CPAN にあがっているので CPAN.pm から install Rubric でインストールできる。 モジュールをインストールしたら、セットアップ。

  1. CGI プログラムを動かすディレクトリを決める (以下 $RUBRIC)
  2. Rubric tarball の bin/rubric.cgi を $RUBRIC/ にコピーし、必要なら #! を修正する。
  3. Rubric tarball の templates ディレクトリを $RUBRIC/ にコピーする。
  4. Rubric tarball の style/rubric.css を $RUBRIC/ にコピーする。
  5. Rubric tarball の etc/rubric.yml を $RUBRIC/ にコピーして環境に合わせて編集する。
  6. データベースを初期化する。0.140 には makedb.pl が同梱されていないので、0.13_01 の bin/makedb.pl を参考に perl -MRubric::DBI::Setup -e 'Rubric::DBI::Setup->setup_tables' で初期化する。ちなみに 0.140 付属の rubric コマンドで rubric db -s してみたが、これはうまく動かなかった。
  7. 必要に応じて .htaccess を作成・編集し rubric.cgi を CGI プログラムとして実行できるようにする。またその他アクセスされたくないファイルを deny するようにしておく。

これで OK。

rubric.cgi にアクセスしページが表示されればひとまず成功。 メニューの「register」から、ユーザ登録する。 確認用のメールが届くはずだが、面倒くさいのでこれを待たずに

 rubric user -a ユーザ名

でアクティベートする。

Rubric の HTML フォームからのブックマーキングは成功し、うまく動いているようである。 ただし、日本語の処理はどうもよくない。 title や description が化ける。 惜しい。

基本的には UTF-8 ベースでうまくいきそうなのだが、どこかで化けるようだ。 ちょっと手を入れれば直るかなと思ったが、化けるところと化けないところとがあるので逆に直す場所が多そうなので今日はやめておくことにした。

とりあえず Rubric はおいておいて、他のものも試してみることにするか。

[ 7月22日全て ]

2008年5月15日 (木)

PC2Miモードから Google リーダーにアクセス

FOMA 端末から使いたいけれど使えてないものに、Google リーダーGoogle ドキュメントがある。どちらもモバイル版があるのだが、iモードには対応していない。 フルブラウザなら使えるのだろうか? でも仮に使えたとしてもそのためにパケ・ホーダイフルにするのも躊躇するところ。

Google Mobile Proxy を使うと PC 向けサイトがいろいろ見られるが、残念ながら Google 自身のモバイル向けサービスは通らないようになっている。

ということで以前から試そうと思っていた「PCサイト->携帯変換スクリプト PC2M」を設置してみることにした。 結果的には Google リーダーは外出先で時間のある時などにフィードを読むのには十分使えるという感蝕。Google ドキュメントは文書については、緊急時に参照するぐらいには使えそうといった感じだ。

各サービスを試してみた状況は以下。

PC2M + Google リーダー + iモード (SO905iCS)

PC2Mhttp://www.google.com/reader/m にアクセス。 ログインすると Google リーダー ホームでは、順番に未読を読んでいくことができる。 読んだ記事についてスター付けたり未読のままにすることもできる。

PC2M 経由のせいかどうかわからないが、アクセスキーが使えないのがちょっと残念。

PC2M + Google ドキュメント + iモード (SO905iCS)

PC2Mhttp://docs.google.com/m にアクセス。 ログインすると Google ドキュメント ホームでは、更新日時順にドキュメントがリスト表示される。 文書は読める。スプレッドシートは列ごとに部分部分で見ることができるが、実用的ではない。文書の編集もできなかった。

PC2M + Google ノートブック + iモード (SO905iCS)

PC2Mhttp://www.google.com/notebook/m にアクセス。 ログインするとラベル毎にノートのリストのページに飛べる。 そこから各ノートを見たりノートした先のページ(これも PC2M 経由)で閲覧できる。 ノートについては追加可能。再編集は不可。

PC2M 0.9.22.5 の設置

PC2M の設置は PHP 慣れしていない自分にも簡単で、ささっとできた (Debian GNU/Linux etch)。

以下 www.example.com (仮) バーチャルホスト (/var/www/www.example.com (仮)ディレクトリ)に入れた流れ。PHPGD が入っていなかったので入れておく。

 apt-get install php4-gd
 cd /var/www/www.example.com
 unzip /tmp/pc2m-0.9.22.5.zip
 ln -s pc2m-0.9.22.5 pc2m
 cd pc2m
 chmod 707 data
 cd /tmp
 unzip /tmp/pearpack.zip
 cd pearpack
 mv PEAR.php HTTP Net XML /var/www/www.example.com/pc2m

http://www.example.com/pc2m/_check.php にアクセスして動作環境チェック。

 cd /var/www/www.example.com/pc2m
 rm _check.php

http://www.example.com/pc2m/pc2m.php にアクセスして使ってみる。 で動作確認。OK なので http://www.example.com/pc2m/ でアクセスできるようにしておく。

 emacs /var/www/www.example.com/pc2m/.htaccess
 DirectoryIndex pc2m.php を追加
[ 5月15日全て ]

2010年10月15日 (金)

今日のさえずり: 「We はーと blog」シールをさっそく貼っといた

2010年10月15日

naney:5085927367

[ 10月15日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.079789s / load averages: 0.46, 0.71, 0.69
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker