nDiki : IBM

2001年9月20日 (木)

12:15 今日の秋葉原 - HDD購入 -

昨日クラッシュした、自宅の PC の交換 HDD を買い行く。 例によって、昼休みの短い時間しかないのでさっと T-ZONE DIY で購入。 IBMDeskstar 60GXP IC35L040AVER07-0 (41.17GB, Ultra ATA/100, 7200RPM)。 一応ショーケースの中では「今週1番人気」という札が貼ってあった。 静かなディスクだといいな。 12,600円(税別)。

そういえば、秋葉原で「AIR」と書かれた白い大きなビニール袋を持った人を何人も見かけた。そっち系の発売日だったのかな。

[ 9月20日全て ]

2003年12月3日 (水)

ThinkPad X31 ファーストインプレッションなど

箱 ThinkPad and DynaBook ThinkPad and DynaBook

  • 静か。
  • 紙のドキュメントがほとんどついていない。
  • 社長やバイトの人の ThinkPad に保護シールがついたままなのを見て「剥がせ剥がせ」といつも言っていった手前、とっとと剥がしておく。
  • Designed for Mic... シールをとっとと剥がす。
  • intel Inside ... シールをとっと剥がす。

DynaBook SS 3440 と比べるとデカイな。 DynaBook SS 3440 の薄いキーボードに慣れてしまっていたので(これはこれで慣れると打ちやすい)、久しぶりに ThinkPadキーボード!って感じ。 単独のスクロールボタンがある点では 3440の勝ち。

昔はPCを買うと延々何十枚もフロッピーディスク(IBM流に言うとディスケット)にバックアップを取らなければならなくて一仕事だったのだが、今はすぐ使えるからなぁ。

[ 12月3日全て ]

2003年12月4日 (木)

USB CD-ROM ドライブ

社長IBMUSB CD-ROM ドライブ(ピアノ調のやつ)を持っているというので、昨日貸していただきたいとのお願いをしたところ、今日早速もってきてくれた。感謝。

幸運な事に DebianインストールUSB FDDを使って昨日のうちに一段落してしまったのだが、折角なので諸々のインストール用にしばらくお借りする。

[ 12月4日全て ]

2003年12月13日 (土)

[ Debian ] CD -> MP3

rimage:http://www.naney.org/personal/diary/img/2003/X/X2003-12-13-0001.jpg

IBMCMに使われていた I.G.Y. (Donald Fagen)ThinkPadで鳴らそうかと思い立ち、リッピング環境を整備。 CD-ROM ドライブとして、社長から借りたIBMの「ThinkPad USB ポータブルCD-ROMドライブ(ミラージュ・ブラック)」を使用することことにした。

午後のこ~だ ver. 3.12

apt-get install nasm してから、

 tar zxvf petit312.tgz
 cd petit312
 ./configure prefix=/usr/local/petit312
 make
 mkdir -p /usr/local/petit312/bin
 su
 make install

grip

apt-get install grip した後 adduser アカウント cdrom しておく。 で grip を起動。/dev/cdrom が無くて起動できず(X31CD-ROM ドライブがないので作っておかなかった)。 '--device=デバイス名'を指定して起動させる。

Config から各種設定。

 CD/CDRom device: /dev/scd0
 Rip/Ripper: cdda2wav
 Encode/Encoder: gogo
 Encode/Encoder executable: /usr/local/petit312/bin/gogo

あと3個所ある ~/mp3/... を別ディレクトリに変更。

ナイトフライ 最初CD-ROMのデバイスがわかなくてハマり。 恥ずかしながら /dev/scdX になるというのを知らなんだ(PCカードな時は /dev/hdX だったし usb-storage で認識しているものは /dev/sdX だと思っていた)。

やっとデバイスを認識したものの今度は grip デフォルトの grip(cdparanoia)ではリッピングできずにハマる(単独の cdparanoia でもうまくリッピングできず)。 こちらは apt-get install cdda2wav した後、cdda2wav を使うように指定することでクリア。

これでなんとかCDから MP3 に変換できるようになった。 最近はデフォルトで曲名まで取ってくるようになっているのか。 浦島太郎の気分。

[ 12月13日全て ]

2004年2月20日 (金)

ThinkPad X31 英語キーボード(08K5073)注文

若松にも入荷しなさそうだし別ルートで購入しようと思って調べたら、日本IBMの部品センターから直接購入できるらしい。 しかも、店頭や通販より安い。 ということで注文。

9:00 部品センターへTEL

ThinkPad X31英語キーボードを注文したいと告げると、ThinkPadの型番(2672-PHJ)を聞かれる。キーボードの型番(08K5073)は直接伝える必要なし。

  • 6610円 + 配送手数料1000円 + 税金 = 7990円
  • 「日本語キーボードからの交換ですか?」「はい」「保証がきかなくなりますがよろしいですか」「はい」
  • 現在在庫なし。発注までしばらく時間がかかる。
  • 注文の流れの確認。
  • 名前・電話番号・ファクス番号を伝える。

等のやりとり。 サービス部品購入申込書がファクスされてくるので、指定されている銀行口座に振り込みの上、配送先を記入してファクス返送をすることになる。

自宅にファクスがないので、会社のファクス番号を指定。

10:00 サービス部品購入申込書

会社のファックスに届く。見積もり・簡単な説明・配送先記入欄があるA4一枚。

13:00 振込みを済ませて申込書をファックス

申込書にATMの振り込み控えをのせてコピーし、配送先を記入してからファクス送信。

後は待つのみ。

[ 2月20日全て ]

2004年4月13日 (火)

六本木 とんかつ百万石

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-04-13-0001.jpg

六本木ヒルズの近くで午前中にミーティングを終えた後、上司なじみのとんかつ屋に連れていってもらった。 ひれかつ定食をいただいたが、味・ボリュームともにGood!

IBM社員御用達なのかOS/2やらAIXやらってキーワードが飛びかっていた(連れていってくれた上司もIBM出身)。

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-04-13-0003.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-04-13-0002.jpg

[ 4月13日全て ]

2004年5月9日 (日)

Debian kernel パッケージ構築

ThinkPad X31tpctl を使ってみるために thinkpad-modules を入れる。 ついでに Linux kernel も 2.4.25 から 2.4.26 に上げておく。

2.4.26 から IBM PCI Hotplug driver (CONFIG_HOTPLUG_PCI_IBM) が追加されたようだ。 ThinkPad には関係あるのか? 以前から hotplug が不安定だった(今日はいつになく不調でフリーズまでしたし。Caps Lock ランプが点滅してた。)ので、有効にしておいてみた。

/etc/kernel-img.conf の内容確認(GRUB用)

 do_symlinks = Yes
 postinst_hook = /sbin/update-grub
 postrm_hook = /sbin/update-grub
 do_bootloader = no

ビルド

一緒に入れるモジュール

pcmcia-cs は使わず、kernel のものを使用。

 $su
 #apt-get build-dep kernel-source-2.4.26 shfs-source thinkpad-source
 #apt-get install kernel-source-2.4.26
 #apt-get install shfs-source shfs-utils
 #apt-get install thinkpad-source tpctl
 #exit
 $mkdir -p /usr/local/src/linux
 $cd /usr/local/src/linux
 $tar jxvf /usr/src/kernel-source-2.4.26.tar.bz2
 $tar jxvf /usr/src/shfs.tar.bz2
 $tar zxvf /usr/src/thinkpad.tar.gz
 $cd kernel-source-2.4.26
 $make menuconfig
 $make-kpkg clean
 $MODULE_LOC=/usr/local/src/linux/modules \
   fakeroot make-kpkg --revision=sebastian.1.0 \
   kernel_image modules_image
 $cd ..
 $su
 #dpkg -i kernel-image-2.4.26_sebastian.1.0_i386.deb
 #dpkg -i shfs-module-2.4.26_0.33-3+sebastian.1.0_i386.deb
 #dpkg -i thinkpad-modules-2.4.26_5.1-1+sebastian.1.0_i386.deb

リブート後、MADWIFIドライバを作り直すのでリブートの前に cvs から checkout だけ済ませておく。

リブート。

MADWIFI

 mkdir -p /usr/local/src/sf
 cd /usr/local/src/sf
 cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/madwifi co madwifi
 cd madwifi
 make
 su
 make install
 modprobe -a ath_pci
 lsmod
 dmsg

ifup ath0 したらエラー

 socket: Protocol not available - make sure CONFIG_PACKET and CONFIG_FILTER are defined in your kernel configuration!

2.4.25 の設定を見ながら 2.4.26 を設定した際、CONFIG_FILTER 有効にし忘れていた。 kernel ビルドからやりなおし。

[ Debian GNU/Linux ]

[ 5月9日全て ]

2004年11月26日 (金)

自宅の無線 LAN復旧 & IEEE 802.11g

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-11-26-0001.jpg

不調になった無線 LAN を早く復旧しておきたい。 ということで会社帰りにヨドバシカメラへ行ってアクセスポイントを購入。 ここ最近周辺機器とか買ってなくて「何か買いたい物ないかなぁ」なんて事を考えていたのだが、今回はあまりトキメかない物を買うハメになってしまった。

選んだのはBUFFALOのブリッジモデルアクセスポイント AirStation WLA2-G54ルータ無し・ハブ付き IEEE 802.11g だとそれほど選択肢がない。 最近はルータ機能のついているのが主流なのか。 丸っこいデザインがダサいが我慢。

設置

紙のマニュアルはペラッペラのが一枚。あとは注意書きの紙が数枚。 それ以外はCD-ROMに。 CD-ROM の中を見るのも面倒なので、紙のマニュアルだけでいってみる。 分かっていない人に分かり易く書こうとしてあるので、分かっている人には分かりにくい説明。

AOSSは最初から使わない。 暗号化方式は手持ちの機器・ドライバがどこまで対応できるのかわからないので、まずはWEPにしておく。

RTW65b無線 LAN 機能を停止

ルータ無線 LAN 機能をまず止める。

Windows XP + WLI-PCM-L11GP から

現行で使っている構成から ESSID をアクセスポイントの初期設定値へ変更。 最初のテストなので一旦キー無しにし、接続できる事を確認。

Linux + ThinkPad X31内蔵アダプタから

DHCPがうまくとれない。なぜ?

Windows 98 SE を有線で接続して付属CD-ROMを使用

しかたないので CD-ROM ドライブのついている Windows 98 を起動。 付属CD-ROMをさして、エアステーション設定をしてみる。

えーと LAN 側 IP アドレスは 192.168.11.100 か (後でペラペラマニュアルを見直したら一応ちゃんと書いてあった)。

Web ブラウザから最終的に以下を設定

再び Linux + ThinkPad X31内蔵アダプタから

接続成功。 そういえば今まで WEP のキー無しで接続が成功したことなかったっけか。 今度設定方法を確認しておかねば。

Windows XP + ワイヤレス LAN 802.11a/b/g Mini-PCI カード 31P9702

ThinkPad X31 2672-BJ931P9702 を増設。 以前にインストールしたクライアントマネージャーは削除して Windows (+ IBM 同梱ソフト?)の機能を使うように戻しておく。

アクセスポイントを鎮座

とりあえず場所を決めて設置。

片付け等をして結局2時間半以上かかってしまった。

[ 11月26日全て ]

2004年12月5日 (日)

ThinkPad保守契約しそびれた

今使っているThinkPad X31、なかなか気にいっているので保守(クーリエ・サービスか拡張サービスのどちらか)に入っておこうかなと思っていた。 購入1年以内に入らなければならなくて、もうそうろそろ急がねばと思っていたのだが、確認したらもう1年経っていた(12月3日2672-BJ9も)。 あらー。

まあ、一昨日付けでIBMがPC事業を売りに出したという記事が New York Timesのサイトに掲載されるなど今後どうなるかというのも分からないので無理に入らなくてもよかったのか(と自分を慰める)。

大切に使うとしよう。

[ 12月5日全て ]

2004年12月8日 (水)

液晶自作基本キット A-200K + 液晶パネル

image:/nDiki/2004/12/08/2004-12-08-192128-nDiki-1200x900.jpg

社長がまた変なものを買ってきた。 CoCoNet液晶工房の液晶自作キット。

液晶自作基本キット A-200K と日立の液晶パネル。 プラ枠は IBM液晶モニタ中古の枠みたいな奴。 液晶パネルが新品なのか不明。

最初うまく映らなかったようだが、最終的にはどちらも(2セットも買ってあった)うまく動いた。 動いた直後に液晶パネルのバラシ。

artistic な何かを作るイメージがあったようだが、フレキシブル配線が短くて融通がきかないようだ。 果たしてどうなるか。

image:/nDiki/2004/12/08/2004-12-08-192142-nDiki-900x1200.jpg

Cカップ

一作業終えてから、残っていたスタッフと一緒に3人でご飯を食べに。

スタッフがCカップ以上限定であることが判明。

[ 12月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.256904s / load averages: 0.75, 0.76, 0.71
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker