nDiki : ライブカメラ

2002年1月11日 (金)

25:15 SPYZ + pencam/pensnap

pencam 0.42, pensnap 0.20 を使っていたのだが pencam 0.50、pensnap 0.21 を使ってみたら、格段に色が良くなっていた。 GIMP の saturate filter をとりこんだため。 これなら、あまり補正しなくてよさそげ。

pencam, pensnap がテキストベースの対話型ではなくて、完全に非対話で使えると嬉しいんだけど。 メニュースキップするようにしちゃおかな。

25:45 ということで早速

pensnap の方を非対話型ワンショット撮りきりに書き換え。 ついでにデフォルトで beep も off に。

Video4Linux 経由だと解像度も低いし画像も良くない。 エセライブカメラはこの pensnap で 定期的に 640x480 サイズでスチル撮影し加工・リサイズしてアップロードするセンで行くことにしよう。

スポンサード リンク

[ www.naney.org ] 12:40 Che-ez! SPYZ + webcam + ImageMagick

えせライブカメラを見やすくするため、ImageMagick の convert で -contrast -normalize -equalize してみる。 あと、青味を抜かないといけないな。

14:10 やっぱり……

convert した方がみずらいので、はずす。

[ 1月11日全て ]

2004年2月16日 (月)

エセライブカメラ再開

GIMP のプロセスがどんどん残る問題が発生していたため停止していたが、今日つないだら何もしていないけれど直っていた。 GIMP-1.3 の方の問題だったのだろうか?

また気がむいた時につないでおく事にする。

[ 2月16日全て ]

2004年11月21日 (日)

mixi画像アップローダ

エセライブカメラ画像を定期的にアップロードできるようにアップローダを書く。 塚本牧生氏によるWWW::Mixi 0.15 モジュールを使って20行ちょっと(自分用なのでエラーチェックとか省略)。

mixi では写真は3枚アップロードできて1枚を「メイン写真」にできるのだが、そこら辺の処理が面倒なので常に1枚のみアップロードしておく事にする。 最初に全て削除して1枚アップロードするという作戦で。

動作確認したので後は手動か cron か。 cron だと1時間間隔か2時間間隔ぐらいなら負荷的には問題ないのかな? mixiRSS を2時間に1回見にくるので、こちらもそれぐらいの間隔なら許される?

[ Naney と mixi ]

[ 11月21日全て ]

2004年11月28日 (日)

mixi写真にメッセージを

mixi ではミクシィ一覧などに「ニックネーム」と「写真」が表示される。 逆に言うとそれしか表示されない(正確には、それとマイミクシィ数と日記の更新表示)。

なので他人のところに何か遊んだ内容を表示させるには、ニックネームか写真をいじることになる。

今日は写真にメッセージを書けるようにしてみよう。 前回mixi 用画像アップローダで定期的にエセライブカメラ写真アップロードするようにしたので、この写真にメッセージを書き込んでおくようにする。

もともと www.naney.org のエセライブカメラ用に GIMPScript-Fu で日時を画像に貼りつけているので、その延長で実現するようにする。

mixi では写真がリスト表示される時は長辺が76ピクセルになるように縮小されるようだ。 文字が小さいとこの時に潰れてしまうので、今回は漢字で5x2文字ぐらいを書き込むようにサイズや位置を調整。

エセライブカメラに使っている Che-ez! SPYZ は会社に置きっぱなしなので、今日は代替画像で実験。 まあまあみれる感じ。

さて何を書いておこうか。

[ Naney と mixi ]

[ 11月28日全て ]

2005年1月15日 (土)

ネットワークカメラが欲しい

Che-ez! SPYZ でエセライブカメラをしているのだが、かなり以前から調子が良くない。 やっぱり接触不良かなぁ(前回)。

画質や使い勝手の事もありそろそろカメラを新しくしたい。 USB カメラだとノート PC と毎回接続する面倒さと、USBケーブルの取りまわしの面倒さがあるので、今度はネットワークカメラにしたい。 値段も下がってきているようだし。

できれば

  • 価格は1万5千円ぐらい以下。
  • パン/チルトは不要。
  • PoE だとより良い。
  • 無線 LAN ではなくてもよい(どうせ電源が必要になるので)。
  • Windows 上の Web ブラウザ動画(擬似動画でも可)が見られること。
  • 暗所に強いこと。

今だと

あたりが候補かな。

TS-LCAM は形がいまいちだが、電源まわりがすっきりしているし値段的にもよい。 コレガも悪くなさそう。高いが別売りのPoE給電/受電アダプタで PoE を使える。 しかしどちらも Windows 以外で操作・閲覧できるのかいまいち不明。

BL-C10 はちょっと予算オーバーなのだが、Linux Firefox 上からも見られることが確認できた。 可動域の広さも魅力(パン/チルトは無くても良いのだけれど)。 また、公開されているライブカメラを見ると、暗所に強い!

かなり欲しくなった。

[ 1月15日全て ]

2005年1月18日 (火)

ホームネットワークカメラ BL-C10 買っちゃった

image:/nDiki/Flickr/3069753179.jpg

結局買っちゃった。 無駄遣いかなぁと思いつつ、どうせ最後には買っちゃう自分が目に見えていたので。

家に帰ってからちょっといじる。 最近周辺機器を買った時のパターンと同じく、(主 にLinux で使用・管理するので)付属のCD-ROMWindows BOX にインストールする事なくセットアップする方向で。

接続

カメラ本体に LAN ケーブル、AC アダプタを接続。 製品出荷時はネットワークは自動設定になっている。

ここで通常「添付 CD-ROM に入っている Windows 用のソフトを起動してMACアドレス一覧からカメラを選んで設定へ」という流れになる。

…… nmap でスキャン。192.168.x.253 に発見。 Firefox で接続できた。

後は基本的に Web ブラウザから設定できるので、説明書通り作業できる。

設定

動画を見ることができたのを確認してから、ちょこちょこ設定をいじる。 ファームウェアバージョンアップを押したら、ファームウェアイメージをアップロードする画面に。 取消を押しても取り消せない……。 再起動しても、またこの画面だし。

あげときますか。 パナソニックのサイトから最新のファームウェアイメージをとってきて、BL-C10アップロードし更新。

これで通常の作業ができるようになった。 びっくりしたなぁ。

パン/チルト

じゅうたんの上においていじっていたのだが、下の方ばかり映っている。 あれ? 上方向には+10度しか動かないのか……。 誤算。 構造上の制約なのか、太陽・天井光源をうつさないようにする配慮なのか。悪用防止のためなのか?

設定の際には高めの位置にするか、少し角度をもたせて置いた方が良さそうだ。

静止画の取得など

BL-C10 自体にFTPクライアント機能やメールクライアント機能があってサーバへのアップロードが可能だが、画像加工を一旦してからサーバに上げるなど柔軟にやりたいのでPCで静止画を取得したい。

Panasonic のネットワークカメラは「ネットワークカメラCGI利用説明書*1」が公開されている。上位機種向けの仕様書だが、基本はBL-C10でも同じと思われる(ズームなど無い機能をのぞいて)。 実際、対応するURLにリクエストすることで静止画の取得やカメラの制御などを行えた。

ということで 10分おきの www.naney.org へのアップロードは、BL-C10 から Wget して使う事に。 こちらは定点撮影にしたいので、BL-C10で設定できるプリセットの1つをライブカメラ用にして一旦これを呼び出してから、撮影するようにするとする。

[ 製品レポート ]

*1CGIというのは誤用だと思うが

[ 1月18日全て ]

2005年1月21日 (金)

リモートポートフォワーディングライブカメラを晒す

プライベートネットワーク上に設置したBL-C10を外部からアクセスできるようにする時の方法を確認。

  • カメラはプライベートネットワーク上にあり、外からは直接アクセスできない
  • プライベートネットワーク(ルータ)の IP アドレスは秘密のままにしておきたい

ということで、公開しているサーバでHTTPを中継するという方向で。 となると SSHremote port forwarding か。

  • 公開サーバ: www.example.com
  • BL-C10: 192.168.0.X

として192.168.0.0/24 にいる自分のPCから

 ssh -R 3000:192.168.0.X:80 www.example.com

で www.example.com:3000 にアクセスするとライブカメラが見られるようになる。 ただし www.example.com の sshd の設定で

 GatewayPorts yes

になっていないと、他のホストからアクセスできない。 www.example.com 上の stone で外部からアクセスできるようにさらに転送用のポートを作る。

自分のPCから

 ssh -R 3000:192.168.0.X:80 www.example.com stone 127.0.0.1:3000 30001

で、

www.example.com:3001 -> www.example.com:3000 -> 192.168.0.X:80

と転送されるようになる。 実験も成功 (実験環境では ssh を実行する時に -1 オプションをつけないと -R がうまく動かない事を忘れていてちょっとはまった)。

自宅(ADSL接続)上の BL-C10 を上の方法で晒してアクセスしてみる。 ADSL回線を上って下る事になるが、ちょっと覗くにはそれなりの描画更新ができている様子。 BL-C10 の内蔵 Web サーバ動画を見ながらカメラを操作した時のレスポンスが悪かったのだが、これは stone の -f オプションで子プロセスを数個上げておくようにすることで改善された。

上の方法だと ssh を止めてもリモートホストの stone のプロセスが残ってしまい、別途 kill しないといけないのでちょっと面倒。 何かうまい方法はないかな。

[ 1月21日全て ]

2005年12月31日 (土)

私的10大ニュース2005 [ photo ]

今年購入のカメラたち

今年はデジカメ2台(ライブカメラ含む)、フィルムカメラ2台。 レンズ購入は無し。

雑誌付録のピンホールカメラPP35[zebra]は組み立てたものの、いまだ出動せず。 DSC-U40修理にて復活。

image:/nDiki/Flickr/7007013.jpg image:/nDiki/Flickr/11592927.jpg

TC-1 生産終了

写真関連で今年一番のショッキングなニュースは「TC-1 生産終了」。 ついにこの時がきてしまった。

探しまわってようやく新品を入手できたのは幸い。

しかしあまり写真を撮りに出歩かなかった

今年はフィルム一眼レフを持って写真を撮り出るためにあまり出掛けなかったな。 ついデジカメをカバンに入れて済ませてしまいがちだった。

来年はまた一眼レフを持ち歩く年にしたい。 会社にも持っていって遊ぶか。

[ 12月31日全て ]

2006年4月27日 (木)

会社に置き忘れた定期券の所在ををライブカメラで確認

rimage:/nDiki/Flickr/136868717.jpg

今日は誕生日ということで早めに会社を出たのだが、駅の近くまできてフリースジャケットのポケットに何も入っていないことに気がつく。 「あ、定期券忘れた」。

慌ててでたせいで、定期入れを忘れてきてしまったらしい。 GTD 用の RHODIA と、次の行動リストも一緒に忘れてきてしまったのもかなり痛い。 しかしここまできて取りに戻ると早く会社を出た意味がなくなってしまうので、泣く泣く切符を買って帰宅。

明日出社すれば定期入れはどこかにあるはずだが、はてしかしどこに置いてきたのだろう。

あ、そういえばライブカメラがあるじゃないか。 ということで帰ってさっそくアクセス。 Web ブラウザから BL-C10カメラ方向を移動させて机の上に向けてみると、ぽつんと置いてあった。 こういう時には、向きの変えられるライブカメラは非常に便利。

まだオフィスに残っている(カメラのモータ音で、私が家からアクセスしているだろうことは感ずいている)同僚に Skype チャットで話しかけたら、あれよあれよとデスクの上が大変なことに。

主犯は zakwa 女史だな。ばっちり腕が写ってますぜ。

http://www.naney.org/img/2006/webcam/2006-04-27-185008.jpg

とりあえず定期入れを端に寄せてもらって一安心。

[ 4月27日全て ]

2007年4月6日 (金)

Twitter のアカウントを作成して、今何をやっているかを晒す

しばらく前から話題になり始めている Twitter のアカウントを作成してみた。

以前初めて Twitter のサイトを訪れた時には、何だか知らない人の1行メッセージが並んでいるだけに見えて(実際そうなのだけれども)「ふーん」という感じだった。

知っている仲間が使い始めると、チャットよりはユルく、 AIMSkype などの1行コメントよりはコいコミュニケーションツールとして面白く使えるのかもしれない。 大学仲間の雰囲気が似合いそうなサービス。

自分の場合は、Blog のエセライブカメラを補完するアクティビティ晒し用として使うのがまずは良さそう。 ということで、nDikiサイドバーに Badge を貼ってみた。

今していることを変えるたびに入力するのって、ある意味作業記録をつけているようなものだな。 統計とか取れるようになると Life Hacks 的には面白いかも。

[ 4月6日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.081474s / load averages: 0.39, 0.38, 0.34
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker