nDiki : ぐらさん

2002年4月22日 (月)

12:40 玉天

玉天 忌引でお休みととっていたスタッフが、「玉天」なるお土産を買ってきてくれた。 富山のお菓子でとりあえず、まだパクリ商品が他ではみかけたことがないらしい。

ふむ。 見た目卵焼、触感はマシュマロ。 たしかにどこへ行っても同じような土産菓子が多い中、これは食べたことがありませんな。 リーフレットのイラストもベストキッドの空手みたいで Cool。

[ 4月22日全て ]

2004年7月28日 (水)

xyzzyを読み取り専用メディアから起動する

新人プログラマには「プログラムを組むんだから、とりあえずテキストエディタを何か入れておけ」と言うのだが、実際のところ自分が今仕事で使っている Windows BOX にはテキストエディタインストールされていない。

メモ帳」ですよ。

ちゃんと編集する時は Linux BOX 上の Emacs を使ってしまうので、Windows BOX では力を入れて環境構築していなかったり。 しかし、やっぱり何かテキストエディタがないと不便といえば不便。 ということで久しぶりに何か入れてみることにした。

最近は「インストール不要のソフトを USB メモリに入れて相手先で利用できるようにする」環境作りをぽちぽちしているので、エディタもそのようにできるのを選びたい。

というのが主な条件。

書き込み禁止にした USB メモリや、read only な Samba 公開ディレクトリ上(あるいは CD-R 上)から直接起動できるようにするのが目的。

xyzzy 0.2.2.233

以前にもちょっと使ったことがある。 Meadow はヘビーだし設定が面倒なので xyzzy が良い。

で実験。

アーカイブを展開してすぐ xyzzy.exe を実行できるのだが、

  1. ダンプイメージ
  2. etc/DOC (lisp/help.l より)
  3. $XYZZY/usr/usrname/os/xyzzy.ini
  4. $XYZZY/usr/usrname/os/.xyzzy.history

を書き出せる必要がある。etc/DOC 以外の位置はコマンドライン引数環境変数で指定できる。が etc/DOC だけ変更する方法がわからない。

保留。

サクラエディタ 1.4.8.0

同僚が使っているサクラエディタも試してみる。 インストーラを使用したくないので、実行可能ファイル・ヘルプファイルそれから必要な補助ファイルをそれぞれ取得して、同じディレクトリへ。

こちらは read only でも特に問題なく起動した。 ただし、

なので躊躇。

再び xyzzy

xyzzy の設定をいじってみる。

site-lisp/siteinit.l を

 (setq lisp::*documentation-path*
       (merge-pathnames "xyzzy-DOC"
                        (directory-namestring (si:dump-image-path))))

として etc/DOC をかわりにダンプイメージファイルと同じディレクトリに xyzzy-DOC として生成するように変更。

それから起動用に

 mkdir %TMP%\xyzzy
 xyzzy -image %TMP%\xyzzy\xyzzy.dump -config %TMP%\xyzzy

というバッチファイルを作成。ダンプイメージファイル、設定ファイルを置くディレクトリを環境変数TMPの下の xyzzy サブディレクトリに出力するようにする。

これで書き込み禁止ディレクトリから起動できるようになった。

必要があれば書き込みディレクトリはアカウント毎に変えた方がいいかな。 Windows 98 SE だとユーザ名やホームディレクトリとして使える環境変数は標準状態では存在しないようなので一工夫が必要になるか。

[ 7月28日全て ]

2004年11月6日 (土)

結婚式出席

同僚結婚式披露宴に招待していただいたので出席。

16:00 よりお茶の水(神田駿河台)の山の上ホテルで。

山の上ホテル

明治大学・日大理工学部の近くにあるホテル。明大通りに大きく看板が出ていて、ホテル自体は知っていたのだが入ったのは初めて。 老舗のホテル

本館の裏にある、錦華公園は予備校時代に昼食を食べたりした思い出(?)のある公園である。

人前式

別館フロントに用意された受付で受付を済ませてロビーで待機。 一緒に招待された社長同僚x1と歓談。

予定の16:00を少し遅れて誘導があり、本館にある山の上教会へ。 ホテルの中庭にある緑に囲まれた高いルーフトップ(ガラス天井)の素敵な教会。 夕方の優しい陽の中で人前式が行なわれた。

社長司会をつとめるなか式は粛々と進み終了。 誓いのキスは無しですか?

新婦さんには今日初めてお会いしたのだが、なかなか可愛らしい方で大変お似合いであった。

ちなみに余談によると、ホテルの人が予定していた進行を間違えていたらしい。 列席している人にはよく分からなかったけれども。

披露宴

披露宴は「海」という名のバンケットルームで。 海辺の環境保全・再生・創出といった活動にも携っている新郎らしいチョイス(たまたま?)。

社長の主賓挨拶(長い!)ではダライ・ラマの言葉を引用。 新婦側主賓挨拶では、履歴書に趣味「節約」といったネタが披露された。

お色直し

新婦真紅のドレスで入場。 色当てクイズでは同僚が見事に当てました。 自分はピンクだと思ったのになぁ。

入場では各テーブルで記念撮影。

スピーチ

後半一発目のスピーチを実は頼まれていて、恥かしながら一言。 いやーかなりしどろもどろ。 穴があったら入りたい。 会社での新郎の仕事っぷりでも紹介しようと思ったのだが、社長が最初のスピーチで話してしまったりしたので急遽ボツネタを復活させたり。

支離滅裂に話なってしまってスミマセン。

まあビデオ撮影が無くて良かった。…って何で社長デジカメ動画モードになってますか?

その後祝辞、歌の余興、新郎新婦を囲んでの歓談・スナップ撮影などであっという間にエンディングへ。

そうそう料理美味でした。グレードアップしたっていうのはお肉でしたっけ? ウマかったです。

ヌイグルミ贈呈

最後は花束贈呈ではなく、ヌイグルミの贈呈。 出産時の体重に調整してあるという心にくい演出。

新郎父・新郎の挨拶の後、退場・お見送り。

社長・同僚とロビーで少しゆっくりしてから退散。

いい結婚式でした。オメデトウ。お幸せに。

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-11-07-0001.jpg

[ 11月6日全て ]

2005年1月5日 (水)

2005年仕事初日

年始のミーティングとかスケジュール検討とか。

退職

突然の知らせでびっくり。 引き継ぎに割ける日数も限られているけど、大丈夫かな?

松下君がそれとなく気がついていたのにもびっくり。 自分は全然気がついてなかったよ。 遅く出社したり、早く退社したりする事が多かったのはてっきり体調が悪いのだと思ってた。 ちなみに古株の同僚も全然気がついてなかった。

また波が変わるのかな。

[ 1月5日全て ]

2005年5月9日 (月)

Double Duckies

naney:13100414 同僚から誕生日プレゼントとして「あひるちゃーん」をいただく。 感謝。礼には礼を、ネタにはネタをで攻めてきたようだ*1

はいっていたのは AssistOn の袋。 おぉ。一度行ってみたいと思っている、グッドデザインを集めたお店ではないか。 ここのWebサイトで kcud を知ったのだ。

ということはこの「あひるちゃーん」もグッドデザインなんだよね。きっと。

*1そういえば去年「あおくび大根」を贈っておいたのだった。

頭重いぞ

早速風呂で遊んでみる。 頭が重いな。引っくり返りやすい。

なにげに口に穴があるので、水を吸わせて腹を押すと水鉄砲になるぞ。 一人でピューピューやってみる。 これで湯船で眠りこけないですみそうだ。

今年33です。

[ 5月9日全て ]

2005年6月21日 (火)

侵入計画?

naney:20698122 昼休みになると、同僚の物理博士がせっせとオフィス中を計測してまわっている。 もしかしたら、秘密裏にトンネルを掘って侵入するつもりかもしれない。

できあがるものが楽しみである。

[ 6月21日全て ]

2005年6月30日 (木)

東京駅八重洲南口周辺で夜にミーティングできる飲食店ありませんか?

naney:22589125

諸般の事情で月に1回前後、東京駅八重洲南口周辺で夜にミーティングをしている。

いつもきまって場所は「東京ルセット」。 JRハイウェイバスのりばが近いこともあり重宝しているのだが、

  • 店内が暗い
  • 周りが騒がしくて(多い時は10名弱になる)全員が話に参加できない
  • 同じお店ももう飽きた

といくつか問題がでてきている。

ということで今回は、チームメンバで周辺にかわりになるような良いスペースがないかリサーチしてみることにした。

東京駅一番街 (旧東京駅名店街の一部)

ビアードパパ、パステルデザート、チーズケーキファクトリーなどスイーツ関連のお店をチェックするも、めぼしいミーティングスペース見つからず。

八重洲地下街

閉店時間が早めのお店が多い気がする。特に駅から離れた奥の方ほど。

結局

うーん、やはり改札からの距離を補って余りあるほどに条件の良いお店がないなぁ。

ということで今回は途中「ラーメン激戦区“東京編”」で見かけた五香路で飯食って帰る。

残念ながら良いスペースは見つからなかったけれど、いままで毎回問題だとは思いつつ何もアクションしなかった事に対し、すごい会議で「どのようにすれば〜→コミットメント」と落として実際に皆で行動に移したということ点についてかなり評価して良いと思う。 誰か良い場所を知っていたら教えてください。


[ 松下ぐらさん ]

[ 6月30日全て ]

2005年10月12日 (水)

コーティングといえばマグ…

会社で「ミニ檸檬」を(CRYSTAL COAT #1 で)コーティングしたという話をしていたら、斜め向かいに座っていた同僚(女性)が一言。

「マグネットコーティング?」

ガンオタ発見。

[ 10月12日全て ]

2005年11月16日 (水)

編工研の猫

naney:63883582

赤坂にある編集工学研究所にお邪魔した。

帰りがけに、なんか柔らかいものが目に入ったと思ったら猫だった。 バイト先のオフィスにたまに犬が連れてこられていたというのはあったけれど、猫のいるオフィスは初めてだ。じっとしているので打ち合せのあいだ全然気がつかなかった。

「レクサーさんもオフィスで猫を飼われてはどうですか?」

約1名大喜びする人がいるな。でも、美術品を飾っている社長が許すまい。

そういえば編工研では一風変わったお茶をいただけることがあると聞いていたが、出していただいたお茶を飲みそびれてしまいわからずじまい。

[ 11月16日全て ]

2005年12月27日 (火)

「終末が近づいてきた」忘年会

「終末が近づいてきた」

店員が料理を運んできた際に残り2品とと聞いて、ぐらさんが一言。 「終末」って、あーた。

naney:78665565 今年の忘年会は9月にオープンした「ヨドバシカメラ マルチメディア Akiba」のレストラン街にある「こだわりの和風と無国籍ダイニング ザ・海峡」。 レストラン街まで上がってくるのははじめてだ。エレベータをおりると、そこはデパートレストラン街と同じ雰囲気。

めらめらと燃えさかる暖炉(ダミー)やポップコーンマシーンのある洞窟風の入口を抜けて左、靴を脱いですぐの個室へ。

料理は創作的で、次に何が来るのかなとわくわくさせてくれる。 ドリンクメニューにも遊び心が随所にあるし、パーティーにはいいかもしれない。

忘年会の方は、今回は8人。最初は5人スタートで全員の会話が互いにきこえる穏やか進行。 総務部長がいるので、例によって最後は数人からの一言でシメ。 ここで今年の春に入社したてホカホカの女子スタッフから、皆にお歳暮がくばられた。

おお、なんとニクい心遺い。 今日はノンアルコールにしたのだが、心はホカホカ気分。 いただいた入浴剤で後日、体もホカホカになりそうだ。

[ 12月27日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.057318s / load averages: 0.50, 0.46, 0.42
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker