nDiki : 2001年

2004年2月12日 (木)

年次有給休暇休暇年度

ウチの会社は就業規則によると1月1日から12月1日が休暇年度。 「1年間継続勤務*1・全労働日の8割以上出勤」で付与。

2001年4月1日に入社なので、2002年4月1日から有給休暇が付与されることになるのだがさて各年度には何日休めるのか? 2002年は何日休めるの? 2001年はどうなるの(もう過ぎたことだが)?

調べてみると法的には2002年4月1日の基準日を2002年1月1日にずらしたという扱いになるのでこの時点で1年間継続勤務扱いで、付与が始まるということになるらしい。 ということで、

だな*2労働基準法だと6ヶ月から与えなければならないから、

となるはず。2007年1月1日付与時で、101 - 75 = 26 日も差が出ちゃうな。 これは進言した方がいいかも。

*1労働基準法的にはアウト(6ヶ月)

*2毎年+1日という加算だと労働基準法の日数に満たない。

休暇取得メモ

  • 2001年 - 7月31日、12月10日 + (9月新婚旅行期間7日休 - 特別休暇(3 + 2) = 2)
  • 2002年 - 06月27日、06月28日、08月01日、08月12日、10月03日、10月04日
  • 2003年 - 06月02日、10月20日、11月25日、12月29日
  • 2004年 - まだ

そういえば、6ヶ月経つ前にガンガン休んでたな。 就業規則通りなら、今年は計23日。 労働基準法通りだと、計26日。

スポンサード リンク
[ 2月12日全て ]

2005年2月19日 (土)

ロバート・キャパの未公開カラー写真

ROBERT CAPA EXHIBITION CAPA IN COLOR


naney:5045679 2月15日から明日20日までロバート・キャパ写真展[ャパ・イン・カラーが催されている。 普段見かけるキャパの写真はモノクロ。 今回キャパが撮影した第二次世界大戦の未発表カラー写真が大量に発見され公開になった。

なかなか無い機会なのでぜひ見てみたいと、三越日本橋本店新館7Fギャラリーへ。 13:00過ぎぐらいについたのだが、予想通りかなり混雑していた。 これでももしかしたら、雨のせいで少ないぐらいなのかもしれない。 Webで招待券を印刷していくと無料である。

このギャラリーには2001年の10月に「マグナム・フォト創設55周年記念 写真展『スマイル&スマイル - 100 のほほえみ』」以来ぶり。 この時もロバート・キャパの作品が飾られていた。

カラー

1940年代の戦争写真がカラーで。 素晴しい。 この頃の写真はモノクロばかりで何か暗い感じをついつい持ってしまうことがあるのだが、実際に空は青く草は緑。 60年前も世界は色に満ち溢れていた。

技術

山田祥平のRe:config.sys: コダクロームが残した色」によれば、

今回の写真展は、「写真展」といいながらも、実際の出力は、印画紙を使った銀塩プリントではなく、ヒューレットパッカードの大判インクジェットプリンタ「HP Designjet 130」によるもの。

ということらしい。

実作業では、Mac上のPhotoshopで読み込み、ソフトウェアリッパーでデザインジェットに出力した。当時の紙マウントをはがすことで、フィルムが損傷するのを防ぐために、高解像度ではスキャンしにくかったというような事情もあったようだ。

中略

ちなみに、日本HPによれば、ニューヨークから届いたファイルに、カラープロファイルは添付されていなかったそうだ。となると、色再現の頼りは、オリジナルを見たことがある小川さんの記憶とイメージだけだ。結局、作業では、空の青さをかなりいじることになったという。

フィルムの状態もいろいろだったようで、コントラスト豊かに鮮やかにプリントされたものもあれば、退色したものを無理にコントラストを上げた感じのものもあった。 ちょっと嘘臭い水色の空のものもあったのだけれど、どれが本当の色かは我々にはわからない。

もっとも写真というのはもともと100%実際のカラーではなく、フィルムの特性や撮影手法、プリントまでの行程の間の調整によって制作者の表現がなされているものだ。 今回はロバート・キャパ+主催者の共同作品としてこういう色に仕上がったということである。

そういった事を考えながら鑑賞するのもこれまた楽しいものだ。

それにしてもASA10のフィルムと当時の機材で洋上であれだけのものを写しとれるなんて。やっぱりキャパはすごい。

naney:5045447 naney:5045449

[ 2月19日全て ]

2005年4月20日 (水)

SConsGNU Autotools のかわりになるか

NSIS のサイトによるとビルドに「SCons」を使うようしたらしい。

  • クロスプラットフォーム
  • AutoconfAutomake と同様の機能を統合
  • LaTeX もビルトインサポート

と興味深いツールになっているようだ。

現在プロジェクトLaTeXベースのドキュメント生成には GNU Make を使っているのだが、UNIXWindows の両方でビルドできるようにするには ComSpec 環境変数の有無で使用するコマンドを切り換えたり等いろいろ面倒なので、代替ツールとして使えないかなと。

基本的な機能は Make に対する改良がなされているようであるし、コピー等ファイル操作も SCons 自体がもっているのでクロスプラットフォームでビルドできるようにするのも楽そうだ。

一方 Autoconf 系の機能については、インストール済みのライブラリの検出や実装レベルのチェック等を実装しているようである。 make check や make dist、make install 等にあたるターゲットに関する機能(あるいは規約)のようなものは無い。これは非常に残念。 結局自分が Ant を使わなくなったのも GNU Autotools にあるこれらの機能に欠けているからであるし。

実は私がPerl が好きな理由の一つとして、これらサポートが充実しているという点がある。Perl では ExtUtils::MakeMaker (あるいは Module::Build)があり、ビルドからテスト、ソースパッケージのパッケージングまでフレームワークが整っている。

SConsPython ベースで、Makefile にあたるファイルも Python スクリプトである。 SCons が影響を受けた Cons は Perl ベースであったのだが、既に2001年5月ごろから開発が止まってしまっている。残念。

ということで Make の代替には使えそうであるが、GNU Autotools と同じようなことをするにはいろいろ手をかけないといけないといった印象。

[ 4月20日全て ]

2005年5月20日 (金)

el patine MONOCHROME A4パイプファイル (3cm) PAM-1473BK

naney:14836379 最近プロジェクトのミッションドキュメントを書くようにしている。 文書化することでプロジェクトの見通しが良くなり、チーム内でミッションの共有やチーム外の人とのコミュニケーションのツールとしても役立っている。

で、何だかんだいって印刷しておいた方が便利。そうこうしている間に整理していなかった、紙の資料とあわせてごちゃごちゃしてきたので、ちょっとファイリングしてみることにした。 保存資料やらとかは会社にあるパイプフォルダでいいが、アクティブなプロジェクトのものは、どうせなら洒落たものがいい。

ということで、手始めに1冊ファイルを買ってみた。 出勤前に、秋葉原昭和通り沿いにあるこじんまりした(メッセージカードなどが充実している)文具屋で、エル・クラッセのモノクロームシリーズファイルを購入。

株式会社エル・クラッセは 2001年に KING JIM 関連企業と設立されたが、2003年10月21日付けで株式会社合同と合併し、現在株式会社Gクラッセとなっている。

商品についていたシールはエル・クラッセのものだったので、このお店では入荷したっきり売れてなかったのかな?

金具は KING JIM 製。左右どちらからでも開くことができるので、一般的なパイプフォルダより書類の出し入れがしやすいのが特徴。


[ 製品レポート ]

[ 5月20日全て ]

2005年8月6日 (土)

3年ぶりに友人宅訪問。人見知りな子。

の地元の友人宅に遊びに行く。

3年ぶりにあった子も随分大きくなっていた。 前回は犬と闘っていた子だったが、今は人見知りな恥ずかしがり屋さんに。

今回は1眼レフは持っていかなかったんだけれど、旦那さんはカメラ好きなの覚えてくれていた。シマッタ。遠慮して置いてくるんじゃなかった。

  1. 赤ちゃんはコワイ 2001年10月06日
  2. 妻の友人夫妻宅訪問 2002年06月29日
[ 8月6日全て ]

2007年3月11日 (日)

映画のプログラム捨てられますか?

ここ最近家の中を二人で整理していて、いらない物は捨てるようにしている。 まず見ることもなく、かといってなかなか捨てられなかったものの一つとして映画のプログラムがあったのだけれど、今日思い切って処分することにした。

20代の頃からは映画館映画を観たら観たという記録/記念として、また最近は Blog ネタ資料用にとして毎回プログラムを買っている。 しかし大きさがまちまちだし、大判のものもあるので保存しにくいんだよね。

とはいえ捨ててしまうのは、観にいったという事を思い出す機会が減ってしまってちょっと淋しい。 捨てる前に一応デジカメで表紙だけ撮影して保存しておいた。

それと今回初めて、今まで映画館で観た映画をリストアップしてみた。

2001年4月以降は全て nDiki に書いてあるので漏れはないはず。 それ以前については、プログラムをたまたま買っていなかったものや処分してしまったもの実家で埋もれているものなどについては、思い出せずに一部抜けがある。

Web で年を調べながら並べてみたけれど、洋画なんかは製作年で書かれていて日本公開は翌年以降だったりすることがあることにに途中で気がついて、あらためて調べなおし。 観たと思われる年なんかも年末年始を挟んで翌年ということもあるかもしれないので、だいたいという事で。

こうしてみると、やはり彼女ができてからぐっと観にいく回数が増えたなと。

[ 3月11日全て ]

2008年1月4日 (金)

冷蔵庫の冷凍室が冷えなくなった

昨日までは確かに冷凍されていた冷凍室内の食品が軒並み解凍された状態になっている。 冷凍食品やら、買い溜めしていたハーゲンダッツのアイスやら、作りおきしてあった料理やらが壊滅状態でショック。

氷も水になってしまっているし、どうも冷凍系に不具合が生じているらしい。 冷蔵系は問題なし。 参った。

とりあえずすぐに修理相談センターに電話して、出張修理を依頼しておいた。 最短で明日来るというので、そのようにしてもらった。

年始早々まいったな。 そういえば去年の年末年始は、便座割れて不便したっけ。

ちなみに冷蔵庫2001年3月購入の、シャープ冷蔵庫 SJ-WH40E-C。 2年半前にも冷蔵系の不具合で修理を呼んでいる。 ハズレの機種/個体だったのかなぁ。


[ 家電 ]

再上陸したバーガーキングで初ワッパー

naney:2167741078

2001年3月の撤退から6年後の去年、バーガーキングが日本に再上陸をはたした。 森永LOVEの事業を譲り受けてチェーン展開していた頃、田町の LOVE がバーガキングになったこともありそれなりに食べいたのだけれど、撤退以来ご無沙汰であった。

再上陸3号店は LABI品川大井町内に「バーガーキング 大井町店」として11月2日にオープンしている。 年が明けた今年ようやく入って食べてみた。

以前はマクドナルドが入っていたところだが、改装してずいぶんアメリカンチックになった。座席数は74席。マクドナルドより減った気がするがどうだろうか。 オープン当初は混んでいたが、ここ最近平日は空いている。 全席禁煙なのが嬉しい。

ワッパーを注文して食べてみたが、思ったより大きくてビックリ。 具もしっかりしていて値段相応に満足感があった。

以前のバーガーキングのバーガーはいわゆる普通のファーストフードらしいバーガーだったが、新ワッパーはうまく差別化しているようだ。

今度は潰れないで、長く営業して欲しいものだ。

[ 1月4日全て ]

2008年3月10日 (月)

一度使ってみたかった「ホタルックα」に交換

キッチンの蛍光灯が昨日急にチカチカいいはじめた。 そういえば2001年引っ越してきて以来、一度も交換したことなかったな。

蛍光灯といえば以前から一度 NECライティングのホタルックを使ってみたいと思っていた。 いつも蛍光灯が切れるたびに「今度は」と思うのだが取り扱っている店が少なく、いざ買ってみようと思っても手に入らないのでいつもその時の特価品を選んでしまい、試せずじまい。

今日はヨドバシカメラ マルチメディア Akiba によって買って帰ることにした(電車の中で邪魔くさかった)。

思ったより明るい残光

ホタルックαは10分以上点灯しておくと、消した後もしばらく残光が光ってくるという蛍光ランプ。 残光であるが思ったより明るくてびっくり。

これなら電気を消した後に、とり忘れたものなどを取ってきたりするのに十分な明るさである。 とくにキッチンはちょくちょく物を取り行ったり通ったりするので、その度に蛍光灯をつける必要がなくちょっと便利だ。

ただ当然しばらくすると消えてしまうので、セールスポイントのような「緊急時・停電時にも見えるので安心」というのはちょっと無理があるかと。 そうなった時に蓄光されていればラッキーだねといった感じだろう。

普通の蛍光灯よりかなり割高で寿命も他社のものに比べて短いので、それほど売れないのもわかる気がする。

[ 3月10日全て ]

2008年9月8日 (月)

今日のさえずり: 今日はノート PC を会社に置いてきた。人間的な生活をおくろう

2008年09月08日

  • 09:19 NEW MEGALOPOLIS で出勤中。空いている電車で良かった。[mb]
  • 09:42 アイス カフェモカ トール パーソナル。[mb]
  • 10:39 c:\Documents and Settings\naney\Application Data\Ripplex を削除。
  • 11:37 Google ドキュメント、書き込み禁止設定できるようにならないかな。freeze したドキュメントは自分でも誤って編集したりしないようにしたいのだが。
  • 11:38 @zakwa Windows XP SP3 がきてるんじゃない?
  • 12:17 mixi のエコー利用停止した。停止するのにアンケート必須って何考えてるん?
  • 12:49 @odeko_O mixi エコー、見なくてもいい人のが見えてしまうのがダメでした (そんな人マイミクシィから外せばというのも無くはないのですが)。
  • 13:28 Visual C# 2008 Express Edition をインストールするつもりが間違えて、Visual C++ 2008 Express Edition のインストールを始めていた。あわててキャンセル。
  • 18:12 Visual C# 2008 Express Edition 登録しようとしたら Windows Live ID へのサインインを求められた。(多分)2001年頃の Microsoft Passport のパスワード入れてみたけどはねられた。
  • 18:16 と思ったら、メモの下に「new password」が。もうパスワード再設定始めてるけど。
  • 18:54 目の前にあるエアコンのスイッチが切られていることを、Twitter のログでようやく気がつくオレって……。
  • 20:06 今日はノート PC を会社に置いてきた。人間的な生活をおくろう。[mb]
  • 21:04 ギリギリ雨降る前に家に帰って洗濯物取り込めた。ラッキー。[mb]
  • 21:18 ザーッときた。朝の天気予報では「にわか雨は一部の地域のみ」と言っていたが、ここはその一部なのか。結局降られる時は降られるから「一部」とかって予報は個人には意味ないな。[mb]
  • 21:43 ミニ万年筆「WHITE」付録ラピタもう1冊買ってきた。[mb]
  • 21:47 ちなみに箱は思いっきり潰されてた。やるな LABI。[mb]
[ 9月8日全て ]

2009年1月19日 (月)

Web 日誌 / Web 日記を書き始めてから10年

当初「コンピュータ日誌」として日付ベースの記事を書くようになって(記事)から満10年。

当初は m4 ベースで HTML テンプレート処理をしていた。 その後記事を XML 形式にし、Perl スクリプトで HTML ページ生成する方式に変更。 2001年5月には Naney's Diary としてハイパー日記システムを使い始めた(記事)。 2004年2月に名前を nDiki と改め、自作 WikiEngine をベースとした日記システム DiKicker で記事を書くようになった(記事)。

文章はあいかわらず上手くなってはいないけれど、書き続けることでいろいろ得ることも多かったと思う。

  • 記事化を念頭に、仕事・生活の中でアンテナを張りより物事を考えて生活することが習慣になった。
  • 自分にとって有用なパーソナルナレッジベースが築けた。
  • 各種 Web 技術をトライする実験場となった。
  • 多少人の役にたった。
  • 多少収入になった。

みんなも書くといいよ。

[ 1月19日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.079619s / load averages: 0.75, 0.90, 0.98
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker