nDiki : Palm

2004年3月3日 (水)

[ Debian ] 久しぶりにJ-Pilot

CLIE PEG-NZ90で遊ぼうかと思いたつ。 一応 WorkPad 30JVisor PrismPalm 経験はあるのだがここしばらく触っていなかったので勘がなかなか戻らない。 CLIE はいろいろゴテゴテしているし。

筐体としてもPEG-NZ90はデカすぎ。キーボードいらないし。液晶を表にして畳むとアプリケーションボタンが押せないし。

ま、なにはともあれ HotSync の準備。J-Pilotインストール。 で、PEG-NZ90USB接続。

認識せず。

あら。Linux kernel で usbserial を有効にしていなかった。visor モジュールと一緒に有効にして kernel 作り直し。messages 出力を見る限り認識したようだ。

J-Pilot から同期。エラー

 uhci.c: 1820: host controller halted. very bad
 usb.c: USB disconnect on device 00:1d.1-1 address 2
 visor.c: Bytes In = 0  Bytes Out = 0
 Unable to handle kernel NULL pointer dereference at virtual address 00000998
  printing eip:
 f89032ba
 *pde = 00000000
 Oops: 0002
 CPU:    0
 EIP:    0010:[<f89032ba>]    Tainted: P
 EFLAGS: 00010246
 eax: 00000000   ebx: f68abc00   ecx: 00000000   edx: 00000000
 esi: f68abc1c   edi: 00000000   ebp: f68abc00   esp: f795ff20
 ds: 0018   es: 0018   ss: 0018
 Process khubd (pid: 1596, stackpage=f795f000)
 Stack: f68abc1c 00000000 00000064 f89045c0 00000000 f89045a0 f04fcac0 f88e631f
        f7439600 f68abc00 f7439604 00000002 00000000 f7439600 00000100 0000000a
        f79d9200 00000000 f88e922f f79d930c 00000001 00000010 f04fca40 f88e8c7d
 Call Trace:    [<f89045c0>] [<f89045a0>] [<f88e631f>] [<f88e922f>] [<f88e8c7d>]
   [<f88e94bc>] [<f88e9555>] [<c010579e>] [<f88e9520>]

 Code: 89 90 98 09 00 00 8d 4e 58 ff 43 74 0f 8e 63 05 00 00 0f b6

どうもUSBドライバまわりでこけている感じ。 明日以降再調査。

スポンサード リンク
[ 3月3日全て ]

2004年3月6日 (土)

17:15 実家

DynaBook SS 3440を貸し出しに行く。 それから自宅に置いてある「Palmプログラミング(改訂前)」を取りに。

ついでに夕食もごちそうになってくる。

[ 3月6日全て ]

2004年4月24日 (土)

DateBk5 + Progect でのリソース別タスクチェック

ここ最近Palmの使い方で思案しているのは「リソース別のタスクのチェック」。 ここでリソースとは仕事上のスタッフのこと。 スタッフをリソースと呼ぶのはちょっとひっかかる部分もあるが、プロジェクトマネジメントツールとかではそうくくってしまうのでそれに合わせて呼んでおくことにする。

プロジェクト毎のチェックリストProgect を使ってみているが以下の点で困っていた。

  • 複数のプロジェクトに同じスタッフが参加している場合(複数のProgectプロジェクトデータベースに割り当てを入力してある場合)、誰がどのタスクを掴んでいるのか見通すことができない。
  • Progect 上のアクションを To Do とリンクさせられるのだが、スタッフに割りあてたアクションを何も考えずにどんどんリンクさせていくと To Do が溢れて逆にわかりづらい。自分自身の To Do やスケジュールが埋もれてしまう。

で、次のような方法を考えてみた。

  • To Do に「プロジェクト」カテゴリを作成
  • スタッフに割り当て済みのアクションは Progect 上で項目名に《スタッフ名》を含むようにする。あるいは、アクションを《スタッフ名》を含む階層の中に入れる (これで To Do にリンクした際に、その To Do に《スタッフ名》が含まれるようになる)。
  • このアクションのカテゴリを「プロジェクト」にして、ToDo Link する。
  • 優先度は、重要なものは1、それ以外は 2以上にしておく。

Progect で指定したカテゴリと同名のカテゴリが To Do にあると、そのカテゴリに To Do が作成される(同名のカテゴリがないと未分類)。

次に、DateBk5 側。

  • 今まで使用してきた「ビジネス」カスタムビューで、「ビジネス」カテゴリだけを表示していたところに加えて、「プロジェクト」カテゴリで優先順位1のものも表示するようにする(「ビジネス」カテゴリは自身の To Do、スケジュールが書かれている。ここにはスタッフのタスクを表示したくはないが、重要なものだけは表示できるようにしておく)。
  • 「プロジェクト」カスタムビューを作成し、「プロジェクト」カテゴリだけを表示するようにする。

これで特定のスタッフに割り当てられているタスクは、DateBk5 で「プロジェクト」カスタムビューから「リスト表示」を選択し、《スタッフ名》でフィルタリングすることでピックアップできるようになった。

カテゴリ名は「リソース」や「スタッフ」等でもいいのだが、項目名(あるいは階層に)【プロジェクト名】を含ませておいて、この文字列でフィルタリングして指定したプロジェクトのタスクのピックアップということも考えたので「プロジェクト」というカテゴリ名にしてみた(一つの仕事上のプロジェクトを、「テスト」や「マニュアル」とかいったくくりでProgect 上の別プロジェクトデータベースにわけていることあって、これらを横断的に眺めたいなというのもあって)。

スタッフについてタスクレベルまで管理するつもりはないのだが、頼んだことを自分自身も忘れてしまうことがあるのでそれのチェックにうまくこの方法が使えればいいかなと。

[ 4月24日全て ]

2004年4月30日 (金)

PEG-TJ25 インストールメモ

液晶が小さいデジカメDSC-U40画像ビューアとしてPEG-TJ25を使用するために、画像閲覧ソフトをチェック。

PEG-TJ25 内蔵の CLIE Viewer (1.2) はメモリースティックの /Palm/images ディレクトリの下しか閲覧できないようなので、何かいいソフトはないかなと。 ちなみにこれは勘違いで、DSC-U40メモリースティックに記録したJPEGファイルをそのまま閲覧できた。DCF に準拠したディレクトリ名/ファイル名ならOK?

  • Jpeg Show! V1.30
    • JpegShow_JP130.zip / JpegShow_JP.prc
    • ジョグで次/前の画像に切り替わるのが便利 (CLIE Viewer だと拡大縮小)。
    • 拡大縮小は CLIE Viewer の方が拡大率を上げることができる。
    • 初期状態で全画面表示になるので、デジカメの4:3画像だと左右が切れる(全体を見渡すにはスクロールか縮小の必要あり)。初期状態は画像が見渡せるようにスケーリングされると嬉しい。
[ 4月30日全て ]

2004年5月5日 (水)

ColdSync

J-Pilot だと conduit が簡単に書けないので、Perl で作れるようにできている ColdSync を使うようにしてみる。

sid (Debian GNU/Linux) の coldsync 3.0+pre3-1 だと PEG-TJ25赤外線HotSync する際にエラーが起きてソフトリセットしなければならなくなる。 公式サイトより新しい deb (coldsync_3.0.pre4.cvs20040225-1_i386.deb) を取ってきていれたらきちんと同期できるようになった。

後は ColdSync Perl モジュールp5-Palm を使えば簡単に conduit が書けるはず (本当は Palm 側で対象データを赤外線送信すると、Linux 側で待ち受けているプログラムがこれを受け取って処理をするようにしたいのだがやり方があるのか不明)。

追記

2005年10月6日現在も Debian GNU/Linux sid 3.0.pre4.cvs20040225-1 は駄目。「セグメンテーション違反です」

公式サイトの coldsync_3.0.pre4.cvs20040225-1_i386.deb を入れたらうまく動いた。

(2005年10月6日追記)

[ 5月5日全て ]

2004年5月9日 (日)

POSE

PEG-TJ25のROMイメージをROM Transfer Extensionメモリースティック上に吸い出す。 /Palm/PalmOS.rom として保存されたROMイメージを Linux BOX に移して POSE を起動。

POSEPalm OS 5 は駄目ですか。 予習不足。

Palm OS Simulator は Windows 用だし。

[ 5月9日全て ]

2004年5月25日 (火)

カットシステム Palm OSプログラミング (ISBN4-87783-044-8)

Palm OS の構造などわかりやすく解説されている感じなので、買ってみる。 2002年6月発行とちと古いかな。

O'Reilly の「Palmプログラミング」(持っているのは第1版)はちと退屈なのであるが、こちらはもう少し読みやすそう。


[ コンピュータ書籍 ]

[ 5月25日全て ]

2004年7月14日 (水)

Adobe Reader for Palm OS バージョン3.0 (3.05) 日本語

昨日友人から論文を送ってもらったので、電車で読もうかとPEG-TJ25インストールしてみる。 Adobe Reader for Palm OSWindows 用か Macintosh 用しか用意されていないので、一旦 Windows にセットアップ。

Windows からは直接 HotSync していないので、Linux BOX にコピーして作業する方法を模索。 .prc はインストール予約されたファイルを、Linux BOX にコピーして HotSyncPDFファイルの方も、Windows でまず変換。 しかしこの段階では .pdb にならない (Palm に最適化された PDF になるだけ?)。 HotSync する際に .pdb に変換されるのか? ファイルとして .pdb ができるわけではないようなのでこのままでは Linux BOX にコピーできず。

困った。

[ 7月14日全て ]

2004年7月26日 (月)

[ Zippo ] 8 Squeeze 征覇

http://lightertricks.com/BASIC SKILLS の下、Squeeze Zone の中の

  1. Standard Squeeze
  2. Reverse Squeeze
  3. Inverse Squeeze
  4. Reverse Inverse Squeeze
  5. Thumb Squeeze
  6. Reverse Thumb Squeeze
  7. Inverse Thumb Squeeze
  8. Inverse Reverse Thumb Squeeze

がやっとだいたいできるようになった。Thumb Squeeze と Reverse Thumbs Squeeze には苦戦したが気がつけばそれなりの割合で成功するようになってきた。 もう一練習か。

ちなみに重心の関係で Inverse 系はとても簡単。

残りの

  1. Side Squeeze
  2. Inverse Side Squeeze
  3. Palm Squeeze
  4. Inverse Palm Squeeze
  5. Reverse Palm Squeeze

のうち Palm Squeeze は簡単だが、他はまだだめ。 Side Squeeze なんかできるようになるのか?

[ 7月26日全て ]

2004年9月29日 (水)

[ お仕事 ] コンテキストスイッチ

同時進行のプロジェクトが増えて、コンテキストスイッチに時間がかかるようになってきた。 非効率。

マネージメントに徹するポジションであれば何とかとも思うのだが、実作業もかかえるとPalm の TODO が全然減らん(といって実作業を全部手放すとつまらんし)。

[ 9月29日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.080173s / load averages: 0.62, 0.54, 0.59
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker